おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

旬の果物を味わい尽くす!季節別、楽しみたいフルーツは?|春夏秋冬

旬の食材はなにを食べても美味しいものですが、最近はスーパーで一年中手に入る食材も多く、食に関心の薄い人のなかには旬の食べ物を意識していない人も多いのではないでしょうか?


なかでも特に旬に左右される食べ物といえば果物


保存もきかないものが多いので、基本的にはシーズン中に楽しむしかないものが多いなかで「あのフルーツの旬ってこの時期だったの?!」というものも多々あります。


そこで今回は春から冬まで、季節ごとに楽しむべきフルーツをピックアップ。その果物の旬の時期ならではの魅力と共に旬に食べるフルーツの魅力に迫っていきましょう。

果物の旬を知ろう

f:id:bollet:20181107051157j:plain

いまや多種多様な果物が市場に並ぶ日本。


四季があるためもともと豊富だった果物の種類ですが、保存技術の向上によって海外から輸入されるフルーツも増え、いまでは年がら年中食べられるフルーツも少なくありません。


日本の果物はブランド化が進み、最近では国外での需要が高まっています。現に国産フルーツはどれも非常にクオリティが高く、海外産と比べて10倍近い値段のものも少なくありませんが、その価値を認める人は少なくないようです。


身体にもよくて日常的にとりいれたい食材であると同時に、お中元やお歳暮といった季節の節目、お見舞いなどの不幸があったときにも・・・シチュエーションを問わずプレゼントできるのはフルーツだけとも言われていて、その需要は今後ますます高まっていくかもしれませんね。


こうしたなかでフルーツの旬を理解し、そのときに楽しむべきフルーツを正確にチョイスできる知識は決して無駄にはなりません。


自分が楽しむのはもちろん、ちょっとした会話のなかで、いざなにか手ごろなものを贈る必要があるときなどに、ぜひセンスの良い旬の果物を買い求められるようにしておきましょう。

春が旬の果物

じつは春は一年を通して最も旬の果物が少ない時期だいうことを知っていたでしょうか?春になると果物を主に扱う青果店や飲食店は苦労するところも少なくないんですよね。


冬から旬が続く柑橘各種、露地物の苺が安くなり手に入れやすくなるものの、それ以外に真新しいフルーツは現れず、初夏にうつりゆくにしたがって顔ぶれが総入れ替えになっていく切り替わりのシーズンなのです。


ではそんな春に楽しむべき果物はなんなのでしょうか?
季節柄パーティーやお祝いなども多い時期。贈り物や食卓を彩るアイディアとして春のフルーツは知っておきたいですね。

デコポン

f:id:bollet:20170120175613j:plain

熊本の名産であるデコポン。もともとは不知火という柑橘の品種で、そのなかで基準をクリアした熊本産のものだけがデコポンを名乗れます。


年明け頃から流通量が急増し3月の初春ころまでは旬が続くデコポン。冬から春にかけてのフルーツですが、基本的には高級フルーツの部類なので出始めの冬場は値段が高く手が出せない方も多いでしょう。


しかし春になって露地物も増え出し流通量が増加すると値段はいっきに落ちてお求めやすくなります。味わいは非常にジューシーで濃厚。冬にこたつにもぐりながら食べたみかんとは一線を画す、高級感の溢れる味わいは初春に食べたいフルーツの代表です。



苺(露地物)

f:id:bollet:20180121155655j:plain

苺というと今や冬の果物のイメージが定着してしまいましたが、本来の旬は3~4月にかけての春


現在の苺市場はクリスマスからバレンタインにかけての時期に需要が集中しているため、ハウス栽培を駆使して冬に最も流通するようになっていますが、昔は春休みからGWにかけてイチゴ狩りに出かけていたものです。


ハウス栽培の苺は粒も大きくて味も安定しており美味しいのですが、お値段は高くなりがち。いっぽう春に出回る露地物は非常に安価なものが多く、誰かの為というより自宅で遠慮なく食べる、もしくはお菓子やジャムなどに加工するのに適しています。



グレープフルーツ(フロリダ産)

f:id:bollet:20180301163835j:plain

グレープフルーツは年中出回っている果物という印象ですが、じつは年間を通して時期ごとに産地が違います。


なかでも春にかけて出回るフロリダ産のグレープフルーツは果汁の量、味の濃さにおいて他の国のものを凌駕する味わいです。筆者はグレープフルーツはフロリダ産のものしか食べません。一度その違いを意識してしまうと他の物は食べられなくなりますよ。


ちなみに量も少なく値段も高いですが国産のグレープフルーツが出回るのも3~4月にかけて。こちらもフロリダ産に負けない品質なので見かけたらぜひ食べてみましょう。


ブラッドオレンジ

f:id:bollet:20180412180819j:plain

真赤な果肉を持つ柑橘・ブラッドオレンジ。もともとはイタリア産のものを輸入しジュースに加工して出回っていましたが、近年では国産種が流通するようになり、イタリア産と比べてジューシーで甘みが強いとして生食用としても人気を博しています


国産は4~6月に出回りますが、まだまだ親しみはあまりないですよね。でも一度食べてみるその芳醇な味わいに魅了されてしまいます。果肉ごと食べてもジュースにしても加工してもOK。使い道は多いのでぜひ試してみましょう。



河内晩柑

f:id:bollet:20180324164529j:plain

文旦が突然変異して生まれた柑橘で、和製グレープフルーツなどとも呼ばれています。美生柑、ジューシーオレンジ、愛南ゴールド、ジューシーフルーツ、灘オレンジ、夏文旦、宇和ゴールド、ハーブ柑、天草晩柑など栽培地域や生産者によって多様な呼び方があります。


ゆずやかぼすのような和柑橘に通ずる独特の香りを持っていますが、味わいはグレープフルーツから苦味をとったようなあっさりした味わいで非常に食べやすく、繊細で上品な味わいはファンになる人も少なくない柑橘です。


まだまだ知名度も低いのでいま知っていて損はないフルーツだといえるでしょう。



夏が旬の果物

夏に入ると初夏から夏の終わりまでおおよそ一か月弱のスパンで目まぐるし果物が入れ替わっていきます。個性的で魅力的な果物が多く、お中元もあるこから果物の需要が最も高まる季節だといえるでしょう。


誰もが知る定番のフルーツはもちろん、輸入物などで最近少しずつ浸透してきたフルーツや、定番フルーツでも新しい品種がどんどん出てくるものも多く、毎年売り場が変化していく飽きの来ない季節。


ぜひいろいろなフルーツを手にとって楽しんでみて欲しいですね。

さくらんぼ

f:id:bollet:20180613161047j:plain

主に6月頃から市場に流通がはじまるさくらんぼはまさに夏の到来を告げるフルーツです。


繊細な果物なので出回る時期はあたたかくなってから暑くなりきる前のわずかな期間。いちど成りはじめるとたくさん収穫されるため、出始めは非常に高値が付きますが6月後半から7月上旬あたりには非常に安く手に入る傾向にあります。


品種も時期をずらして少しずつ変わっていきますが、基本的には前半が佐藤錦、後半が紅秀峰というのがスタンダードでしょう。



ライチ

f:id:bollet:20180605163712j:plain

初夏を代表するフルーツとして個人的にさくらんぼと一緒に挙げたいのがライチ。台湾産、メキシコ産の輸入モノがメインでまだまだ生ライチを味わう習慣は日本にはあまりありませんが、新鮮なライチの味わいは他に変えられない魅力をもっています


一応国産もありますが流通量、値段ともに入手難易度は高め。台湾産、メシキコ産でも十分においしいのですが、出回る時期はさくらんぼ同様わずかで、6月前後の1か月あるかないかくらいです。



マンゴスチン

f:id:bollet:20180616161240j:plain

ライチと同じ、もしくは少し遅れて入ってくるのがマンゴスチン。ほとんどはタイ産で6~7月にかけて流通します。まだ国内での生産に成功していないフルーツで、すべてが輸入物です。


果物の女王とも呼ばれるフルーツで、見た目や構造も変わっていますが、食感と味わいも不思議な感じです。でもなんとなく食べたくなってしまう魅力がありますね。食べた子のない人も多いでしょうし、珍しさでいえばかなり上位になるのではないでしょうか?



マンゴー

f:id:bollet:20180429164642j:plain

トロピカルフルーツのなかでも高級感のあるマンゴー。国内では元宮崎県知事・東国原さんの働きによって一躍スターフルーツとなった『太陽の卵』*1の存在によってより知名度の高い果物になりました。


国産マンゴーは宮崎県産に関わらず高価で2000円~高くて10000円にのぼるものもありますが、メキシコや台湾産のものと比べると大きくて舌触りのよさも明らか


タイやベトナムといった東南アジア諸国でも生産されていて、じつは品種も非常に多様。お中元としても非常に優秀で使い勝手のいい夏の果物ですね。



パッションフルーツ

f:id:bollet:20170721191235j:plain

鹿児島や沖縄などで盛んに栽培されているパッションフルーツ。なかなか生を手に取る機会は少ないかもしれませんが、じつは非常においしいフルーツ。


特に圧倒的な香りはカットする前から部屋中に漂うほどで、置いておくだけでアロマとして使用できるのではないかと思うほど。エキゾチックで南国フルーツならではの華やかな香りと独特の食感は他では得られない体験をさせてくれます。


加工用としても味が出やすく夏場におすすめしたいフルーツのひとつです。



プラム

f:id:bollet:20180710170127j:plain

日本語でいうところの"すもも"でその名の通り酸味が強いのが特徴ですが、最近のプラムは甘みも強く非常に濃厚で、桃と比べてもそん色のない存在感があります。


7月ころから9月までさまざまな品種が入れ替わりながら流通を続けますが、それぞれに個性があって食べていて飽きないフルーツです。夏場の果物のなかでは地味な存在として忘れられがちですが、じつはとっても魅力にあふれたフルーツだといえるでしょう。



f:id:bollet:20180919191729j:plain

夏場のフルーツとして忘れてはならないのが桃。豊かな果汁と芳醇な香り、舌触りもトロリとしていて嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか?


桃も近年は品種開発が激化。さまざまな桃が流通していますが、どれをとってもおいしくて食べ飽きしません。高級なものから手に取りやすいものまで、人気があるからこそさまざまな商品展開がされていてシチュエーションに応じて楽しめます。


夏場は至る所で目にする機会のある桃。加工されて飲食店で口にすることもあると思いますが、ぜひ生の桃を購入して思うぞんぶん楽しんでみて欲しいですね。



秋が旬の果物

実りの秋ともいわれるシーズンなのでフルーツは豊富。夏の終わりからぶどうが始まるのを皮切りに秋を代表するフルーツが次々と登場します。


果物としての種類そのものは夏のほうが豊富ですが、秋のフルーツはひとつひとつのシーズンが長く、そのなかで品種が入れ替わっていくのが特徴。同じフルーツでも品種の違いでいろいろと楽しむ事ができます。

ブドウ

f:id:bollet:20180928182555j:plain

夏の終わりから時期がはじまるブドウ。最近では白ぶどうの勢力も伸びてきていて11月ころまでの長い期間いろいろな種類を楽しむことができます。


種あり、種なし、皮が食べられるなどぶどうの品種改良はどんどん進んでいますが、最近だとピオーネ、ナガノパープル、シャインマスカットあたりがおいしく人気のある品種です。


とはいえ昔ながらの小粒のぶどう(デラウェアなど)なども根強い人気があり、ひとによって好みが別れるところではありますが秋のうちに食べておきたい果物の代表であることに間違いはないでしょう。


和梨

f:id:bollet:20180901165336j:plain

シャリシャリとした食感と豊富な果汁、繊細な味わいが日本人に好まれる和梨。秋の訪れともに収穫が始まるこの果物は日本人にとってはとても身近なフルーツです。


昔は品種も限られていましたが、最近では1か月ごとに品種が入れ替わっていきます。代表的なものを挙げると、まず夏の終わりから初秋にかけて幸水が出回り、続いて豊水、あきづき、にっこり梨・・・とメインの品種が変わっていきます。


ベースの味わいや値段帯はだいたい同じですが、大きさ、甘みの強さ、果肉のかたさが品種ごとに異なり、細かな違いで好みが別れる果物です。



ザクロ

f:id:bollet:20171012192240j:plain

あまりフレッシュフルーツとしての認知度は高くないかもしれませんが、ザクロも秋から冬にかけてのフルーツです。


流通しているのは基本的にカリフォルニア産とイラン産で、10月ころから年末くらいまでは出回っています。


一昔前は庭の木にザクロが生っているのをよくみかけたものですが、最近はあまり見かけなくなりました。しかし国産のザクロも少量流通はしています。


女性ホルモンに似た成分がある、人肉の味がするなどというまことしやかな話も多いザクロですが、美しい紅色の果肉とほのかな香りが魅惑的で、生のものを絞ってジュースにして楽しむと特別感があって楽しいですよ。



洋ナシ

f:id:bollet:20181027194025j:plain

洋ナシは和梨と入れ替わるようにして秋中旬から冬にかけて出回るフルーツです。追熟が必要で少し手間のかかる果物ですが、なめらかな食感と豊かな香り、しっかりとした甘みと酸味はフルーツのなかでも高級感のあるもののひとつでしょう。


洋ナシもとても品種が多く、まず9月頃からバートレットやオーロラが出回り洋ナシの季節が幕を開け、ゼネラルレクラーク、マルゲリット・マリーラ、そして10月ころからラフランスがはじまり本格的にシーズンに突入していきます。


生食でも存在感が強くデザートとして最高ですが、加工してもしっかりと主張してくるので使い勝手のいいフルーツです。



キウイ(レインボーレッド)

f:id:bollet:20181021185028j:plain

キウイフルーツというと夏のイメージがあるかもしれませんが、じつは国産キウイフルーツの旬は冬から春にかけて。


その先駆けとして秋に流通するキウイがレインボーレッドです。果肉の種回りが紅色に色づいたキウイで、甘みが強く芳醇な香りを持っているのが特徴。

出回る時期はごく短い期間のみで、ありつけたらラッキーな果物です。レインボーレッドの時期が終わるとしだいにグリーンキウイ、ゴールドキウイなどが国産で流通しはじめます。



冬が旬の果物

冬に入ると秋から引き続き洋ナシ、りんご、国産のキウイなどが品種を変えながら登場。さらに本格的に柑橘類が幅を利かせるようになっていきます。ハウスもののイチゴなども流通をはじめ、フルーツ売り場がオレンジ、赤、黄色、緑などで鮮やかに彩られます。


冬場の風邪をひきやすい時期にはフルーツを食べて栄養補給を欠かさないようにしたいもの。時期の移り変わりを意識しながらいろいろなフルーツに挑戦したいですね。


またお歳暮シーズンということもあり、おさえておきたい贈答用向きのフルーツもいくつかあります。ぜひ差をつける贈り物をチョイスしてみましょう。

洋ナシ(ルレクチェ)

f:id:bollet:20171204194630j:plain

洋ナシのなかでも流通が遅く、11月下旬から12月の年末にかけて出回るのがルレクチェです。洋ナシのなかでも特に上品で香り高い品種で、一度食べると虜になってしまう人も少なくありません。


追熟に時間がかかるため10月ころに収穫されたものが一か月ほど寝かされ、黄色く色づいてきたものが出荷されます。手元に届いてからも数日間の追熟を経てようやく食べごろに至りますが、そのころには非常に華やかな香りが漂います。


なめらかな食感にしっかりとした甘み、そこにレクチェ特有の香りが広がる素晴らしい果物。お歳暮などにも喜ばれるためこの時期の知っておいて損はない果物でしょう。



りんご

f:id:bollet:20171204160705j:plain

10月から冬にかけて寒くなるころから流通がはじまるりんご。


幻のりんごといわれる『こみつ』のようにブランド化されている品種から今は珍しくなった『紅玉』、近年主流品種として人気を集めるシナノスイートやサンふじなどなど・・・品種も多種多様でなかなか覚えるのが難しいのですが、やはり果物の定番としておさえておきたい存在です。


そのまま食べるのはもちろんですが加工用としてもすぐれていて、旬の時期には口にしないようにするのが難しいかもしれませんが、これを機会に冬の果物として意識的にりんごを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。



キウイ(国産)

f:id:bollet:20170202162847j:plain

レインボーレッドキウイが終わって本格的な冬に突入すると国産のグリーンキウイ、ゴールドキウイの流通がはじまります。


国産のキウイフルーツは非常に品質が高く、海外産のように甘すぎたり酸っぱすぎることがなく、非常にバランスのとれた味わいを持っていることが多いように思います。


キウイフルーツに苦手意識のある方でも国産のキウイは食べられるという人もいるくらいです。



金柑

f:id:bollet:20180106160200j:plain

冬は柑橘の時期ですが、なかでも真冬の柑橘の代表格ともいえるのが金柑です。


柑橘の中では小さな品種で、外皮ごと食べられるというのが特徴的。中身は少なく、果肉より果皮を食べるフルーツだといえるかもしれません。しかし小さな個体のなかに含まれた栄養素は豊富で皮をむかずに気軽に食べられるため、冬場の風邪予防としてもおすすめです。


あまり味に印象を持っていない人も多いフルーツですが、木熟の金柑は非常に糖度が高く味もしっかりしているのでおすすめです。



せとか

f:id:bollet:20170126164622j:plain

高級柑橘の代表格でもあるせとか。みかんとオレンジのいいとこどりをしたような柑橘で、ジューシーで肉厚な果肉と爽やかでオレンジ感の強い香り、そして強い甘みとそれを支える酸味が非常に高い水準で保たれています。


柑橘の中では物持ちが悪いといわれていますが、それでも腐ってしまうまでには時間がかかるため贈答用にも非常に適した果物です。


フルーツ好きであれば冬場の楽しみとして挙げる人も少なくない品種ですが、年によって出来の良し悪しがでやすい印象。おいしいせとかにありつけた年はそれだけで幸せになれますね。



まとめ

シーズンごとにおさえておきたいフルーツを紹介してまいりました。


日本ではフルーツ戦国時代と呼ばれるほどフルーツの競争が激化しています。日本ブランドのフルーツの質の良さに気づいて海外からの需要も増えている中で、本当においしいフルーツを日常的に食べられる環境にいるのに食べないのは損です!


ぜひ"今、おいしい"旬のフルーツを楽しんでいきましょう。


CHECK!
当サイトではフルーツ通販に豊洲市場ドットコムをオススメしています。最高レベルの旬のフルーツのみを扱う非常に信頼度の高い通販サイトで筆者もよく利用しています。


フルーツを通販するのに抵抗のある人も多いと思いますが、ナマモノだからこそ管理がしっかりしているお店から仕入れましょう!


豊洲市場ドットコムはその時の旬のものしか販売していないので、お目手当のフルーツが手に入るかはわかりませんが、贈答用や日々の贅沢にとぜひチェックしたいフルーツ通販サイトです。


豊洲市場ドットコムの公式サイトはこちら



合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com

*1:宮崎県のブランドフルーツ。アーウィン種のアップルマンゴーで一定の基準を満たしたもの。品種名ではない。