おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

メロンの食べ方(選び方、食べ頃、切り方、保存法)を一挙解説!

メロン


夏を代表するフルーツのひとつ"メロン"


同じく夏のフルーツで昔から馴染み深いスイカと比べると高級感があり、なかなか食べる機会がないという方も多いのではないでしょうか?


お中元やお見舞い、プレゼント、夏場のちょっとした贅沢にぴったりなメロン。いざ手に入れたときに美味しく食べられるようにしたいですよね?


本記事ではそんなメロンの食べ頃の見極め方、切り方、保存法といった食べ方を毎年何十玉もメロンを自家消費するフルーツマニアの筆者が解説していきます。

メロンの選び方と食べ頃

メロンの選び方

メロンとひとくちにいっても味も値段もピンキリで、基本的に高価な商品はどれを選んでもそうはずすことはありません。


逆に一玉1000円以下の低価格帯メロンはものによってはうまく追熟しなかったり、熟しても味がイマイチなことがあります。


このような微妙なメロンを避けておいしいものを見分けるポイントは「見た目の整った」「重量感のある」メロンを選ぶのが基本です。


f:id:bollet:20190606041757p:plain


また、つる付きメロンの場合はT字型をしているツルの片方が細いほうが良い環境下で育ったとされているので、そのあたりもチェックしてみてください。



T字ツルの細い方が、太い方と比べて一回り細いくらいのバランスが理想とされます。


メロンはツルを通して果実に栄養や水を行き渡らせるのですが、水加減のバランスがよいとこれくらいの案配になるというワケです。


ひとつの目安として参考にしてみましょう。



例にもれずメロンにも品種やブランドがたくさんありますが、なかでも最高級とされる静岡県のマスクメロンブランド「クラウンメロン」。


洗練された味わいと濃厚な甘さは流石で、メロンの持つ瓜っぽい風味がなく非常に優れた食味を持っています。


価格は非常に高価なのでぜひふるさと納税を利用して購入してみてください(楽天市場を利用してもふるさと納税可能)。贈答用にもオススメです。


f:id:bollet:20190607053052j:plain
茨城メロンの名産地である旭のメロン


コスパ重視の方で自家消費なら茨城県産もオススメ。


じつは日本一のメロン産地である茨城は品質もよく価格も控えめなメロンが多いんです。


メロンの食べ頃の見極め方

メロンは収穫後追熟させてから食べるフルーツです。



まだ未熟な個体は風通しのよい常温下に放置して熟成させます


手に入れたときの状態によりますが、未熟なものであれば1~2週間ほど時間を要するものもあります。


食べ頃を見極めるコツですが、まず熟成が進むとヘタ周りを中心にメロンの甘い香りを皮ごしに感じられるようになります。


おしりを軽く押して弾力を確かめる


続いておしりの部分を軽く押して弾力があるかを確認します。


胴体にも弾力があるか確かめる


弾力を感じたら次に胴体の真ん中の両端を押して弾力を確認してください


おしりの部分に弾力があれば8割程度は熟していますが、もっとトロトロの状態まで持っていきたければ胴体にも弾力を感じる程度まで置いておくのがオススメです。



同じ追熟具合でも、網目のあるネット系メロンよりも網目がなくツルツルなノーネット系メロンのほうが弾力を感じにくいので、ノーネット系メロンは少し強めに押して弾力を確認するのがコツです。

メロンの食べ方、切り方

大きくてカットが大変そうなメロンですが、フルーツのなかでカットの難易度はそんなに高くありません。


縦半分にカット


まずは縦半分に一刀両断します。


スプーンで種をすくう


種をスプーンですくってください。(一度に食べる分だけやります)


f:id:bollet:20190606040956j:plain
種を取ったら縦方向にくし切りにする


くし切りに4~6等分にして皮と果肉の間にナイフをいれて切り離し、一口分ずつ切れ目をいれれば完成です。


f:id:bollet:20190606041016j:plain
皮から身を切り離し一口サイズにカットすると食べやすい


もちろん切れ目をいれずにスプーンですくって食べてもいいですし、一口分に切れ目をいれてから皮からはずしてお皿に盛り付けてもOKです。

メロンの保存法

熟して切る前のメロン

メロンは熟しおえると発酵をはじめます。


そのため完熟状態のメロンをいい状態で楽しめるのは完熟してから2~3日程度


完熟したメロンは早めに食べきりたいところですが、保存する場合は冷蔵庫にいれて保存し変質を防ぎましょう。


f:id:bollet:20190606041124j:plain
まるのまま冷蔵庫で保存する。食べる直前に取り出してカットする。


発酵をはじめたメロンも1週間程度であれば若干の発酵感を感じる程度で美味しく食べられます。



筆者は多少発酵したメロンのほうが皮ギリギリまでトロトロしており、香りも芳醇なので好きです。


ただ発酵が行きすぎると果肉が黄色く変色しはじめ、口に含むと少しピリつくような味が出てきます。


こうなってくると腐敗の始まりといえる状態なので破棄するほうがいいでしょう。

カットした後のメロン

カットした後のメロンはしたたった果汁をキッチンペーパーなどで軽く拭き取ってラップをします。


このとき果肉の断面をピッチリと被うようにしてください。


あとはジップロックなどの保存容器にいれて冷蔵庫に保管します。


カット前のメロンよりも早く劣化していくので1~2日を目安に食べきるようにしましょう。


メロンの食べ方(選び方、食べ頃、切り方、保存法)を一挙解説!のまとめ

本記事ではメロンの食べ方について解説してきました。


初夏の時期から真夏にかけて出回る贅沢なフルーツ・メロン。


とても個性的でしっかりとした味わいはたまらなくおいしいですよね。


ぜひ旬の時期においしいメロンを楽しんでみてください。


CHECK!
フルーツを購入するならふるさと納税が圧倒的にお得!実質2000円で1万円以上の高級フルーツを購入することも可能です。


フルーツを通販するのに抵抗のある人も多いと思いますが、ナマモノだからこそ産地直送で一番いい状態のものを送ってもらった方が確実です。


特にメロンは高価なフルーツなので、ぜひふるさと納税を利用してお得に購入してしまいましょう!



ふるさと納税でメロンを買うならコチラ




ふるさと納税は楽天市場などを経由して行うことも可能です。ぜひ気軽に試してみましょう。



合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com