おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

ゼネラルレクラークの特徴、食べ頃|希少な洋梨を味わう

f:id:bollet:20191206040214j:plain


なめらかな舌触りと芳醇な香りでファンが多い西洋梨。


もともと幸水や豊水のような和梨の生産が盛んな日本では栽培が定着してからも西洋梨は積極的には食べられてきませんでした。


しかしここ数十年で西洋梨の魅力に気づいた人がたくさん出てきたことから需要も高まり、栽培される品種も多様化してきています。


そんななかでまだまだ栽培量は少ないものの、その濃厚な味わいと滑らかな舌触りから一部の洋梨・フルーツマニアから絶大な支持を集めているのがゼネラレルレクラークという洋梨品種です。


本記事ではゼネラルレクラークの特徴と魅力について紹介します。



ゼネラルレクラークの特徴

f:id:bollet:20191206040228j:plain
ゼネラルレクラーク


ゼネラルレクラークは西洋梨の一種で、1950年にフランスのパリで発見された比較的新しい品種です。


日本へは1970年代に導入され、以来青森県を中心に岩手、山形、秋田など東北地方で生産されています。



国内生産の半分ほどを青森が占めており、山形のラフランス、新潟のルレクチェに続き青森のゼネラルレクラークというイメージがつくのも時間の問題かもしれませんね。


ゼネラルレクラークはまだまだ生産量はさほど多くなく、一部では幻の洋梨とも呼ばれています。


同じく希少種のドワイエンヌ・デュ・コミスの自然交雑種と考えられており、産地近くでない限りはスーパーなどで目にする機会は少なく、狙って購入しようとした人や贈答用などで消費されています。


400g前後の大玉で、細かな茶色いサビのある果皮が特徴。未熟なうちは緑色ですが熟すと黄色がかっていきます。



f:id:bollet:20191206040254j:plain
これでも小玉の方ということになる


ゼネラルレクラークの味わい

ゼネラルレクラークは完熟した状態になるととてもなめらかな口当たりになり、しっかりとした甘さと酸味のある濃厚な味わいに華やかで芳醇な香りが加わる素晴らしい食味になります。


ル・レクチェと並んで濃厚系洋梨のトップといえる存在でしょう。


f:id:bollet:20190902063041j:plain
主要品種の時期と味の分布


ル・レクチェより酸味を感じやすいぶん甘さは控えめに感じられますが、そのぶん立体感のある味わいでゼネラルレクラークのほうが好きという人も多いと思います。


f:id:bollet:20191212143246j:plain
果汁の多さも特徴のひとつ。ここまでみずみずしい味わいは他の洋梨品種では楽しめない。


ゼネラルレクラークの食べ頃

洋梨は冷蔵庫での予冷から常温での追熟を経てはじめて真価を発揮するフルーツです。


主に贈答用などで販売されるゼネラルレクラークは予冷は済んでいるのが基本なので、あとは食べ頃になるまで常温(15度前後が理想)で追熟させます。


ポイントは緑色の果皮が褐色がかっていくことと軸まわりがやわらかくなることです。


f:id:bollet:20191212143052j:plainf:id:bollet:20191212143024j:plain
写真では少しわかりづらいですが、左が未熟なもので右が熟したものです。全体的に明るいトーンから落ち着いたトーンへ変化していきます。


色の変化についてはゼネラルレクラークの場合、果皮そのものは緑から黄色に、サビの部分が薄茶色から土っぽい茶褐色になっていきます。


軸まわりが柔らかくなるのは洋梨共通の特徴ですが、あまり強く押しすぎると傷んでしまうので注意が必要です。


ほんの少し圧力をかけて弾力を感じるようなら追熟が進んでいると考えましょう。


この頃になるとお尻のほうを中心に芳醇な香りを感じ取れるようになるはずです。


ここからは好みによって食べ頃が異なりますが(固めが好きならなるべく早く食べる)、ゼネラルレクラーク特有のなめらかな食感を楽しむのであれば軸に弾力を感じてからさらに1~2日おいてから食べるのがオススメです。

ゼネラルレクラークをふんだんに使用した「しげる」とは?

日本でのゼネラルレクラークの普及に尽力した青森県南部町の泉山茂さんが全面的に監修して生まれた"しげる"ブランド。


このブランドでは旬の短いゼネラルレクラークを一年通して楽しめるようにとジュースと缶詰の商品化を行っています。


とはいえその生産量は限られており、購入できるお店はごく限られた場所のみ。早期の完売もありえるとのこと。


ポップなデザインもあいまって青森土産として注目されているゼネラルレクラークしげるに注目してみてはいかがでしょうか?


ネット上でもたまに流通しているようです。

ゼネラルレクラークの特徴、食べ頃のまとめ

本記事ではまだまだ国内流通量も限られている幻の洋梨ゼネラルレクラークの特徴や魅力について特集してきました。


この洋梨は本当に感動的な味わいを持つフルーツのひとつだと思うのでフルーツ好きな方や美味しいものに興味のある方はぜひ取り寄せてでも食べてみてほしいですね。


この投稿をInstagramで見る

ゼネラルレクラーク。 ドワイエンヌドゥコミスの自然交雑と考えられている洋梨品種。 ルレクチェは知名度上がってきましたがゼネラルレクラークはまだまだマイナー。 山形のラフランス、新潟のルレクチェに続き、ゼネラルレクラークはその多くを青森で育てています。 上品な甘さに素晴らしい酸味がのる洋梨で、レクチェの濃厚甘々に対してゼネラルレクラークは上品ですが芯が通っているイメージ。 洋梨界のトップと呼ぶにふさわしいバランスの高さは流石です。 (3枚目から4枚目にかけて追熟の様子なんですが、写真だとわかりづらいですね。苦笑) #洋梨 #ゼネラルレクラーク #フルーツ #季節のフルーツ

おいしけゃなんでもいい!(@oisikeryanandemoii)がシェアした投稿 -




CHECK!
当サイトではフルーツ通販に豊洲市場ドットコムをオススメしています。


最高レベルの旬のフルーツのみを扱う非常に信頼度の高い通販サイトで筆者もよく利用しています。


フルーツを通販するのに抵抗のある人も多いと思いますが、ナマモノだからこそ管理がしっかりしているお店から仕入れたいところです!


豊洲市場ドットコムはその時の旬のものしか販売していないのでお目手当のフルーツが手に入るかはわかりませんが、贈答用や日々の贅沢にとぜひチェックしたいフルーツ通販サイトです。


豊洲市場ドットコムの公式サイトはこちら



あわせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com