おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

1個の値段は高価格?洋ナシ・ル レクチェの旬や味【高貴な美女を思わせる】

f:id:bollet:20171205164947j:plain

皆さんは洋ナシは好きですか?


洋ナシといってまず思い浮かぶのはラフランス。
日本での栽培量も多く、スーパーなど身近で目にする機会も多いかと思います。


しかしひとくちに洋ナシといっても、その品種は多種多様。
品種が異なれば当然味も違います。


ラフランスしか知らないのはもったいない!ということで、今回はまだまだ生産量も少なく知名度も低いものの、味わいは絶品の洋ナシ・ル レクチェをご紹介したいと思います。

ル レクチェは洋ナシの一種

f:id:bollet:20171205170614j:plain

梨には3種類ある

まず梨のおおまかな分類についてざっと確認しておきましょう。


梨には大きくわけると和梨・中国梨・西洋梨が存在します。
和梨も西洋梨もその起源は中国梨だと言われていますが、和梨と洋梨とではもう別のフルーツと言っていいくらいに特徴が異なります。

西洋梨の特徴

今回ご紹介するル レクチェは洋ナシの一種です。


洋ナシは和梨のようにシャリシャリとした食感はなく、どちらかというと溶けるようななめらかな舌触りが特徴です。
香りも和梨より強く、完熟したものは甘みも強く感じられ、和梨がサッパリ系のフルーツだとすると、洋ナシは濃厚系のフルーツだと言えるでしょう。


その味と香りの強さから、和梨に慣れた方には苦手意識を持っている方も少なくありませんが、一度美味しい洋ナシに出会えばそんな考えも吹っ飛ぶくらいに魅力的な味わいを持つ果実だと思います。


味以上に特徴的なのが洋ナシは収穫されてから追熟を必要とするフルーツであるということです。食べごろを見極めないと、実が固すぎて美味しくなかったり、中が腐敗してしまったりしてしまいます。この特徴はル レクチェでも同様です。


www.oishikerya.com
代表的な洋ナシといえばラフランス。ルレクチェはラフランスより出回る時期も限られているため見かける機会も少ないかもしれない。

幻とも噂される洋ナシ・ル レクチェ!気になる値段や旬の時期は?

今回ご紹介するル レクチェは主に新潟県で作られている洋ナシの品種です。



もともとはフランスが原産の洋ナシですが、1902年に日本に入ってきて以来、新潟県を中心に生産が行われています。
洋ナシの中でも栽培難易度が高いとされているため長い間少量しか生産されてこなかったル レクチェは一時、幻の洋ナシとさえ語られていました。


近年では栽培技術の向上により生産量はかなり増加しており、スーパーなどでも見かけるようになり、食べたことのある人や見かけたことのある人も増えてきたのではないでしょうか。

ル レクチェの見た目

f:id:bollet:20171204194630j:plain

一般的な洋ナシが緑色なのに対し、ル レクチェは熟すると鮮やかな黄色になります。


首にかけて細く長くなっている、いわゆる洋ナシ体型を強調したようなフォルムででこぼこが多いのも特徴です。


大きさは個体にもよりますが、まだまだラフランスなどと比べると量産されておらず、高級フルーツとして扱われることが多いこともあってか、比較的大玉のものを見かける機会が多い印象です。

ル レクチェの味わい

ル レクチェの特徴はなんといっても完熟した際に表れる繊細かつ華やかな、香水のような香りと甘みと酸味の調和がとれた上品な味わいです。


それだけで完成されたデザートのような食べ心地で、代表的な洋ナシであるラ・フランスと比べると、より洗練された印象でしょうか。


舌触りは非常になめらかですが、ラフランスよりも果肉感はしっかりとしており食べごたえがあるのも特徴。
他の洋ナシとは一線を画す味わいで、個人的にはその香水のような香りと相まって気品あふれる美女を連想させるフルーツです。


一度食べたらその魅力に男女とも魅了されてしまう事間違いなしでしょう。

ル レクチェの旬の時期

洋ナシ全般の旬は9月ころから始まります。


オーロラやバートレットといった品種からはじまり、10月に入るとラフランスが出回り始め、ル レクチェが市場に出るのは11月も深まった辺りが一般的です。


洋ナシの中でも比較的旬の時期はかなり後の方で、ル レクチェが出回ると洋ナシの時期も終わりを迎えつつあることを実感できます。

ル レクチェの値段

f:id:bollet:20171205170846j:plain

ル レクチェの値段は販売されている場所や大きさにもよるので一概には言えません。


スーパーなどで売っている小玉のものは200円前後で買えることもありますが、反面で後ほど解説するようにうまく追熟しないリスクなども伴います。

フルーツに強い青果店などで買えば500~800円程度、百貨店のフルーツ売り場などであれば1000円前後する場合もあります。
いずれにせよ洋ナシの中では高価格帯になりますが、それに見合う味わいを持っていると言えるでしょう。

ル レクチェの食べごろ

f:id:bollet:20171205170804j:plain

追熟を必要とする洋ナシ

ル レクチェに限らず洋ナシが和梨と決定的に異なる点は追熟するという点です。


和梨はとれたてが一番おいしいと言えますが、洋ナシは収穫してから実際に消費者の口に入るまで1~2か月ものタイムラグがあります。


基本的には農家さんのほうである程度まで追熟させますが、食べごろまで持っていってしまうと輸送中に果実が傷むリスクが増加する、売り場に並んで消費者の手に渡る前に腐敗する、人によって食べごろの好みが違うなどという理由から、売り場に並んでいる段階では食べごろまでまだの場合も多々あります。


この場合は消費者自身の手で食べごろを見極める必要があるのですが、食べごろを逃すと実が固すぎたり、一部に腐敗が生じていたりと、洋ナシは食べごろの見極めが難しいフルーツでもあるため敬遠される理由の一つにもなっています。

ル レクチェの追熟について

ル レクチェは高級フルーツとして売り出されることも多く、贈答用などの用途も多いからかラフランス以上に実が若い状態で売り場に並んでいるケースが多いように思います。


特に出回り始めの頃は購入して数日から一週間の追熟が必要なケースも少なくありません。


f:id:bollet:20171205165259j:plain
そのためか、ル レクチェのパッケージにはこのように追熟のポイントを記したものもみれられます。


この説明にあるとおり、ル レクチェの食べごろを見極めるポイントは以下の通り。

  1. 果実全体が黄色になっている(若いと黄緑がかっている部分がある)
  2. 甘くて繊細な香りが漂っている
  3. 軸部分がしおれている
  4. 軸周りが黒ずんで少しやわらかくなっている
  5. 果実全体にわずかな弾力が感じられる


個人的には特に1と4が重要だと思います。


2と3に関しては比較的早い段階からこの状態が出始めるため、必ずしもこれだけで判断するのは危険。5に関しては慣れてないとわかりづらいというのがあります(判断がつけば5が一番確実な判断ポイントになります)。

f:id:bollet:20171204194630j:plain
全体がしっかり黄色くなっている個体


f:id:bollet:20171205161624j:plain
軸周りは大切な判断基準


旬も過ぎて終りが近づくとだぶついた在庫が放出されるため、たまに食べごろ~少し過熟な個体が出回ることもあります。


いずれにせよ個体をみてある程度食べごろを判断するコツを学んでおくことがル レクチェを最高に美味しく味わうためのコツだと言えるでしょう。

ル レクチェの具体的な追熟方法

フルーツの追熟は非常に奥が深く、究極を言えばフルーツの種類ごと、さらに言えば個体ごとに管理してあげるのが理想ですが、基本はあたたかい場所ほど追熟は加速し、寒い場所ほど追熟は進まないという点さえ理解していれば大丈夫です。


ル レクチェの場合はビニール包装されている個体も多いのですが、ビニールはかけたままで。乾燥を防げますし、温度の急激な変化を少しでもおさえることで持ちを良くすることが出来ます。ネットなどもあれば緩衝剤になりますのでそのままで。


f:id:bollet:20171205164720j:plain



黄緑がかっていたり、軸もまだまだキレイな未熟なル レクチェは室内の比較的温かい場所に置いて熟成を加速させ、「あと少しで食べごろかも?」という個体はあえて涼しいところに置いて追熟をスローペースで進めます。



f:id:bollet:20171205164749j:plain
あまり分かりやすい例ではないのですが、左が食べごろで右があと2~3日くらい寝かせたい個体。軸のシワや軸周りの色に差があります。サビ(表面の黒っぽい斑点)が増えるのも特徴。


最も理想の状態になれば冷蔵庫に入れて冷やしてからカットして食べましょう。



同時に何個か完熟してしまった場合は冷蔵庫に新聞紙などでくるんで入れておけば、常温で放置するよりは食べごろを保てますが、早めに食べるにことしたことはありません。


もし追熟をより加速させたいと言う場合は"湿度を高める(加湿状態では乾燥状態よりも果実の熟成が早く進むと言われている)""リンゴと一緒にポリ袋にいれておく(エチレンガスが果実の熟成を促進させる)"という方法も覚えておくと良いでしょう。

追熟するル レクチェの注意点

これはル レクチェに限ったことではありませんが、洋ナシは比較的サイズにばらつきがあります。


量販店型のスーパーなどで売っているものだとかなり小粒のものもありますが、筆者の経験上では追熟系のフルーツは小さいと追熟がうまく進まないことが多い気がします。


これは、おそらく輸送中のダメージリスクや保管の方法に問題があるのではないかと思われます。*1


個人的には追熟系フルーツ、中でも洋ナシは美味しく食べたいのであれば多少高くても信頼のおける青果店や百貨店系のお店で買うか、通販などで直送で送ってもらうのが良いと考えています(直送の場合は店頭に並ぶまでのロスタイム分だけ追熟期間が店で買うより長くなる可能性があります)。

ル レクチェの食べ方

最後にル レクチェの食べ方・切り方についてです。


まずは縦に半分に切ります。切ったら軸の部分は切り落としてしまいましょう。

f:id:bollet:20171205161854j:plainf:id:bollet:20171205161949j:plain

続いて赤く印をつけた部分に沿ってくし切りにします。


くし型にカットしたら芯の部分を赤い線に沿って削いでいきます。


f:id:bollet:20171205162203j:plain


すると、こんな感じになります。あとは皮を剥くだけです。
今回は剥いてから食べやすいように三等分にしてありますが、そのままかじりつくのも贅沢ですし、もっと薄くスライスしてもいいでしょう。

f:id:bollet:20171205162229j:plain

まとめ

ル レクチェは洋ナシの中でも特異な存在です。


その香りの高さと食味の豊かさはフルーツの中でもトップレベルだと思います。


フルーツ好きで食べたことのないという方はもちろんてすが、ふだんあまりフルーツに親しみのない方にもぜひ食して価値観を変えて頂きたいフルーツだと言えるでしょう。


また当サイトではフルーツ通販に築地市場ドットコムをオススメしています。最高レベルの旬のフルーツのみを扱う非常に信頼度の高い通販サイトで筆者もよく利用しています。




ツイッターもおもしろく、非常にためになる情報なども掲載されていますのでフルーツ好きは要チェックですね!


築地市場ドットコムの公式サイトはこちら



合わせて読みたい記事www.oishikerya.com
フルーツ好きの筆者がさまざまなフルーツの特徴を改めてまとめた記事の一覧です。

*1:小さい粒の洋ナシは量販店に回されるため、結果的に小粒の洋ナシは追熟がうまくいかないケースが多い?