おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

いまキてる白ぶどう「瀬戸ジャイアンツ」を食レポで評価!その特徴、価格、食べ方に迫る

瀬戸ジャイアンツ


秋の味覚を代表する果物のひとつ""ぶどう"。


なかでも近年白ぶどう品種の人気が高まり、市場にも巨峰やピオーネと並ぶくらいにたくさんの白ぶどうが並んでいます。


白ぶどうといえばここ数年ブームともいえるのがシャインマスカットですが、それに次いでいま原産地の岡山周辺を中心に徐々に知名度を高めているのが瀬戸ジャイアンツでしょう。


本記事ではいま注目の白ぶどう品種瀬戸ジャイアンツを実際に食しつつ、その特徴、価格、食べ方に迫って参ります。


岡山生まれの白ぶどう瀬戸ジャイアンツ

瀬戸ジャイアンツは「グザルカラー」と「ネオ・マスカット」の交雑種で1979年に岡山で交配・育成された品種です。


別名「桃太郎ぶどう」ともいわれ、桃のように割れ目があるのが特徴です。


生産地は少なく、そのほとんどを岡山県が占めています。


旬の時期は9月でハウスものが7月ころから出回りますが、まだまだ市場への流通は少なく、特に東日本ではほとんど見かけることのない品種でしょう。


しかしその食味のよさと食べやすさからシャインマスカットに次ぐ品種として非常に高い注目が集まっており、今後もっと見かけることが増えると思われます。

瀬戸ジャイアンツの食べ方

瀬戸ジャイアンツは皮ごと食べられて種のない品種です。


そのまま食べてOK


そのため房から粒をもぎ取って軽く水洗いするか綺麗な布巾でぬぐってそのまま口に放り込んで楽しめます。


食べ方はもちろん、高糖度で大粒と味わいの面でもシャインマスカットとよく似たような性質を持っています。


ぶどう好きの方は食べ比べてみても面白いと思いますよ!


瀬戸ジャイアンツの味をレポート、シャインマスカットとの違いは?

瀬戸ジャイアンツの外観は比較的シャインマスカットに近く、房にぎっしりと大粒の実がついています。


瀬戸ジャイアンツ


ひとつひとつの粒は形が特徴的で、頭から三つに割れたような少しいびつなフォルム。


特徴的な果実の形


中に種はなく、皮ごと食べられるのは最近流行のぶどう品種の特徴ですね。


種はなく皮ごと食べられる


じっさいに食べてみると非常に甘みが強く、酸味がほとんどありません。皮がかなりやわらかいのも特徴ですね。


シャインマスカットの特徴が甘さと酸味のコントラストと芳醇な香りであるとすると、瀬戸ジャイアンツは強い甘みと皮のやわらかさが個性になって印象でした。

瀬戸ジャイアンツの価格は?

まだまだ栽培量が少ない瀬戸ジャイアンツ。


ただでさえ高い傾向にある白ぶどうのなかで珍しいとなるとかなり高値が付きそうですが、意外に市場価格は落ち着いています


産直のお取り寄せなどを利用すれば1房1000円前後から手に入るため、シャインマスカットと同等・・・むしろそれよりも安いといってもいいかもしれません。


皮ごと食べられる白ぶどうを食べたい方、ちょっとした贈り物に使いたい方はシャインマスカットだけでなく瀬戸ジャイアンツにも注目してみてほしいですね。


\3~5房(2kg)で3,800円(送料無料)のお得な瀬戸ジャイアンツをチェック/

いまキてる白ぶどう「瀬戸ジャイアンツ」を食レポで評価!のまとめ

本記事では今後さらに注目度が高まっていくことが予想される白ぶどう"瀬戸ジャイアンツ"の魅力を紹介して参りました。


同じ白ぶどう品種で先にブレイクしたシャインマスカットに比べるとまだ知名度は低い印象ですが、シャインマスカットに負けず劣らず素晴らしい品種です。


ぶどうラバーや気の利いたフルーツのギフトをお探しの方はぜひチェックしましょう!


CHECK!
当サイトではフルーツ通販に豊洲市場ドットコムをオススメしています。


最高レベルの旬のフルーツのみを扱う非常に信頼度の高い通販サイトで筆者もよく利用しています。


フルーツを通販するのに抵抗のある人も多いと思いますが、ナマモノだからこそ管理がしっかりしているお店から仕入れたいところです!


豊洲市場ドットコムはその時の旬のものしか販売していないのでお目手当のフルーツが手に入るかはわかりませんが、贈答用や日々の贅沢にとぜひチェックしたいフルーツ通販サイトです。


豊洲市場ドットコムの公式サイトはこちら