おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

皮ごと食べてこそ美味しいシャインマスカット!栄養満点、保存は注意!

f:id:bollet:20180928182440j:plain

夏から秋にかけて出回るシャインマスカット。ここ10年ほどで急激にその存在感を売り場ではじめたぶどうのひとつでしょう。


シャインマスカットといえば皮ごと食べられるぶどうですが、食べなれていない人は「本当に皮ごと食べていいのか?」「皮は美味しいのか?栄養は?」「傷んでいても皮ごといっていいのか?」疑問を持っているかもしれません。


今回は皮ごと食べてこそ美味しいシャインマスカットの魅力について、皮に焦点を当てながら見ていきます。

皮ごと食べられるシャインマスカット

シャインマスカットってそもそもどんなぶどう?

シャインマスカットは2006年に品種登録されたばかりの非常に新しい品種の白ぶどうです。とはいえぶどうの品種改良はここ10年ですごい勢いで進んでいるのですでにシャインマスカットの後輩とも呼べる品種もチラホラ姿を見せていますが・・・。


そんななかでも、シャインマスカットは「皮ごと食べられる」「栽培難易度が白ぶどうとしては低め」というメリットを活かし、いまや市場に出回る白ぶどうの中心的な果物となりました。

シャインイスカットの旬と食べ時

ハウスものだと6月後半から売り場に並ぶシャインマスカットですが、その時期のものは価格が高く手が出づらいため、一般的には8~9月にかけて出回る露地物を口にする機会が多いでしょう。


個人的には出はじめから9月頭くらいまでは高値がつきがちな印象で、9月半ばくらいから10月にかけてが狙い目。徐々に需要が落ちて値段は下がるものの、味のピークは保っている消費者に一番美味しい時期です。

シャインマスカットの産地は?

f:id:bollet:20180929151950p:plain

シャインマスカットの産地は長野、山形、岡山、山梨がほとんどを占めています。基本的には黒ぶどうの産地と同じになっていますね。

シャインマスカットの味の特徴

特徴はなんといっても他の高級マスカットにひけをとらない「香り」「甘み」「歯触りのよさ」でしょう。シャインマスカット誕生以前はマスカットといえば「マスカットオブアレキサンドリア」が代表格で、その味わいは一流ながらも栽培難度の高さから非常に高値がつくマスカットでした。


f:id:bollet:20180929152529p:plain


しかしシャインマスカットの登場により、「マスカットオブアレキサンドリア」にひけをとらない味わいを何分の一もの価格で楽しめるようになったのです。


特に華やかな香りとキレがいいけれど濃口の甘さは、上質なマスカットにしか出せない珠玉の味です。

シャインマスカットは皮ごと食べてこそ美味しい

まずは美味しいシャインマスカットを見極める

シャインマスカットを皮ごと美味しく頂きたいのであれば、まずはなにより鮮度のいいシャインマスカットを見極めることが大切です。


f:id:bollet:20180928182330j:plainf:id:bollet:20180928182322j:plain


ポイントは「軸が枯れていなくてしっかりしている」「粒が大きく揃っている」「果皮にハリがある」。この三点です。


またマスカットは完熟するにしたがって青々しい緑から黄色がかっていきますが、経験上黄色により過ぎているものは果皮のハリが薄れてシャインマスカットの魅力が半減しているので、色味よりも果皮のハリを優先したほうがいいです。


ぶどう系は基本的に収穫されてからは傷むいっぽうで、早めに食べてしまうことがオススメです。特に皮ごと食べられるぶどうは、時間が経つと皮が硬くなって味が抜ける傾向にあるため、鮮度の良いものを早めに食べることをお勧めします。


この手の鮮度命なフルーツはスーパーで買うのは避けて、信頼のおける青果店で買いたいですね。産地直送などの通販サイトを利用するのも一つの手でしょう。



フルーツのお取り寄せをオススメする理由についての記事はコチラwww.oishikerya.com

軽く拭いてパクリと皮ごと食べよう

鮮度の良いマスカットを手に入れたらあとは食べるだけ!

f:id:bollet:20180928182459j:plain


キッチンペーパーや清潔な布巾で軽く表面をふきましょう。汚れが気になる場合は軽く流水にかけても可。


あとは皮ごと食べましょう!


f:id:bollet:20180928182555j:plain


こちらはカットした図。カットして綺麗にお皿に並べても美しいですね。


同じく皮ごと食べられるナガノパープルの記事はコチラwww.oishikerya.com

どうしてもシャインマスカットの皮を剥きたい場合

皮がどうしても気になったり、時間が経っていて皮が硬く感じる場合は剥いてしまいましょう。


シャインマスカットの皮は比較的剥きやすいので特にコツなどはないのですが、ぶどうの皮むきは「お尻から剥く」のが鉄則です。ぜひ試してましょう。


ぶどうの皮を驚くほど簡単に剥く方法についてはコチラwww.oishikerya.com

シャインマスカットの皮は栄養も満点?

シャインマスカットの皮にかぎらず果物・・・特に葡萄の皮はポリフェノールが豊富に含まれています。もちろん苦い・渋い思いをして無理して食べる必要はないと思いますが、どうせ美味しく食べられるシャインマスカットの皮は食べた方がお得!


ちょっと皮ごと食べるのに抵抗が・・・そんな人は試しに皮ごとシャインマスカットを食べてみて欲しいですね。

保存に気を使いたいシャインマスカット

シャインマスカットは鮮度が命のフルーツです。基本的には鮮度のいいものを購入してなるべく早めに食べきるのがオススメですが、ある程度の日数保存したい場合は冷蔵庫での保存が基本となります。


冷蔵庫で保存する場合はポリ袋や新聞紙ジップロックにくるんで酸化による劣化や開け閉めによる温度変化からなるべく守るようにしてください。冷蔵庫で保存すれば一週間程度は品質を維持できます。


また、どうしても食べきれずに持て余してしまった際には房から粒を取り出し、皮ごと冷凍するのもオススメです。シャインマスカットは冷凍しても味が急激に落ちることないので、この方法なら2~3週間は持たせることが可能。ただし完全解凍すると食感に違和感が出ますので、半解凍くらいでシャーベットとして楽しむのがいいでしょう。



果物の保存に適した温度についてはコチラwww.oishikerya.com

まとめ

シャインマスカットは種もなく皮もない非常に食べやすいぶどうです。味も優れているので「ぶどうは食べるのがめんどくさくて・・・」と思っている方にこそおすすめできる品種ですね。


シャインマスカットの季節にはぜひ皮ごとパクりとほおばってみましょう。



また当サイトではフルーツ通販に築地市場ドットコムをオススメしています。最高レベルの旬のフルーツのみを扱う非常に信頼度の高い通販サイトで筆者もよく利用しています。


築地市場ドットコムの公式サイトはこちら



合わせて読みたい記事www.oishikerya.com
フルーツ好きの筆者がさまざまなフルーツの特徴を改めてまとめた記事の一覧です。

www.oishikerya.com]
めんどうなフルーツの加工を簡単にする便利な道具をまとめて紹介しています。