おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

幻のりんご、こみつ(高徳)とは?時期や通販について【果肉のほとんどが蜜?】

f:id:bollet:20171204162103j:plain

日本を代表するフルーツといっても過言ではないりんご


日本のりんごは非常に優秀で多種多様。加工用が一般的で甘みの少ないヨーロッパ系のりんごと異なり、甘みが強くそのまま食べて美味しいのが日本のりんごの特徴の一つでもあります。


今回ご紹介するりんごは、糖度14度前後と桃やメロンとそん色ないレベルの甘みを持つ幻のりんご「こみつ」です。
市場でもなかなか見かけることのできないこみつの魅力を知って、ぜひお取り寄せしてみましょう。


ページの最後にこみつを手に入れるためのちょっとした手段についても触れていますので、じっさいに買って食べてみたい方は要チェックです。

栽培難易度の高い"高徳"がこみつの正体

こみつは高徳のブランドネーム

こみつは"高徳"と呼ばれる品種名のりんごに青森県津軽石川農協が独自の規格を設けてブランド化したりんごです。


フルーツの世界では特定の品種のフルーツに農協などの団体が独自に規格(大きさや糖度など)を設け、名前を付けてブランド化することがよくあります。

www.oishikerya.com
www.oishikerya.com

同じ"不知火"という品種の柑橘にも、デコポンをはじめいくつかのブランドネームがある。

栽培難易度の高い高徳

高徳はもともと1985年に品種登録されていたりんごでした。しかし栽培難易度が高いことから生産数は伸びず、ほぼ絶滅品種になりかけていたのです。


そんな高徳に目をかけ、規格化し品質を安定化させようとしたのが青森県津軽石川農協。この農協の尽力によって高徳は2007年にこみつとしてブランド化。


以後、その味わいのレベルの高さからりんごフリーカー、フルーツマニアたちから支持を集め、近年ではようやく一般の方にも"幻のりんご"として認知されつつあるのです。


\▼幻のりんご・こみつ(高徳)をシーズン前から予約・産地直送で通販するならコチラ▼/

こみつの特徴

こみつの見た目

f:id:bollet:20171204160601j:plain

こみつ(高徳)の特徴はまずその小ささです。手のひらにおさまる程度の、りんごの中では小さい部類に入ります。
この小ささが商品化を敬遠された理由でもありましたが、今となっては逆にこみつを印象付けるものとなっています。

f:id:bollet:20171204160705j:plain
他のりんごと比較すると小ささは一目瞭然

果肉は黄色っぽく、蜜の量がほかのりんごと比べて異常に多いことが特徴です。
りんごのおいしさは必ずしも蜜の量に比例するワケではないのですが、その見た目の鮮やかさもこみつの人気の秘密です。

こみつの味わい

こみつの味わいはなんといっても糖度14度をほこる強い甘みです。


収穫のさいに糖度16度前後まで樹上で熟成させ、その後収穫し規格を満たしたもののみをこみつとして出荷します。
出荷までの間に糖度は落ちつき、おおよそ14度前後で安定します。


酸味もしっかりと利いているため、決してべたつく甘さではありません。
酸味と相まって小ぶりながら非常に食べごたえを感じさせてくれるのもこみつの魅力。


また、香りが非常に芳醇で、ふつうのりんごと比べると高貴で複雑なアロマを持っています。
りんごといえど、非常に贅沢で特別感のある味わいがこみつの特徴と言えるでしょう。

こみつの旬の時期と値段は?

こみつは10月から11月にかけて収穫されはじめ、順次出荷されていきます。


市場に出回るのは11月から1月にかけてですが、非常に稀少性が高く、一玉で最低でも400円、高級青果店だと1000円近くになることもあるため、見かける機会はそう多くは無いかもしれません。

こみつの食べ方

f:id:bollet:20171204160802j:plain

こみつは他のりんごと同じように食べることが出来ます。


つまり食べ方の自由度は高く、皮ごとまるごとかぶりついてもよし、皮を剥いてカットしても良いのです。


ただ、こみつは他のりんごと比べて蜜が多いため、生産者の皆さんは輪切りに切って食べることをオススメしています。

f:id:bollet:20171204161522j:plain

確かに見栄えも良く、ちょっとした前菜やデザートにもなりそうです。サラダにいれても美味しそうですね。
ただ、個人的にはそのままりんごだけを味わうのならクシ切りをおすすめしますね。輪切りだとこみつのジューシー感を味わうには不向きなんですよね。

りんごの表面のベタベタはワックス・農薬じゃない

こみつに限らず、りんごの表面のベタベタをワックスや農薬だと思っている方がいますがそれは間違いです。


りんごの表面のべたべたはパラフィン、アルコール、飽和脂肪酸などのろう質で、完熟するに伴って乾燥を防ぎ、自らの鮮度を保つためにまとわせているものです。つまり美味しいりんごの証拠でもあるのです。

f:id:bollet:20171204160912j:plain

気になる方は水洗いしてもよいのですが、清潔なふきんでキュッキュッとふきあげると見事なツヤのあるりんごになり、見た目にも美味しそうになりますので、写真のように包んでふきあげてみてください。


特にこみつは樹で完熟するまで生育しているため、ベタつきが強い傾向にありますが、決して身体に害のあるものではないので安心しましょう。

まとめ

こみつは糖度14度前後もあるりんごの中でも特に味の濃いりんご・高徳を青森県津軽石川農協がブランド化したりんごです。


幻ともいわれる味わいをぜひシーズン中に楽しんでみましょう。流通時期はごく短い間のみ、手に入れようとしてもなかなか機会に恵まれないりんごです。取扱いのある青果店や産直サイトで早めに申し込んで届くのを待ちましょう!


CHECK!
こみつを手に入れたい方は以下の2つの方法をチェックしてみましょう。

  • シーズン前に予約してこみつを産地から直送してもらう

→こみつ(高徳)をシーズン前から予約・産地直送できるショップを利用する。シーズン数か月まえから予約を受け付け開始します。


こみつをシーズン前から予約するならコチラ


  • シーズン中に流通しているこみつを購入する

豊洲市場ドットコムがオススメ。シーズン中はこみつの取り扱いがあるショップです。


豊洲市場ドットコムの公式サイトはこちら




あわせて読みたい記事
冬場は魅力的なフルーツがたくさん出てきます。

www.oishikerya.com
普段あまりなじみのないザクロも店頭に並ぶのはこの時期。

www.oishikerya.com
キウイフルーツも実は冬が旬。

www.oishikerya.com
こみつに負けず劣らずの高級ゲキウマフルーツ・せとかも注目したいですね。