おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

圧倒的にウマイ宮崎マンゴーを食す|旬の時期や値段、太陽のタマゴの違いについても

宮崎マンゴー


マンゴーといえばトロピカルな夏のフルーツの代表格ですが、その味や見た目は品種や産地によって大きく異なります。


世界中の暖かい地域で作られているマンゴー・・・そのなかでも特別においしいものといえば日本で作られる宮崎マンゴーだと筆者は思います。


徹底した管理と広報によってフルーツのなかでも特に有名なブランドフルーツとなった宮崎マンゴー。


本記事ではそんな宮崎マンゴーを楽しみながら、旬の時期や値段といった宮崎マンゴーの特徴に迫っていきます。


世界一おいしいマンゴーを作る宮崎県

マンゴーは世界中の亜熱帯気候地域で作られているフルーツで、日本に輸入されているものだとタイ産、メキシコ産、台湾産が主流です。


作られる国ごとに生産される品種も異なり、最近では日本にも多用な品種が輸入されさまざまなマンゴーを楽しめるようになっています。



このように数あるマンゴーの産地、品種のなかでもずば抜けてクオリティが高いのが日本産・・・特に宮崎で作られているマンゴーです。


美しい色合いの宮崎マンゴー


日本国内で作られるマンゴーはアーウィン種と呼ばれる品種が一般的です。


その色合いからアップルマンゴーなどとも呼ばれ、海外産ではメキシコや台湾からも輸入されていますがその味わいは段違いです。


宮崎県はブランド化がとても上手な県で、マンゴーに関しても宮崎マンゴーという独自のブランドを築き上げ、いまでは国産マンゴー=宮崎県と思わせるほどの知名度を持つようになりました(生産量では圧倒的に沖縄県のほうが多い)。


筆者もさまざまな国のマンゴーを食べてきましたが、正直おいしさと外れの無い安定した品質を考えると世界一のマンゴー産地は宮崎だと思っています。

宮崎マンゴーの特徴

宮崎で作られているマンゴーは品種自体はとりたてて珍しいものではありません。むしろ今現在の日本のマンゴー市場で考えれば、その多くはアップルマンゴーに分類されるマンゴーです。


ではどうして宮崎のマンゴーはこんなにもおいしいのか、その特徴をみていきましょう。

宮崎マンゴーとはどんなマンゴー?

マンゴーは一般的に追熟するフルーツだとされています。


特に海外産のマンゴーは保存性を高めるため未熟なうちに収穫して輸出しているため、手元に届いても数日から一週間は寝かせる必要があります。


しかし国内で流通させる場合は必ずしもそうとは限りません。


完熟状態まで手間をかけてお世話をし、一番おいしいタイミングで収穫してすぐに市場に流すことができるからです。


宮崎マンゴーの秘密を動画でcheck




一般的に流通している宮崎マンゴーは完熟出荷に強いこだわりを持っています。完熟して自然に枝から落下するのを待って収穫するのです。*1


樹上でしっかりと完熟させたマンゴーは全体が真っ赤で味が非常に濃厚です。


対して未熟なうちに摘んだマンゴーは追熟させても必ずしも全体が真っ赤になることはありません。


こうした手間をかけた栽培法が世界一おいしい宮崎マンゴーの秘密になっています。

宮崎マンゴーの時期

宮崎のマンゴーは4月頃からおおよそ8月くらいまで流通します。


最も豊富に出回るのは5~6月の間で、年間通してもこの時期は最も手ごろに宮崎マンゴーを楽しむことができるので、ぜひ味わってましょう。


ちなみに語呂合わせで5月25日はマンゴーの日となっています。


宮崎マンゴーPRのために定められたマンゴーの日



値段も仰天の宮崎マンゴー、ふるさと納税などを利用しよう

宮崎マンゴーは他のマンゴーと比べても特別に手間暇かけて栽培されているため値段も非常に効果です。


このサイズ感で2000円ちょっとで購入。場所によっては3000円近くすることも。


完熟栽培なので一玉が大きい宮崎マンゴーですが、Sサイズクラスでも千円台後半から、少し大きな玉になってくると3000円前後で販売されるのが一般的。


百貨店などで販売されている贈答用クラスのものとなってくると5000円前後の値がつくこともある高価なフルーツです。


しっかりと包装される宮崎マンゴー


その分パッケージもしっかりしており(緩衝材に包まれてプラパックに梱包されるのが一般的)、シーズンもあってメロンと並んでお中元用に人気の高いフルーツでもあります。


ふるさと納税を利用して購入するととてもお得なのでぜひ検討してみてはいかがでしょう?


楽天市場などを経由してふるさと納税を利用した宮崎マンゴーも購入できます。

宮崎マンゴーと太陽のたまご

太陽のたまごは宮崎マンゴー(アーウィン種マンゴー)のなかで宮崎経済連が満たす以下の基準をクリアした個体につけられたブランドネームです。



太陽のたまごの基準


①品位:「青秀」以上
②階級:「2L」以上
③糖度:「15度」以上


太陽のたまごは日本国内に数あるブランドフルーツのなかでも生産量が少なく特に高級なので、サイズにもよりますが安くても一玉5000円から、8000~10000円程度が一般的な相場です。


規格を満たしたものしか存在しないので間違いなくおいしい太陽のたまごですが、逆に言えば普通の宮崎マンゴーと根本的に同じものなので状態のいい宮崎マンゴーであれば太陽のたまごとほぼ同等のクオリティを誇ります。


しかし今や圧倒的な知名度と高級感を持つ特別なフルーツなのは間違いなく、贈答用などに根強い人気があるフルーツです。



太陽のたまごのような高級フルーツこそふるさと納税を利用して購入するとお得です。


楽天市場などを経由してふるさと納税利用で太陽のたまごを購入できるサイトもあるのでぜひチェックしてみてください。

宮崎マンゴーを食す

お値段は張りますが、そのぶん圧倒的なおいしさを誇る宮崎マンゴー。


基本的には一つずつ丁寧に梱包されているためキズモノにあたることはありませんが、完熟させてから出荷させているのでなるべく鮮度の良い個体をチョイスして早めに食べるのがオススメです。


皮にツヤがあり新鮮そうなものを選ぶ


宮崎マンゴーは海外産のアップルマンゴーと比べても濃厚で果汁も多く食べ応えがあります。


またマンゴー特有の臭みを感じることがなく(メキシコ産などはクセを感じる個体が多い印象です)、トロピカルフルーツの華やかな部分だけを取り出したような贅沢な味わいです。


f:id:bollet:20190531063049j:plain
宮崎マンゴーのパッケージに同梱されているリーフレット。宮崎マンゴーにかける想いが伝わってくる。


ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。



詳しい切り方や食べ方については以下の記事も参考にしてください。


圧倒的にウマイ宮崎マンゴーを食すのまとめ

本記事では宮崎マンゴーの魅力をたっぷりと紹介してきました。


値段的になかなか気軽にてを出せるフルーツではないのですが、あまりの美味しさに一度食べたら忘れられない感動がある果実です。


ぜひふるさと納税などを利用して贅沢な夏の果実を楽しんでみてはいかかでしょうか。


CHECK!
フルーツを購入するならふるさと納税が圧倒的にお得!実質2000円で1万円以上の高級フルーツを購入することも可能です。


フルーツを通販するのに抵抗のある人も多いと思いますが、ナマモノだからこそ産地直送で一番いい状態のものを送ってもらった方が確実です。


特にマンゴーは高価なフルーツなのでぜひふるさと納税を利用してお得に購入してしまいましょう!



ふるさと納税でマンゴーを買うならコチラ



合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com

*1:あらかじめてネットを敷いておき、そこに果実が落ちるようにすることで傷むこともない