おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

日本一のメロン産地は茨城?圧倒的生産量と静岡や北海道には負けないメロンを楽しもう

茨城のメロン


夏を代表するフルーツのひとつであるメロン


甘くて芳醇で高級感もあるので贈答用から贅沢な水菓子まで幅広く利用されていますが、そんなメロンの産地についてはどのような印象をお持ちでしょうか?


フルーツにそこまで詳しくない一般の方はメロンという北海道や静岡を思い起こす人が多いようです。


しかしメロンの産地として忘れてはいけないのは茨城県ではないでしょうか?


北海道の夕張メロンや静岡のクラウンメロンのようにブランドバリューはありませんが、実直に丁寧に育てられた茨城のメロンはお求めやすい価格帯なのにとってもおいしいのです。


本記事では万年魅力のない都道府県ワースト1位を記録する茨城県がじつは日本一のメロン産地であるという事実に注目しながら、茨城メロンの魅力に迫りたいと思います。


じつはメロンの生産量1位は茨城県

まずはこちらのデータをご覧ください。


都道府県別のメロン出荷量


これは農林水産省が出している「作況調査(野菜) 確報 平成28年産野菜生産出荷統計」をもとに作ったメロン出荷量のグラフです。


ご覧の通り日本国内で最もメロンを出荷しているのはじつは茨城県です。


その生産量はメロン産地としてブランド力を持つ生産量2位の北海道の1.5倍以上、生産量6位の静岡と比べると5倍近い数字になっています。


f:id:bollet:20190606040937j:plain
茨城メロンは日常使いにも適したリーズナブルで高品質なメロン


この圧倒的な生産量をみれば茨城県がいかにメロン栽培に適してた土地であるかがわかるでしょう。


これだけメロン栽培に適した土地でおいしいメロンがとれないはずがないのではないでしょうか?

アピール下手⁈圧倒的な生産量と魅力的なメロン(農作物)産地を押し出さない茨城県

茨城県は皆さんご存知「魅力のない県」でも毎年ワースト1位に選ばれる場所です。


たしかに茨城県は県外からわざわざ遊びに来るような名所が少なく、多くの農作物を作っているにも関わらず「茨城といえばコレ」といえる押しの強い名産品もありません。


そう、とにかく茨城はアピールがヘタなのです。


例えば当ブログでも以前ご紹介している茨城のアグリドームトマト。




茨城県のKEK(協和施設園芸協同組合)グループ、有限会社 NKKアグリドリームが作るフルーツトマトなのですがこれが非常に美味しい。通常小粒のものが多いフルーツトマトなのにアグリドームトマトはとても大粒で味もしっかりしています。


しかしフルーツトマトといえば根強い人気なのはアメーラトマト。こちらは主に静岡で作られブランド化されているトマトで、非常に高価な値段で取引されています。



逆に言えば土地に恵まれている茨城は生産量が豊富なので、変にブランド化しなくてもじゅうぶんにやっていけるという背景もあるのかもしれません。


しかしこれだけ優れた農作物を作っているにも関わらず、なかなかこうした作物の名産地としても名前が挙がらないというのも切ないものですよね。


特にメロンは果物のなかでも華やかで主役級の存在感を持っています。


圧倒的な生産量を持ち、おいしいメロンをたくさん出荷している茨城がもう少し注目されてもいいのではないでしょうか?

茨城県産のメロンはとってもおいしくてコスパがいい

茨城のメロン栽培は歴史としては50年程度なんだそうです。


当時からメロン産地として有名だった北海道の農業関係者が茨城の特徴に着目し、メロン栽培にとても適しているとアドバイスしたことなどがきっかけで本格的な栽培が始まったのだとか。


生産量が優れているのもメロンを作るのに適した場所だからこそなのでしょう。


茨城メロンの代表産地である旭村の"糖度のみえるメロン"は糖度センサーを通して出荷しているのでハズレに出会うことがない


そして当然それは品質も確かなものであるということに繋がります。


茨城メロンは日本一のメロン産地である鉾田市を中心に、鹿嶋市、筑西市、牛久市、下妻市などで生産されています


特に鉾田市は合併を繰り返してきた街なのですが、市内の旧旭村の場所で作られる旭メロンや旧鉾田町で作られる鉾田メロンは非常に有名です。



生産品種は時期によってさまざまですが、メインとなるのは緑果肉のアンデスとオレンジ果肉のアールスです。


贈答用としてサイズを整えたものが多い夕張メロンや静岡クラウンメロンはどうしても高価になりがちですが、茨城のメロンは贈答用から日常使いまで幅広いラインナップも魅力。


小振りのものを狙えば1000円以下でおいしいメロンを楽しむことができてしまうのが嬉しいですね。


日本一のメロン産地は茨城?のまとめ

本記事では北海道や静岡といった高級メロン産地の陰に隠れ勝ちな茨城メロンの魅力をお伝えしてきました。


そもそも北海道はともかく静岡のクラウンメロンなどは徹底した管理をしたコストをかけた栽培法とPRでブランドを確立したメロンです。


土地的にはメロン栽培に優れた茨城でもじゅうぶんにおいしいメロンが作れるはず。


ぜひブランドバリューに騙されず、この夏は茨城メロンの魅力を味わってみてください。




CHECK!
フルーツを購入するならふるさと納税が圧倒的にお得!実質2000円で1万円以上の高級フルーツを購入することも可能です。


フルーツを通販するのに抵抗のある人も多いと思いますが、ナマモノだからこそ産地直送で一番いい状態のものを送ってもらった方が確実です。


特にメロンは高価なフルーツなので、ぜひふるさと納税を利用してお得に購入してしまいましょう!



ふるさと納税で茨城のメロンを買うならコチラ



合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com