おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

飲み物-アルコール-ビール

唐辛子入り⁈チリビール(chili beer)の魅力と通販できるブランドを紹介!

チリビールとは唐辛子を副材料に使用するビールのスタイルです。主にメキシコで親しまれているビールですが、最近ではマイクロブリュワリーが手掛けるものも出てきました。本記事ではその魅力や通販で手に入るブランドについて紹介します。

「パンクIPA(ブリュードッグ)」のレビュー|味や値段は?ビール界の革命児

パンクIPAはスコットランドのブリュードッグブリュワリーが作るクラフトビールです。その鮮烈な味は世界中で高く評価され、いまやビール好きにとって重要なアイテムとなりました。本記事ではパンクIPAとブリュードッグのビールの魅力、味、通販事情や値段に…

「ティママン ブランシェ」(池光エンタープライズ輸入)の特徴と魅力を紹介する

ティママンはベルギーを代表するビールブランドのひとつです。ランビックという酸味のきいた伝統的な自然発酵で作られるビールはシードルやスパークリングワインを彷彿とさせるフルーティーさで飲み心地がいいビールになっています。本記事ではその魅力を紹…

コロナビールとは?味、飲み方、値段を紹介|カットライムを沈めて楽しむライトなビール

本記事ではメキシコのコロナビールの味、飲み方、値段、カットライムの取り出し方などを紹介します。2020年にはコロナウイルスの関係で話題になった同ビール。その魅力とはなんなのでしょうか。

大阪のクラフト「箕面ビール」の魅力と種類|世界一にも選ばれたその実力とは?

大阪府箕面市で20年以上地ビール造りを続けている箕面ビール。クラフトビールブームのなかでその地位を確立している国内クラフトの代表格です。世界一を獲得したこともあるブランドで、桃やゆずなど地元の素材を使ったビールも人気があります。

デライト醸造所は今、注目したいおすすめのベルギービール

本記事では筆者がいま一番注目し、2021年に注目したいビアメーカー・デライト醸造所の魅力やラインナップを大特集。その魅力的な味わいをぜひ普段あまりクラフトビールを飲まない人にも楽しんでいただきたいと思う造り手です。

レーベンブロイが再発売!味はどうなった?|国内生産から韓国生産へ切り替わって登場

2018年に発売終了したドイツビールのレーベンブロイが韓国生産に切り替わって再発売されました。気になる味の変化や再発売の経緯について特集します。

【2019年リニューアル】本麒麟はどんな味?口コミや評価を探る!豪華タレント起用でCMも話題に!

いまやキリンビールの主力製品へと成長を遂げた本麒麟。たった1年で爆発的なヒットへとつながった同商品の味や評価はどのようなものか?じっさいに本麒麟を楽しみながらその魅力や口コミに迫ります。

レーベンブロイ、バスペールエールなどが国内販売終了で終売に!?

2018年9月12日、少しお酒・・・特に洋酒に詳しい海外ビール「レーベブロイ」をはじめとする3ブランドの国内販売がなくなるというニュースが流れました。ここではその背景に迫っていきます。

サントリーの新オールフリー系商品は透明なビール?市場末期を物語る

2018年5月8日、サントリービールは自社ブランドであるオールフリーから新商品の発売を発表しました。この内容が個人的になかなか衝撃的でしたので少し紹介していきたいと思います。 これはまさしくビール市場の行きつく先だったのでは・・・と思わざるを得な…