おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

手作りイチゴシロップのレシピと使い道|すごく香り豊かでおいしすぎ!

f:id:bollet:20171226054846j:plain


いちごを知り合いからたくさんもらったり、買い過ぎてしまって余らせてしまうことはありませんか?


または安売りになっているいちごを見つけて何かに利用できないかと考えている人はいませんか?


いちごの加工方法はいろいろありますが、今回はそんな中でも特に手軽に出来て汎用性も高い手作りイチゴシロップのレシピその使い道をご紹介します。


ぜひ参考にして、香り豊かなイチゴシロップ作りに挑戦しましょう!


CHECK
いちごの正しい保存方法をご存知ですか?


いつもいちごをダメにしてしまうという方は保存方法に気を付けるだけでおいしく食べられる期間がぐっと伸びるかもしれません。


ぜひこちらの記事を参考にしていちごの保存に気を使ってみましょう!




香り豊かな手作りイチゴシロップの材料(約400ml分)


いちご・・・・2パック(400g)
グラニュー糖・・・・いちごと同量(今回は400g)
水・・・適量


いちごは火を入れるので多少傷んでいても構いません。ぐちゅぐちゅになったり、変色したりしたものはめんどうならそのまま入れてもいいですし、気になるならその場所だけカットして取り除いておきましょう。


基本的には鮮度の良いものは生のまま食べて、少し時間のたったものをシロップにするのがオススメですね。

香り豊かな手作りいちごシロップのレシピ

f:id:bollet:20171226053826j:plain


今回はいちご(とちおとめ)を2パック分400g用意しました。


鮮度の良いいちごはそのまま食べるのが一番なので、食べ残して痛み始めたものなどを使ったり春先の値段の落ち着いた露地物などで作るのもオススメです。


f:id:bollet:20171226054012j:plain


いちごは軽く水洗いしたら水気をきり、ヘタをとって半分にカットします。


f:id:bollet:20171226054019j:plainf:id:bollet:20171226054049j:plain


カットしたらボールに入れて、いちごと同量のグラニュー糖を投入します。


f:id:bollet:20171226054213j:plain


全体にまんべんなく混ぜたらラップをして半日から一日ほど冷暗所で寝かせます。


f:id:bollet:20171226054439j:plain


寝かせるといちごから果汁がでて上の写真のようになります。


f:id:bollet:20171226054539j:plain


これを液体ごと鍋にうつします。さらにイチゴの個体がヒタヒタにつかるくらいまで水を加えて加熱します。
30分ほど弱火~中火でふつふつと泡立つ程度に煮詰めていきます。


f:id:bollet:20171226054704j:plain


煮詰めてくと、しだいにいちごが白っぽくなってきます。こうなってきたら火を止め粗熱をとります。


f:id:bollet:20171226054802j:plain


粗熱をとったらボールにザルをかさねて濾しとります。


f:id:bollet:20171226054846j:plain

綺麗な色合いのシロップが出来ました。


f:id:bollet:20171226054906j:plain


あとは煮沸消毒した容器にじょうごなどを用いて移して完成です。


今回はザルとボールであら濾しした後、残ったいちごは清潔な布きんで絞ってシロップに加えました。こうすると少し粘度の高い果実味のあるシロップになります。


逆にボールとザルで濾すだけの場合はいちごが形のまま残るので潰してジャムにしたり、オーブンでドライイチゴにして二度たのしむことができます。

手作りイチゴシロップの保存期間

f:id:bollet:20171226171344j:plain

手作りシロップは糖度によっても保存可能期間が異なります。今回のシロップは比較的糖度が高いのでそこまで持ちは悪くありません。


シロップ類はカビてこない限りは使用することができますが、何度も開け閉めしたり、こわけに使う場合はどうしても雑菌が繁殖しやすくなるため、冷蔵庫で保存して1~2か月程度で使い切るのがひとつの目安でしょう。


手作りシロップをたくさん作って保存する場合は小さめの煮沸瓶をいくつか用意して、小分けにして冷凍しておくのがオススメです。こうすれば使う分だけ解凍して悪くなる前に使い切ることが可能です。

香り豊かな手作りイチゴシロップの使い道

かき氷のシロップに

夏場のかき氷にかけるためのシロップとして使うと、いっきに高級感のある味わいになります。


かき氷にかけるならいちごの実を潰してジャム状にし、シロップに混ぜ込んでおくとより濃厚なシロップに。個体も入ったようなシロップ
はフリーザーバックなどに入れて保存しておくといいでしょう。

いちごミルクに

f:id:bollet:20171226170918j:plain


【材料】
いちごシロップ 20ml
牛乳・・・80ml
生クリーム・・・10ml(なければ牛乳で代用)
いちご・・・1~3粒(冷凍や生のいちごがあれば)
氷・・・製氷機のもの4~5個分

すべてミキサーに入れてよくかき混ぜるだけで濃厚ないちごミルクに。氷と一緒に撹拌すればシェイク風になり非常に美味です。
フレッシュのいちごがあれば冷凍でも良いので加えると酸味も加わりぐっと味わい深くなりますが、なければシロップだけでも十分味が出せます。


シェイク風にせず氷のはいったグラスに注いでもいいでしょう。


氷も一緒に撹拌してシェイク風にするときは氷の量に気を付けます。少ないと冷えないしフワッと感も出ないのですが、多すぎるとシャリシャリのかき氷のようになって味も薄くなるので、家庭用製氷機の粒で4~5粒程度がちょうどいいと思います。

炭酸割に

いちごのシロップを氷にいれたグラスに注いでソーダ割りに。非常にシンプルですが、炭酸飲料を買うことを考えたらコスパ良しのジュース代わりに。


レモンやライムを絞っても美味しいですし、ジンやウォッカを垂らしてカクテルっぽくしてもイイですね。

手作りイチゴシロップのレシピと使い道のまとめ

とても簡単に作れるいちごシロップは香りも非常に豊かで汎用性も高い便利なアイテム。ちょっとしたもてなしや贅沢に、デザート用にと作り置きして保存しておけば便利に使えますので、いちごが余っている方や試してたい方はぜひ気軽に挑戦してみましょう。


www.oishikerya.com
いちごの品種別味の違いについても書いていますので参考までに。


www.oishikerya.com
いちごの正しい保存法も知っておきましょう。


www.oishikerya.com
当ブログではフルーツオタクの筆者がさまざまなフルーツについてお役立ち情報などを記事に執筆しています。ぜひご覧ください。


www.oishikerya.com
イチゴだけじゃない、ザクロもシロップにするととっても美味しいんです。


レシピを動画でチェックできる無料アプリ「クラシル」


クラシル


いま注目されている無料レシピアプリ「クラシル」


すべてのレシピに1分間の作り方動画がついていて、細かな調理法も簡単に再現できちゃいます!


有料級のコラムや献立を整理する機能もついていてなんと無料!インストールしておいて損はありませんよ!


クラシル - レシピ動画で料理がおいしく作れる

クラシル - レシピ動画で料理がおいしく作れる

dely, Inc.無料posted withアプリーチ


クラシルの機能や使い方の解説を見る