おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

【保存版】トマト缶を使うまな板いらずのパスタトマトソースレシピ

市販のパスタソースを使わず、一からパスタを作れる人って料理上手に感じますよね。
でも待ってください。ソースの種類にもよりますが、実はパスタを一から作るのってそんなに難しいことじゃありません


基本さえマスターしてしまえばあとはいくらでも応用が利くので、少し頑張って覚えておいて損はないハズ!



そこで今回はパスタソースの王道中の王道、基本となるトマトソースの作り方を見ていきます。
トマトソースは料理人によって色々な作り方がありますが、今回はまな板すら使わずに作る本格トマトソースです。



ポモドーロ、アラビアータ、プッタネスカ、ボロネーゼ・・・リゾットやピザにも応用可能な便利なトマトソースをマスターしましょう。

トマト缶を使ったパスタトマトソースのレシピ概要

f:id:bollet:20171110170325j:plain

今回ご紹介するトマト缶を使った基本のトマトソースのレシピの概要は図の通りです。
手を加えるポイントは基本的に4箇所のみ。


この4箇所だけ意識すれば後は基本放置で完成するのがトマトソースの良いところ。
しかも今回はまな板すら使いません


3~4人分で作っていますが、大きなお鍋やフライパンがあれば何人分でもまとめて作れます。
これなら出来るかも・・・と思った方はさっそく詳しい作り方を見ていきましょう。

トマト缶を使ったパスタトマトソースの材料(3~4人分)

f:id:bollet:20171110170723j:plain

ホールトマト缶・・・・・2缶(400g×2缶)
にんにく・・・・・・2欠
オリーブオイル・・・・80cc(トマト缶に対して1/10cc)
塩・・・・・小さじ1~2(用途に合わせ、後述)


トマト缶を使った基本のトマトソースに使う材料はたったこれだけ。

モンテベッロ ホールトマト 2.55kg

モンテベッロ ホールトマト 2.55kg

トマト缶はネットで業務用サイズやまとめて購入しておくと便利。

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス 750ml

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス 750ml

シンプルなだけにオリーブオイルは重要。筆者が好きなオリーブオイル。

後述しますが生バジルがあるとより美味しく。
バジルは栽培も容易なので、自分で育ててしまうのもアリ。

トマト缶を使ったパスタトマトソースのレシピ

トマト缶を使ったパスタトマトソースの下ごしらえ

まずは下準備です。といっても今回はにんにくを準備するのみ。


まな板を使わないということで、キッチンペーパーやラップを作業台に敷いた上ににんにくを乗せ、包丁の腹の部分に挟んで手のひらで押しつぶします


f:id:bollet:20171110171440j:plain
思いっきり体重をかけて潰す


するとにんにくが割れます。


f:id:bollet:20171110171648j:plain


皮がするりと剥けますので皮をとって、さらに割れ目から芽の部分を取り出します。


f:id:bollet:20171110171733j:plain


フライパンに入れて準備は完了です。


ちなみに北イタリアではトマトソースを作る際に玉ねぎなどの香味野菜をいれるそうです。
その場合は玉ねぎのみじん切りをにんにくと一緒にしっかりときつね色になるまで炒めて香りと甘みを引き出します。


今回ご紹介するのはどちらかというと南イタリアのレシピ。
南イタリアではトマトソースはにんにく、オイル、あればバジルで作るよりシンプルなレシピなんだそう。



どちらも美味しいですが今回はより手間のかからない方法という事で、南イタリア風になります。

トマト缶を使ったパスタトマトソースの作り方

にんにくの入ったフライパンにオリーブオイルをトマト缶の1/10ccほど加えます。一見すごく多く見えますが、ここが最大のポイントです。ココをケチるとその分だけトマト感が強い味わいになります(酸味が前面に出てくる)。


生トマトを使う場合はそれも美味しいと思いますが、トマト缶を使うのであればオリーブオイルはケチらずたくさん投入した方が簡単に美味しくなります。


f:id:bollet:20171110204929j:plain


弱中火で加熱していって、にんにくから泡が出始めたら弱火で3分ほどじっくりオイルに香りを移します
焦げずにかつムラなく火が通る様に、なるべくにんにく全体をつけるようにして熱します。


生バジルがあればここで一緒に投入してオイルにバジルの香りもつけるとより美味しくなります


f:id:bollet:20171110172236j:plain


にんにくの香りがしっかりオイルにうつったら(にんにくがきつね色になる一歩手前くらい)ホールトマト缶をそのまま投入。さらに塩を8gほど(小さじ1.5前後)投入します。


f:id:bollet:20171110173037j:plain


もしもこのトマトソースを色々な料理に使いたい場合は塩を小さじ1弱くらいにおさえて、後から料理ごとに塩分を適宜追加してもよし
アンチョビやベーコンを使うのであればこの時点では薄味に仕上げた方が使いやすいでしょう。


ただし、最低でも小さじ1程度の塩はここで投入しておくことをオススメします。トマトとオイルの乳化作用で塩も一緒に溶け込むことで、あとで塩を加えるのと違った芯から塩味を感じるトマトソースに仕上がります。また、塩分による脱水効果が期待できるため煮込み時間の短縮にもなります。


煮込む際にはザルを上からかけると飛び散るのを防げます


f:id:bollet:20171110173015j:plain


15分ほどはなにもいじらずにそのまま中火で軽くふつふついっている状態で放置して煮込みます。


f:id:bollet:20171110173325j:plain


少しずつ煮崩れてきましたが、まだ煮込みます。
ここで底が焦げ付かないように、火が均等に通るように底からかき混ぜてさらに15分弱火~中火でふつふつと煮込みます。


時々かき混ぜるようにしてムラをならします。


f:id:bollet:20171110173716j:plain

だいぶトロッとしてきました。トマトもいい感じに煮ずれています。
ここまできたら人為的に塊のトマトをヘラやおたまで潰していきます

f:id:bollet:20171110173901j:plain


ひととおりダマになっている部分を潰して混ぜ合わせ、トロっとしてきたら完成です。
この時点で水っぽければもう少し煮詰めてください。
f:id:bollet:20171110174023j:plain

粗熱をとったらタッパーに入れて保存します。冷蔵庫でも3~4日程度は保存できます。
小分けにして冷凍してしまうのも手です。


冷蔵庫でタッパー保存する場合はラップをかけてさらに劣化を防ぐと持ちが良くなります。。


f:id:bollet:20171110174131j:plain


ジップロック保存もオススメです。


bollet.hatenablog.com

トマト缶を使ったパスタトマトソースで作るポモドーロ

完成したトマトソースで基本中の基本、ポモドーロを作って見ましょう。
ポモドーロは本来トマトソースそのものを指す言葉ですが、日本ではシンプルなトマトソースパスタを指す言葉としても定着しています。


ソースはほぼ出来ているので、調理開始と同時にパスタ(80g程度)を茹でます。
フライパンにオリーブオイル少々をひき、トウガラシを加えて炒めます。


f:id:bollet:20171110175013j:plain


香りがたったら先ほど完成したトマトソースをおたま一杯分ほど加えて全体を混ぜます。
必要に応じて塩を加えます。


f:id:bollet:20171110175007j:plain


茹であがったパスタと和えれば完成です。


f:id:bollet:20171110175055j:plain


今回は本当にシンプルに作りましたが、ナスやベーコン、きのこやオリーブなどを加えればいくらでもアレンジ可能です。
最後に粉チーズを振りかけるだけでも全然印象が変わりますね。


一人分で作っていますが、人数が増えたらその分だけ量を増やせばOKです。



以前ご紹介して好評をいただいた塩豚なんかを加えれば格段に旨味が増すのでオススメですよ!

bollet.hatenablog.com

まとめ

トマトソースは使いまわしも利きますし、一度にたくさん作ることも出来ます。
カレーやシチューを市販のルゥを使って作るより簡単にできちゃいますから、ぜひ一度チャレンジしてみましょう。


当ブログのレシピ紹介ではなるべく料理が苦手な人にも簡単に作ってもらえるよう工夫して書いているつもりではありますが・・・。

bollet.hatenablog.com

他人のレシピを見てもうまく作れない・・・という方はコチラを参考までに。

bollet.hatenablog.com

ブロッコリーを使ったパスタレシピもオススメです。