おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

居酒屋、バー、レストランにおけるお酒の頼み方や飲む順番のセオリー|理想の注文の仕方を学ぶ

f:id:bollet:20170224173525j:plain


居酒屋、バー、レストランなどアルコールを楽しめるお店でお酒でどんなドリンクを注文するか悩んだ経験のある人はすくなくないでしょう。


なかにはなにを頼めばいいのかわからない!と戸惑ってきまずい思いをしたことのある人もいるかもしれません。


人によってはそれが煩わしくてお酒の場を嫌いになることも…。


けれど分からないからこそまだ知らない素晴らしい味わいと出会えるチャンスでもあるんです。


そこで本記事では飲食店でお酒を頼むときの頼み方や飲む順番のセオリーについて解説します。


はじめに言っておくと「そんなこと気を遣う必要なく好きに楽しめばいい」という考え方も正解です。


ただ、ちょっとした方程式を知っておくことで楽しみが増やせる可能性があるのも事実



飲食店の使い方に限らずものごとを深く愉しむには必ず能動的に学ぶ瞬間が必要です。


ぜひ少しだけ勉強してからお酒を飲む場へ赴いてみてはいかがでしょうか?


特にお酒がメインディッシユであるがゆえに頼み方や飲む順番を意識したいバーでのお酒の注文の仕方については「初心者がバーで注文する時に使えるセリフ集【初めてでも通にみせる頼み方】」という記事でバーでのオーダーに使えるセリフをまとめているのであわせてご覧ください。

お酒も料理と同じくコースのように順番を意識して愉しむべし

軽いお酒から重いお酒へと順番に飲み進める

お酒を頼む順番の基本は料理のコース料理のように軽いものから重いものへとシフトしていくことです。


コース料理はフレンチかイタリアンかによっても順番に多少の差異はあるものの基本は前菜のような軽いものからメインディッシュのような重いもの、そしてデザートのような甘いものと提供の順番に起承転結があります


レストランの場合は料理に合わせてドリンクを注文したり、お任せでペアリングしてもらえばおのずと正しい順番になっていきますが、居酒屋やバーのようにはじめから好きに注文できるタイプのお店であってもこの公式は変わりません


つまり、ドリンクの場合であってもまずはじめは軽いもの、そこから少しずつ重くしていくという飲み方がスマートであり「お酒のことを分かっているな」と店員さんにも感じてもらえる順番ということになります。

お酒の軽い重いとは?

飽食の時代と呼ばれる時代において私たちは生まれたときからさまざまな食べ物を食べて生きています。


そのため多くの方がなんとなく食事の軽い重いというさじ加減を理解しているのではないでしょうか?


居酒屋で注文する時も自然と枝豆や冷奴のような軽いものから注文し、そのあとにもつ煮とかからあげ、最後に〆の雑炊を…という風に自由に頼める状況下でも無意識にコース料理のような順番で注文することも多いはず。


お店側でも気の利くスタッフがいれば適切な順番を考えて提供してくれます。


しかしお酒の注文はそうはいきません。


自分で意識的にお酒を飲む順番を考えないと、一緒に食べる料理の味やそのあとに飲む別のお酒の味まで壊したりしかねないのです。


もちろん本人がよければそれでよいのですが、より美味しく楽しむためにも飲む順番を意識するのは無駄なことではありません。


接待のようなビジネスシーン、勝負デートのときなどでもスマートな順番で注文できればデキる奴と思われる可能性が強くなります


では具体的にお酒の軽い、重いとはどのようなものになるのでしょうか。


まず酒の軽い重いは以下の4つの基準からおおよそ導き出すことが出来ると言えます。

炭酸があるかないか

最もシンプルな基準は炭酸の有無です。


ビール、シャンパン、ハイボールが代表例でしょうか。


カクテルならカンパリソーダジントニックはアペリティフ(食前酒)として扱われるように、炭酸の入った酒は総じてのど越しも爽やかでアルコール度数も低く軽いお酒の傾向にあると言えます。


アルコールが強いか弱いか

アルコールの濃度も指標のひとつです。


いきなり40度あるテキーラをショットで飲むというのは、若気の至りで…というならまだしも純粋に食事やお酒を愉しむ場ではナンセンス。


このアルコールの濃度という基準は、炭酸の有無と関係してくる部分でもあります。



炭酸入りのお酒は基本的にはアルコールは抑えめで割材の量しだいで濃度を調節することもできますね。


強いアルコールは舌を刺激して味覚を鈍感にさせます。


その反面で胃を活性化させて消化を促す効果もあるため、濃度の高いお酒は食後に食後主という形で楽しむのが基本です。


まずはビールからスタートするというのはちゃんと理にかなった注文だったわけです。

甘さはどの程度か

お酒の持つ甘さも判断基準のひとつです。


コースでデザートが〆にくるように甘めのお酒も最後の方に持ってくるのが基本となります。


フレンチやイタリアンののコース料理ではメインが終わってデザートにさしかかると甘口のワインやリキュールをあわせることも多いですね。



もともとヨーロッパでは食後にリキュールを嗜む文化がありました。


最近ではリキュール=カクテル用のお酒という認識が強くなりましたが、本来はそのまま飲むためのお酒でもあったんですね。


日本では料理の味付けに砂糖やみりんといった甘みを多用しますから最後に甘いお酒を飲む文化や考えが希薄だといわれています。


しかし和食の後はともかく今では日本人でも洋食を食べる機会も多いわけですから、そんな時はお酒の飲み方も西洋的な飲み方にシフトさせて甘いお酒でしめるのもオススメですよ。


バーでも〆にクリームやチョコレートを使うようなデザート系のカクテルやリキュールをデザート代わりに飲むとステキですね。


味の濃度

同じワインというお酒であっても基本は赤ワインより白ワイン、白ワインよりスパークリングワインを先に飲むのがセオリーです。


料理と合わせる場合は料理の順番に影響されるというのもあるのですが、白ワインより赤ワインのほうが基本的には味が濃い傾向にあるため白→赤ワインという順番で飲み進めるのは理にかなっています。


これはワインに限らず日本酒やウイスキー、もっといえばカクテルにおいてもそれぞれのお酒のなかで軽い、重いものが存在しています。


この辺りの判断はある程度の経験値やセンスも要求される部分です。


分からなければ素直に店員さんに投げてしまうのも一つの手段です。

お酒を飲む順番を組み立てて頼み方を考える

f:id:bollet:20170224173430j:plain


では具体的にお酒飲む順番を組み立ててみましょう。


例えばイタリアンに行ったとします。


コース料理が出るほどのフォーマルな感じではなく、アラカルトで何品か頼むお店だとしましょう。

本格的に注文を考える前に、とりあえず軽めのドリンクからスタート

レストランや居酒屋でメニューを見ているとこの時に先に飲み物だけ聞きに来るパターンがあって戸惑う方も多いようです。


この時は悩まずビールでもスパークリングワインでもさっと頼んでしまいましょう。


ワインやビールが苦手ならカンパリソーダとかミモザ(オレンジとスパークリングワインのカクテル)とかもいいかもしれません。


果実酒のソーダ割りとかサングリアのソーダ割りなんかでもオーケーです。



ここで頼むべきお酒はいわゆるアペリティフ(食前酒)と呼ばれるお酒です。


軽めのアルコールで胃を刺激し食欲を促進させることを目的としています。


またこの後に続く料理やお酒の味わいを壊さないように爽やかでナチュラルな味わいのお酒がオススメです。


f:id:bollet:20170224173758j:plain


要はここではあまり甘すぎず軽いものを頼めばいいということです。


炭酸が入ってるものを選べば基本的に間違いありません。


料理に関してはこの時点で頼みたいものが決まっていれば頼んでおいても良いでしょう。


大抵の場合はアミューズ、お通しが出てくるため、まずはそれを肴に乾杯して食事をスタートさせてからゆっくり考えても良いわけです。


バーのようにお酒メインのお店でもはじめの注文は炭酸系から始める人が多く、このあたりのセオリーは食事のでるお店とあまり変わりません。



せっかくバーに来たのであればビールを頼むよりはジントニックとか、せめてハイボールのようなお店のこだわりを感じられるものを頼めるとより楽しめるかもしれませんね。

シチュエーショにあわせて少しずつ重いお酒を頼む

レストランならここから料理に合わせて徐々に白ワイン→赤ワイン→食後は甘口ワインや蒸留酒という風に少しずつアルコールの濃度や味の濃さを上げていきます。


もちろんお酒に弱ければ途中を端折っても良いと思います。


僕はお酒好きですがあまり強くないので、スパークリング飲んだら白ワインは飛ばしてメインで赤ワインだけ飲むというのもよくやります。


バーならジントニックの後はマティーニ(強いカクテル)にしてみるとか、ウイスキーにしてみるとか、少しずつ強いお酒、濃いお酒にシフトしていきます。


バーやワインバーのようにお酒に重点を置いているお店でもレストランでペアリングしてもらうような感じで店員さんにオーダーを丸投げしてしまうのもオススメです。


予算と杯数だけ伝えれば後は店員さんがなんとなくコース仕立てのようにしてお酒を提供してくれるはずです。


自分の思いもよらないお酒が出てきて美味しいと本当に得した気分になれますよ。



ただしある程度の信頼関係がないと完全お任せは難しいかもしれません。


レストランの場合は料理ありきなので選択肢は限られますが、お酒中心のお店では選択肢が多すぎるためある程度の好みは伝えるようにしましょう。

お酒の頼み方や飲む順番のセオリーは全てのシチュエーションで意識する必要はない

お酒の順番を意識する上での注意点です。


お酒の順番にこだわることは楽しみの幅を広げますが、どんなシーンにおいてもこれが正しく通用するとは限りません


例えば学生のアルバイトさんがホールを回してるチェーン店で「この料理に合うお酒を選んで」といっても無茶ぶりにしかなりません。


そういうお店はそもそも料理とお酒のペアリングに意識を置いていません。


変な話、最初から最後までカルーアミルクを飲んでいてもスタッフはなにも思わないのではないでしょうか?


一緒に飲みに行った人にもよります。


飲食に無頓着な人の前で「この料理にはこれがあう」「甘いお酒は最後にするべき」などと言っていると煙たがられます。


こういう時は押し付けることはせず、自分は自分で勝手に料理に合わせて相手には好きな物を飲ませた方が無難です。



こういう人と何かの機会でバーに一緒に来たら「せっかくだからお任せで作ってもらえば?」"そういう飲み方もあるんだよ"くらいのアドバイスをしてあげるのは相手の世界を広げるきっかけになるかもしれません。


お酒の飲み方や飲める量は人によります。


徐々に重くしたくても強いお酒、甘いお酒の飲めない人もいます。


強制するのはよくないですし、場の空気を悪くしてしまいます。


しかし相手がお酒の嗜み方を心得ていたとしたら順番を意識した飲み方ができることは非常に好印象になるでしょう。


また飲み方を知らない人の前で自然とここで紹介したような飲み方をしていたら、もしかしたらカッコイイなーと思ってもらえるかもしれません。


こういう嗜みはあくまで自然に、当たり前のように実践していてはじめて体得したと言えるのではないでしょうか?


バーのマスターはなぜネクタイをしているのか? 僕が渋谷でワインバーを続けられた理由

バーのマスターはなぜネクタイをしているのか? 僕が渋谷でワインバーを続けられた理由

ワンイバーの店主が語るバーとはなにか?サービスとは何か?ということが筆者の経験を踏まえて書かれている。ちょっと変わり種のガイドブックか?でも面白い。

居酒屋、バー、レストランにおけるお酒の頼み方や飲む順番のセオリーのまとめ

お酒をお店で楽しむうえで知っておくといい頼み方のルールをザックリ解説してきました。


あまりこだわりすぎるのも大変ですが、なんとなくこうやって頼むと良いらしい程度に覚えておくのが一番良いと思います。


「お店で飲むとコスパが悪い」なんて言われてしまう悲しい世の中ですが、順番までこだわって色々なお酒を料理やおつまみにあわせたり見たこともないお酒を楽しめるのは外飲みならではの楽しさですよね。


ぜひ素敵な飲み方ができるようになって飲食店とお酒の席をより楽しめるようになってみませんか?

私をBARに連れてって!

私をBARに連れてって!

バーという嗜み (新書y)

バーという嗜み (新書y)


あわせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com