おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

ノワドゥブールのフィナンシェが絶品⁈その魅力とは?店舗・通販情報アリ

フィナンシェ


いま連日行列を作ることで話題になっているお菓子屋さん「ノワドゥブール(noix de beurre)」。


魅力的な商品展開と販売の仕方で流行に敏感な方から絶大な支持を集めているパティスリーで、なかでも看板商品のフィナンシェは売り切れが続出しているようです。


ここではじっさいにノワドゥブールのフィナンシェを楽しみながら、その魅力や店舗情報、通販情報についてまとめていきます。

「本当のおいしさを伝えたい」・・・ノワドゥブールのコンセプト

ノワドゥブールはフランス語で「小さなバターのかたまり」を意味します。


素材に強いこだわりを持つノワドゥブール


このブランド名にはお菓子作りの基本材料であるバターのように「美味しさを生み出す原点でありたい」という願いが込められているそうです。


お菓子を作るパティシエさんたちは常に「作りたてを届けたい」「素材の風味を生かしたい」「心を込めて作りたい」という想いを持って仕事に取り組んでいます。


ショップカード


そんな職人の想いが詰まったお菓子を最もおいしい状態で届けたい・・・それがこのブランドが目指しているものです。


ノワドゥブールのお菓子はどれもシンプルですが、素材にこだわって丁寧に作られるものばかり。


食べ飽きすることはなく奇をてらうことのない安心感のあるお菓子は手土産にも最適だといえるでしょう。

大人気!ノワドゥブールのフィナンシェ

ノワドゥブールといえばフィナンシェ。


ノワドゥブールのフィナンシェはスペイン産のマルコナ種アーモンドプードル、国産の発酵バター、きび砂糖と原料にこだわって丁寧に焼き上げた逸品。


シンプルなお菓子だからこそ素材で差が生まれるフィナンシェは多くの人の心を魅了しています。


さらにじっさいに店舗にいけば焼きたてのフィナンシェを楽しむことも可能。


焼きたてのフィナンシェは別格の味わいで、噛むとバターがジュワッと吹き出してくる贅沢な味を求めて休日には一日1000個以上が売れるのだとか。


お菓子の一番おいしい瞬間を届けたいというノワドゥブールの理念を最も体現したものがこの焼きたてのフィナンシェだといえるでしょう。

ノワドゥブールのフィナンシェは焼きたてじゃなくてもおいしい!

「焼きたてのフィナンシェは並ばなけれ買えず、手土産にも不向きだよね・・・」


そんなふうに考えている方も安心してください。


ノワドゥブールのフィナンシェはお持ち帰りに便利な包装タイプのフィナンシェも販売しています。


今回筆者が食べたのもこちらのタイプ。



手土産にもピッタリなフィナンシェ



外側はしっかりと焼き上げられ香ばしく、なかはバターとアーモンドの香りが豊かに香る王道のフィナンシェ。


フィナンシェとしては大きめサイズなのも嬉しい。


しかしじっくりと味わうといつまでも口のなかに残る素材の香りが、このフィナンシェがただものではないことを感じさせます。


味わえば味わうほどバターとアーモンドの上質な香りが広がっていく


やみつきになってしまう人が多いのもうなずける抜群の味わい。


トースターで少し温めれば焼きたてに近い香ばしさを楽しむこともできますね。

百貨店で展開するノワドゥブールの店舗

ノワドゥブールは東京にある新宿伊勢丹と日本橋三越の百貨店でのみ店舗を展開しています。



焼きたてのフィナンシェなど店舗でないと楽しむことのできないものもありますので気になる方はぜひ直接店舗に訪ねてみましょう。

ノワドゥブールは通販できる?

ノワドゥブールはオンラインショップを持っていません。


「作りたてを届けたい」「いちばんおいしい瞬間を食べてもらいたい」というコンセプトからすれば当然のこだわりだともいえるでしょう。



定期的にアマゾンやヤフーショッピングに仲介業者の入った商品が売り出されることもありますが、こちらはプレミアム価格がついてしまうので、どうしてもという時以外はおすすめできません。


販売店が限られているのがネックではありますが、ぜひ直接買い求めることでノワドゥブールのコンセプトを存分に味わうのがオススメです。

ノワドゥブールのフィナンシェが絶品⁈その魅力とは?店舗・通販情報アリ|まとめ

いま話題沸騰中のノワドゥブールと看板商品であるフィナンシェを紹介して参りました。


このお店ではほかにも焼き菓子各種や季節限定商品を販売しています。


お客さんに飽きさせない商品展開の仕方にも注目してみたいですね。


機会があればぜひ味わってみましょう。