おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

【驚きの値段】高糖度のフルーツトマト、アメーラトマトとは?

f:id:bollet:20180126201015j:plain

近年フルーツ市場では糖度主義ともいえるような「このフルーツは糖度○○度です」という謳い文句が多用されていますが、その流れの中で一部の野菜にもそのような言葉が使われるようになってきました。


それを代表するのがトマト。もはやフルーツか野菜かというほど、そのポジションがあいまいになりつつあるといっても過言ではない食材で、中にはトマトってこんなに値段がするの?と思うような高級トマトも存在します。今回はそんなトマトの中でも、ブランドトマトの先駆けともいえる"アメーラトマト"に注目していきたいと思います。

フルーツトマトとは?普通のトマトとの違い

最近なにかと名前の挙がるフルーツトマトとはどんなトマトなのでしょうか?


実は、フルーツトマトはトマトの品種の名前というわけではなく、栽培方法の違いによって普通のトマトよりも糖度を高くした、文字通りフルーツのようなトマトのこと。時期や農園による違いはあるものの、一般的には糖度8度以上のトマトをフルーツトマトと称していますが糖度の厳密な規格はありません。


しかし、普通のトマトとフルーツトマトとでは糖度に歴然とした差があります。下の図をご覧ください。

f:id:bollet:20180126195120j:plain

ざっくりと普通のトマト、フルーツトマト、そしてフルーツトマト周辺の糖度を持つフルーツをまとめて図式化してみました。



こうみるとフルーツトマトの平均糖度はもはやその辺の適当ないちごを越えてくるポテンシャルを持っていることがわかります。普通のトマトとは二段階くらいの差をつけている印象です。


こうした甘みはどこからくるのでしょうか?フルーツトマトの生産方法も作る人によって差はあるものの、多くは水分量や肥料を極端に減らすことでトマトに負荷をかけることで、大きさは小粒でも味の凝縮したトマトを作り出すという方法をとっているようです。


フルーツトマトは味が濃く甘みも強いため、まるでフルーツのように生でかじりつくのに適したトマトだと言えるでしょう。

フルーツトマトのブランド化に成功したアメーラトマトとは?

f:id:bollet:20180126201115j:plain

アメーラトマトって?

アメーラトマトはフルーツトマトのなかでも特にブランド化に成功し、認知度の高いトマトだと思います。このトマトは静岡県で生まれた高糖度トマトで、株式会社サンファーマーズが商標登録し、ブランド管理と生産支援を行っています。


静岡弁で「甘いだろう?」を意味する「甘えらー」から名前が付けられており、静岡県内や長野県の軽井沢で栽培されています。アメーラというのはいわゆるブランド名で、もともとは"桃太郎"という品種のトマト。このトマトを特殊な栽培方法で育てるとアメーラトマトとして出荷できるということになります。

アメーラトマトの味の特徴

厳しい環境下で育てられたアメーラは通常の桃太郎トマトの30%程度の大きさですが非常に濃縮した味わいを持っています。

f:id:bollet:20180126202232j:plain

今回購入したアメーラに付随していた資料によると、糖度以外にも栄養価も濃縮されているようです。


実際に食べてみると糖度はもちろんですが、トマト特有の酸味もしっかり感じられるため、味の濃いトマトという印象。加工したらどうなるか気になるところですが、生産者への経緯もこめて生食で食べるのが一番じゃないでしょうか?



青臭さも少なく食べやすいので、フルーツの代わりにスイーツへの加工にも適していそうです。

アメーラトマトの旬

アメーラトマトは気候の異なる静岡と長野県・軽井沢の地で年間通して生産されています。しかし季節ごとに味には変化があり、この変化もアメーラの特徴として挙げられています。


具体的には、年明け少ししてから夏前くらいまでは糖度が8以上、夏から年末年始くらいにかけては糖度7以上が目安とのこと(ブランド調べ)で、春先の4月前後にかけて最も甘みが増し、秋~冬は酸味がたって甘みが少し影をひそる傾向にあります。


旬というには及ばないかもしれませんが、甘みを重視するのであれば春先あたりに狙って食すのが通かもしれませんね

アメーラトマトの値段

アメーラトマトは野菜・果実類のなかでも比較的効果な食材という印象。やはりブランド化され、それなりの設備でそれなりに手をかけているわけですから、多少は高くても仕方ないでしょう。


今回、筆者が撮影用に箱ごと購入したアメーラトマトは13玉入りで3000円弱。一玉で250円弱の計算です。大きさが普通のトマトの半分以下なので割高感はありますが、濃縮された味わいを考えれば妥当な数値でしょう。


アメーラトマトは株式会社サンファーマーズによって品質管理されているため、その名がつけば基本的に外れをひくことはありません。この辺がブランド物としての安心感で、お客さんが来るときのおもてなしやちょっとした贈り物、日々の贅沢までトマト好きなら押さえておきたいですね。


追熟するアメーラトマト

購入したアメーラにはこんな注意書が添えられていました。

f:id:bollet:20180127151421j:plain
f:id:bollet:20180127151457j:plain

ここに書いてあるように、アメーラトマトは収穫後も熟成が進みます。徐々に酸味が和らいで甘みが増していきます。色合いもはじめは緑がかっていたものが赤くなっていきます。

f:id:bollet:20180127151317j:plain

上の写真は買ってきたばかりのアメーラトマトと一週間ほど前に買って寝かせておいたアメーラトマトです。左が新しく、右が追熟の進んだ状態です。色合いが異なるのがわかると思います。触ってみると右側の方が弾力がありやわらかくなっています。

f:id:bollet:20180127151329j:plain

上から見た図。左側のアメーラには放射線状のスターマークと呼ばれる線が出ています。これが一般的にはアメーラの食べ頃と言われていますが、まだ熟成させることも可能です。より甘さのある味わいを出したい場合は写真右側くらい真っ赤になるまで寝かせるとよいでしょう。

f:id:bollet:20180127151345j:plain

右側のアメーラをカットしてみました。だいぶやわらかくなっていて、これ以上いくと味わいは低下していきそうです。個人的にはこれくらい熟したものが好きですが、適正な食べ頃としてはさきほどの写真でいう左側の状態の前後だと言えるかもしれません。ある程度歯ごたえがある方がいいという方は左側がギリギリくらいでしょうね。


f:id:bollet:20180127151405j:plain

質の良いトマトは水に浮かばず沈むと言われていますが、これは糖度の高さと栄養成分の凝縮具合に由来しています。追熟するに従って沈むようになることもあるので、熟成の目安としても使えます。色の変化やスターマーク同様に覚えておきましょう。

まとめ

アメーラトマトの正体は静岡と長野・軽井沢で作られているブランドトマトでした。春先前後がもっとも甘く味の濃い時期ですが、それ以外の時期でも十分に美味しく食べられるトマトでもあります。


皆さんもこれを機会にアメーラの魅力を体験してみてはいかがでしょうか?



フルーツや野菜といった生鮮食品はお取り寄せに抵抗のある人も少なくないでしょう。しかしアメーラトマトのようなブランド食品に関してはお取り寄せをおすすめしています。


フルーツのお取り寄せをおすすめする理由はコチラ