おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

ハイボールにおすすめのウイスキーはどの銘柄?味わいからコスパまでジャンル別に徹底紹介

f:id:bollet:20190906033100j:plain


いまやビールに次ぐといってもいいくらい一般的なドリンクとなったハイボール。


最近ではビールは頼まずいきなりハイボールにいくという人も少なくないのではないだろうか?


ハイボールは食事にあうというだけでなく、糖質がなくダイエット中にも楽しめたり自宅で飲む分にはじつはとてもコスパがいいことでも注目されています。


さらにベースのウイスキーの銘柄を変えるだけで味の幅がぐっと広がるため飲み飽きしないのも魅力。


そこで本記事ではぜひ一度は試してほしいハイボールに使いたいウイスキー銘柄を厳選紹介していきます。


check
自宅で簡単においしいハイボールを作るなら以下の記事もぜひチェックしてください!


「プロ級のおいしいハイボールの作り方|分量から手順まで理屈を学んで楽しむ」


ハイボールにおすすめのウイスキー銘柄の選び方は?

f:id:bollet:20190906032301j:plain


ハイボールはウイスキーを炭酸で割っただけのシンプルなカクテルですが、それ故にベースに使うウイスキーを変えるだけで劇的に味の変化を楽しめます。


しかし無数に存在するウイスキーからハイボールにしておいしい銘柄を探すのはもとからウイスキーに詳しい人でないと難しいでしょう。


ではじっさいのところハイボールにあうウイスキーとはどのようなウイスキーなのか、その選び方のポイントを解説していきます。

高品質のウイスキーだからハイボールにあうわけではない

ウイスキーの品質の基準はさまざまですが、熟成年数や価格帯がもっとも分かりやすい指標になります。


では長い熟成をされて高いウイスキーはハイボールに向いているのか?


じつは一概にそうとはいえません。


f:id:bollet:20190906032447j:plain
一概にそのまま飲んでおいしい=ハイボールもおいしいとは言えない


ハイボール=ソーダ割りという飲み方はウイスキーを薄めて飲み側面も持っているため、繊細すぎるウイスキー、複雑すぎるウイスキーはあまり向いていません。


また熟成によって樽の味わいが強く出すぎてしまったウイスキーはソーダや水を加えると苦味やエグミが浮き出てくるものもあります。


そのためハイボールに向いているウイスキーは値段や熟成年数で決定することは難しいといえるでしょう。

好きな味、飲みたい味を明確にする

ウイスキーとひとくちにいっても産地から製法までさまざま。


つまり味わいに非常に幅があるのが特徴です。


どんな味のウイスキーをソーダで割るのかでハイボールの味は当然変わってきます。


f:id:bollet:20190906032215j:plain
星の数ほど存在するウイスキー


ウイスキーの好みを正確にするのは難しいかもしれませんが、せめて「スッキリ」しているほうがいいのか「濃厚」なほうがいいのか。


フレーバーにクセがあったほうがいいのか(スモーキーさや樽の強さなど)、ナチュラルなほうがいいのかといった指標をハッキリさせておくと格段に選びやすくなります。


ハイボールにおすすめの銘柄は「自分にあったハイボール(ウイスキー)の味」によって変わってくるのです。

予算から選ぶ

最終的には予算が重要なポイントになってくるでしょう。


本記事ではコスパのいい銘柄から少し贅沢な銘柄まで紹介していますが、コスパのいい銘柄であれば1000円前後から購入できます。



仮に1本1500円のウイスキーであれば、ハイボール1杯に30ml使うとして23杯程度楽しめることになります。


ソーダと氷代を無視すれば原価は65円。すべて含んでも一杯あたり100円前後で収まります。


ただしあまり安い価格帯のウイスキーはロックやストレートで楽しむのには不向きなものも多く、その場合はハイボール専用で買う必要がでてきます。


高価格帯のものはハイボール以外にも楽しみ方があるので汎用性が高く、そうした点も頭に入れつつ予算を決定するといいかもしれませんね。

ハイボールにおすすめのウイスキー銘柄

【コスパ部門】ハイボールにおすすめのウイスキー銘柄

コスパ部門では日々の晩酌にも適した一本あたり1000円前後のウイスキーを紹介します。


1杯あたりビール1缶の半額以下で楽しめるハイボールを楽しみましょう。

デュワーズ ホワイトラベル

f:id:bollet:20190906033453j:plain
デュワーズ ホワイトラベル


デュワーズはスコッチウイスキーの一種でブレンデッドと呼ばれる複数のウイスキーを混ぜ合わせて作られている銘柄です。


デュワーズのなかでもホワイトラベルは価格が1000円前後と安く、1899年の誕生以来多くのファンに愛されているウイスキーです。


ライト&スムースな味わいはハイボールに最適な一本ともいわれており、じっさいに輸入元でもハイボールウイスキーとして押し出しているほどです。


クセがなく飲み口のよいデュワーズハイボールはもっと広がってもいいと思うのですが、まだまだ一般的な認知度は高くありません。


ためしに買いやすい価格帯ですし、ぜひこの機会にその魅力を知っておきたいですね。


ティーチャーズ ハイランドクリーム

f:id:bollet:20190905035435j:plain
ティーチャーズ


ティーチャーズはデュワーズよりさらに知名度の低い銘柄で、そこそこウイスキーに詳しくないと知っている人も少ないかもしれません。


価格は1000円前後で低価格帯ですが、特筆すべきはこの価格帯でスモーキーフレーバーがしっかりと出ていることでしょう。


スコッチ特有のこのスモーキーフレーバーは特定蒸留所のシングルモルトに強く出るもので、低価格帯のブレンデッドでここまで強く感じられることはあまりありません。



全体的にライトでスムースな味わいですが、このスモーキーフレーバーがアクセントになっているためグビグビと飲めてしまうおいしいハイボールに仕上がります。


ハイボール要因として1本持っておくと選択肢が広がっておすすめですね。



ブッシュミルズ オリジナル

f:id:bollet:20190906033719j:plain
ブッシュミルズ オリジナル


アイルランドはスコッチと並んで歴史の古いウイスキーの故郷で、そのなかでも現在稼働している蒸留所で最も古いといわれているのがこのブッシュミルズ蒸留所です。


アイリッシュウイスキー伝統の3回蒸溜にこだわり、ノンピートでクセのない非常に穏やかな味わいを持っているブッシュミルズはハイボールにすることで綺麗に麦の味わいが伸びる佳酒。


デュワーズやティーチャーズと比べてもクリーンな味わいですが、しっかりと余韻に広がる甘みが良質なウイスキーであることを感じさせます。


スコッチは少しクセが強い・・・という方に一度試してもらいたいウイスキーですね。


【スッキリ部門】ハイボールにおすすめのウイスキー銘柄

メーカーズマーク レッドトップ

f:id:bollet:20190908041656j:plain
メーカーズマーク レッドトップ


メーカーズマークはアメリカで作られるバーボンウイスキーの銘柄。


バーボンはトウモロコシをメイン材料に作られるウイスキーで、樽の内側を焦がした樽で寝かせることで生まれるバニラやキャラメルのような甘く香ばしい香りが特徴です。


メーカーズマークはアクの強いバーボンのなかでは非常に綺麗な味わいで、ハイボールにすると華やかな香りと甘みが絶妙のバランスで楽しめます。


とはいえボディ自体は軽いウイスキーなのでスッキリとした飲み口で、いくらでも飲めてしまいそうな一杯です。



グレンリベット12年

グレンリベット12年

グレンリベットはスコッチシングルモルトを代表する銘柄で、スコッチウイスキーとして初の政府公認蒸留所となったこんにちのスコッチの発展において欠かすことのできないウイスキーです。


その実力は自社製品に箔を付けるためにグレンリベットという名を勝手に語る造り手が現れたり、高品質の証として形容詞のようにグレンリベットという名前を使ったりされるほど。


青りんごを思わせるようなフルーティーなフレーバーや蜜のような味わいが特徴的で、ボディはライトミディアムでスムース。


ストレートやロックでじゅうぶんに楽しめる銘柄ですが、ハイボールにすることで華やかな香りとキレのある飲み口を楽しめるお酒でもあり、スッキリ系のハイボールがお好きな方には一度試してもらいたい銘酒です。


竹鶴 ピュアモルト

f:id:bollet:20190906033659j:plain
竹鶴ピュアモルト


竹鶴をはじめとするニッカウイスキーが作る国産ウイスキーは国内外から高い評価を得ています。


2014年9月から放映されたNHK続テレビ小説「マッサン」の影響もあり一時期は入手困難に陥りましたが、最近では比較的安定供給されているためハイボールで楽しんでもいいのではないでしょうか?


竹鶴は力強い余市と繊細な宮城狭を併せることによって「コクのあるモルトウイスキーをやわらかく飲みやすく」仕上げています。


日本のウイスキーはもともと日本人がお酒に強くないこともあってかソーダや水で割ってもバランスが崩れないように作られているものも多く、竹鶴もまたハイボールでもじゅうぶんに楽しめるポテンシャルを秘めていますね。


【濃厚部門】ハイボールにおすすめのウイスキー銘柄

タリスカー

タリスカーの外観


タリスカーはスコットランド北西部にあるスカイ島という島で作られているシングルモルトウイスキーです。


比較的しっかりめのスモーキーな香りの奥にバニラのような甘みやフルーツのふくよかなニュアンスを見つけることができる非常に複雑で味わい深い銘酒。


アルコール度数は45.8%と中途半端な感じですが、これがタリスカーの個性を最大限に生かせるこだわりのアルコール濃度になっています。


骨太でしっかりとしたフレーバーもあるためハイボールにしてもソーダに負けることはなく、非常に濃厚な味わいを楽しめます。


タリソー(タリスカーソーダ)などと呼ばれるほどハイボールの定番銘柄としてバーなどで愛されているんですよ。



ベンリアック シェリーウッド

f:id:bollet:20190906033516j:plain
ベンリアック シェリーウッド


ベンリアックはスコッチ通からは非常にフルーティーで個性のしっかりとしたモルトウイスキーとして人気が高い銘柄です。


最近ではオーナーが切り替わりラインナップの整理が行われましたが、リニューアルして再発売されたこちらのシェリーウッドは個人的にハイボールで楽しみたい一本。


以前よりハイボールにすることでシェリー樽由来の甘みと華やかさを楽しめるまったり濃口系ハイボールのベースとして注目されていました。


シェリー樽はスペインの酒精強化ワインの一種で、このベンリアックは2種類のシェリー樽を使用。


多彩なフルーツ感とスパイシーなエッセンスが絶妙で、味わい深いハイボールが楽しめます。


オールドグランダッド114

f:id:bollet:20190906033534j:plain
オールドグランダッド114


数あるバーボンウィスキーの銘柄のなかでも昔ながらのファンから絶大な支持を集めるオールドグランダッド。


そのなかでも114はアルコール度数57度のリッチでパワフルな味わいが特徴です。


バーボン特有のバニラ香のなかに広がる酸味のきいた柑橘やベリーを思わせるフルーツ香りが満足度を高めます。


本来ならロックやストレートで楽しむことが推奨されるかもしれませんが、濃厚でパンチのきいたハイボールを飲みたい方にぜひ試してもらいたい一本です。


ハイボールにおすすめのウイスキーはどの銘柄?のまとめ

本記事では個人的にハイボールにおすすめしたいウイスキーの銘柄をジャンル別に紹介して参りました。


味わいの好みは最終的には人によって異なるので一概にコレ!というのを挙げることは難しいです。


ここではあまりマニアック過ぎない銘柄のなかから、それでいて少しセンスの光りそうなアイテムをチョイスしてみました。


ハイボール用にご自宅で常備したい気のきいたウイスキーをお探しの方はぜひ参考にしてみてくださいね。


あわせてみたい記事
www.oishikerya.com


お酒好きの筆者が厳選する二日酔い対策サプリ