おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

ブランデーの種類と違い|コニャック、アルマニャック、カルヴァドスetc

f:id:bollet:20180718164659j:plain


皆さんはブランデーがどんなお酒かご存知でしょうか?ブランデーとは端的にいえば「フルーツから作られた蒸留酒」を指します。その幅はとても広く、ヨーロッパを中心として世界中にはさまざまなブランデーが存在します。


今回はそのなかでも日本で比較的見かける機会の多いブランデーからちょっとマニアックな種類まで、ブランデーと括られているお酒の種類をまとめると共にその違いを紹介していきます。


ブランデーに興味を持ち始めた人、ブランデーってそもそもどんなお酒なのか疑問に思っている人からちょっとはブランデーに自信のある人までぜひブランデーの世界の一端を覗いてみてください。


お酒好き必見!二日酔い対策にオススメ
医学博士監修の新世代サプリ「エカス」のレビューをみる


ブランデーの定義とは?

ブランデーとは?ウイスキーとの違いも

ブランデーはフルーツから作られる蒸留酒の総称です。語源はオランダ語の「焼いたワイン」を指すものと言われていて、その名の通りワイン(フルーツを醸造して作られたお酒)を焼く(熱して蒸留する)ことによって作られるお酒です。


f:id:bollet:20180711174604j:plain


似たようにして作られるお酒にウイスキーがあります。ウイスキーはフルーツではなく穀物(麦やとうもろこし)から作られる蒸留酒で、こちらも世界中の国でさまざまな作り方がされているため、しばしばブランデーと混同されがちですが、基本的な違いは穀物か果実かというところにあります*1

ブランデーは必ずしも茶色くない

f:id:bollet:20180718164725j:plain

ブランデーというと上の画像のような茶色いお酒を思い浮かべるかもしれませんが、必ずしも茶色とは限りません。


そもそもブランデーやウイスキーなどの茶色い蒸留酒は、蒸留された時点では無色透明の透き通った状態です。この時点での味わいは非常に荒々しくトゲのあるものですが、これを木製の樽にいれて寝かせることで徐々にアルコールの角がとれ、樽の成分がお酒へ移ってまろやかで芳醇な味わいになります


このとき、樽の成分の一部が色素を含んでいるために、樽で熟成させたブランデーやウイスキーは茶色くなっていきます。樽の質にもよりますが、原則として長く寝かせれば寝かせるほど色は濃くなります。


しかしブランデーのなかには樽で寝かせることなく商品化されるものも少なくありません。そもそも樽で熟成させるという行為は非常にコストのかかるものです。一部の嗜好性の強い商品はともかくとして、産地で日常的に楽しまれるブランデーは樽で寝かせることなく無色透明のままのものも少なくないのです。


日本でいうと焼酎や泡盛に近い感覚かもしれませんね。

ブランデーに使われるフルーツ

ブランデーにはどんなフルーツが使われるのでしょうか?これは挙げ始めるとキリがありません。というよりもほぼすべてのフルーツがブランデーになり得るのです。


しかし日本人にとっても、おそらく世界的にみてもブランデーの原料として代表的なのは葡萄です。日本人が日常的にブランデーと呼んでいるものの90%は葡萄原料のものを指しているといっていいでしょう。


残りのほとんどは林檎です。林檎を使ったブランデーは主にフランスのノルマンディー地方で作られるカルヴァドスが有名です。昔から一部のマニアに熱狂的な支持を集めていた蒸留酒ですが、近年ではその華やかさからバーやフレンチをはじめ、さまざまな場所で楽しまれるお酒になりつつあります。


そして日本に流通する数は限りなく少ないですが、他にもすもも、桃、洋梨、杏、苺などなど、その土地で豊かに実る果実を使ったブランデーは、じつは世界中で無数に作られているのです。

ブランデーとオードヴィーの違い

ブランデーについて話しているとたまに出てくる言葉に「オードヴィー」というものがあります。


オードヴィーとは直訳すると「命の水」を指す言葉で、ウイスキーをはじめとした蒸留酒そのものの語源とも言われています。現代においては特にフランスでブランデーそのもののことをオードヴィーと呼んでいます


フランスは果実が豊かに実り、蒸留酒といえばフルーツを使ったブランデーが基本。つまりフランス人にとっては蒸留酒=オードヴィー=ブランデーである・・・ということなのかもしれません。


ウイスキーを含めた他の蒸留酒についてもフォローするようになると非常にややこしい話なのですが、基本的にはオードヴィー=ブランデー(フルーツの蒸留酒)と考えてよいと思います。

ブランデーの種類とその違いとは

ブランデーと括られるお酒のなかで、具体的な製法や地域まで定められているブランデーも少なくありません。生産国を限定する程度のものから、具体的に国の特定の地域の特産品として細かく定義付けされているブランデーも存在します。


ここでは日本でも見かける機会のあるブランデーを種類ごとに分類し、それぞれの特徴についてまとめてみることにしましょう。まずは以下の画像をご覧ください。


f:id:bollet:20180717220205j:plain


今回紹介するブランデーをまとめたものです。これをベースに、それぞのブランデーについてもう少しずつ深く掘り下げてみましょう。

世界を代表するブランデー「コニャック」とは

  • 葡萄のブランデー
  • フランス南西部にあるコニャック地方の特産品
  • ブランデーの中でも特に高級で嗜好性が高い
  • 長期熟成させたものも多い
  • その他にも細かい決まりが多い

コニャックはフランスを代表するブランデーのひとつです。それと同時に世界的に最も知名度の高いブランデーでもあり、ブランデーのイメージを作り上げているブランデーでもあります。


フランスはコニャック地方で作られ、細かな規定に則っていなければコニャックと名乗れません。ちなみにコニャックはあのワインで有名なボルドーの真北にあたる場所です。


コニャックは「ユニ・ブラン」「コロンバール」「フォル・ブランシュ」という葡萄品種をメインに使い*2銅製ポットスチルでの単式蒸留を2回行ったあとフランス産オーク樽による熟成を2年以上行うことが義務付けられています。


嗜好品としての認知度も高く、ブランデーの中でも飛びぬけて高い商品も多いのですが、一方でコニャックと名のつくものはどれも一定以上の品質を維持しているため輸出や一流レストラン用のお酒などにも広く使われています。


合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
コニャックは初心者にもまずおすすめできるブランデーで、逆にコニャックさえおさえておけば一般的にはブランデー通と名乗ることもできるといっていいでしょう。

コニャックと双璧をなす「アルマニャック」とは

  • 葡萄のブランデー
  • フランス南西部にあるアルマニャック地方の特産品
  • コニャックよりも歴史は古く、双璧を成す存在
  • 長期熟成させたものも多い
  • その他にも細かい決まりが多い

コニャックとセットで覚えておきたいのがアルマニャックです。ちょうどボルドーを挟んでコニャックの反対側、ボルドー南に位置するアルマニャックはコニャックよりもブランデー作りの歴史が古いと言われています。


伝統的な半連続式蒸溜機で丁寧に一回の蒸留で仕上げられるアルマニャックは、コニャックよりも野性味のある味わいで通好みと言われています。コニャックが女性的、アルマニャックが男性的という表現がよく使われますが、確かに的を得た表現だといえるでしょう。


アルマニャックではユニブラン、フォルブランシュ、コロンバールといった品種が用いられます。日本での知名度はコニャックには叶いませんが、熟成させた古酒も多く現存しており、今後注目を集める可能性を秘めています。

まだまだ半世紀レベルの古酒を見つけだすことが用意なのがアルマニャックの魅力でもある。

華やかでみずみずしい香りが魅力の林檎ブランデー「カルヴァドス」とは

  • 林檎のブランデー
  • フランスノルマンディー地方の特産品
  • 洋梨を混ぜることもある
  • その他にも細かい決まりが多い

フランスのノルマンディー(ブルターニュも含む)地方は非常に寒い地域で葡萄栽培が盛んではありません。その代りに盛んなのが林檎の栽培。そこで林檎を用いたブランデーが作られるようになりました。


一定の基準を満たした高品質な林檎ブランデーはカルヴァドスの名を冠して販売されます。非常に芳醇で香り高く、コニャックやアルマニャックよりも原料である林檎の風味を感じやすいことから近年人気は高まりつつあります。


一部の地域で作られたカルヴァドスには洋梨を混ぜることも許されていて、バリエーションも非常に豊富。日本にもコニャック、アルマニャックに次いで多く入ってきているのではないでしょうか?


中に林檎の実が入ったカルヴァドス。小さな実の段階で瓶を括り付けて成長させお酒を詰める。



洋梨の使用比率が高いことで有名なルモルトン。ヴィンテージ表記入りでも比較的安く手に入る。

搾りカスを利用して作られる「グラッパ」とは

  • イタリアのブランデーの一種
  • 葡萄の搾りかすで作る
  • 樽で寝かせないものが多い
  • 香草などを漬け込むことも
  • 独特の香味がある

イタリアもワインの産地として有名ですから葡萄の栽培も盛んです。そうなると当然ブランデーの生産も行われることになります。


なかでもイタリアのブランデーを代表するのがグラッパです。グラッパは葡萄の絞りカス(場合によってはワイン生産者がワイン造りの際に出たあまりのカスを使用する事もある)を発酵・蒸留したブランデー。絞りカスを使用することで独特の香味が生まれ、非常にクセが強いため好みが分かれやすいお酒です。


イタリアではポピュラーな食後酒とされ、エスプレッソなどと共に楽しまれるほか、安価な物はフルーツなどを漬け込んだりリキュールを作るための加工用としても用いられています。香草を漬け込んだタイプのグラッパも多く存在しますね。


ベルタ社のグラッパはグラッパとしては珍しく樽で熟成させるタイプで芳醇で華やか。そこにグラッパ特有の香りが加わり複雑に仕上がる銘酒。

有名ワイン醸造家の作るブランデーも・・・「マール」とは

  • フランス版グラッパ
  • 樽で長期熟成させたものも多い
  • 独特の香味がある

フランス版グラッパともいえるのがマールです。マールもグラッパ同様に葡萄の搾りかすから作られます。フランスでは無数にいるワインの造り手がそれぞれ片手間でマールを作ることも多く、名の知れた銘酒から生まれたマールも多数存在しています。


ブルゴーニュ産、シャンパーニュ産のマールが特に上等といわれ流通量も多いのですが、他にもフランス国内ワインの産地であればあらゆるところでマールは作られています。


食後酒としてチーズやお菓子と共に飲まれる事が多く、その独特の香味と相まって非常に通好みのブランデーだといえるでしょう。


シャンパンメーカーとして特に著名なモエシャンドンの作るマール

マールと混同しがちな「フィーヌ」とは

  • マールと似て非なるブランデー
  • 基準満たない葡萄と絞りカスから作られる
  • マールよりあっさりしていて繊細な味わい

フィーヌとマールの違いをサラっと応えられればブランデー好きを名乗れるのではないでしょうか?マールとフィーヌは混同されがちなブランデーですが、そこには明確な違いがあります。


マールは搾りカスから作られるブランデーと紹介しましたが、つまるところワインの造り手がワイン造りであまった葡萄の残滓で作ったブランデーです。しかしフランスはワイン造りに並々ならぬ思いがあるため、ワインを作る時に葡萄を厳しく吟味し、基準に満たないものはワインにしません。


このときに弾かれた葡萄(場合によってはワインの搾りかすも混ぜる)によって作られたブランデーがフィーヌです。基本的にはワインの造り手が作ったコニャックやアルマニャックといった感じですが、捉えようによっては質の低い葡萄によって作られているという点が特徴と言えるでしょう。そのためか味は比較的アッサリとしている傾向にあります。


それでもワインの造り手が作るフィーヌは時として絶大なパワーを秘めていることもあります。一流のワイン醸造家のフィーヌは待ち望む人も多く、生産量も年によってバラつきが多いため、ものによっては非常に稀少で価値のあるブランデーでもあります。マール、グラッパよりもより一層通向けのブランデーとも言えるかもしれません。


コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエはワインにおいても絶大なクオリティと信頼を誇る造り手だが、フィーヌも非常に高価な金額で取りひきされている。フィーヌとは思えない力強いアロマと味わいが特徴。

シェリーの産地で作られる「ブランデー・デ・ヘレス(シェリーブランデー)」とは

  • スペインのブランデー
  • シェリーの産地で作られるスペインブランデーの総称

スペイン・アンダルシア地方のヘレスを代表するお酒といえばシェリーと呼ばれる酒精強化ワインですが、これ以外にもじつはブランデーの産地としても有名です。そもそもブランデーの歴史はフランスよりもスペインの方が古いとも言われています。


ブランデー・デ・ヘレスまたはシェリーブランデーは葡萄原料のスペインブランデーですが、フランス系の葡萄ブランデーと比べると味に違いが存在します。使われる葡萄の違いや熟成のさせ方に大きな違いがあり、総じて軽やかで気軽に楽しめるブランデーに仕上がります。ロックやソーダ割りにも適したカジュアル感が嬉しいですね。


一方でソレラシステムという特別な熟成方法にこだわるシェリーやシェリーブランデー、中には非常に長期熟成を経た古酒も存在し、そのバリエーションの底はまだまだ分からないといったところでしょうか。


ちなみにシェリーブランデーとはいっても「シェリー酒」を蒸留して作られるわけではなく、あくまでも「シェリーの産地で獲れた葡萄を使ったブランデー」であることを覚えておきましょう。


スペイン産マール(グラッパ)である「オルホ」とは

  • スペイン版グラッパ
  • 独特の香味を持つ
  • 無色透明のものから、短熟・長熟と熟成させたものもある

スペイン版グラッパであるオルホ。滓取りブランデーの一種としてスペイン北部で昔から作られてきたものです。グラッパやマールと異なりほとんど日本には入ってきていませんが、シェリーブランデーが徐々に認知度を高めていく過程でオルホにも注目が集まる可能性もありそうです。


熟成させない無色透明なものから、少しだけ熟成させて黄色味がかったもの、しっかりと熟成させて琥珀色になったもの、ハーブを加えたものなど、意外にもその種類は豊富です。


南スラブ人にとって身近なブランデー「ラキヤ」とは

  • 南スラブ人のブランデー
  • さまざまな果物から作られる
  • 原料ごと、国ごとに名称が異なる

南スラブ人は旧ユーゴスラビアのボシュニャク、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、スロヴェニア、マケドニア、ブルガリアあたりに多数居住している民族で、この民族の居住圏で作られるのがラキヤです。


ラキヤの特徴はスモモ、葡萄、梨、杏、桃、りんご、マルメロ、いちじく・・・さらには葡萄の絞りかすまで、多様な果実から作られる点にあります。それぞれで名称が異なり、それがセルビア・クロアチア語系かブルガリア語系かでも異なります。


ハーブなどの添加物を加えることもあり、ラキヤを一概に括ることは難しいともいえますが、現状日本ではほとんど見かけることもないため、ここでは一括りにしてご紹介するにとどめておきましょう。

ハンガリーのブランデー「パーリンカ」とは

  • ハンガリーのブランデー
  • さまざまなフルーツを用いる
  • 基本無色透明で樽で熟成させない


パーリンカはハンガリーのブランデーです。ハンガリーはじつはお酒の文化が非常に多様で、世界三大貴腐ワインのひとつであるトカイワインもハンガリーの特産品ですね。


パーリンカはハンガリー産の果実をふんだんに使用した蒸留酒で、ラキヤ同様にさまざまなフルーツから作られています。樽で寝かせることなく、原料由来のフルーティな香りを楽しめる蒸留酒となっています。


2004年にはパーリンカを名乗るための法定基準が定められ、原料の統一*3や蒸留・熟成方法などが指定され、国内でも大切な文化として守っていこうという兆しが強くなっているようです。

南米ペルーで作られるブランデー「ピスコ」とは

  • ペルーのブランデー
  • 葡萄が原料

ピスコは南米ペルーで作られる葡萄のブランデーです。原則としてペルーのピスコ地方で作られたグレープブランデーを指してピスコと呼びます。


無色透明から淡く黄金色に色づいたものが多く、現地ではカジュアルな楽しみ方をされています。日本でも銘柄は限定されていもののピスコ自体は昔から輸入されていて、一定数のファンを獲得しているブランデーです。

フォルムが特徴的なモアイ型のピスコ

まとめ

ブランデー、オードヴィーという言葉はお酒の分野を表すうえでとても広範な意味合いをもっています。ブランデーと名乗るだけでも、ここでみてきたような有名所以外にもまだまだ世界的には無数のお酒が存在していると思うとワクワクしますね。


コニャックやアルマニャックのように規格化されていないブランデーも多数存在します。そんななかには天才的な造り手たちが生み出す至高のブランデーも存在していて、一概に規格化されているから美味しい、規格外だから美味しくないとは言えません


ブランデーを楽しむうえで、まずは今回ご紹介したような種類とその違いを把握してみることは大切ですが、最終的には個々のお酒の持つ魅力そのものを感じ取れるようになりたいですね。


合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com

*1:もっと身近な喩を使えば、ブランデーはワインを、ウイスキーはビールを加工(蒸留)して作られるイメージです

*2:副次的に「フォリニャン」「モンティル」「セミヨン」「ジュランソン・ブラン」「セレクト」「メスリエ・サン=フランソワ」を全体の10%以下のみ使用を許されている

*3:プラム、洋梨、スコア、アプリコット、桃、マルメロ、ミラベル、りんご、ラズベリー、ブラックベリー、フサスグリ、ブラックカラントの使用が認められている