おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

コーヒーアレルギーはコーヒーやカフェオレで気持ち悪くなる症状が…カフェインが原因?

コーヒーが好きで日常的に飲んでいる人は多いと思いますが、そんななかにコーヒーを飲むと気分が悪くなるという経験をしたことのある人もいらっしゃるのではないでしょうか?


筆者もある時を境にコーヒーを飲むと異変を感じるようになったのです。そんな時に知ったのがコーヒーに対するアレルギーがあるということでした。


コーヒーはあくまでも刺激物。アレルギー以外にも付き合い方を考えないと身体の不調を引き起こしかねません。コーヒーとの正しい付き合い方を考えて、日々の生活に気持ちよくコーヒーを取り入れるために、今回はコーヒーを飲んで具合が悪くなる原因と対処法について考えていきます。

コーヒーで気持ち悪くなる、手が震える人はコーヒー(カフェイン)アレルギーかも

コーヒーって美味しいですよね。美味しいんですが、コーヒーを飲むとなにかおかしいと感じる時があります。


飲み終わると、ひどいときは飲んでいる最中から胃のムカムカや動悸、手の震えを感じることまであったんです。


f:id:bollet:20170220024930j:plain
筆者ご用達の何の罪もない某カフェオレ。気持ち悪くなるのはこの商品のせいではない。飲むとほぼ毎回気持ち悪くなるが、断じて商品のせいではない。


コレはおかしいぞ、と思ったのですがどうもコーヒー飲料を摂取されているときに限定されているらしい。ということに気づき、まさかコーヒーにアレルギーなんかないよなーっと調べてみると・・・。


ありました。


あるんですよ。世の中にはコーヒーアレルギーなるものが。
症状的にもドンピシャ。自分はおそらくコーヒーアレルギーなのだということを自覚しました。
正確に検査は受けていないのですが、少なくともコーヒーに対してなんらかの反応は起きている気がします。

コーヒーアレルギーとは遅発性のアレルギー

コーヒーアレルギーは遅発性の食物アレルギーの一種として認知されているようです。


この種のアレルギーはIgGアレルギー検査という特殊なアレルギー検査でのみ発見できるのですが、これがけっこう高額で保険も効きません。


症状も重症化しやすい卵とかエビとかのアレルギーと比べるとさほど生活に支障は出ないため、放置している人も多いのが現状ではないでしょうか?


しかしコーヒーの場合アレルギーとまではいかなくても、カフェインに対する過敏症や依存症のような症状も考えられるのだとか。カフェインが胃や神経を刺激することで吐き気や手の震えなどの症状を引き起こす可能性があるそうなのです。


ちなみに同じカフェインでもお茶類はタンニンがカフェインの働きを抑制するため症状が出にくいとも言われています。筆者は紅茶やお茶も飲みますが、確かにこちらは一度に大量に飲んでも違和感を覚えたことは無いですね。



いずれにせよアレルギー的な反応がコーヒーを原因として起こることは十分にあり得るようです。
過敏症だかアレルギーだか分かりませんが、コーヒーが体内に入ることで身体が軽く悲鳴をあげることはじゅうぶんありえるようです。

コーヒーアレルギーで気持ち悪くなったり手が震える時の 対処法

それでもコーヒーやコーヒー飲料が好きなのでなかなかやめられません。
仕事中なんかに休憩がてらコンビニにいくとついつい買ってしまうコーヒー飲料。


やめられないなら対策するしかない。
ということで色々試した方法を書きだしておきます。

ゆっくり飲む

これが最も効果のある対策法だなと思いました。



例えば喫茶店とかでコーヒーをブラックで飲んでも意外と症状が出ないことがあるんです。
この事実をちょっと前までは質の良いコーヒーは反応が出にくいのでは?とか都合よく解釈してました。


実際に酸化したような鮮度の悪いコーヒーは吐き気などを引き起こす要因にもなると言われているんですが、それ以上にお店で飲むコーヒーはじっくりとゆっくりと飲むから具合悪くならないのかも、ということに気づいたんです。


筆者はせっかちなのでコンビニでカフェオレとかを買うと10分くらいで全部飲んでしまうことがあるんですね。これをぐっと我慢して一時間くらいかけてチビチビ舐めると、いつもよりは症状が出にくい気がするわけです。


例えばお酒を一気飲みするとすぐ酔うけど、ゆっくり飲むとずっと飲んでいられるのと同じ原理なのかなと。

お茶と一緒に飲む

そうまでしてコーヒーを飲む必要があるのかと言われるとアレですが。


さきほども述べたようタンニンがカフェインを抑制するということから、
じゃあ一緒にお茶飲めばいいんじゃないか?という安易な発想。笑


ただお茶自体にもカフェインがあるわけですから、コーヒーのカフェインまで含めて抑制できるのか、そもそもお茶そのものではなく、コーヒー由来の外部のカフェインに対して即効性のある抑制なのかはわかりません。


実際飲み合わせてたところの印象としては、まぁなんとなく悪くないかなという感じ。


タンニンがどうとかいうよりも、単純にお茶でコーヒーが薄まってるだけではという見方もアリ

カフェインレスのコーヒーやコールドブリューを飲む

カフェインが原因でコーヒーが飲めないのであればカフェインレスの商品を選んだり、コールドブリューに挑戦してみるのもいいでしょう。


コールドブリューは水出しコーヒーの一種で、冷水でコーヒーを抽出することでカフェインなどの含有量が従来より少なくなります。味わいもスッキリしていますし、カフェインの摂取量も少なくて済みますね。お味の方もいま発売されているものは洗練されていておいしいのでオススメです。

カフェインレスや上質な商品など、飲むコーヒーを厳選する

結果的には自分に合ったコーヒーを厳選するのが一番です。あまり安価なものや品質の悪いものは避けた方が無難なのではないかと思います。


上島珈琲が展開しているコーヒー鑑定士の厳選コーヒーもおすすめです。月替わりで厳選したコーヒーを送ってもらえるのですが、カフェインレスのものがあったり色々と商品の幅があるので、試すうちに自分にピッタリあうものを見つけられるメリットもあります。


質の良いコーヒーを定期的に送ってもらえるので、美味しいコーヒーなら具合悪くならない・・・という人は試してみると自分にあったコーヒーを探せてオススメです。


コーヒー鑑定士厳選コーヒーについて詳しくはコチラ

コーヒーアレルギーでなくてもコーヒーで気分が悪くなることも…

コーヒーに対するアレルギーを持っていなくても、コーヒーに含まれるカフェインによって体調不良が起こることがあります。カフェインは刺激物ですから、身体にとって少なくとも影響を与えてしまうんですね。


具体的にはカフェインが胃を刺激して胃液の過剰分泌を引き起こしてしまったり、交感神経を刺激して自律神経を乱してしまうことが考えられます。


胃液の過剰分泌や自律神経の乱れは気分を悪くさせる要因にもなるので、過剰なコーヒーの摂取が体調不良を引き起こすことは、アレルギーでなくても考えられることなのです。


これは体質やもともとの体調によるところも大きいと思いますが、体調がよくないときは刺激物であるコーヒーはあまり飲み過ぎないように注意したいものですね。

コーヒーで気持ち悪くなる人はアレルギーを疑ってみては?

コーヒーに限らず刺激物はほどほどに。


でも"飲めない"というレベルになると悲しいもの。
特に対象が好きな物であればなおさらですよね。コーヒーは嗜好品としての地位も確立していまやドリンク界の頂点に位置するといっても過言ではないですし・・・うーんもっと楽しめるようになりたい。


今後もコーヒーを美味しく楽しめる方法を模索していきたいと思います。
もし良い案がある方は教えて頂きたいです。宜しくお願いします。




カフェインが原因でコーヒーが苦手な人はショコラショーがおすすめ。砂糖を減らせば本当にエスプレッソに近い味わい。カカオの嗜好性はコーヒーに近いものがありますし、今後もっと流行るのでは?
www.oishikerya.com


ジャンポールエヴァンはショコラショーの種類も豊富でビター系統も多いのでコーヒー飲みたいけど飲めない人には一度チャレンジして欲しいですね。
www.oishikerya.com