おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

ダイエットにも効果的?話題のバターコーヒーは本当に効果があるのか?

f:id:bollet:20180601160503j:plain


ちまたで話題のバターコーヒー。「ダイエットにも効果的」という噂が広がって専門的ができるほどに注目されているドリンクですが、いったい本当に効果はあるのでしょうか?


「効果がある派」と「効果がない派」それぞれの情報を整理してバターコーヒーの効果について考察してましょう。

バターコーヒーとは?どんな効果が期待されている?

アメリカ人企業家がはじめたバターコーヒー

バターコーヒーはデイヴ・アスプリーさんというシリコンバレーのIT社長が生活に取り入れ、ダイエットをはじめとした体調の改善に成功したということで話題になりました。



アスプリーさんはチベットを訪れた際に、現地の人から提供されたバター茶を飲んで非常に活力を得られたことから着想を経て、普段飲むコーヒーにバターを入れて飲むバターコーヒーを思い付いたのだとか。


バターコーヒーをはじめ、アスプリー式の食事術が書かれた書籍も発売、注目されている



シリコンバレー、IT企業、チベットでの体験など、人を惹きつける背景を手伝って、アメリカのセレブからはじまり今では日本でも認知されるものとなったというわけです。

バターコーヒーとはどのようなものなのか?

アスプリーさんの提案するバターコーヒーとは「グラスフェッドバター*1とMCTオイル*2を加え、砂糖やミルクはいれないコーヒー」を指します。



このバターコーヒーがもたらす効果にはさまざまなことが囁かれていますが、端的に言えば以下のような効果が期待されています。



  • コーヒーそのものによるダイエット効果が得られる
  • グラスフェッドバターは不飽和脂肪酸なので体内に残らず、かつ満腹感を得られる
  • MCTオイルは中鎖脂肪酸なので体内に残らず、かつケトン体生成効果がある



コーヒー、(グラスフェッド)バター、MCTオイルの持つ特徴が重なることでダイエットをはじめとした健康効果を得られるというのがバターコーヒーのポイントとして提示されています。これは本人の著書はもちろん、現在バターコーヒーを勧める人達に共通している見解だといえそうです。


まずは考えればわかること・・・バターコーヒー効果「だけ」では痩せられない

アスプリーさんはバターコーヒー以外にもさまざまな健康法を実践しており、特に食事においては「食べるタイミング」を非常に重視したり、同じような食材でも良質で身体に良い影響を及ぼすもの(特に脂肪についてはこだわりがあり、ω-3脂肪酸や中鎖脂肪酸を重要視している)を摂るようにするなど、より細かいレベルでコントロールすることを試みています。


つまりこの時点で、アスプリーさんの健康法は決してバターコーヒーのみによって構成されているわけではないということが分かります。あくまでもバターコーヒーはアスプリー流の食事法をよりスムースに遂行するためのひとつの方法でしかなく「バターコーヒーを飲んだら痩せられる」「バターコーヒーでダイエットできる」という発想は根本的に的外れだということです。


極端な話、そこに(グラスフェッド)バター、MCTオイル、コーヒーがあれば、バターコーヒーとして混ぜ合わせる必要すら無いと考えられるのではないでしょうか。


もしも読者の皆さんがバターコーヒーを試したり購入したりしようか悩んでいるのであれば、まずはこの前提を一度理解したほうが良いでしょう。「バターコーヒーを飲めば痩せられる/健康的になれる」というようなことを真に受けてバターコーヒーに挑戦しようしているならば、効果が出ることはあまり期待しない方がいいと言わざるを得ません。


なぜなら「なぜバターコーヒーがダイエットや健康に繋がる可能性があるのか」ということを理解していなければ、バターコーヒーの摂取は限りなく無駄なものになるといえるからです。

バターコーヒーの効果はない派の意見・デメリット

否定派の意見からは東洋経済新聞が2018年5月30日に掲載した記事が参考になります。カリフォルニア大学ロサンゼルス校助教授の津川友介さんのオピニオンを受けた記事になっていますが、『「エセ健康情報」に騙されないための基礎知識』ということでバターコーヒーの流行に警鐘を鳴らした内容です


残念!話題の「バターコーヒー」は健康に悪い | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


この記事によれば、健康に良いとされる食事の信憑性を確認するさいには、どの程度強いエビデンスがあるかが重要だといいます。


エビデンスの強さはさまざまな条件下における複数の研究結果によって高められていくもので、マウス実験や母数の少ないアンケートなどは弱いエビデンス・・・つまり根拠の薄いものになります。


今回のバターコーヒーの話でいうと・・・


  • アスプリーさんという特定の人物の体験談がもとになっている
  • バターは基本的には体に悪い脂だと考えられている
  • ココナッツオイルはバターほどではないがコレステロール値を悪化させる要因としても考えられている



ということから非常にエビデンスの低い健康法であると結論づけています。この記事の筆者は決してバターやココナッツオイルを食べるなと言っているわけではないのですが、少なくとも健康法として妄信的にバターコーヒーをとりいれることにはメリットがないと考えているわけです。

バターコーヒーの効果はある派の意見・メリット

国内唯一ともいえそうなバターコーヒー専門店「最強のバターコーヒー」のホームページでは、バターコーヒーの魅力が以下のように語られていました。

バターコーヒーという言葉から「太りそう、体に悪そう、カロリーが高そう、油っぽそう・・・」というイメージがあるかもしれませんが、その様な事はありません。大事なのは【カロリー】ではなく、【栄養素と質】です。*3


これはどういう事かと言いますと、さきほどのバターコーヒーの効能という話に戻るのですが、コーヒーのポリフェノールとカフェインによる覚醒効果や脂肪燃焼効果、抗酸化作用、バターやMCTオイルの満腹感やケトン体の生成効果などが複合的に重なることで元気になれるというものです。


同店ではバターコーヒーの推薦者として斎藤糧三さんという医師の意見も取り上げています。斉藤さんよれば良質なバターやオイルは糖質を含まないため太ることもなく、良質な飽和脂肪酸を含むグラスフェッドバターをとることには意義があると述べていて、バターコーヒーをうまく生活に取り入れることで活力のある生活ができると言います。


最強のバターコーヒーによるバターコーヒーの書籍

まとめ

バターコーヒーをとりいれることが必ずしも健康法として間違っているという断言はできません。バターやココナッオイル、コーヒーは使いようによっては、そして人によっては確かにプラスに働くこともあるでしょう。


しかしなぜバターなのか、ココナッツオイルなのか、それをコーヒーと一緒に摂取するのかという理屈を理解していなければなんの意味もないのです。もちろん摂り過ぎもNG。


そのうえで効果を得るにはどうしたらいいのか・・・他の食事や運動までを考えて実践することではじめてアスプリーさんのようにダイエットや日々の健康へ繋げられる可能性がでてきます。


近年ではインターネットはじめメディアを通してこの手の健康法が取り上げられることも少なくありません。まったくの嘘出鱈目というケースは少ないにしろ、まずはその理屈を理解し、自分にあわせた活かした方を考えることが大切だといえるでしょう。


グラスフェッドバター


MCTオイル




合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
カフェイン含有量が少なく飲みやすいとして近年話題沸騰中のコールドブリューもコーヒーのトレンドとして押さえておきたいですね。


www.oishikerya.com
同じく近年話題の食べ物による健康法についてはマヌカハニーについても執筆していますので興味のある方はぜひご覧ください。

*1:牧草で飼育された牛からとれた乳を原料とするバター

*2:ココナッツオイルなどからとれるオイル

*3:バターコーヒーとは|バターコーヒー・グルテンフリー・低糖質カフェより引用