おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

究極おすすめグラス拭き「BIRDY.Supplyグラスタオル」|羽毛立ちナシ速乾性アリ

BIRDY.Supplyグラスタオル


飲食店で食器の拭きあげ作業をしたり、ご自宅でお気に入りのグラスを磨き上げるのに使われるのがグラス拭き用のタオル(グラスダスターなどとも呼ばれる)です。


このグラス拭き、なかなか使い勝手のいいものに出会うことが難しいんですよね。


筆者も自宅でお高めなグラスや食器を使った後は水垢が残らないようにしっかりと拭きあげているのですが、少し洗い物がたまるとすぐにタオルが濡れてしまって完璧に拭ききれないんです。


そんなときに出会ったのが「BIRDY.Supplyグラスタオル」


いまプロの間でも注目を集めているBIRDYブランドからグラス拭きが出たとあってその性能が気になるところですが・・・今回はその実用性と特徴について迫ります。



最強おすすめのグラス拭き「BIRDY.Supplyグラスタオル」

全国のプロアマ主婦問わずグラスや食器を拭くのに苦労している・・・という皆さんにぜひ注目していただきたいのがこちら「BIRDY.Supplyグラスタオル」。


f:id:bollet:20190327075452j:plain
BIRDYのグラスタオル


まずは「BIRDY.」の説明から。


BIRDY.はもともと自動車用プレス部品加工などをメイン事業としていた愛知県にある横山興業が展開しているブランドです。


自慢の職人技術を全く別の分野に応用できないかと考えた同社は、同じく職人的な完成をもつ"バーテンダー"の仕事に目をつけ、より効果的にカクテルを提供するための道具(シェイカーなど)を開発しはじめました。


ミクロレベルの研磨にこだわって職人がひとつひとつ仕上げるため従来のバーツールとは比較にならない高価格でしたが、地道な売り込みや口コミが話題呼び、いまやバーテンダーをはじめ拘りの強い飲食人にプロアマ問わず知られる存在となっています。


BIRDY.のカクテルシェーカー。シェーカー内部の研磨の方向を変えたりミクロレベルで調整することで、中に注ぐ液体にかかるストレスを最小限におさえることが可能。



そんなBIRDY.が新たに目をつけたのが日々飲食店で大量にでる"洗い物"をより効率的に行うためのアイテムです。


「BIRDY.Supply」と名付けられたこのシリーズは食器拭き用の「キッチンタオルSsize/Msize」とグラス拭き用の「グラスタオルMsize/Lsize」が展開されています。


これらのアイテムはBIRDY.がコンセプトとして掲げてきたミクロレベルにこだわった職人技術や素材感によって従来の皿洗い・グラス洗いのストレスを極限にまで減らすことに挑戦しているんですね。

最強おすすめのグラス拭き「BIRDY.Supplyグラスタオル」は速乾性が高く羽毛立ちもナシ

バーで働いている方、飲食店でアルバイトをしたことのある方、自宅でいいグラスを持っていてしっかり手入れをしている方のなかには、グラスの拭きあげに苦労したことのある方も多いことでしょう。


「BIRDY.Supplyグラスタオル」はじっさいに現場のプロの声を取り入れ、グラスを拭くのに特化した性能を備えたグラスタオルです。


f:id:bollet:20190328045221j:plain


このグラスタオルはグラスタオル、グラスダスターと呼ばれるアイテムに必要とされる「羽毛立ちの少なさ」「吸水性のよさ」「速乾性」「耐久性」の4点を極限まで高めるために繊維の配合、織り方に徹底してこだわっています


「カクテルシェイカーの研磨を手作業で行ってミクロレベルで性能を調整する」という異常ともいえるこだわりからスタートしたBIRDY.ブランドが産み出したグラスタオル・・・じっさいに使ってみるとその使い勝手は想像以上でした。


f:id:bollet:20190328041309j:plain
シンプルな白色も清潔感があって好印象


これはもうなかなか言葉でいって伝わるものではないのでじっさいに手にとって使ってみてほしいのですが、吸水性と速乾性がみごとに両立していて、拭いても拭いても拭きにくくなることがほとんどありません


通常のグラスタオルは使っているうちに水を含みすぎてグラスを拭いても水気が残ってしまうのですが、「BIRDY.Supplyグラスタオル」はそれをほとんど感じないんですね。


もちろん羽毛立ちすることもなくストレスフリー。


パッケージ裏面。プロからの口コミも非常に高い。


パッケージ裏に載せられたプロの評価もとてもよくて、また口コミの通りの使い勝手だといえるでしょう。


最強おすすめのグラス拭き「BIRDY.Supplyグラスタオル」によるグラスの拭き方

この素晴らしいグラスタオルを使えば日々のグラス磨きも楽しくなってしまいそうです。


「BIRDY.Supplyグラスタオル」はMサイズとLサイズの展開。Mサイズは1900円、Lサイズは2400円ですが、個人的にはLサイズをオススメします


LサイズのBIRDY.のグラスタオル



グラスタオルは大は小を兼ねるうえに、物理的に吸水できる面積が増えるので効率的。


またある程度大きなグラスを拭く予定がある場合はLサイズでないとじゅうぶんに拭きあげできません。


大きなグラスを磨く可能性があるならサイズはLが望ましい。


「BIRDY.Supplyグラスタオル」でグラスを拭くときは端と端を手で持って、グラスの台座、ステム、ボウル部(本体)という順で拭いていきます。


f:id:bollet:20190328042031j:plain
部位ごと個別に包み込んで拭いていく。


タンブラーのようなグラスは全体をまとめて拭いてもいいのですが、ワイングラスのようにステム(脚)や台座がある場合はパーツ別に拭きあげるようにしましょう。


よく台座とボウルを持って捻って拭く方がいますが、ステムに負荷がかかって折れてしまうこともありえるのでNG。


めんどうでも一か所ずつ拭くようにしてください。


グラスの拭き方はこちらの動画が参考になります



最強おすすめのグラス拭き「BIRDY.Supplyグラスタオル」|羽毛立ちナシ速乾性アリのまとめ

筆者はいままでグラス拭き用のタオルは東レの超極細繊維(マイクロファイバー)で作られた「トレシー」シリーズのグラスタオルが価格面から考えてもすぐれていると考えていました。



しかし「BIRDY.Supplyグラスタオル」の登場により価格的には少し高価なものの、明らかに高い質と使い心地でその考えは覆されることになりました。


拭く頻度や一回に拭きあげる量が多くないのであればトレシーでもじゅうぶんかと思いますが、素晴らしい使い心地で大切なグラスを徹底的に磨き上げたいという方はぜひ「BIRDY.Supplyグラスタオル」を使ってみてほしいですね。


Lサイズ


Mサイズ


あわせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com