おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

飲食店直伝!台拭き/タオル/ダスターなどを正しく除菌・漂白する方法

皆さんはキッチンでの作業台やシンクのちょっとした汚れ、まな板や包丁の水気や軽い汚れを落とす時にどうしていますか?



ある程度料理慣れしている方、または定期的に料理する人であれば作業台拭きようのダスター/雑巾や包丁やまな板のような口に着くものを軽くふくためのダスター/雑巾などを用意しているのではないでしょうか?



そのダスター、ちゃんと清潔さを保ててますか?特に夏場とかで2~3日で臭いが出てきたりして・・・「アレ?これもしかして雑菌めちゃくちゃ繁殖してない?」っていう経験はありませんか?



食中毒のもとにもなりますから、心当たりのある方はもう一度、ダスターやタオルの除菌・漂白法を見直してみてください。


※なお、今回の記事は筆者がバイト先の飲食店などで行っていた漂白法をもとに行っているものです。絶対的な安全を保障するものではないので、各自自己判断で試して問題がありそうであれば改善するようにしてください。

家庭でも飲食店でも…台拭き/タオル/ダスター、きちんと除菌漂白できていますか?

f:id:bollet:20171102161318j:plain

キッチンペーパーのように使い捨てるのと違い、ダスターや手を拭くタオルは使いまわし。このあたりのものは、きちんと清潔にしておかないと食中毒などにも発展しかねないので、除菌・漂白法はしっかり身に着ける必要があります。


レストランなどでランチとディナーがあるお店などは、その都度ダスターを入れ替えた方が良いと言われるほど、ダスターやタオルは雑菌の温床です。お家でも気を抜かず、可能な限り使った日は毎日、そうでなくても2日に一回程度はしっかり除菌漂白することをオススメします。

家庭でも飲食店でも使える台拭き/タオル/ダスターの正しい除菌漂白法

では実際に漂白の手順を見ていきましょう。
とはいっても、ダスターやタオルの除菌・漂白はじっさいはとても簡単でシンプルです。


  1. まずはシンクに水を貼って、洗濯用洗剤を少量入れて手洗い
  2. 清潔なボール容器に水と漂白剤を適量加えて漬け置き


ベースとなるのはこの二点だけ。
その必要性と共に、ご家庭でやるならこんな感じがいいのでは?というやり方を画像付で解説していきます。

除菌漂白の前に台拭き/タオル/ダスター類の汚れを落とす

まずは汚れおとしです。よく勘違いしているのが漂白=汚れを落とすだと思っている方。これは厳密には間違いです。


確かに漂白剤は除菌・殺菌から汚れ落としまで出来る優れたアイテムではあるのですが、ことキッチン関係に関して言えば決定的に苦手なことがあります。


それは油汚れを落とすこと。


良く考えてみてください。キッチンハイターっていう商品がありますよね?もし漂白剤/ハイターに油落とし機能が備わっているのなら、キッチンハイターは油落としとしても有能なハズ。



しかし、だいたいの方はコンロの油汚れなどには油汚れ用のマジックリンのような油落とし専用の商品を使いますよね?


油汚れは本来、界面活性剤がたくさん含まれた洗剤で落とします。漂白剤でもある程度は落とせますが、その威力は完璧ではなく、日頃蓄積するキッチンダスターやタオルの油汚れには決して効果的な方法ではないなんです。


そして、油汚れがこびりついたままのダスターやタオルを漂白液につけてしまうと表面の油分が邪魔をして除菌・殺菌が不安定になると言われています。


除菌漂白する前に一度"洗剤で洗濯する"のがキッチン用のダスターやタオルを清潔に保つためのベターな方法。ついでに食材のクズやほこりのようなものも洗い落とし、雑菌以外はキレイにしておくということですね。


やり方はいたって単純。


適当なバケツに汚れたダスターやタオルを放り込んで・・・

f:id:bollet:20171102155700j:plain


食器用洗剤を少し投入(入れ過ぎると泡立ちすぎるので少しでOK)。


f:id:bollet:20171102155744j:plain


泡が出なくなるまでゴシゴシもみ洗いにするだけ。

f:id:bollet:20171102155905j:plain


もし油汚れが強烈なら一度煮沸してしまうのもアリ。

台拭き/タオル/ダスターを除菌漂白用液に漬け込む

ある程度汚れを落とした時点で漂白液に漬け込みます。


f:id:bollet:20171102155915j:plain


自宅用ならそんな大した量でもないと思うので、ボールなどに水を貼って漬け込みます。


入れる漂白剤の量は商品ごと異なりますので、商品の裏面などの記載を読んで使いましょう。多少ならズレても大丈夫だと思いますが、使い始めは水の量と漂白剤の量を計測して、これくらいの水にこれくらい入れるという感覚を掴むようにしましょう。


f:id:bollet:20171102160618j:plain

ダスターやタオルの除菌漂白液への漬けこみ時間と乾燥

漬け込む時間に関しては各々色々な言い分があり、また時間や手間の関係上から30分程度漬ける程度の人から、より強い効果を得るために数時間は漬け置くと言う人、手間を省くために翌日まで漬け置いてそのまま洗って使うという人もいます。



筆者は余裕のないときは漬け込みで翌日まで(特に冬場はこのパターンも多い)、それ以外の時は基本30分前後の漬け込みで、余裕のある時にたまには数時間漂白して洗う・・・というように使い分けています。



いずれにせよ漬け込みの終わったダスター/タオルはしっかりとゆすいで臭いがとれるまで洗い、そのまま使う場合はそのまま使用、それ以外の場合は日当たりのいい場所で手早く完全に乾燥させます。


f:id:bollet:20171102155952j:plain
先ほどハイター水に漬け込んだタオルを雑巾搾りした図。


ここ、とても重要で、乾燥させるなら完全に乾燥せること。また、なるべく手早く乾燥させることが大切です。



乾燥し終えたらまた使うのも良いですが、乾燥させるくらいならもう1セットくらいタオルとダスターを用意しておいて使いまわした方がタオルを休ませることが出来るのでオススメです。

秘儀!レンジでチン!で台拭き/タオル/ダスターを手早く除菌

f:id:bollet:20171102161352j:plain

とはいえこんな面倒なことやりたくない・・・と言う方はレンジで手軽に除菌する方法もオススメ。


やり方は簡単で・・・


  1. 食器用洗剤でもみ洗いして汚れを落とす
  2. 軽く絞っておく。完全には絞らないこと。
  3. レンジにいれて500wで7分加熱


というものです。
完全に絞ると乾燥しすぎて最悪発火するので注意。はじめは様子見ながらやってみてください。


7分というのは、以前どこかの大学の研究室が7分以降からは菌の数があまり減らなくなったという実験結果を見たからそれに準じてます。ソースは再発見できなかったので参考程度で


チンした後はものすごく熱いので、火傷しないように気を付けます。水分は蒸発してだいぶ乾燥しているので、そのままさらに天日干しして乾燥させましょう。なんならかるくすすいでそのまま使っても良いと思います。

台拭き/タオル/ダスターを正しく除菌漂白しよう

簡単そうで面倒で、面倒そうで意外と簡単な台拭き/タオル/ダスターの漂白。毎日やるのが大変・・・と言う方はせめて2~3日に一回は行うように。特に夏場と梅雨時は一瞬で菌が繁殖するので注意です。


洗い→漂白→乾燥が完璧ですが、面倒ならレンジを使ったり、漬け置き法を利用して、たまにはしっかり乾燥まで行うということを心掛けるようにしましょう。


美味しい食事は安全なキッチンから!
ぜひとも実践してみてくださいね。