おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

カカオマス?カカオニブ?カカオバター?その違いとチョコレートの製造工程を解説

f:id:bollet:20190201185537j:plain


今や空前のブームとも言えるチョコレート。


その需要は増加傾向にあるといわれています。


一方で農作物で作られる地域が限定されているチョコレートの原料・カカオ豆は重要の増加に対して供給には限度があり、特に品質の高いものは軒並み高騰が続き、売れ行きがよくても手離しで喜べる状況ではないようです。


そんな老若男女から愛されるチョコレートがカカオ豆というものから出来ているというのはなんとなくご存知だと思います。


しかしどうやってカカオ豆が私たちの知るチョコレートになるのかを知っている人は少ないかもしれません。


そこでここでは、カカオニブやらカカオバターやらカカオマスやらとやこしいキーワードもでてくるチョコレートの製造工程を順を追って確認してみましょう。


これを知ることでアナタもチョコレートにより深い愛情を注ぐことが出来るようになることでしょう!

チョコレートの原料であるカカオ豆

カカオ豆とそこから生まれるチョコレートの魅力

チョコレートの原料はカカオ豆です。


ではカカオ豆とはなにかというと、カカオの樹になる果実の中にある種のことなんですね。


f:id:bollet:20170803173409j:plain
カカオの果実。



カカオは西アフリカ、東南アジア、中南米をはじめとする高温多湿の熱帯気候でしか育ちません。


さらに多種多様の品種が存在し、地域ごとに味の特徴が異なるためより嗜好性の高い食材として注目度を高めています。


f:id:bollet:20170803173605j:plain
カカオ豆。豊富な栄養価から古来より現地では滋養強壮の食材として、ヨーロッパなどでは王侯貴族にのみ許される高級食材。



ビーントゥバー*1フェアトレード*2の動きやショコラティエのスター化*3に伴いチョコレート業界はお菓子の一分野というポジションから独立した食分野として認知されつつあります。


f:id:bollet:20170216234248j:plain
日本を代表するビーントゥーバーブランド・ミニマル。カカオの産地やデータを細かく書き出した通好みのパッケージも魅力

カカオ豆の三品種

カカオ豆には多種多様な品種が存在しますが、大きく分けて主に栽培されている品種は三つ。


独特の芳醇な香りから近年特に高級チョコレートに使用されるクリオロ種、栽培が容易で苦味の強いフォラステロ種、この二種を配合して作られた汎用性の高いトリニタリオ種があります。


f:id:bollet:20170217014154j:plain
イタリアのドモーリ社のスタンダード商品イルブレンドは6種のカカオマスを配合。ドモーリは古代種でもあるクリオロ種に目をつけ、また単一品種のチョコレート商品をいちはやく展開したブランドでもある


市場に出回っているチョコレートの多くはこれらのカカオをブレンドして作られていますが、最近では単一品種・・・さらには単一地域などに拘ったチョコレートも作られるようになりました。


これらはまさにお茶やコーヒー、お酒のような嗜好品で見られる作り方と全く同様であるといえるでしょう

カカオニブ、カカオマス、カカオバターの違い

カカオ豆がチョコレートになるまでにはとても長い道のりがあります。


まずはチョコレート作りのキーワードでもある混同しがちな三つの用語について最初にまとめておきましょう。


  • カカオニブとはカカオ豆を砕いて殻を取り除いたものである
  • カカオマスはカカオニブをすり潰してペースト状にしたものを冷却して固めたものである(ペースト状のものはカカオリカー)
  • カカオバターはカカオ豆に含まれる油分でチョコレートのコクのもとでもある


カカオニブ



カカオマス



カカオバター

それぞれ加工された状態で販売もされています。


しかしこの説明だけでは少し分かりづらいですよね。


ここからはカカオ豆がチョコレートになる過程を説明しながら、より具体的にこれらのキーワードについて掘り下げていきましょう。

カカオ豆の加工~出荷まで

発酵

カカオ豆は収穫されたあと果実から種が取り出され発酵されます。


発酵期間はおよそ1週間ほどと言われており、バナナの葉につつんだり木箱に入れて発酵されます。


チョコレートが発酵という工程を経ているということは意外と知られていないかもしれませんが、カカオ豆はこの工程を経ないと特有の香りを生み出してくれないんですね。

乾燥

続いて乾燥です。発酵したカカオ豆は乾燥させられます。


乾燥は発酵を停止させるために行います。


そのために内部の水分をおよそ6%以下まで低下させます。


これによりカカオ豆は保存性を高めて輸出することも可能になるというわけです。

出荷

こうして加工されたカカオ豆は各国の基準を満たしたかどうかの検査を受けて出荷されます。


先述したビーントゥバーなどではカカオの収穫から乾燥までの一連の流れを直接視察して農家から直接買い取るようなこともあるみたいですね。


こだわりのレストランが築地市場などに出向くよりさらに前に直接農家さんのところへいって直送してもらう感じでしょうか?



さて、この時点ではまだあくまでもカカオ豆という状態です。


ではここからどのようにして私たちの知るチョコレートへと加工されていくのでしょうか?

カカオ豆の二次加工、カカオニブ、カカオマス、カカオバターはどう現れる?

カカオ豆は世界各国へ輸出された後にどのようにして私たちが食べる形へと成形されていくのでしょうか?


ここからの過程はメーカーによっても微妙な差異はありますが、大きな流れは一緒です。


消費者が混同しがちなカカオニブやカカオバターといった言葉もここで登場してきます。

洗浄・選別

まずともあれお掃除です。


決して綺麗な状態とは言えない収穫から出荷までの一次加工を経て、まずは殺菌やゴミとりといったところから二次加工はスタートします。


f:id:bollet:20170803193958j:plain


また無数にあるカカオ豆から品質の良くないものを弾き出すのもここでの重要な作業です。


コーヒーでいうハンドピック*4にあたる作業ですね。

焙煎

カカオ豆を焙煎します。この辺もコーヒーと似たような工程を経るのが面白いですね。


焙煎をすることでカカオ豆の持つ旨味や香味を引き出していきます。


メーカーのさじ加減で、作りたいチョコレートの味わいを描いて逆算しながら適度な焙煎を行っています。

粉砕・分離

焙煎したカカオ豆は粉砕して殻とカカオニブに分けられます。


さて、いよいよキーワードが登場しました。カカオニブ


カカオニブとはカカオ豆の胚乳です。つまり今まで加工していたカカオ豆のさらに中心部にあたります。


外皮はここで取り除かれます。


Fruitstock カカオニブ (有機栽培原料使用)500g

Fruitstock カカオニブ (有機栽培原料使用)500g

希少種クリオロ種100% オーガニックカカオニブ100g

希少種クリオロ種100% オーガニックカカオニブ100g

最近では物好きな人のためにカカオニブも売られています。カカオニブ自体はスイーツのトッピングなどにも使われることがありますね。もちろん砂糖は入っていないので苦いです。



もともとのカカオ豆から考えると実際にチョコレートの原料として使われるのはごくわずかであることが分かります。


また、調べたところではメーカーによって一部この作業を焙煎の前に行っているところもあるみたいです。

配合

メーカーや商品によってはここでカカオニブを複数種ブレンドします。


ブレンドすることによって単一では出せない複雑な味わいを引き出したり、より食べやすくバランスのよい味わいに仕上げます。


カカオ豆の持つ個性を活かすのであればあえてブレンドしない選択肢もあり、作りたい商品にあわせて選択されるというワケです。


"カレールゥを複数使うと美味しくなる"のと同じ原理ですね。

摩砕

摩砕はカカオニブをすりつぶしてペースト状にする作業です。


なぜ個体であったカカオニブがすりつぶすと液状に近いペーストになるのでしょう?


カカオニブは半分くらいはカカオバターという脂肪分で出来ています。


カカオバターとはカカオ豆に含まれる油分のことで、これがチョコレートのもつコクのもとでもあります。


カカオバターは摩砕によって露出すると溶けて液状になり、これが残りの個体部分と混ざり合うことでペーストのような状態になるんです。


この半液状の状態のカカオニブはカカオリカーと呼ばれます。これが冷却され固体になったものがカカオマスです。


国内のチョコレート専用メーカー大東カカオのカカオマス。言ってみれば100%カカオのチョコレートです。

ココアにはカカオバターが含まれない

ココアという飲み物があります。


ココアはカカオニブからカカオバターを取り除いたもので、これを粉末にしたものがココアパウダーです。


一般販売されている溶かすだけで飲めるココアパウダーはここに砂糖や香辛料が加えられています。


フランスの超有名ブランドチョコレートメーカーのココア。美味しいです。


つまりココアとはチョコレート(の一部)を溶かした飲み物ですが、カカオバターがあまり無いためくどさはなくスッキリしています


ちなみにカカオバターの入ったチョコレートを溶かした飲み物はショコラショー(ホットチョコレート)と呼ばれ、ココアよりもリッチな飲み口です。


チョコレートへいざ加工

いよいよチョコレート作りは最終工程です。


この先の工程は複数のメーカーの提示している製法を見た限りでも結構差があります


最終的に口に入る形を作り出すプロセスなので作りたい味わいによって作り方は違ってくるのでしょう。


基本的な流れとしてはまず味付け。つまり砂糖やミルク、カカオバターの追加、場合によっては香辛料などの添加を行います。


その後に舌触りを良くしたい場合はさらに細かく微細化するレファイナーという作業を行い、続いてコンチェと呼ばれる練りこみ作業でチョコレートの香り成分を引き出します。


そしてテンパリングと呼ばれる作業を行い、カカオバターの結晶を安定化させます。


テンパリングは非常に大切な作業で、これをうまくやらないと見た目にカカオバターが浮き出してキレイでなくなったり、舌触りにざらつきが出たりします。


f:id:bollet:20170803194537j:plain
テンパリング。メーカーでは機械作業のことも多いが、ショコラティやパティシエにとっては腕の差が出る繊細な作業。


そして成形です。型に流し込んで冷却し、私たちの知っているチョコレートの形になります。

クーベルチュールチョコレートとは?

最近たまに聞くようになったクーベルチュールと呼ばれるチョコレートがあります。


一般的には製菓用のチョコレートと言われています。


その定義は"総カカオ固形分35%、カカオバター31%、無脂カカオ固形分2.5%、カカオバター以外の代用油脂を使わない"というものです。




これがなにを意味するかというと、チョコレートは二次加工の時点で口どけやコクを出すためにカカオ本来の油分(=カカオバター)以外の脂を添加することが許されています。


しかしクーベルチュールと名乗る場合はこれを禁止しかつ一定以上のカカオバターを有している、つまりカカオ本来の味わいにより近いものであると言うことが出来ます。


なぜこれが製菓用として適しているかというと、要はクーベルチュールの時点では砂糖の添加など以外でほとんど余計なものが入っていないため、これをさらに別のお菓子に加工するのが容易だからです。


f:id:bollet:20171127143753j:plain
クーベルチュール。これを溶かして製菓やチョコレート菓子に用いる。



例えばパティシエさんはいちからカカオ豆を仕入れて加工するわけにはいきません(一部そんな変態さんもいるようですが)。


大体のパティシエさんは既存の製品化されたチョコレートを溶かしたりして生チョコやらチョコケーキを作るわけですが、この時に例えば明治の板チョコを溶かしていたのでは自分の味を出すのは難しいのです(明治の板チョコはそれ自体が完成され過ぎているんですね)。


香辛料を入れたり、甘さを調節したり、形を変えたり、そのような作り手の自分らしさを出す加工性の高さは余計な物が入っていないクーベルチュールが適していると言うわけです。

まとめ|カカオマス?カカオニブ?カカオバター?その違いとチョコレートの製造工程を解説

チョコレート作りはカカオ豆の栽培から一次加工を経て、メーカーによるカカオ豆の仕入れから二次加工、そして最終的な味付けを経て完成します。

カカオニブ、カカオマス、カカオバターといったキーワードも、あくまでチョコレートを加工する過程で出てくるものであることがわかりました。


最近では単体でも流通していて、別途加工用に使われることもありますね。


チョコレートの知識を高めて本格高級チョコレートから身近なお手ごろチョコレートまで、より楽しくかつ味わえるようになりましょう。



合せて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com

*1:製造者自らがカカオ豆(ビーン)を独自のルートで仕入れてバー(多くの場合主力商品はカカオの個性が出やすい板チョコ)に加工して作られるチョコレートやブランド

*2:開発途上国で主に生産されるカカオ豆を消費国である先進国が自分たちの利益のみを追求せず、生産者にもしっかりと還元する公平な取引を行うこと

*3:毎年開催されるサロンドショコラなどでは有名ショコラティエにサインを求める長蛇の列が出来るとか

*4:コーヒーの味わいを落としてしまう悪いコーヒー豆を除去する作業