おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

【通販可】おすすめのいちじくジャム「ラ・クチネッタ」はアーモンド入りで絶品!

おすすめのいちじくジャム


手作りしたら美味しいことは分かっているけれど、手間や保存のことを考えると少量を市販品でまかなったほうが効率的な食材がジャムではないでしょうか。


しかし市販品のジャムは玉石混淆で、ジャムなのに果実感が薄くてイマイチな商品も少なくありません。


そんななか、市販のさまざまなジャムを食べたなかでひときわ存在感があったのが「ラ・クチネッタ」のいちじくとアーモンドのジャムです。


もう名前からして美味しくないはずがなさそうな組み合わせのジャムですが、本記事ではジャム好きいちじく好きに一度は絶対に食べてほしいこのジャムをご紹介いたします。


市販でおすすめのいちじくジャム「ラ・クチネッタ」

市販のジャムは数多くあれど、そのなかから本当においしいジャムを探すのは意外と難しいことです。


そんななかで今回紹介するラ・クチネッタのジャムはひと味違います。


そもそも「ラ・クチネッタ」とはイタリア語で"小さな食堂"を意味するイタリア食品のオリジナルブランド。


展開するのはカーサ・モリミ株式会社で「小さくても、心豊かなる時間が流れる、暮らしの中心であるキッチン」をイメージされているそうです。



非常に良質な食材を展開している同ブランドのなかでも筆者が特におすすめしたいのが「いちじくとアーモンドのジャム」。


イタリア産のいちじくとアーモンドをたっぷりと使用してシンプルに仕上げられたジャムは小難しさがなく、わかりやすく「おいしい・・・」と実感できる味わいです。

おすすめのいちじくジャム「ラ・クチネッタ」・・・アーモンドとの相性がたまらない

ラ。クチネッタのいちじくのジャムはジャム愛好家はもちろん、甘いものが好きというすべての人に一度は食べてみてほしい逸品です。


値段はそこそこしますがたっぷりサイズなので割高感はない


このジャムは南イタリアにあるベルフィオーレ家の畑で朝とれた新鮮ないちじくを数時間以内にイタリアの昔ながらのレシピでジャムへと加工した素朴ながら贅沢なもの。


おすすめのいちじくジャム
見るからに美味しそうなジャム。


「フィコ・ジェンティーレ」と呼ばれる小振りのいちじくに、こちらも自家栽培の甘味の強いアーモンドをアクセントに砕いて加えています。


保存料、化学調味料等は一切不使用で身体にも優しいジャムに仕上がっています。


着色などもせず飾り気のない見た目に好感が持てる


その味わいはじつに濃厚ですが余分なものは一切加えられておらず、新鮮ないちじくとアーモンドのサラダを口のなかで混ぜ合わせているかのような・・・そんな印象すら覚えます。

いちじくジャム「ラ・クチネッタ」はそのまま食べるのもおすすめ

この「ラ・クチネッタ」のいちじくとアーモンドのジャム、鉄板の食べ方を挙げればパンやヨーグルトに添えて食べるというものでしょう。


しかし、ひとつのソース・・・もっといえば料理のように完成度の高いジャムなので、デザート代わりにそのまま舐めるのもおすすめです。


そのまま舐めても美味しい・・・。


これだけでお酒やお茶のアテになってしまいそうな美味しさです・・・。


チーズや肉料理のソースにしても最高においしい


また豚肉のソテーに添えたり、リコッタチーズやブリアサヴァランといったジャムと相性の良いチーズと一緒に食べるというのもおすすめ。


いちじくとアーモンドの風味が素材の味を引き立て、とても贅沢な体験をさせてくれることでしょう。

おすすめのいちじくジャム「ラ・クチネッタ」は通販可能!

本記事で紹介しているラ・クチネッタのいちじくとアーモンドのジャムは通販でお取り寄せも可能です。



当ブログでもたびたび取り上げているハイ食材室さん(アマゾン、楽天共に出店あり)がラ・クチネッタの商品を取り扱っているのですが、こちらのお店は本当においしいものをたくさん取り扱っているので、輸入食材に興味のある方はぜひのぞいてみてください。



ラ・クチネッタはいちじくのほかにあんずのジャムも販売しています。


【通販可】おすすめのいちじくジャムのまとめ

本記事ではジャム好きにぜひ食べてみてほしい絶品いちじくジャムを紹介してきました。


たかがジャムとあなどるなかれ、そのまま食べてもじゅうぶんに美味しい味わいです。


この手の商品は気付いたら製造中止、輸入中止になったり売り切れてしまったりするものですから、ぜひ在庫のあるうちにお買い求めいただきその美味しさに感激してみてください。


合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com