おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

葉巻の消し方には作法がある?どこまで吸えるかもあわせて解説

葉巻の消し方


大人の嗜みとして嗜好品の最上級に位置するもののひとつが葉巻(シガー)でしょう。


昨今、喫煙への風当たりが強くなるなかで、じつは葉巻の売り上げは伸びているという話もあります。


従来のたばこの吸い方から嗜みとしての葉巻へ、タバコというものに対する価値観が少しずつシフトしているのかもしれません。


しかし嗜みとして葉巻を楽しむからには最低限のマナーは覚えておきたいもの。


「嗜好品なんだから自由に楽しめばいい」というのはもちろんですが、最低限のマナーを理解しておくのは文化に対する礼儀ですし、喫煙者としての常識でもあります。


そこで本記事では葉巻の消し方についてまとめて参ります。


これから葉巻を吸おうと考えている人、すでに何度か吸ったけどまだまだ作法が分からないという方により楽しく葉巻を吸えるきっかけを与えられたら幸いです。



葉巻をはじめたいけどどこで買えばいいかわからない、近くにショップがないという方はシガーコネクションという専門店で通販が可能です。


1本ずつお好みの葉巻を購入できるのはもちろん、初心者向けのセット商品やかっこいいアクセサリー類も取り扱っており、必要な道具はひととおり揃います。


最近では通常の紙巻たばこをやめる人が増える一方で、嗜好性があって質の高い葉巻をはじめる人がでてきているようです。


キャンプブームなどに乗じてアウトドアで本格的な喫煙を愉しむ人も増えているんですよ。自分なりの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょう。


葉巻専門サイト「シガーコネクション」

そもそも葉巻はどこまで吸えるのか?

葉巻を吸って間もないころ、誰もが当然のように思うのが「この葉巻はいったいどこまで吸えるのだろう?」ということでしょう。


筆者もはじめてバーで葉巻を吸わせてもらったとき、バーテンダーさんに「これはどこまで吸えるんですか?」と尋ねたものです。


その答えはたいてい「吸おうと思えば全部吸えますよ」というものでしょう。


いわゆる葉巻として嗜まれるものはフィルターをつけていないものが多いため、物理的には100%すべてを灰に帰して煙に変えることができるからです。


しかし、現実問題としてすべてを煙に変えるのは難しい話です。


吸い口と燃えている部分が近づけば近づくほど持ち手も吸う部分も熱くなりますし、最終的には数センチは残した状態で吸うのは難しくなるはずです。

f:id:bollet:20210419015722j:plain
一般的にはこの辺りが辞め時。ここから味がぐっと強く荒々しくなる。この先が好きという人も一定数いるが、よほどスムースで状態のいいものでない限り筆者はこの辺りでやめることがほとんどだ。


また、葉巻は構造上短くなればなるほど味がキツく(濃く)なっていきます。


適切に管理されたものや熟成を経て味わいが優しくなっているものであればまだしも、基本的にはある一定のラインを超えると口内に入ってくる煙が非常に辛くなり(刺激的になる)、吸っていてもおいしく感じなくなっていきます。
すいつ


したがって先ほどの「吸おうと思えば全部吸えますよ」に続く言葉としてよく言われるのが「ただ美味しく感じなくなったり満足感を得たらやめ時です」というものです。


葉巻は嗜好品ですからおいしくないのに「もったいないから」といって無理して吸うのはナンセンスです。



無理して吸い続けるとフィルターがなく濃度の高いニコチンやタールを摂取することにもなるのでヤニクラと呼ばれるニコチン酔いを引き起こしたり、濃度の高い煙に囲まれて酸欠になることもあります。


一般的にリングと呼ばれるブランドシール(これが付いていない葉巻もある)が張り付けてある辺りが吸い辞め時の指標になります。

f:id:bollet:20210419015553j:plainf:id:bollet:20210419015557j:plain
ここまでくれば熱で簡単にシールをはがせる


もしここに到達してもおいしく感じられ、なおかつ体調もよいのであればこのシールをはがしていけるとこまでいってみましょう。


くれぐれも体調に異変を感じたらやめるようにしてくださいね。

葉巻の消し方のマナー

葉巻には嗜好品としてさまざまな作法が存在します。


もちろんそのすべてを厳密に守る必要はありませんが、最低限知っておきたいマナーのひとつが吸い終わった葉巻の扱い方、消し方です。


なぜ消し方が大切かというと、葉巻(に限らず煙草全般に言えますが)の消し方を間違えると他人に迷惑がかかるからです。



ただ単に個人の楽しみ方のみに関わることであればルールを厳密に守る必要はないと思いますが、他人に影響する部分はしっかりと意識して楽しみたいですよね。


本題の葉巻の消し方ですが、なんということはありません。ただ何もせず、葉巻を灰皿に横たえて放置するだけ。

f:id:bollet:20210419015651j:plain
吸い終わった葉巻は放置して消化するのを確認すればよい

燃焼材が入っていない葉巻は放っておけば3分~5分程度で完全に消火します。


逆に一番やってはいけないけどやりがちなのが灰皿にこすりつけて火を消すというもの。


普通の紙巻きたばこはこすりつけて消す方が多いのでなんとなく葉巻も同じように消す方がいらっしゃいますが、葉巻をもみ消すと非常に不快な臭いが立ち上がり、周囲の香りに敏感な方に迷惑をかけてしまいます。



また葉巻をもみ消すという行為は昔から「(居合わせた他の人やお店に対して)とてもつまらない時間を過ごして気分が悪い」という印象を与える行為であるともいわれています。


これに関してはレストランでナプキンを綺麗にたたむのは「まずかった」の証拠というようなレベルの話だと思いますが、いずれにせよもみ消しは葉巻の嗜み方として美しい行為ではないんですね。


また、吸い終わった葉巻を立てておいておくのもタブーとされています。



いずれにせよ吸い終わった葉巻はただ横向きに放置して自然に消化するのを待つのが最も適した消し方だといえるでしょう。

葉巻を途中で吸うのをやめるのはアリ?ナシ?

葉巻、特にプレミアムシガーは短い物でも15~20分程度、長い物なれば1時間以上の時間をかけて燻らせる必要があります。


本来は1本吸いきる時間と身体の余裕がある時に吸うべきでしょうが、さまざまな事情でそうはいかないこともあるかもしれません。



特に吸い慣れていない人は途中でヤニクラを起こして体調を悪くしたり、具合は悪くならなくても吸い疲れて楽しめなくなることも。


そんな時に気になるのが「葉巻を途中で吸うのをやめる」のはアリかナシかという問題。

吸いなれていない人は半分くらい吸って満足してしまう人も多いはずだ。


もちろん吸うのをやめること自体は可能ですが、果たしてまだ残っている"吸いさし"を持ち帰ったりあるいは時間が経ってから再び吸うこと可能なのでしょうか?


結論から言えばそれは可能です。


葉巻愛好家、それもある程度吸いなれている人は「途中でやめた葉巻を後で吸い直すのはご法度」とする方もいらっしゃるでしょう。


たしかに一度火をつけて時間の経った葉巻は乾燥も進みますし、灰の味がしみ込んで味自体はかなり劣化します。


それは「一度切って皿に並べた刺身を翌日食べたら味が落ちている」のと同じことです。


「最高の状態の葉巻を楽しむ」という側面から言えば途中で吸うのをやめて、後ほど改めて吸うのはNGかもしれません。


しかし時間や体力的な諸事情からすべて吸いきれなかった葉巻を捨てるのはあまりにも忍びない、その気持ちも至極当然なのです。


「葉巻を途中で吸うのをやめ」て「後で再びを火をつけて吸う」ことは可能ですし、アリです。



もしも吸うのを中断する場合はまず葉巻内に残った煙を吹き出します(葉巻を加え、吸うのではなく息を吹き込んで葉巻内に残った煙を外へ逃がす)。


そして、なるべく湿度が高く乾燥しない場所に火が消えたのを見届けてから安置し、可能な限り早く吸い終えてあげましょう。


吸うことは出来ても一度火をつけた葉巻は刻一刻と傷んでいきます。


再び吸った時にあまりにもひどい味で幻滅してしまわないように、なるたけ早く灰に変えてあげることが葉巻へのせめてもの感謝と言えるのではないでしょうか。

葉巻の消し方には作法がある?どこまで吸えるかもあわせて解説のまとめ

本記事では葉巻の消し方、どこまで吸えるのか、途中でやめて再び吸うことはできるのか、という疑問について解説してきました。



  • おいしく吸えればどこまでも吸って構わないが、一般的にはリングシール前後まで吸うことが多い
  • 葉巻を消す時はただ灰皿に横に安置して火が消えるのを待つ
  • 吸い途中の葉巻はしばらく後で吸い直すこともできるが、味の保証はない
  • 葉巻を途中でやめる場合は息を吹き込んで葉巻内の煙を外に追い出してから消化するのを見届けること


葉巻をはじめとした嗜好品には絶対的なルールはありません。


極論、他人に迷惑さえかけなければどんな楽しみ方をしても自由なのですが、せっかくの葉巻を最大限に楽しむためのマナーや知識は知っておいて損はないでしょう。


ぜひ葉巻を吸うときの参考にしみてください。



今回記事中の画像で吸っているのはボリバーのペティコロナスと呼ばれるプレミアムシガーの中では小さめサイズの葉巻。ボリバーは濃厚な風味が楽しめる人気葉巻ブランドのひとつ。



葉巻をはじめたいけどどこで買えばいいかわからない、近くにショップがないという方はシガーコネクションという専門店で通販が可能です。


1本ずつお好みの葉巻を購入できるのはもちろん、初心者向けのセット商品やかっこいいアクセサリー類も取り扱っており、必要な道具はひととおり揃います。


最近では通常の紙巻たばこをやめる人が増える一方で、嗜好性があって質の高い葉巻をはじめる人がでてきているようです。


キャンプブームなどに乗じてアウトドアで本格的な喫煙を愉しむ人も増えているんですよ。自分なりの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょう。


葉巻専門サイト「シガーコネクション」


あわせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com