おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

普段の靴下には安い長持ちでコスパ良しのユニクロがおすすめ

肌着同様、基本的に毎日履くことになる靴下。


オシャレに敏感な方はともかくとして、なんでもいい・・・という方にとっては意外に手入れがめんどくさいアイテムのひとつ。
気づいたら指に穴が開いてたりしませんか?



そんな方はユニクロでレギュラーソックスを大量に買い込みましょう。



安い・豊富なカラーバリエーシヨン・最低限の耐久性・どこでも買える


このすべてを兼ね備えているユニクロのレギュラーソックスがいかに優れているかを詳しく見ていきましょう。

ユニクロの靴下は最低限の品質を誇る

まず前提として、今回の記事で紹介したいのは低価格帯靴下の中でもしっかりとしたパフォーマンスを発揮してくれる靴下です。
まずはこれを見てください。

f:id:bollet:20171021205337j:plain

右がユニクロの靴下。左がユニクロと同価格帯のアマゾンで購入した靴下です。ちなみに口コミはそこそこだったはず。


f:id:bollet:20171021205348j:plain

ユニクロの方が長く履いていますが、ユニクロの方が綺麗な状態を保っています
もう一方の方は2~3回洗濯した時点でヨレ始め、中にはすでに穴が開いて雑巾になったものもあります。



ユニクロ靴下は品質としてなんの問題もありません。おしゃれさや質感を必要以上に求めなければ、耐久性も高くしっかりフィットするのでコスパに優れているんですね。


もし、もっと安くてもっともっと良いの売ってるよ!という方はぜひ教えて下さい。乗り換えます。

ユニクロの靴下はとにかく安い

一足290円。4足セットで1000円しないという安さはGOODです。


f:id:bollet:20171021205402j:plain


セットで安く出来るのは大手ならでは。


たまに使うオシャレ着にあわせる靴下ならともかく、日常の仕事に使う靴下なんて安くて耐久性があるにこしたことはないんです。

ユニクロだから手に入れやすい

ちょっとした買い物のついでや仕事のついでに寄れるのがユニクロの魅力。
今や少し大きな繁華街ならどこでも見られるようになりました。


しまむらよりもアクセスが簡単なことが多いですし、ネットを用いてもOK。


すぐに必要って時にもサッと買い求められるのも魅力ですよね。

豊富なカラーバリエーション

ユニクロのレギュラーソックスは50色展開。結構ビビットな色からシーズンカラーまで。


欲しいと思うであろう色がほとんどあるのでおしゃれ着への応用も可能。用途に合わせて色を変えるなど、使い勝手の良さはカラーバリエーションにもあらわれています。

消臭機能付き

この値段帯で消臭機能付きの糸を使用。洗濯の効果も長持ち・・・至れり尽くせりです。

特別な時には特別な靴下も用意

結婚式やパーティーのような華やかな席やちょっとオシャレして出掛けたいときはその時用の靴下を用意すればいいんです。靴下って高いものは良いお値段しますけど、特別な時にしか使わないのでそうそうダメになりません。


もともとの品質も良いわけですから、かなり長い間使えるはず。
筆者は10年単位で活躍させている靴下もあります。

(モンベル)mont-bell メリノウール トレッキング ソックス 1108644 HCH へザーチャコール M

(モンベル)mont-bell メリノウール トレッキング ソックス 1108644 HCH へザーチャコール M

モンベルのメリノウール。超厚手のパイル地を全面に使い、優れたクッション性を実現した極厚手の靴下で、登山用などにも用いられます。
真冬の寒い時期に年に数度は使用機会のあるアイテム。冬場にこれ履いて出ると温かくてそれだけでテンションがあがります。一枚持っておくと便利。


老舗靴下メーカーハリソンのアーガイルソックスはちょっとシックに決めたいときに便利。
シンプルなアイテムも多いので結婚式用などにも良いかも。


遊び心のあるrasoxは何枚か柄違いで持ってると遊べますよね。

普段使いの靴下はユニクロで決まり!

ちょっと良い靴下も何枚か持っておいて、基本はユニクロのレギュラーソックスで。
ユニクロの靴下は履き潰すつもりでガシガシ履いて洗って、おしゃれ用のものは洗濯にも少し気を遣ってあげるようにしましょう。


普段使いのものはどんどん履いてダメになったら交換していくことで衛生面の心配も無くなります。ぜひ参考にしてみてください。