おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

デメルのチョコやお菓子はプレゼントに最適|おすすめのアイテムと店舗情報を解説

デメル


数あるチョコレートやお菓子のブランドのなかからちょっとしたギフトやバレンタイン/ホワイトデーの贈り物用のアイテムを選ぶのって意外と難しいですよね。


本記事ではそんななからデメルというブランドに注目して、おすすめのアイテムや店舗の情報をまとめていきます。


デメルはプレゼントにもとっても適した魅力があるブランドです。


じっさい売り場にいってみると若い女性から妙齢の紳士までがギフト用に買い物をしている姿が目撃できます。



デメルの魅力


・味作りにクセがなく誰にでも愛される味わい
・パッケージが圧倒的にオシャレでバリエーション豊富


実店舗やネットショップも豊富でぜひチェックしていざという時のためにおさえておきたいブランドですね!


高島屋でデメルのアイテムをチェックする


オーストリアを代表するお菓子店「デメル」

デメルとは?

オーストリアはウィーンにあるカフェ兼洋菓子店として世界中の人々から愛されているデメル。


およそ250年ほどの歴史を誇るブランドで、立ち上げ当初はまだ珍しかったアイスクリームを売り出したことで人気を博していたともいわれています。


近年ではチョコレート菓子に対する評判がよく、デメル=ショコラトリーと思っている人も多いかもしれませんが、チョコ専門店ではなくウィーン菓子屋さんといったほうがいいでしょう。



特にデメルのザッハトルテは世界的に有名なザッハトルテのひとつで、チョコケーキファンであれば一度は食べたい銘菓といえる。

デメルの魅力

デメルの魅力はなんといってもバランス感覚の優れた誰にでも好かれる味わいと圧倒的にオシャレなパッケージデザインです。


カラフルながらポップすぎないおしゃれなパッケージが目をひく


独特のカラフルにながらオーセンティックなデザインのパッケージは男性から女性までちょっとした手土産にもぴったりです。


じっさいに実店舗の売り場では懇意にしている方へのプレゼントのために妙齢の男性がひとりで商品を買い求める姿を見かけることも多いブランドですね。


シンボルマークにはオーストリア・ハンガリー王室御用達を意味する双頭の鷲があしらわれています。


味わいもクセが少なく誰もがおいしいと感じられるバランスのよさがあり、好き嫌いの多い素材などもあまり使われないため、安心して食べられるのも特徴。


それでいて素材へはなみなみならぬこだわりがあり、常に高品質の材料を使ってお菓子作りをしています。


またデメルの職人さんたちはそれぞれが得意分野を持っていて自分の専門のお菓子を分業して作っているためハズレが少ないのも特徴です。

デメルといったら外せないおすすめアイテム4選

チョコレートから生菓子、焼き菓子までたくさんのアイテムがラインナップされているデメル。


そのなかからまずはこれだけは食べていただきたい筆者のおすすめアイテムを4つピックアップして紹介します。

ソリッドチョコ(猫ラベル)

猫の舌をイメージしたソリッドチョコレート


チョコレートに定評のあるデメルのなかでも特に贈り物などに根強い人気を誇るのがこちらのソリッドチョコレート。


シンプルな板チョコレートタイプのアイテムですが、特徴は猫を大胆にあしらったパッケージと猫の舌をイメージしたチョコレートのフォルム。


可愛らしいパッケージが大人気


猫ラベルと呼ばれるだけあり、猫にフォーカスしたなんとも可愛らしいチョコレートは絶大な指示を集めています。


容量もたっぷりでコスパもよい


ミルク、スウィート、ヘーゼルナッツの3つの味を展開(それぞれ単体販売)されているのも嬉しいですね。


とてもバランスよく口どけのよいチョコレートで、強い苦味などはなく気軽に楽しめる味わいなのもポイントです。


薄くて口どけがよい


ぜひプレゼント用に知っておきたいチョコレートですね。


高島屋でソリッドチョコレートをチェックする


サワースティック

さまざまなスパイスを使っているサワースティック


聞き慣れない名前のお菓子ですが、塩味の効いたスティックパイにさまざまなスパイスをまぶしたデメルのスペシャリテ。


デメルといえばサワースティックという人もいるほどデメルファンからは人気のあるアイテムです。


オシャレな包装紙に中から出てくる箱もシンプルながら美しいデザイン。


12本入りと24本入りが展開されていますがおすすめは24本入り。


24本入りの中身


なんと一箱で8種類もの味のバリエーションを堪能できるのです。


さまざまフレーバーを楽しめる(24本入り)


ペッパーなど鮮烈な味わいのスパイスがベースとなるスティックパイの味を引き立てる絶妙なバランスで、甘くないので甘いもの嫌いな人へのプレンゼントにもおすすめできますね。


高島屋でデメルのアイテムをチェックする


オレンジピールチョコレート

筆者一押しのオレンジピールチョコレート


デメルの製品のなかで個人的にイチオシなのがオレンジピールチョコレート。


チョコレートに力をいれるほとんどのブランドが作っているオレンジピールですが、非常に当たり外れが多いのも特徴。


コスパに非常に優れたアイテム


特にその手間のかかる行程のせいか価格も高い傾向にあり、ものによっては一本で200~300円設定のハイブランドが多いなかで、デメルは16本で2000円とちょっとと良心的な価格設定。


パッケージデザインはシックな感じ


それに加えて味わいも非常によく、オレンジの鮮烈な香りがしっかり残りつつもえぐみの少ないピールと優しい味わいのチョコレートがGOOD。


食べていてくどく感じるオレンジピールチョコもあるなかで非常に食べやすい仕上がりだといえるでしょう。


高島屋でデメルのアイテムをチェックする



ザッハトルテ

デメルといえばザッハトルテを挙げる人も少なくありません。


もともとザッハトルテはウィーンのホテル・ザッハーで生まれたお菓子で、その後デメルに秘伝のレシピが伝えられたという経緯があります。*1


特に日本においてはザッハトルテ=デメルのイメージは強く、クリスマスやバレンタインシーズンには大人気商品として紹介されることも多いですね。


味わいはこれぞまさに王道のザッハトルテといった感じでスポンジ生地にデメルらしい優しい味わいのコーティングチョコレート。なかには杏のジャム・・・という構成。


高級そうな木箱に入った梱包も魅力的で、特別な時間を演出する特別なケーキというイメージですね。


高島屋でデメルのアイテムをチェックする


デメルの店舗情報

デメルは2019年8月現在で日本に23店舗を構えるブランドです。


北は北海道、南は大分まで幅広く展開しており主に高島屋、三越・伊勢丹系列ほか地方都市の主要百貨店で積極的に展開しています。


>>デメル公式サイトの店舗リスト


また現地まで買いにいくのが難しい方や遠方の方に直接デメルの商品を配送したい方はネットショップが充実している点にも注目。


ウェブショップだと購入できるものが限定されているケースも多いブランドお菓子屋さんのなかで、デメルは各百貨店の公式ネットショップサイトなどにも幅広い商品が展開されているのが嬉しいですね。


急な手土産が必要になったときにも気軽に買い物ができますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?


高島屋でデメルのアイテムをチェックする


大丸松坂屋でデメルのアイテムをチェックする

デメルのチョコやお菓子はプレゼントに最適のまとめ

本記事ではオーストリアを代表するお菓子ブランド「デメル」の魅力とおすすめの商品について紹介してきました。


デメルはとにかくコスパがよくてプレゼントにも使い勝手のいいブランドだと思います。


普段ご自分でお菓子を食べないという人もいざという時のためにおさえておくことをオススメしたいですね。


高島屋でデメルのアイテムをチェックする



あわせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com

*1:この元祖ザッハトルテに関してはその後色々とゴタゴタあったのですがここでは割愛します。気になる方は詳しく調べてみてください