おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

意外と理解していないスーツの選び方と種類|ボタンの数、ラペル、ポケット、ベント、裏地

f:id:bollet:20180803171312j:plain


スーツとひとくちにいっても、どんなシチュエーションで使うスーツなのかによってそのデザインはさまざま。あるシーンでは求められるデザインでも別のシーンではご法度なんていうことも・・・。



そんなややこしさがハードルにもなっているスーツスタイルですが、一度覚えてしまえば汎用性重視で選んでもよし、特定のシーンに合わせて仕立ててもよしと楽しみが広がります。


スーツを着こなせれば大人としての格もアップして言うことなし!ぜひこの機会にスーツの細かいパーツの持つ意味を考え直してみましょう。

シングル、ダブルと2つボタン、3つボタンでスーツの種類が変わる

スーツにはさまざまな分類がありますが、最も基本的な分類がボタンの並び方と数によるものです。ここではまずスーツの分類の基礎となるシングルダブル2つボタン3つボタンについて解説していきましょう。

シングルスーツとダブルスーツ

シングルスーツやダブルスーツといった用語を聞いたことがある人も多いでしょう。これはボタンの並び方によって決まっています。



上がシングル、下がダブルのスーツで、シングルはボタンが縦に一列、ダブルはボタンが縦に二列に並んで付いています。日常的に目にするスーツはシングルですのでひとまずはシングルを一着持っておくべきでしょう。


ダブルは上着の打合せ部が大きく重なり、身体が大きく見える仕様になっているものが多く、よりクラシックでフォーマルな印象を与えます。シングルよりもシャツ、ネクタイ部分が見えるVゾーンが狭くなるのも特徴。着こなしは難しいためスーツ上級者向けのアイテムです。

2つボタンと3つボタン

2つボタン、3つボタンというのはシングルにおけるボタンの個数を指しています。ダブルの場合は4つボタン、6つボタンとなります。

f:id:bollet:20180803153259j:plain


2つボタンは現代スーツの主流で、スタイリッシュでシャープな印象を与えます。どのようなシチュエーションにも対応し、Vゾーンが広くとれるためネクタイで遊び心を出すこともできる万能なデザインです。


3つボタンは今では少なくなりましたが10年ほど前までは主流だったタイプで、2つボタンよりもクラシックな印象が強いですね。最近では段返り3つボタンと呼ばれる一番上のボタンが折り返しに隠れるタイプのスタイルも流行っています。


無難なのは2つボタンなので、まずは2つボタンを一着おさえておくと良いでしょう*1


まとめ

  • 今の主流はシングルスーツのダブルボタン
  • ダブルスーツは着こなしが難しいので中上級者向け


スーツは襟(ラペル)の種類で印象が変わる

f:id:bollet:20180803154437j:plain

ラペルとは襟のこと。ボタン以上に意識しているとは少ないかもしれませんが、じつはスーツスタイルの印象を決める重要なポイントでもあります。
細かく分類するとたくさんの種類がありますが、基本的にはノッチとピークを覚えておけば大丈夫です。

ノッチドラペル

菱形の襟で基本となるラペルです。特にビジネス使いであればノッチにしておけば問題ないでしょう。ノッチドラペルで通常よりも襟幅短くとったものはノッチドスリムなどとも呼ばれます。

ピークドラペル

下襟が上を向いて尖った形になっているのがピークドラペルです。華やかな印象があるため結婚式やパーティなどに向いているといえます。場面は選びますが、二着以上スーツを使い分けるなら一着は持っていて損はない襟型と言えるでしょう。


襟幅が短くとられたものはピークドスリムなどとも呼ばれます。

その他のラペル

これ以外にも、上襟とラペルが繋がってひとつの丸みを帯びた襟が続くショールカラー*2や立ち襟のマオカラーなどが存在しますが、着こなしも難しく用途も限られているので手にする機会は少ないことでしょう。


まとめ

  • ビジネスシーンやフォーマルならノッチドラペル
  • パーティにはピークドラペルで華やかさを出しても良い

ベントの種類はボディラインと動きやすさを決める

f:id:bollet:20180803155856j:plain

ベントはスーツ背面側の下、腰のあたりに入っている縦の切れ込みのことを指します。動きやすさが変わるのと同時に腰周りのシルエットにも影響します。

センターベント

基本的なベントで真ん中にひとつ切れ込みが入っているタイプです。スタンダードなベントでもあり、市販の多くのスーツはセンターベントに仕立てられています。動きやすさとスタイリッシュさのバランスがとれたタイプで、悩んだらセンターベントがおすすめです。

ノーベント

ベントがないノーベントは冠婚葬祭用のフォーマルスーツに適しています。

サイドベント

両サイドに切れ目がはいったサイドベントはボディラインを強調しクラシックな印象を与えます。体格のガッシリした人が着るとピッタリとハマります。


まとめ

  • センターベントが基本
  • 恰幅の良い人はサイドベントを検討してもいい


ポケットの種類にもこだわろう

f:id:bollet:20180803160842j:plain

なかなかポケットのデザインまでこだわることは少ないでしょうが、じつはスーツのポケットにもたくさんの種類があります。こんな細かいところまで意識できたらスーツの着こなしにも自信が出てくるのではないでしょうか。

ノーマル

基本となるポケットです。フラップなどとも呼ばれ、蓋付きの内ポケットになっています。


ちなみにフラップとは雨避け用の蓋の意味があり、屋内ではフラップを入れて屋外ではフラップを出すのが基本的なマナーといわれています。

チェンジ

右ポケットの上に小さなチェンジと呼ばれるポケットがついているタイプ。ここでいうチェンジとは小銭のことで、小銭入れとして使用するためのポケットとされています。


キャッシュレスの進む世の中でしだいに見なくなっていくスタイルのポケットだといえるかもしれません。

スラント、スラントチェンジ

スラントはポケットが斜めについているタイプで、スタイルを良く見せる効果があるといわれていることから近年では好んで選ぶ方も多いポケットです。


スラントにもチェンジポケットのついたスラントチェンジと呼ばれるデザインが存在します。

アウトポケット

ポケット自体を後からスーツに張り付けたように外側に出ているタイプです。カジュアルなイメージが強いため基本的に選択するこは少ないでしょう。


まとめ

  • 基本的にはフラットポケット
  • スラントは最近流行りつつある

袖口の本切羽とは?

スーツの袖口には基本的にボタンが付いていますが、現在ではそのほとんどが飾りボタンとなっています。中には開閉可能な袖口も存在、それらは本切羽と呼ばれています。


既製品の多くは場合によっては袖丈を人にあわせて後から調整するため、ボタンの穴を穿つことができません。従って飾り用のボタンだけをつけて製品化しているのですが、オーダースーツのように自分に合わせて仕上げる場合は原則として後から再調整することがないので、本切羽にすることでより本格的なスーツスタイルを楽しむことができます。

スーツの裏地の種類と柄

スーツのディテールにこだわるなら裏地も重要なファクターです。オーダーメイドでもない限り裏地に細かくこだわりを持つことは難しいと思いますが、裏地はスーツの着心地やおしゃれさを決める部分でもあるので手を抜きたくないものですね。

裏地の種類

f:id:bollet:20180803164747j:plain

裏地はおしゃれだけでなく寒さ対策にもなる部分なので秋冬に着る前提があるならば総裏が基本。春夏用であれば一部裏地を抜いた背抜きもおすすめです。ただし背抜きはスーツの生地色が薄いと中が透けて見えることもあるため色選びは慎重に。


裏地を使わないアンコン仕立ては軽くて羽織るように気軽に着れるカジュアルさが魅力。フォーマルなシーンでは使えませんが、ジャケットスタイルをカジュアルに楽しむにはうってつけです。

裏地の色と柄

f:id:bollet:20180803165727j:plain

オーダースーツの場合はスーツの裏地や柄までを自由に決められるのも魅力のひとつですが、裏地は思っているより人目に触れる機会も多いため、あまり派手にし過ぎるとかえって逆効果になることも・・・。


ビジネス使いなどであれば無地のブラック系カラーで統一しておくのが無難ですが、春夏なら少し淡い色合い、秋冬なら少し濃い色合いのものを選んだり、表の生地色と少しだけ色合いの違う同系色を選んでメリハリをつけたり、黒地に赤、グレーに淡いピンクなど表の生地色との相性でおしゃれに決めるのも悪くありません。


よほどセンスに自信のある人以外は冒険しないほうが良いでしょうが、テーラーさんと相談したりしてちょっとした遊び心を入れるのも楽しみのひとつでしょう。


まとめ

  • シーズンによって総裏と背抜きを変えるのが理想
  • 色・柄はシチュエーションにあわせて派手になりすぎないようにする


まとめ

スーツのデザインやパーツにはひとつひとつ意味があります。もちろんシチュエーションや流行もありますのでどれが一番いいというのはないのですが、まずは自分がどのような目的でスーツを購入しようと考えているのかを整理してから、ひとつひとつの項目を考えてみましょう。


おしゃれさのいらない汎用性の高さを求めるのか、結婚式やパーティ用に少しドレッシーにするのか、ビジネス使いで清潔感がありつつもデキる印象を出したいのかによっても少しずつ選択は変わってくるでしょう。


また今回ご紹介したようなディテールを見ていくと市販の既製品では物足りなく感じるはずです。そんなときはやはりオーダーメイドで自分好みのスーツを仕立てていきたいもの。


当ブログでも度々取り上げているSuit-Yaは29,800円から高級生地でオーダースーツが作れるうえ、細かい採寸法を動画で提供してくれているため、ネット経由で簡単に高品質のオーダースーツを作れます。


量販店で買っても一着15,000円~20,000円くらいはすることを考えれば、Suit-Yaでオーダーするのも悪くないですね。就活生からスーツ嫌いなビジネスマンまで、スーツ初心者~中級者に広くオススメできるサービスです。ぜひチェックしてみてくださいね。



オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証で安心


オーダースーツ・シャツをネットで注文|高品質・サイズ保証【Suit ya】


合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com

*1:逆にダブルの場合は6つボタンが主流になっています。

*2:タキシード用の襟という認識も強い