おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

お酒を飲んだ次の日の口臭を消す!飲み会後のイヤーな臭いを軽減するには

f:id:bollet:20181206051853j:plain


飲み会の翌日の自分の口臭に悶絶してしまった経験・・・ありませんか?


いちおう歯磨きもしたはずなのに自分でもビックリするくらい口のなかが臭くて外に出るのも嫌になってしまう・・・特にお酒を飲んだ翌日にはそうしたことが起こりがち。


ではいったいどのようにケアすることで飲酒後の口臭を軽減できるのか?


お酒を飲んだ後なぜ口臭がキツくなるのか、そのメカニズムに注目しながら改めて正しいケアの仕方を考えていきましょう。

飲み会後の口臭はなぜキツい?

お酒を飲むと臭いがキツくなるのにはいくつかの要因が考えられます。

f:id:bollet:20181206051027j:plain

アセトアルデヒドが口臭はもちろん体臭も"酒臭く"する

アルコールは体内でアセトアルデヒドに分解、さらに無害な酢酸などに分解されて体外へ排出されます。


しかし、肝臓の許容量を超えて飲酒をするとアセドアルデヒドがそのまま血中に入り込み身体を巡りはじめます。


このアセトアルデヒドは独特の生ごみのような腐敗臭を発するため、アセトアルデヒドが体内へ滞在すると口臭はもちろん体臭までもが悪臭へと変わっていきます



血中に入ったアセトアルデヒドは身体をめぐる過程で皮膚呼吸や肺呼吸を通して体外へ排出されてニオイとして自分自身や他人によって知覚されます。

飲酒によって口内が乾燥状態に陥る

ヒトは体内で水分を用いてアルコールを分解します。


加えてアルコールには利尿作用もあるため飲酒をすると身体からはどんどん水分が失われていきます。


そうすると口内の水分も減り、唾液の分泌量も減ってしまいます



お酒を飲んでいるとやたらとのどが渇く経験は誰にでもありますよね。


唾液は口内の菌のバランスを整え、悪玉菌が繁殖しないようにする働きがあるため、飲酒によって脱水気味になった身体は口臭の原因となる菌が繁殖しやすい環境になっていると考えられます。

消化不良によって口臭がキツくなる

アルコールの摂取により腸の働きが弱まって消化不良になると口臭に出ます。



腸内で分解され発生する水素ガスやメタンガスが影響して口臭がおなら臭く感じたり、肉食に偏ることでドブ臭いにおいが出たりすることがわかってきていいます。


もともと消化不良の人はお酒を飲む飲まないに関わらず慢性的に口臭がキツいことがありますが、腸が健康な人でも飲酒によって腸内の不調を引き起こしてしまう可能性があるのです。



じっさい筆者はお酒を飲んだ翌日におなかを壊しやすいです。

お酒を飲んだ次の日の口臭を消すための方法

f:id:bollet:20181206051541p:plain

さて、このように飲酒によって口臭がキツくなるのにはさまざまな要因が絡み合っていることが分かりました。


では具体的にどのようなケアを行えばいいのかを考えていきます。

お酒を飲むなら水分補給をしっかりする

最近ではお酒を飲むときに水分を摂ることの大切さが認知されてきているように思います。


お酒を飲むときに同時に水分補給を行うことは口臭ケアの観点からはもちろん、二日酔いの予防、もっといえば身体にかかるアルコールの負担そのものを軽減する事に繋がります


飲む量に対して少し多すぎるのではないかと思うくらいに水分はしっかりと摂るべきです。


少なくとも飲酒した翌朝目が覚めた時に口内にいつも以上の乾燥を覚えるようでは水分が足りていないといえるでしょう。

飲み会中にニオイのキツい食べ物を食べない

お酒を飲んでいるときに美味しく感じる食べ物はどうしてもクセの強いものが多い傾向にあります。


飲み会後の口臭を気にするのであればできるだけそうしたものは食べないほうが無難です。


ニオイの強い食べ物も口臭や体臭に影響を出しやすいので、飲酒によってただでさえニオイが出やすい状態に追い打ちをかけるようなものです。

歯磨きを丁寧に行う

「酔っぱらってしまったからお風呂や歯磨きは翌朝でいいや」なんて思っていませんか?


口臭をケアするという意味では歯磨きは基本中の基本。飲酒後であってもその大切さは変わりません。


歯磨きは口内を清潔にすることで臭いのもとになる悪玉菌の繁殖を防ぐ意味があるほか、歯周病のケアとしてもとても大切


歯周病は口臭の原因の多くを占めるといわれるほど油断ならない病気です。


酒飲みはどうしても酔っぱらってしまうとこうしたケアを疎かにしがちですが、正しいブラッシングを心掛けて口内を清潔に保つことが飲酒後の口臭の軽減にも繋がっていきます。



参考までに最近の筆者の口内ケア


軽く歯ブラシでブラッシング(歯ブラシはしっかり清潔に保つ)➡ジェットウォッシャー(歯間と歯茎)➡「タフトブラシ」(奥歯の奥)➡数日に一回は舌ブラシ(舌苔とり)


最後にコンクールF(洗口液)。


これでお酒を日常的に飲んでいても口内トラブルが劇的に減りました。

お酒を飲んだ次の日の口のくささを軽減するためのアイテム

基本的には飲酒後の口臭ケアは水分補給と歯磨きにかかっています。


とはいえしっかりとケアしていてもあまりにも飲酒量が多い、飲み会中に食べたもの、体調によっては次の日までお酒くささをひっぱてしまうこともあるでしょう。


そうした時のために持っておくと便利なアイテムを最後にご紹介したいと思います。

コンクールF

筆者お気に入りの洗口液コンクールF。


リステリンやモンダミンの仲間ですが、これらの製品より圧倒的に刺激が少なく使いやすいのが特徴です。自分で水で希釈できるので濃度が調整できるのもメリットですね。



たぶんお子さんでも嫌がらず使ってくれるんじゃないでしょうか?


刺激が少ないわりには効果が絶大で、口をすすいだ直後から口内の嫌な感じがとれているのがわかります。


飲み会があるときは飲み会終わりの寝る前と翌朝に少し濃いめに作って口をすすぐだけで効果がありますよ。




口臭対策サプリ(スッキリ吐息とメンズデオ8400)

サプリメントを準備しておいて飲み会後の臭いが気になるときに使うのもおすすめです。


口臭対策のサプリやタブレットはたくさんありますが、個人的におすすめなのはスッキリ吐息とメンズデオ8400


f:id:bollet:20181210150317j:plain


スッキリ吐息はコーラルアパタイトというサンゴ由来の成分を使ったタブレット型の口臭ケア製品なのですが、とにかく効果が強烈です。



口に含んだ後30分くらいは爽快感が続くのですが、逆に言うと若干食べにくい傾向にあるのが難点。


とにかく即効性のある口臭ケアをしたいという人にオススメです。


メンズデオは口臭に加えて体臭までケアできるエチケットサプリで、筆者も愛用品が多いECスタジオさんの製品です。


各種消臭成分(デオアタック、渋柿エキス、センスピュール、シャンピニオンエキス、緑茶エキス、鉄クロロフィリンナトリウム)をたくさん配合しているので体内からニオイのもとをシャットダウンして外に漏れるのを防いでくれます。


お酒を飲んだ次の日の口臭を消す!のまとめ

お酒を飲んだ後に口臭がキツくなる傾向にある人はここで挙げたようなポイントを意識てケアしていきましょう。


口臭を軽減できるようなアイテムを手元においておけばいざニオイが防ぎきれなかった時にも安心できるので、ぜひ自分にあうものを探してみてください。


ちょっとした心がけでお酒を飲んだ後の口臭をぐっと減らすことができるかもしれませんよ!



自分にあった口臭サプリを探したい方必見!



おすすめチーズ紹介


食べたり飲んだりするのが大好きな筆者ですが、仕事柄人と面と向かって話す機会も多いので前日の飲食を引っ張るワケにはいきません。


そのため長年にわたっていろいろな口臭対策サプリを試してきました。


筆者がじっさいに使い続けているおすすめの口臭サプリをぜひ試して口臭の悩みを解決してみませんか?


本当に効く口臭対策サプリの選び方を見る