おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

日本企業が販売する正真正銘本物のマヌカハニーを知っておこう

f:id:bollet:20180607000004j:plain


偽物が横行していることで消費者も商品選びに不安がつきまとうマヌカハニー。一般的には本物とされているブランドのマヌカハニーでも、アマゾンなどを経由して購入するのは不安・・・という人も少なくないのではないでしょうか?


そこで今回は日本企業がニュージーランドから丁寧に輸送し販売している、正真正銘本物のマヌカハニーを4ブランドご紹介します。メーカーや輸入元の公式サイトから販売されていますので偽物が混じる心配もありません。ぜひ活用してみてください。

日本で真摯にマヌカハニーを販売する「TCN」と「ディーエムソリューションズ」

マヌカハニーと名のつく商品は無数に存在します。しかしマヌカハニーの特性として挙げられる特有の殺菌効果をほとんど有していないにも関わらず、マヌカハニーとして高価な値段で販売される商品も少なくありません


>>MGOやUMFといったマヌカハニー固有の殺菌力とそれに関する規格についてはコチラを参考に


アマゾンなどでもマヌカハニーが気軽に手に入りますが、並行輸入(正規の代理店がついていない)品も多く、品質にも不安が残ってしまいますよね。



そんな人にピッタリなのが日本の信頼できる企業が運営するマヌカハニー専門店やマヌカハニーブランドです。今回ご紹介するのはTCNとディーエムソリューションズという2つの企業となります。


TCNは現在最も信頼度が高いとされるマヌカハニーの固有殺菌力を示す単位"MGO"の使用を許されている非常に貴重な会社です。他ブランドよりも満足度の高い高品質マヌカハニーの取り扱いに力を入れています。


ディーエムソリューションズはインターネット事業を展開する会社ですが、BeeMeというマヌカハニー専門店を展開しており、ニュージーランドから高品質なマヌカハニーを輸入・販売しています。

日本企業目線で信頼できるマヌカハニーを輸入するBeeMe

ディーエムソリューションズが展開するマヌカハニー専門店BeeMeでも2種類のマヌカハニーをラインナップしています。

エグモントマヌカハニー

f:id:bollet:20180529154600p:plain

ニュージーランドは南タラナキにある家族経営の養蜂会社がエグモントハニー社です。厳しい自然の中から生み出されるマヌカハニーを丁寧に製品化しているメーカーで、売り上げの一部をミツバチの生態研究や保護のために寄付している、はちみつや蜂にかける愛情の深いブランドでもあります。


審査が厳しいとされるUMFの団体に属しているため、UMF規格を使用した殺菌力別の分かりやすい商品展開になっています。ラインナップも豊富でUMF数値別に7タイプ。さらにファミリー使用にもオススメな大容量サイズも展開しています。


定期便や初回のお試しなど、サービスも充実しているため、気軽にマヌカハニーを試してみたい人におすすめだといえます。



エグモントハニー社のマヌカハニーが気になる方はコチラから



>>当ブログでもより詳しいエグモントハニー社の紹介を行っています

ワトソン&サン社

f:id:bollet:20180529154541p:plain

ワトソン&サン社はニュージーランドで最も知名度の高いマヌカハニーのブランドです。長年かけて築き上げた実績が信頼となっています。使うことの許されているメーカーが少ないMGO規格を使用していて、活性度別に商品をチョイスすることが可能です。


エグモントハニー社同様に250gと500gの2サイズを用意していて、家族みんなで日常的に使用したい人やまとめて買ってお得に使いたいという人には大容量サイズのあるワトソン&サン社のマヌカハニーも非常におすすめできます。



ワトソン&サン社のマヌカハニーが気になる方はコチラから

日本人が現地で作るマヌカハニーを取り扱うTCN

TCNでは2種類のマヌカハニーを販売しています。

ストロングマカハニー

ストロングマヌカハニーはおよそ20年の歳月を経て商品化されたマヌカハニーです。ニュージーランドに永住権をもち、海外で養蜂業を極めた日本人養蜂家がリーダーとなって採取した超高品質のはちみつのみを厳選してボトリングしています。


日本人的な職人気質がニュージーランドの自然と混じり合って生み出されたこのマヌカハニーの特徴は、なんといってもその圧倒的な活性強度。他ブランドではなかなかみられないMGO1100+MGO880+のラインナップとなっています。圧倒的なクオリティは一度使えば他のものを試す気にはなれないほど。


マヌカハニーの殺菌力を示すMGO規格は使用が許されているメーカーが少なく、日本ではTCNのみが使用を許可されています。マヌカハニーの持つパワーを感じてみたい・・・という人にはぜひおすすめのブランドです。




インカナムマヌカハニー

インカナムマヌカハニーは高価なストロングマヌカハニーに対して手軽に試せるというコンセプトでTCNが展開するマヌカハニーブランド


あまり例を見ない複数の養蜂場のはちみつをブレンドして作られたマヌカハニーとなっています。契約する養蜂場は日本人の養蜂家によって厳しい審査や指導をクリアしたところなので、クオリティはお墨付き。


MGO550+、MGO220+という2タイプを販売しています。ストロングマヌカハニーと比べると低活性強度ですが、日常使いには十分の性能を示します。


まとめ

マヌカハニーは比較的高価な食品ですから、なるべく信頼のおけるところから購入したいものです。近くに実店舗の専門店があればそちらを利用するのもおすすめですが、もし近場に良いお店が無い場合は楽天やアマゾンを利用するよりも安心安全なTCNやBeeMeのマヌカハニーを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?



マヌカハニーを実際に購入するなら必ずチェックマヌカハニーはニセモノや類似商品が非常に多い商品です。


品質の確かなホンモノを手に入れないと意味がありませんので、必ず購入する前に商品の素性をチェックする必要があります。


信頼できるおすすめマヌカハニーブランドのまとめなどを参考にして自分にあったマヌカハニーを探してみましょう。



信頼できるマヌカハニーを特徴別に比べてみる




合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
そもそもマヌカハニーとは?という人に読んでもらいたい記事になっています。


www.oishikerya.com
マヌカハニーの効果は本当にあるのか?ということに言及した記事です。