おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

話題のマヒカハニーの効能や販売店は?マヌカハニーとの違いにも注目

f:id:bollet:20190115194138j:plain


皆さんはマヒカハニーという言葉を聞いたことがありますか?


「それってマヌカハニーの間違いなんじゃ・・・?」


筆者もはじめてマヒカハニーの名を聞いた時はそう考えたものでした。


でもマヒカハニーはマヌカハニーとは異なるハチミツの一種で、ここ数年で少しずつ認知度を高めてきたハチミツ界の新しい潮流なんです!


今回は密かに注目されつつあるマヒカハニーを特集。マヌカハニーとの違いから効能、販売店まで最新情報を調査していきますのでぜひ参考にしてみてください。

魔法のようなパワーを持つ?マヒカハニーとは

マヒカハニーは株式会社ライヴスが展開するブランド「マヒカ」が手掛けたアルゼンチンにあるアンデス山脈に咲く花から採取されるハチミツのことです。


アルゼンチンのアンデス山脈


マヒカとはmagicaのことで、これはスペイン語で魔法(英語でいうマジックmagic)を意味しています。


その名の通り魔法のように身体に良いとされているハミチツで、じっさいにハチミツのなかでも高い栄養価と殺菌力を持つマヌカハニーと比べても劣らないほどのパワーを秘めていることが分かっています。

マヒカハニーは非加熱はちみつ

マヒカハニーはまだまだ知名度は低いのですが、健康や美容のための新世代ハチミツとして注目されています。


特に同じく高性能ハチミツとして有名なマヌカハニーに負けないパワーを得るために非加熱で製品化されているのが特徴。


f:id:bollet:20190117181201j:plain
日本に流通する貴重なマヒカハニー



ハチミツは大量生産のために効率的な処理を施される場合、そのほとんどが加熱処理によって栄養素の大部分を失ってしまいます。マヒカハニーは手作業にこだわって非加熱で製品化することで、酵素をはじめ、ビタミン・ミネラル・アミノ酸といった魅力的な栄養素をそのまま残しています


はちみつの持つ生の酵素は36度という常温化でも劣化するといわれていて、マヒカハニーは特に酵素を生きたまま残すために少数生産で丁寧に作られているんですね。


生きた酵素に注目したハチミツは数あるハチミツ製品のなかでも少ないので、マヒカハニーは生きた酵素をそのまま摂取できるハチミツとして注目してみてはいかがでしょうか。


マヒカハニーの効能

マヒカハニーの特徴は大きく2つあると考えています。


マヒカハニーの効能


まずさきほども少し紹介した豊富な栄養素。


マヒカハニーは非加熱処理で製品化されているのでハチミツの持つ栄養素をそのまま含んでいます。もちろんそのマヒカハニーを食べることで私たちの身体にも直接その栄養素が取り込まれることになります。


マヒカハニーの持つ栄養素は主にビタミン、ミネラル、アミノ酸・・・そしてハチミツ由来の酵素です。風邪予防や美容といったあらゆる側面において、マヒカハニーの持つ豊富な栄養素は役に立ちます。


さらにマヒカハニーは日本食品センターの試験によって、一般的なハチミツに比べて3倍に及ぶ殺菌能力を有していることが判明しています。特に大腸菌、黄色ブドウ球菌に対して強い抗菌力を発揮することが分かっています。


ハチミツはもともと風邪予防などにも効果的な食品。マヒカハニーはより強い抗菌力を持つということで、その用途は非常に広いといえるのではないでしょうか。

マヒカハニーとマヌカハニーの違いはどこにある?

名前も似ていて特殊なハチミツであるという点でも類似点があるマヌカハニーマヒカハニー。


この2つは全く異なるハチミツなのですが、具体的な違いはどのような点にあるのかまとめておきましょう。

産地の違い

一番大きな違いは産地です。


マヌカハニーはニュージランドに生息するマヌカの木から採取されるハチミツで、マウリ語で「復活」などの意味があります。


いっぽうのマヒカハニーはアルゼンチンのアンデス山脈が原産地で、スペイン語で「魔法」という意味があります。


決して言い間違い書き間違いなどではなく、マヌカとマヒカは根本的に別のものを指した言葉なんですね。

風味の違い

マヌカハニーは見た目は普通のハチミツ同様水あめ状ですが、香り味は独特で殺菌力が強いものは薬品っぽさがあります


いっぽうのマヒカハニーは非加熱処理によってブドウ糖が酵素によってグルコン酸に変化するときに生じる気泡がそのまま残っていて、白くホイップ状になっています


クリーミーで口に含むとシュワっとする独特の食感を持っていますが、味わいはマヌカハニーと比べてクセは少ないので、味を楽しみながら健康維持にも努めたいのであればマヒカハニーのほうが取り入れやすいでしょう。


抗菌力の違い

マヌカハニーの最大の特徴はメチルグリオキサールと呼ばれる特有の抗菌成分を含んでいる点です。この点においてマヌカハニーは現存するさまざまなハチミツのなかでも特異中の特異なハチミツとしてその地位を確立しました。


マヒカハニーもハチミツのなかでは特別に殺菌力の強いものではありますが、単純な殺菌パワーはメチルグリオキサールを含むマヌカハニーには勝てません。


ただこの成分がないことでマヒカハニーにはマヌカハニーほどのクセはなく、むしろおいしいハチミツとして生活に取り入れやすいというメリットもあります。


メチルグリオキサールの特徴などもあわせて理解し、自分の欲している要素が「美味しくなくても殺菌力重視」なのか「美味しく楽しみながら健康にも気を遣いたい」なのかで使い分けてみてはいかがでしょうか?


マヒカハニーの販売店

マヒカハニーはマヌカハニーと比べると販売されている、扱いのあるお店も限られています。


その分、いざ購入するさいはあまり迷う必要がないのがメリットでもあります(マヌカハニーはニセモノも横行したり、単純にブランドが増えすぎて初めのハードルがあがりがちなので・・・)。


マヒカハニーは最近パッケージが一新されたせいで「2種類ある」と思われている方もいると思いますが、以下2つのマヒカハニーは同ブランドの商品です(株式会社ライヴスの"マヒカ"ブランドのものです)。


f:id:bollet:20190115194518j:plain



個人的には400g入りの商品が一番コスパがいいかなと思います。


グラム当たりの価格的には700g入りが一番お安いんですが、はじめて買うには少し容量が多すぎるので。700gはリピートさんにオススメ。


どうしても少しだけ試したいという方は100g。1000円とちょっとなのでマヌカハニーより気軽にはじめられるのが嬉しいですね。



価格の比較表も載せておくので参考にしてみてください(価格はショップごとに微妙に異なります)。

f:id:bollet:20190115195332j:plain

手軽にマヒカハニーの効能を得るには?

マヒカハニーのもつパワーを効果的に得たいのであればオススメしたいのが自然界がつくりだしたミラクルフードを掛け合わせて作られた「マヒカハニー+生ローヤルゼリー」です。


マヒカハニー+生ローヤルゼリー


前述したmagicaブランドのマヒカハニーを販売している(株)ライブスのマヒカハニー関連商品で、マヒカハニーに女王バチのために特別に作り出されるローヤルゼリーをブレンドして作られています。


体が重い、活力が出ない、元気が出ない・・・なんとなく力が出ない日々に活力を与えるこの商品はオフィスや通勤中に気軽に食べられるスティックタイプで、なんと中身はマヒカハニーとローヤルゼリーのみで構成されています。


ハチミツとして食生活に取り入れられるマヒカハニーはもちろんですが、美と健康のための新習慣として気軽に取り入れるならコチラの商品もオススメです。


詳しくは下記記事にてレビューしていますのであわせてご覧ください!



マヒカハニー+生ローヤルゼリーが潤いを生む!奇跡の食材がコラボ!www.oishikerya.com


話題のマヒカハニーの効能や販売店は?マヌカハニーとの違いにも注目|まとめ

マヒカハニーはマヌカハニーに続いてハチミツ界で注目を集める新世代ハニーです。


まだまだ知名度はそれほど高くありませんが、食味もよくて価格もマヌカハニーより安いため生活に気軽に取り入れられるのが最大の魅力でしょう。


マヌカハニーは少し高い、味が苦手、気軽に健康のためのハチミツを試してみたい・・・そんな方はぜひマヒカハニーを試してみてはいかがでしょうか?



合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com