おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

自宅でできる人気のLEDセルフホワイトニング!おすすめ製品3選を紹介

f:id:bollet:20190819042033j:plain


いま注目されているセルフホワイトニング


簡易な道具を用いて気軽に歯をキレイにできることから、男女を問わず歯の汚れを気にする人が多く挑戦しています。


いくつかのパターンがあるセルフホワイトニングですが、なかでも自宅で専用の機器を使って行うものが最も気軽に試せると人気です。


本記事では自宅で試せるセルフホワイトニング系アイテムのなかで最も効果が高いLEDライトを使った製品3つをチョイス。


f:id:bollet:20190818052620j:plain
3製品の比較表


じっさいに筆者が使用してきた経験も踏まえて、そのおおすめ度と効果について徹底解説していきます。


自宅で簡単にいまより少しでもいいから歯をキレイにしたい!という方はぜひチェックしてみてください。


さっそくおすすめの製品を知りたいという方は「自宅で行う人気のLEDセルフホワイトニングのおすすめ製品3選」まで飛ばしてください。

自宅でできる人気のLEDセルフホワイトニングとは?

セルフホワイトニングとはクリニックで有資格者が行うホワイトニングに対して、その名の通り"自分の手で行うホワイトニング"の総称です。



最近では自宅で気軽にできるホワイトニングアイテムもたくさん販売されていますが、なかでも最も効果が高いといわれているのがLEDライトと光触媒を使ったホワイトニングアイテムです。


このタイプの製品は専用のジェルとLED照射機器をセットで使用します。


f:id:bollet:20190817024130j:plainf:id:bollet:20190817025814j:plain
LED照射機能を備えた本体機器と専用のジェルをセットで使用する


この専用のジェルに酸化チタンや酸化タングステンといった光触媒が配合されており、歯にジェルを塗布した状態でLEDライトを照射すると頑固な歯の汚れが浮き上がって歯をキレイにできるという仕組みになっています。


このタイプの製品もいまではいろいろなメーカーから発売されているのですが、製品によってジェルの配合内容が異なったり、なかにはブラッシング(歯磨き)も一緒に済ませられるハイブリッドな製品も登場してきています。



通常LEDタイプのセルフホワイトニングは事前にブラッシングを行って歯の表面の汚れを軽く取り除いてから行います。


自宅でできる人気のLEDセルフホワイトニングの効果

LEDセルフホワイトニングの効果

LEDタイプのセルフホワイトニングの効果は製品ごとに微妙に異なりますが、共通しているのは光触媒とLEDの反応を利用して歯の落ちにくい汚れや色素沈着を除去し、その人の本来の歯の色に近づけることができるという点です。



人の歯はもともと真っ白ではなく、少し黄色がかっています。


もとの歯の白さは個人差もあるので、このLEDセルフホワイトニングで歯を真っ白にすることはできません。


あくまでも"汚れを落としてもとの色に近づける"ためのホワイトニングです。


製品ごとの細かい特徴や効果は、このあと個別に紹介していきます。

LEDセルフホワイトニングのメリット

f:id:bollet:20181123051722p:plain
f:id:bollet:20181123051727p:plain

クリニックでの本格的なホワイトニングは劇的な効果が出やすいというメリットがあります。


しかし一回の施術にかかる時間、通院にかかる手間、そしてなにより料金を考えると軽々しく試せるものではありません


いっぽうのLEDを使ったセルフホワイトニングは初期投資に機器とジェルのセットで1~2万円ほどかかるものの、一度購入さえしてしまえば後はご自宅で好きなときに行うことができます


f:id:bollet:20181110190927p:plain


1回にかかる時間も10~15分程度です。


通院時間、料金、効果を総合的に考えるとLEDセルフホワイトニングはとにかく手軽という点に魅力があります。



クリニックの施術のなかにはホワイトニング後の食事制限がかかる場合もありますが、セルフホワイトニングでは食事制限がないのも魅力です


その反面で継続的に使わないと効果を実感しづらい、クリニックほどの劇的な変化は出づらいというデメリットもあります。


とにかく気軽にホワイトニングをしてみたい、気になる汚れを少しでも改善したい、いまの歯をキープしたい、ほんの少しでもいいから歯を白くしたいといった目的に使用したいですね。

自宅でできる人気のLEDセルフホワイトニングアイテムの選び方

まず自宅で行うセルフホイトニングは基本的にLED照射機とLEDに反応した光触媒の配合されたジェルがワンセットになっています。


似たような製品はたくさんあって正直効果自体はそこまで大きく違いはありません


そのため各メーカーが工夫してくるのは使い勝手や継続のしやすさ、そして価格です。



例えば歯磨きをしながらLEDを当てられるようになっている製品やLEDの照射時間をタイマーで教えてくれる製品などがあります。


最終的には好みの問題になってくると思います。


効果には大きな違いはないという前提のもと、自分が使いやすいと思える製品をチョイスしてみるとよいでしょう。

自宅で行う人気のLEDセルフホワイトニングのおすすめ製品3選

ここからは筆者もじっさいに愛用している3つのセルフホワイトニングアイテムについて紹介していきます。


まずは以下の比較表でざっと3製品のスペックを比べてみましょう。


f:id:bollet:20190818052620j:plain
3製品の比較表


それぞれの製品は価格・性能面においてそれぞれ異なっており、一概にどれがいいか断定することは難しいです。


各製品の特徴と価格を考慮し、どの程度継続して使用するつもりなのか、どのような効果を期待したいのかを考えて気になる製品をチョイスするとよいでしょう。

LEDセルフホワイトニングのおすすめアイテム1「シローズ」

まずオススメしたいのがシローズ。

f:id:bollet:20190817025328j:plainf:id:bollet:20190817025814j:plain
シローズ本体(左)と専用の歯磨き粉(右)


シローズはLED照射機能と電動歯ブラシの機能を備えたハイブリッドなセルフホワイトニングアイテムで、これ一本で歯磨きからホワイトニングが完結してしまうスグレモノ。


専用のシローズ泡ハミガキにはナノ化された酸化チタンが含まれており、LEDと反応してより効果的に歯をキレイにすることが可能。


f:id:bollet:20190817024503j:plain
特殊な歯ブラシと電動ブラッシングの振動がクセになります。


さらに人間工学に基づいて設計された歯の形をした電動ハブラシでブラッシングまでできてしまうというトゥースケアの革命児なのです。



専用のシローズ泡ハミガキ以外にも液体、泡タイプの歯磨き粉であれば代用可能。ただしホワイトニング効果を得るには酸化チタンなどのホワイトニング用光触媒が含まれている必要がある。


四つのモードが搭載されており、ホワイトニングも一定の時間が経つと自動終了する設計のため、ズボラな人でも気軽にチャレンジできます。


f:id:bollet:20190817023807j:plain
ボタンを押してモードを切り替えられる


時間のない方も家事、筋トレ、スマホいじり、子供のお世話をしながらホワイトニングできるため、多くの人から評価を集めるセルフホワイトニングアイテムです。


高性能な本体のため本体代込みとなる初回価格は高いものの、ジェルが意外に安いため継続利用する場合は最も元を取りやすいアイテムではないでしょうか?


\ 19,800円→13,800円!ハイブリッドなセルフホワイトニングを体感する!  /

Shiro`sを早速公式ショップでCHECKする



LEDセルフホワイトニングのおすすめアイテム2「ゼロクリスタル」

電動歯ブラシ+ホワイトニングジェルという点ではシローズと変わらないゼロクリスタル。


f:id:bollet:20190530041816j:plain
ゼロクリスタル専用歯ブラシとオマケ(舌ブラシ、ミラー)のセット


その特徴はホワイトニングに特化した専用ジェルと価格にあります。


ゼロクリスタルの専用ジェルは酸化チタン以外にも酸化タングステンと呼ばれる光触媒を配合。


f:id:bollet:20190530041604j:plain
ゼロクリスタル。歯磨き粉タイプのホワイトニング剤。



酸化タングステン


それ自体が歯磨き粉の役割を果たし、除菌・消臭効果を期待できます。セラミック義歯やインプラント表面にも利用可能ないま注目の成分


さらにホスホリルオリゴ糖Ca、ヒドロキシアパタイトで歯の栄養や修復までも行える、まさに歯の健康を保つためのジェルになっています。


f:id:bollet:20190530041914j:plain
歯磨き用のブラシ(右)と歯茎用のブラシ(左)


さらに注目したいのは初回価格。


元の価格はシローズとほぼ同様の19,780円ですが、定期コースを利用すれば4ヶ月継続の縛りはあるものの初回価格が1980円という魅力的な価格。


高性能なジェルを使用しているためジェル代が三つの製品の中で最も高く、長期的に使う場合はまた事情が変わってきますが、シローズと比べても4ヶ月での利用であればゼロクリスタルのほうが価格上でもお得な計算になりますね。



\定期コース利用で初回19,780円→1,980円!/

「ゼロクリスタル」を公式ホームページから申し込む


LEDセルフホワイトニングのおすすめアイテム3「ビースマイルホワイトニング」

今回紹介するアイテムのなかでは最もシンプルな性能のビースマイル。


f:id:bollet:20181108180516j:plain


シローズ、ゼロクリスタルがブラッシング(歯磨き)の役割も兼ね備えていたのに対し、ビースマイルホワイトニングキットはホワイトニングだけに特化した製品です。


そのため使用前に別途いつも通りの歯磨きをしておくことが大前提。



専用のジェルは酸化チタン、メタリン酸ナトリウム、ハイドロキシアパタイトを配合しており、歯をキレイにして修復して維持するということろまでをセットに考えられています。



メタリン酸ナトリウム


ステインと歯のエナメル質の間にもぐりこんで汚れを浮かび上がらせたり、歯石の除去にも効果的とされる成分。



ハイドロキシアパタイト


骨を構成する成分のひとつで、歯の微細なカケや傷を埋め合わせて修復することで汚れがたまるのを防いでくれる。


シンプルな分だけ初期コスト(本体代)が安く、気軽に始めるのには最も適したセルフホワイトニングアイテムだといえるでしょう。


利用者・愛用者も多く、自宅でできるセルフホワイトニングアイテムの代表格ともいえる存在で、安心感もありますね。


\期間限定でホワイトニングジェル(3,000円相当)が追加で1本!実質一か月分が無料に!/

ビースマイルホワイトニングキットを最安値で購入するならコチラ



自宅で行うLEDセルフホワイトニングのおすすめ製品3選のまとめ

本記事ではいま注目されている自宅でできるセルフホワイトニングのなかで最も効果の高いLEDを利用したホワイトニングアイテムのおすすめを紹介してきました。



どの製品も人気が高くそれぞれに特徴のあるもので、どれが自分にあうのかはどれくらい継続してどれくらいのコストがかかるのか、どのような性能を求めているのかを比べた上で考えるとよいでしょう。



セルフホワイトニングは継続していかないと意味がないものなので、筆者的には長い目でみてコストが安くてハイスペックなシローズがおすすめです。


いっぽうで短期間だけ試したいならゼロクリスタル、とにかくコストをおさえて試してみたいならビースマイルと効果特徴以外の点でもポイントはたくさんありますので、ぜひご自分にあったものをチョイスしてみてください。




自分にあった口臭サプリを探したい方必見!



おすすめチーズ紹介


食べたり飲んだりするのが大好きな筆者ですが、仕事柄人と面と向かって話す機会も多いので前日の飲食を引っ張るワケにはいきません。


そのため長年にわたっていろいろな口臭対策サプリを試してきました。


筆者がじっさいに使い続けているおすすめの口臭サプリをぜひ試して口臭の悩みを解決してみませんか?


本当に効く口臭対策サプリの選び方を見る