おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群でお腹が弱い筆者が効果を実感したサプリメントランキング

f:id:bollet:20200421235824j:plain


日本人のじつに10人に1人は過敏性腸症候群だといわれています。


そうでなくてもこのストレス社会においておなかを壊しやすいという実感がある方は決して少なくないのではないでしょうか?


筆者もなにか悪い病気なのか・・・そう思って胃カメラや大腸カメラを試したこともありましたが結果は異状なし。


それなのに繰り返されるおなかの不調、生活習慣の改善をしても不調は治らずお手上げ状態でした。


これはもうサプリメントにでもすがるしかあるまいと片っ端から試していったところ、いくつか自分的に効果を実感できるものがあったのです。


そこで本記事では筆者がじっさいに試したなかで効果を実感できたお腹の不調に効くとされているサプリメントをご紹介していきます。



本記事では前半におなかが弱い人がどんなサプリを飲むべきなのかについても解説しています。


さっそくおすすめサプリメントのランキングを読みたい方は「過敏性腸症候群でお腹が弱い筆者が効果を実感したサプリメントランキング」へ飛んでください。

お腹が弱い人が飲む価値があるサプリメント

特別な疾病はないのに慢性的にお腹が弱い人、過敏性腸症候群の人にもいろいろなパターンがあると思いますが、基本的にはこれらの症状を改善させるために必要なのは腸内環境を整えることです。


腸内環境を整えるというのは生活リズムや食生活を正しストレスを軽減して腸への負担を減らすことを大前提とし、さらに意図的に乳酸菌などの善玉菌を摂取することで腸内を元気にしていくことが必要になります。


つまり必要なのは乳酸菌サプリや整腸サプリなどと呼ばれているサプリメントやヨーグルトのような乳酸菌食品です。


こうした食品を積極的にとりいれることをプロバイオティクスと呼んでいます。



プロバイオティクス


乳酸菌のような腸内環境に有利になる善玉菌を積極的にとりいれること。


このあたりまではなんとなくご存知の方も多いと思いますが、これに加えて最近ではプレバイオティクスの重要性がささやかれてきました。



プレバイオティクス


腸内細菌を活性化させるための栄養素を積極的にとりいれること。


具体的にはオリゴ糖や食物繊維を意識してとることを意味しており、これらの栄養素は腸内で善玉菌のエサとなり腸内環境を改善させるためのキーアイテムになってくれるという考え方です。


つまりお腹の不調を軽減するためには①乳酸菌などの善玉菌(を含んだ食品・サプリ)を意識的にとる②その善玉菌の栄養源となる食物繊維やオリゴ糖を意識的にとるという2段階が必要なんですね。


最近では発売されている多くの善玉菌サプリがこの点に注目して善玉菌+善玉菌のエサを配合したプロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に行える仕様になっている傾向にあります。



参考(学術論文です)

「プレバイオティクスと腸内フローラ」 東京大学名誉教授 光岡 知足
「プロバイオティクスの歴史と進化」 東京大学名誉教授 光岡 知足

過敏性腸症候群でお腹が弱い人のサプリメントの選び方

善玉菌の配合量

善玉菌の配合量はサプリによっては具体的に明記されていない場合もあります。


とはいえ配合量が多いほうが効果が出る可能性が高いのでひとつの目安としてチェックするようにしましょう。

善玉菌の種類

善玉菌には「属・種・株」の違いや動物性・植物性など無数の種類が存在しますが、それぞれに微妙に効能が異なります。さらに人によってあうものあわないものがあるといわれています。



AさんがXという乳酸菌サプリを試して効果を実感できても、BさんがXで効果を実感できるかはわかりません。


自分にあう善玉菌がなんとなくわかっている人はその善玉菌が入った商品を使えばいいのですが、はじめのうちは多数の善玉菌を配合しているサプリのほうが効果を実感しやすいというのが筆者の経験談です。

価格

価格はとても重要です。


なぜならこの手のサプリは効果が出るまで時間がかかるので継続的に飲む必要があるからです。



だから多くの善玉菌サプリは定期コースでキャンペーンを打ち出して初回を激安、2回目以降を割引にしてでも最低3か月程度は継続して使ってもらうようにしているのです。


生活習慣や食生活が原因で生じた腸の不調ならともかく、体質的に腸の調子が悪くなりやすい人の場合は途中でサプリをやめると症状が復活する可能性もあります。


継続的に使っていける価格帯のものをチョイスしましょう。

過敏性腸症候群でお腹が弱い人のサプリメントのデメリット

お腹が弱い人のためのサプリメントが主にたくさんの乳酸菌を配合しそのエサも一緒に混ぜて作られているものだということがわかりました。


しかしここでもう1点おさえておくべきポイントがあります。


それは低FODMAPという考え方です。



低FODMAP


FODMAPと呼ばれる成分(ラクトース、フルクトース、フルクタン、ポリオール、ガラクタンなどが代表的ですべてが食物繊維・オリゴ糖・糖質に分類される)を極力取らないような食事療法。


これらの成分は過敏性腸症候群の患者の症状を悪化させる可能性があると考えられている。


そうなんです、さきほど推奨したはずのオリゴ糖や食物繊維の一部が過敏性腸症候群を悪化させる要因にもなるという皮肉になっているんです。



つまりプロバイオティクスはともかくとして、プレバイオティクスは人によってやり過ぎるとおなかの不調を悪化させるデメリットがあることになります。


低FODMAPを取り入れることで過敏性腸症候群が改善されることがあるというデータは集まってきているようですが、FOAMAPに対する考え方はまだまだ確立されたとはいいがたいです。


じっさいに筆者は意識している時もそうでない時もおなかの調子に特別な変化を感じたことありませんでした。



この辺の詳しい話は日本のFODMAPの第一人者でもある宇野良治氏の「宇野マップ」が参考になります。


そしてやっかいなことに乳酸菌サプリのなかにはプレバイオティクスを意識してFODMAPにあたる成分(具体的には食物繊維(イヌリン)、オリゴ糖)が配合されているものが少なくありません。


もしも低FODMAPの食事療法を本格的に実践している場合は一部おすすめできないサプリがあることも念頭に置いておきましょう。



とはいえ乳酸菌サプリの重要性は変わりません


そもそも低FODMAPの食生活において積極的に善玉菌を取り入れようとするならサプリメントを使うのが一番いいからです。


なぜなら善玉菌を効果的に摂取できるプロバイオティクス食品はサプリメントを除けばヨーグルトですが、ヨーグルトは高FODMAP食品だからです。


つまり低FODMAPを実践している人でもなるべくFODMAP成分を使っていない乳酸菌サプリを使用するのがプロバイオティクス的には一番いいということになります。


この手の考え方はあまり深く考えすぎると大変(じっさい本格的にやりはじめようとするとコストもかかりますし食事制限もかなりキツいです)なので、まずは気軽にいろいろと試して自分に合ったもの探していくのがいいかもしれませんね。

過敏性腸症候群でお腹が弱い筆者が効果を実感したサプリメントランキング

f:id:bollet:20200421232329j:plain
 

第1位 ピュアフローラ

ピュアフローラパッケージ


ピュアフローラは吸収性の高いナノ型乳酸菌(5兆個)と脂肪の蓄積抑制効果があるビフィズス菌B3(10億個)を配合。


f:id:bollet:20181212141527j:plain
Copyright (C) 2018 pureflora. All Rights Reserved.


他にも近年注目度の高い乳酸菌であるラブレ菌や代謝の促進・悪玉菌の抑制・腸内のバリア機能が期待できる短鎖脂肪酸を生成する酪酸菌を配合するなどして多方面において腸内で善玉菌が活躍しやすいように作られています。


加えて、これらの善玉菌たちの活動の糧となるオリゴ糖も配合しているので効果を実感しやすいようになっています。


ピュアフローラ中身


カプセルタイプなので飲みやすく、継続的に続けやすい。


さらに2018年のPAVONE Premium Quality Awardにて銀賞を受賞、各種メディアなどで取り上げられてからは実際に使用する人も増えていますが、利用者の口コミ評価が良好なのも特徴です。


あとは公式ページ経由で定期購入をすると初回が10円という信じがたい価格になっていて、その後も定価の56%OFFで継続購入が可能、送料や決済手数料はすべてメーカーが持ってくれるというサービスの手厚さです。



定期コースは3か月の継続が条件ですがもともとある程度は継続しないと効果を実感できないと思うので、効果を実感するまで続けることを考えれば気にならない条件です。


オリゴ糖を配合しているので低FODMAPを実践している人にはオススメできませんが、個人的には一番効果を実感したサプリメントでした。


\ なんとただいま初回10円でお試しキャンペーン開催中! /

ピュアフローラを公式サイトでCHECK


第2位 スルーラ

スルーラ
善玉育菌サプリ スルーラのパッケージ

「善玉育菌サプリ スルーラ」は生きた善玉菌そのものではなく善玉菌によって作られた代謝物(乳酸菌生産物質)をたくさん配合したサプリです。


「善玉菌は人によって合う合わないがあって、むやみに乳酸菌を摂っているだけでは効果が薄い」という前提がありましたが、このデメリットを解消するためにプレバイオティクスに特化したのがスルーラの特徴。


大豆を培地にした20種近い菌種から生成した乳酸菌の代謝物を豊富に配合することでプレバイオティクスを目指します。


f:id:bollet:20190215044555j:plain


そもそも善玉菌が腸内環境を良くしてくれるのは善玉菌そのもののおかげではなくその代謝物が腸内にプラスに働くからです。



プロバイオティクスやプレバイオティクスで腸内に善玉菌を送り込んで栄養を与えて活性化させようとするのも代謝物をたくさん生成させるためです。


つまりスルーラこの代謝物を直接取り込めばいいという発想になっているわけなんですね。


代謝物はそれ自体が善玉菌を活性させるためのエネルギーにもなるので、このプラスの循環で腸内環境がどんどんよくなるというわけです。


中身は粉末でベリー味で飲みやすいように仕上げられており、水や牛乳で溶かして飲みます。


かなり細かい粉末になっている

溶かして飲む


「フルーツ酵素」「ビタミンB群」「アミノ酸」「ダイジェザム」といつた美容サポート成分も多いためダイエットや美容を意識している女性に特に人気が高いサプリです。


毎月限定500名の定期コースを利用すれば初回は980円で定期コースにありがちな回数縛りがないのも魅力。



ただし効果を得るには最低でも2か月程度の継続をお勧めします。


他の乳酸菌サプリにはあまりない乳酸菌生産物質をメインに配合した趣向が魅力で、また菌種に依存しないことですべての人に効果を実感しやすいようになっているのでぜひ選択肢にいれほしいサプリになっていますね。


\ 毎月限定500名限定!今すぐチェック! /

初回980円でスルーラを試してみる


第3位 乳酸菌革命

f:id:bollet:20190406044439j:plain
乳酸菌革命


このサプリは16種もの基本的な善玉菌種を一袋に3兆個も配合しています。


f:id:bollet:20190404061644j:plain
Copyright © Sunmillion All Rights.



とにかく配合されている菌種数が多いのが特徴です。


サプリに含まれる善玉菌が腸に届く前に胃酸で死滅してしまうリスクを考慮し、有胞子乳酸菌と呼ばれる酸に強い性質の菌をチョイス、さらに乳酸菌を包み込むカプセルに耐酸性を持たせることでより確実に生きたまま腸内へ届けられる仕様に。


加えて乳酸菌生産物質も配合することでバランスよく腸内環境を整えていくことができるバランス型のサプリメントですね。


難点は定期コースを利用しても初回の価格が2000円と他のサプリと比べるとあまりお得感がない点でしょう。



乳酸菌革命は乳酸菌サプリのなかでは王道の商品で知名度も高いです。


売れ筋商品でもあるので無理して値下げする必要がないというのが理由だと思います。


実際に昔はもう少し安い価格帯でキャンペーンを打ち出していました。


いつでも解約することはできるのですが初回の価格はできれば安いほうが良いと思うので3位にランクインしました。


f:id:bollet:20190406044846j:plain


中身はカプセルタイプとなっており、一日に2~4粒を摂取します。適度なサイズで比較的飲みやすいのは嬉しいですね。


商品としての安定感はバツグンなのでピュアフローラやスルーラに効果を実感できなかったら使うというのもアリでしょう。


\毎月お届けの定期コースで4000円→2000円!! /

1粒に500億個の乳酸菌!驚きの乳酸菌16種類で毎朝スッキリ!


第4位 ナウフーズ アシドフィルス&ビフィズス菌

f:id:bollet:20200421230114j:plain
ナウフーズ アシドフィルス&ビフィズス菌


日本のサプリメントは付加価値をつけているものが多いです。


例えば善玉菌サプリならシンプルに乳酸菌やビフィズス菌だけを配合せず、プレバイオティクスが同時にできるようにしてみたり、続けやすいように味付けをしてみたり。


さらには腸内環境を整えたい人の中には美容やダイエットに敏感な方も多いことを考慮して美容成分をプラスしたり・・・。


細かいところまで気を利かせて作る日本の善玉菌サプリメンは素晴らしいと思いますが、反面で単純に善玉菌だけを摂取したいという人には向きません。



特に低FODMAPな食事を目指している方にはオリゴ糖やデキストリンなどがないほうが嬉しいですからね。


FODMAPと善玉菌サプリの関係


そこでおすすめしたいのが海外のサプリメントです。


Now Foodsのアシドフィルス&ビフィズス菌のサプリメントはたった1粒でアシドフィルス菌と2種類のビフィズス菌の計3種のブレンド善玉菌を80億個摂取できる製品です。


ただ海外向けなのでカプセルが少し大きく飲みづらいのは難点です。


菌種は少ないですが摂取できる量は多く、余計な成分が入っていないので純粋にプロバイオティクスを求めている方には適しています。


過敏性腸症候群でお腹が弱い筆者が効果を実感したサプリメントランキングのまとめ

過敏性腸症候群やお腹が弱くて悩んでいる人は日ごろから生活習慣に気を付けながら善玉菌系サプリを飲んでさらに腸を強化していきましょう。



善玉菌サプリをチョイスするポイント

  • 自分に合ったサプリを根気よく探す
  • 善玉菌の栄養も意識してとる
  • なかなか効果が出ない時はFODMAPも意識する


自分なりの攻略法を見つけてじょうずにおなかの弱さと付き合っていきたいですね。