おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

二日酔い予防の方法はあるのか?飲み会前から寝る前まで徹底的に考察する

f:id:bollet:20200421010033j:plain


お酒が好きな人、お酒を飲む機会が多い人、お酒が弱い人にとって常に問題となるのが二日酔い。


どうにかこの二日酔いを軽減することはできなものか・・・筆者も二日酔いの常連なので常にいろいろな方法を考え実践してきました。


本記事では世間で言われている二日酔いの予防法を試しつくした筆者が考察してたどり着いた二日酔いの予防法にプラスになりそうなことを理由を交えて紹介していきます。


二日酔いに悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。

二日酔い予防法は存在するのか?

お酒を飲むと二日酔いになる・・・それは当たり前です。


肝臓の機能はひとによって差がありますが、特に日本人はお酒に弱い傾向にあるため二日酔いも必然的に起こりやすくなります。



一般的にアセトアルデヒドの分解がスムーズにいかないことが二日酔いの原因として考えられています。


厚生労働省が提供している「二日酔いのメカニズム」によればその原因は非常に複雑なもので、まだまだ解明されてない部分も多いとされています。


確二日酔いになるかならないかは純粋な摂取アルコール量以外にも飲んだシチュエーションや飲むお酒の種類にも影響されるというのはた経験で理解している人も多いのではないでしょうか。



ワインはいいけど焼酎を飲むと悪酔いする、ウイスキーはいいけどビールはダメという人は意外にも多いですよね。


二日酔いにならないためには自分のお酒に対する強さを単純な量だけでなく、さまざまな角度から考えて理解しておくことが大切です。


二日酔い予防は飲む前の自己分析が大切

自分の二日酔いを自己分析する

f:id:bollet:20191018051636j:plain
 


二日酔い予防はまず自己分析から入りましょう。


どのようなシチュエーションで二日酔いになってしまうのかを事前に把握し、そのシチュエーションを避けるようにします。


どうしても避けられない場合は二日酔い予防を徹底して行ったり、飲む前や飲んだ後のスケジュールを調整するようにしましょう。


  • 少人数と大人数どちらが酔いやすいか
  • 飲むとすぐに酔うお酒の種類はあるか
  • 食べ物で酔い方に違いはあるか
  • お酒を飲むときに適度な水分補給を行えているか
  • 糖分を極端に制限していないか
  • お酒と一緒にたばこを喫うか?それによる違いはあるか?


このように酔い方に影響がでそうな項目を自分自身で確認してみましょう。

どんな状況で二日酔いになっている・・・?

たとえば筆者はひとり飲みや大人数はいいのですが4人くらいの少人数が一番酔いやすいという実感があります


これはたぶん少人数で飲みに行くと周りの人のペースにあわせて自分の適切なスピードより早く飲んでしまうからではないかと自己分析しています。


またもともと胃腸が弱いので事前に胃腸に刺激のある食べ物をいりたり、食べ過ぎて胃もたれを起こしているとすぐに酔いを感じる傾向にあります



アルコール由来の酔いというよりは体調不良が重なって少量のお酒で具合が悪くなってしまうイメージでしょうか。


お酒の種類ではウイスキーや焼酎のような蒸留酒よりワインや日本酒のような醸造酒が苦手で、ビールのような発砲系は特に酔いやすいというのが経験上わかっています。

自分に合った飲み方を意識する

このように自分が苦手なシチュエーションを把握しておけば、飲む量をコントロールしたり、事前に体調を整える算段が立てられます



よくお酒を飲む前にたくさん食べてた方がいいと言われますが、筆者は逆効果だと分かっているので飲酒前は軽く食べ物をいれて、飲酒後にある程度しっかり食べることも多いですね。


自分に合った飲み方を覚えることが二日酔いにならないための一番の近道です

飲み会中にできる二日酔い予防

自己分析で自分が二日酔いする傾向がつかめてきたら二日酔いを予防するための具体的な方法も覚えておきましょう。


特に二日酔いになりそうな予感のある飲み会では普段以上に意識してこれらの方法を実践していくことが大切です。

水分補給は二日酔いにならないために重要

f:id:bollet:20191018051738j:plain
 


アルコールの代謝には水分補給が欠かせません


アルコールが体内に入ると利尿作用が働き水分が体外へ排出されやすくなります。


さらにアルコールの分解には水分が必要です。つまり飲酒時は身体から水分が消費されやすく、場合によっては軽度の脱水症状を引き起こすことがあります。


飲酒時の水分不足はアルコールの分解を滞らせる、脱水症状によって二日酔いをひどく感じさせる可能性がある点で非常によくない状態です。


飲む前から飲酒中はもちろんですが、飲んだ後から寝るまでにも意識的に水分を補給して体内の水分バランスを整えることが大切です。


また脱水症状になるということを考えれば補給すべきは水分だけに留まりません。


夏場の炎天下で水分と同時に補給することが望ましい各種ミネラルも一緒にとるとより効果的でしょう。

低血糖と二日酔い

アルコールを摂取すると糖代謝に関係するインスリンやグルカゴンの分泌量にも変化が起きることが分かってきています(アルコール低血糖)。


糖代謝に変化が起きることで、身体が一時的に低血糖の状態に陥ることが考えられますが、この低血糖状態が二日酔いの症状としてあらわれてくる可能性もあるというわけです。



低血糖では手足の震え、顔色が蒼白になる、頭痛、生あくび、脈が速くなるなどの症状があらわれます。


これって二日酔いの症状とよく似ていますよね?


低血糖が二日酔いの一因なっている場合は、三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)をバランスよく摂取するのがよいといわれています。


いずれにせよ空腹時の飲酒は低血糖のリスクを高めるので、しっかりとバランスのいい食事をとめことが予防にも重要です。


飲み会後、寝る前の二日酔い予防

f:id:bollet:20200421010210j:plain
 

二日酔いを予防するには飲み会後、寝る前にもポイントがあります


寝る前にも飲み会中と同様に水分の摂取は意識するべきですが、それと同時にちょっとしたポイントもおさえておきましょう。

酔いがまわっている状態で眠らない

キツイ酔い方をしたときは一刻も早く眠りについてしまいたいと考えてしまうものですが、ちょっとだけ我慢してみましょう。


睡眠中は内臓も活動が鈍くなるのでアルコールの代謝・分解は遅くなります



つまり同じ時間が経過しても眠っているときと起きているときとでは酔いの残り具合が違うというワケ。


二日酔いするほど飲んだ時ほどあと1~2時間頑張って起きていると次の日の二日酔い具合が違ってくるかもしれません。

寝方に注意

寝る体制にも意識を置きましょう。


一番NGなのはうつ伏せで眠ることで、身体に負担がかかって逆流性食道炎のリスクや最悪嘔吐して呼吸ができなくなる危険があります。


胃への負担も考えると理想は仰向けで、肩より上を45度くらいに持ち上げるイメージで寝ると一番いいと思います。



筆者はあまりしませんが横向きに寝るときは左向きがいいといわれていますね。

飲み過ぎた時にNGな対処法

飲み過ぎたと思ってついついやってしまいがちな以下のような行為は逆効果になりかねないので避けた方が無難です。

お風呂

血流がよくなってアルコールがいっきにまわるので危険です。


また酩酊した状態だと滑って頭をうったり、湯船に入ったまま寝てしまって溺れてしまう可能性もあります。


しっかりとお酒を飲むとわかっている日はお風呂は事前に入る、または朝早く起きて入るようにしたほうがいいでしょう。

迎え酒

昔から二日酔いには迎え酒と言われていますが、これは二日酔い予防には全く意味がありません。むしろ逆効果です。


二日酔いの気持ちの悪い状態で改めてアルコールを入れて酔うことで感覚が鈍くなって回復したような感じがしますが、身体には蓄積されているのでやめたほうがいいでしょうね。

二日酔い予防には日ごろのサプリメントもおすすめ

二日酔いにならないためにはお酒を飲まないというのが究極の予防法なのですが、それができないから皆さん二日酔い対策に勤しんでいるわけですよね。


とはいえ、ここまで紹介してきたことに気を付けていても正直二日酔い予防としては心もとないこともあります。


特に忘年会・歓迎会シーズンのような節目、職業柄激しい飲み方が多い業界の方、お酒が好きで飲む機会が多い方はこうした積極的な予防行動と一緒にサプリメントなどで肝臓を強化しておくことが望ましいでしょう。



肝臓の疲弊は身体的な疲労にもつながり日々のパフォーマンスを低下させますし外見的にも年老いて見えてしまいます。


そうしたことまで考えれば月々数千円で肝臓のケアを続けていけるのはむしろコスパの良い行動だと思えますね。


二日酔い予防系のサプリメントは商品も豊富で選びがいがあります。


コスト的にはうまく定期コースなどを使えば一か月で3000円~5000円程度のものが多く美容系サプリなどよりは割安で試しやすい傾向にあります。


導入にあたって選び方や飲み方にちょっとしたポイントがあるので、当サイトでも「二日酔いにならないためのおすすめサプリメント5選を徹底比較」という記事を執筆しています。ぜひ参考にしてみてください。


www.oishikerya.com

二日酔い予防の方法はあるのか?飲み会前から寝る前まで徹底的に考察するのまとめ

本記事では二日酔い予防の方法を筆者の経験も踏まえて徹底的に考察してきました。


二日酔いはまだそのメカニズム自体が完璧に解明されていないので、自分なりにあった対策法を見つけていくしかありません。


まず第一に自分の適量飲酒を心がけるというのが大切ですが、どうしても二日酔いになってしまう時のために日頃から二日酔い予防法を準備しておきましょう。


自分に合った二日酔い対策を探したい方へ



おすすめ二日酔い対策サプリ


お酒好きの筆者はいままでさまざまな二日酔い対策を試してきました。


二日酔い対策はひとによって効果があらわれるもの、あらわれないものがあるので自分の身体と向き合いながら自分にあったものを見つけ出す必要があります。


そこで一度は試してみてほしい二日酔い対策サプリをまとめました。


一度は試したい二日酔い対策サプリを見る