おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

二日酔いの最強対策を徹底検証!二日酔いにならないための予防サプリおすすめ4つも併せて紹介

f:id:bollet:20180921165246j:plain


お酒を飲み過ぎるとおこる二日酔い…お酒好きな方もそうでない方も、強烈な二日酔いに「もう二度とお酒飲みたくない」と思ったことのある人も少なくないのでは?


二日酔いの予防や解消には昔からさまざまな事が囁かれてきました。


今回は二日酔いになりやすい筆者が近年の研究データなどをもとにさまざまな対策を実践し、効果的だと感じた方法についてまとめていきたいと思います。


また市販モノから通販モノまでいろいろと探すこと数年・・・ようやく見つけた特に効果を感じた二日酔い予防サプリのおすすめもあわせて紹介、その特徴を徹底解説していきます。


f:id:bollet:20190712034841j:plain



たった4つしかないのは厳選を重ね、特に効果を実感できるものがこの4つ以外になかったからです。


同じくつらい二日酔いに悩まされている方は二日酔いの魔の手から解放され、より楽しくお酒を楽しめるようにサプリの導入を検討しましょう!


いち早く二日酔い予防サプリのおすすめを知りたいという方はさっそく二日酔いにならない予防サプリおすすめ4選をご覧ください。

お酒を飲むなら二日酔い予防・対策が大切

お酒を飲むと二日酔いになる・・・それは当たり前です。


肝臓の機能はひとによって差がありますが、特に日本人はお酒に弱い傾向にあるため二日酔いも必然的に起こりやすくなります。


そこで大切なのは予防です。


二日酔いになってしまってからは私たちに出来ることはほとんどありません。それよりもいかに二日酔いにならないように意識して予防するかが大切なのです。

二日酔いの原理は分かっていない部分も多い

一般的にアセトアルデヒドの分解がスムーズにいかないことが二日酔いの原因として考えられていますが、厚生労働省が提供している「二日酔いのメカニズム」によれば、じつはその原因は非常に複雑なもので、まだまだ解明されてない部分も多いとされています。


確かに二日酔いになるかならないかは純粋な摂取アルコール量以外にも、飲んだシチュエーションや飲むお酒の種類にも影響されます。



ワインはいいけど焼酎を飲むと悪酔いする、ウイスキーはいいけどビールはダメという人は意外にも多いですよね。


そのため二日酔いを予防するには自分のお酒に対する耐性をさまざまな角度から検証しておくことも大切です。


二日酔い予防・対策として酔い方を自己分析をしよう

自分の二日酔いを自己分析する

f:id:bollet:20191018051636j:plain
 


二日酔い予防はまず自己分析から入りましょう。


どのようなシチュエーションで二日酔いになってしまうのかを事前に把握し、そのシチュエーションを避けるようにします。


どうしても避けられない場合は二日酔い予防を徹底して行ったり、飲む前や飲んだ後のスケジュールを調整するようにしましょう。


  • 少人数と大人数どちらが酔いやすいか
  • 飲むとすぐに酔うお酒の種類はあるか
  • 食べ物で酔い方に違いはあるか
  • お酒を飲むときに適度な水分補給を行えているか
  • 糖分を極端に制限していないか
  • お酒と一緒にたばこを喫うか?それによる違いはあるか?


このように酔い方に影響がでそうな項目を自分自身で確認してみましょう。

どんな状況で二日酔いになっている・・・?

たとえば筆者はひとり飲みや大人数はいいのですが4人くらいの少人数が一番酔いやすいという実感があります


これはたぶん少人数で飲みに行くと周りの人のペースにあわせて自分の適切なスピードより早く飲んでしまうからでしょう。


またもともと胃腸が弱いので事前に胃腸に刺激のある食べ物をいりたり、食べ過ぎて胃もたれを起こしているとすぐに酔いを感じる傾向にあります


お酒の種類ではウイスキーや焼酎のような蒸留酒よりワインや日本酒のような醸造酒が苦手で、ビールのような発砲系は特に酔いやすい印象です。

原因を改善して二日酔いを予防・対策

このように自分が苦手なシチュエーションを把握しておけば、飲む量をコントロールしたり、事前に体調を整える算段が立てられます



よくお酒を飲む前にたくさん食べてた方がいいと言われますが、筆者は逆効果だと分かっているので飲酒前は軽く食べ物をいれて、飲酒後にある程度しっかり食べることも多いですね。


自分に合った飲み方を覚えることが二日酔いの予防になります


この飲み方というのは単純な量だけでなく、お酒を飲むシチュエーション自体を細かく分析していくことでもあるのです。

二日酔いを予防・対策する具体的な方法

自己分析で自分が二日酔いする傾向がつかめてきたら二日酔いを予防するための具体的な方法も覚えておきましょう。


特に二日酔いになりそうな予感のある飲み会では普段以上に意識してこれらの方法を実践していくことが大切です。

水分補給は二日酔い予防のマスト

f:id:bollet:20191018051738j:plain
 


アルコールの代謝には水分補給が欠かせません


アルコールが体内に入ると利尿作用が働き水分が体外へ排出されやすくなります。


さらにアルコールの分解には水分が必要です。つまり飲酒時は身体から水分が消費されやすく、場合によっては軽度の脱水症状を引き起こすことがあります。


飲酒時の水分不足はアルコールの分解を滞らせる、脱水症状によって二日酔いをひどく感じさせる可能性がある点で非常によくない状態です。


飲む前から飲酒中はもちろんですが、飲んだ後から寝るまでにも意識的に水分を補給して体内の水分バランスを整えることが大切です。


また脱水症状になるということを考えれば補給すべきは水分だけに留まりません。


夏場の炎天下で水分と同時に補給することが望ましい各種ミネラルも一緒にとるとより効果的でしょう。

低血糖と二日酔い

アルコールを摂取すると糖代謝に関係するインスリンやグルカゴンの分泌量にも変化が起きることが分かってきています(アルコール低血糖)。


糖代謝に変化が起きることで、身体が一時的に低血糖の状態に陥ることが考えられますが、この低血糖状態が二日酔いの症状としてあらわれてくる可能性もあるというわけです。



低血糖では手足の震え、顔色が蒼白になる、頭痛、生あくび、脈が速くなるなどの症状があらわれます。


これって二日酔いの症状とよく似ていますよね?


低血糖が二日酔いの一因なっている場合は、三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)をバランスよく摂取するのがよいです。


いずれにせよ空腹時の飲酒は低血糖のリスクを高めるので、しっかりとバランスのいい食事をとめことが予防にも重要です。


二日酔い予防サプリサプリメントを活用せよ

こうしたことに気を付けていても、正直二日酔い予防は気休め程度にしかならない時が多いです。


年末年始や年度末、職業柄飲み会が多い方などで少しでも二日酔いに対する対策を整えたいという方は二日酔い予防のためのサプリメントを利用するとよいでしょう。


二日酔いサプリは種類も多いので自分に合ったものを見つけるまで時間がかかることも考えられます。


少しでも早く相性のいいサプリに巡り合うためにはそれぞれのサプリの成分をみて、そのサプリのどんな成分がどのように二日酔いにいいとされているのかを理解しましょう。


そうすれば仮にあるサプリが身体にあわなくても、次のサプリを選ぶときに似たようなサプリを排除して全く新しいアプローチのサプリを試すことができます。

二日酔いサプリの飲み方

f:id:bollet:20191018051849j:plain
 


つらい二日酔いの予防のためにサプリを飲むなら絶対に守りたい大切なポイントがあります。


それは原則として二日酔い予防のためのサプリは絶対に継続的に飲み続けるということ。


そもそもサプリは身体にとって有用な成分を取り入れることで体質改善するためのもの。


つまり基本的には毎日継続的に摂取してはじめて効果が出ることが期待されるのです。



たとえば市販のウコンの力ヘパリーゼも毎日摂取していればそれなりに効果を実感できますが、飲み会前だけ飲んでいてはプラシーボ効果程度にとどまってしまいます。


それは成分濃度の濃い今回ご紹介するサプリも同様なのです。


二日酔い予防のサプリは継続的に摂取するように心がけてくださいね。

二日酔いにならない予防サプリおすすめ4選

ほんとうはもう少しおすすめサプリを紹介する予定だったのですが、特徴的で効果のあるサプリを厳選しているうちに4種類に絞られてしまいました


f:id:bollet:20190712034841j:plain


いずれも筆者が日常的に使っているサプリです。


気になる商品があった方は騙されたと思ってぜひ試して飲んでみて欲しいですね。

センシニティカプセル リカバリーオレンジ

f:id:bollet:20190710041527j:plain
センシニティカプセル リカバリーオレンジのパッケージ



センシニティカプセル リカバリーオレンジはセンシンレンというハーブの持つパワーに注目したサプリメント「センシニティカプセル」シリーズのひとつです。


こちらのリカバリーオレンジは肝機能へアプローチに特化していて、センシンレンの持つ肝臓へのアプローチに加え、牡蠣エキス、マカ、L-オルチニンといった肝臓をサポートする成分を配合しています・


f:id:bollet:20190710041541j:plain
カプセルタイプのセンシニティカプセル リカバリーオレンジ


このシリーズは非常に評価が高く売れ行きもいいのですが、2018年2月にはお客さんに還元したいということで価格を下げることに踏み切りました。


長く使う人のことを考えている会社の姿勢も好印象で、ぜひ一度試してみたいサプリメントですね。


\毎月100人限定の定期コースで今すぐお得にGET/

肝臓の調子が優れない方におススメ!センシニティカプセル リカバリーオレンジ


エカス

f:id:bollet:20180721175156j:plain

エカスはここ最近でじわじわと話題になってきた二日酔い予防サプリです。


医学博士が監修した新時代のサプリメントで、4種類の有効成分を中心に作られています。


特徴的なのは肝機能系サプリとしてはほぼ絶対に入っていた成分であるウコン(クルクミン)が含有されていない点。


その代わりにコメコサノールやセロシアといった新しい成分を中心に取り入れることで、従来のサプリでは効果を感じない人にも注目してほしいサプリとなっています。


f:id:bollet:20181001162317p:plain


エカスは速効性はありませんが飲み続けることで効果を実感できるサプリで、筆者も服用を始めること半年、徐々に調子がよくなり、つらい二日酔いも前ほど重いものではなくなったという実感があり、継続使用しているサプリです。


初回購入も公式ページからなら一ヶ月分を980円で購入できるので気軽に試すことができます。


スタイリッシュなパッケージも印象的ですね。


「エカス」のお得なキャンペーンをチェック!



白井田七。

f:id:bollet:20190305171119j:plainf:id:bollet:20190305171201j:plain


サプリメント界隈でも根強い人気を誇る「白井田七。」。広告で目にしたことのある人も多いことでしょう。


特徴はなんといっても有機栽培の田七人参と呼ばれる漢方などにも使われるものを98%原料に使用している点。


つなぎにも有機栽培の玄米を使用するなど、もはやサプリというより凝縮された田七人参のタブレットといった感じです。


f:id:bollet:20190305172241j:plain
原料にも2種類しか表記されていない


サプリにしてはめずらしいオーガニック感で人気の高い「白井田七。」ですが、田七人参の持つサポニンの効果がさまざまな身体の不調に効果的とされています。


サポニンは肝機能向上にも一役買うと考えられており、加えて二日酔い対策に欠かせないアミノ酸のアルギニンも配合されています。


肝機能だけでなくお酒の飲み過ぎによって滞った身体のめぐりを改善できるという意味でもお酒飲みの方にも常飲してほしいアイテムです。


お酒を飲む人は肝臓はもちろん高血圧などに悩まされる方も少なくありません。


早い段階でからだの巡りを意識することで長い間お酒を嗜めるようにケアしていきたいですね。


白井田七のお得なキャンペーンを公式ページでチェック


秋ウコンホワイト

f:id:bollet:20180804165333j:plain

アルコールによって生まれたアセトアルデヒドをいかに素早く代謝するかがつらい二日酔い予防にとって大切なポイントですが、この代謝を促進する成分として有名なのがウコン。


ウコンにはクルクミンと呼ばれるポリフェノールが含まれていて、この成分が肝機能を高めるのでアルコールやアセトアルデヒドの代謝を早めてくれるのですが、じつは近年の研究でウコンのクルクミンは人体での吸収効率がとても悪いことが分かってきました。


そこでおすすめなのがこの「秋ウコンホワイト」


f:id:bollet:20180804164309j:plain


このサプリはクルクミンが人体に吸収されるさいに変換されるテトラヒドロクルクミノイドという成分を直接サプリに配合しているため効果を得やすい作りになっています。


f:id:bollet:20180804165336j:plain


タブレットタイプで飲み会前に一粒なめるだけで簡単に効果を実感できる頓服的なサプリで、筆者は日頃はエカスを常飲して身体を作り、飲み会前は頓服の「秋ウコンホワイト」でさらに強化を図るようにしています。


どちらも成分的に二日酔いへのアプローチは違うので効果があるハズ!


気軽に飲めるタイプの二日酔いサプリを探している方にはうってつけの商品です。



【秋ウコンホワイト】


二日酔いの最強対策を徹底検証!のまとめ

本記事では二日酔い予防の考え方や実践法に加えて筆者も愛用しているおすすめ二日酔い予防サプリを4種類紹介してまりました。


皆さんも末永くお酒を楽しんでいくために、仕事でつらい飲み会を乗り切るために、二日酔い予防を徹底しながらこれらのサプリを利用するのをおすすめします。


サプリは一見高そうですが初回割引などを利用すればハードルは低いですし、継続しても月々3000~4000円程度と一回の飲み会分くらいで気軽に継続できますよ!