おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

二日酔いは予防するには?自己分析で飲み方改善やサプリを利用しよう

f:id:bollet:20180808144500j:plain


お酒を飲み過ぎるとおこる二日酔い…お酒好きな方もそうでない方も、強烈な二日酔いにおちいって「もう二度とお酒飲みたくない」と思ったことのある人も少なくないのでは?


二日酔いの予防や解消には昔からさまざまな事が囁かれてきましたが、今回は二日酔いになりやすい筆者が近年の研究データなどをもとにさまざまな対策を実践し、効果的だな感じた方法についてまとめていきたいと思います。


効果には個人差もあるので必ずしも実践すれば二日酔いを解消できるわけではありませんが、試してみる価値のある方法ばかりなのでぜひ参考にしてみてください。


また、お酒はくれぐれも適量に。二日酔いになるほどの飲酒自体をそもそもしないように気を付けていきたいものですね。

二日酔いは予防がすべて!

巷ではさまざまな二日酔い対策が噂されていますが、大きく分けて「二日酔いなる前の予防法」「二日酔いになってしまった後の解消法」という2パターンあると思います。


まず前提として筆者の経験上、二日酔いに対するアプローチで正しいのは「二日酔いなる前の予防」一択です。一度二日酔いになってしまったら、基本的にはそう簡単にその状況を外部からのアプローチで解消することは難しいからです。


そもそも二日酔いは体内に入ったアルコールがアセトアルデヒドに分解されたあとに体内に残ってしまうことが主な原因と考えられています。またアルコールの刺激そのものが胃や腸を刺激してしまうことも吐き気や腹痛の原因となります。



いずれにせよ、一度アルコールによって受けたダメージは身体の修復、つまり代謝の促進でしか改善できません


残ったダメージをそう簡単に解消できない以上、基本的には二日酔いになりにくいように二日酔いになる前の予防を徹底するのが二日酔い対策の基本だと考えます。そのためには飲み方はもちろん、飲む前から身体のケアをすることが大切です。

二日酔いの原理は分かっていない部分も多い…わかる限りで予防を

一般的にアセトアルデヒドの分解がスムーズにいかないことが二日酔いの原因として考えられていますが、厚生労働省が提供している「二日酔いのメカニズム」によれば、じつはその原因は非常に複雑なもので、まだまだ解明されてない部分も多いとされています。


確かに二日酔いになるかならないかは純粋な摂取アルコール量以外にも、飲んだシチュエーションや飲むお酒の種類にも影響されます。ワインはいいけど焼酎はダメ、ウイスキーはいいけどビールはダメという人は意外にも多いものです。


そのため二日酔いを予防するには自分のお酒に対する耐性をさまざまな角度から検証しておくことも大切です。

二日酔い予防のために自己分析しよう

どのような状況で二日酔いを起こすのか把握するのが予防への一歩

二日酔い予防はまず自己分析から入りましょう。どのようなシチュエーションで二日酔いになってしまうのかを事前に把握し、そのシチュエーションを避けるようにします。


どうしても避けられない場合は二日酔い予防を徹底して行ったり、飲む前や飲んだ後のスケジュールを調整するようにしましょう。

  • 少人数と大人数どちらが酔いやすいか
  • 飲むとすぐに酔うお酒の種類はあるか
  • 食べ物で酔い方に違いはあるか
  • お酒を飲むときに適度な水分補給を行えているか
  • 糖分を極端に制限していないか
  • お酒と一緒にたばこを喫うか?それによる違いはあるか?


このようなチェック項目を確認してみましょう。

どんな状況で二日酔いになっている・・・?

たとえば筆者はひとり飲みや大人数はいいのですが4人くらいの少人数が一番酔いやすいという実感があります。これはたぶん少人数で飲みに行くと周りの人のペースにあわせて自分の適切なスピードより早く飲んでしまうからだと分析しています。


またもともと胃腸が弱いので事前に胃腸に刺激のある食べ物をいりたり、食べ過ぎて胃もたれを起こしているとすぐに酔いを感じる傾向にあります


お酒の種類ではウイスキーや焼酎のような蒸留酒よりワインや日本酒のような醸造酒が苦手で、ビールのような発砲系は特に酔いやすい印象です。

原因を改善して二日酔いを予防する

このように自分が苦手なシチュエーションを把握しておけば、飲む量をコントロールしたり、事前に体調を整える算段が立てられます


よくお酒を飲む前にたくさん食べてた方がいいと言われますが、筆者は逆効果だと分かっているので飲酒前は軽く食べ物をいれて、飲酒後にある程度しっかり食べることも多いですね。


何よりもまず自分に合った飲み方を覚えることが二日酔いの予防になります。この飲み方は単純な量だけでなく、お酒を飲むシチュエーション自体を細かく分析していくことでもあるのです。

二日酔いを予防する具体的な方法

自己分析で自分が二日酔いする傾向がつかめてきたら二日酔いを予防するための具体的な方法も覚えておきましょう。特に二日酔いになりそうな予感のある飲み会では普段以上に意識してこれらの方法を実践していくことが大切です。

水分補給は二日酔い予防のマスト

アルコールの代謝には水分補給が欠かせません


アルコールが体内に入ると利尿作用が働き水分が体外へ排出されやすくなります。さらにアルコールの分解には水分が必要です。つまり飲酒時は身体から水分が消費されやすく、場合によっては軽度の脱水症状を引き起こすことがあります。


飲酒時の水分不足はアルコールの分解を滞らせる、脱水症状によって二日酔いをひどく感じさせる可能性がある点で非常によくない状態です。飲む前から飲酒中はもちろんですが、飲んだ後から寝るまでにも意識的に水分を補給して体内の水分バランスを整えることが大切です。


また脱水症状になるということを考えれば補給すべきは水分だけに留まりません。夏場の炎天下で水分と同時に補給することが望ましい各種ミネラルも一緒にとるとより効果的でしょう。


合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com

熱中症時のスポーツドリンクのチョイスについて書いた記事ですが、二日酔いにおける脱水症状時にも応用できる知識だと思うので参考にしてみてください。

低血糖と二日酔い、糖分補給の重要性

アルコールを摂取すると糖代謝に関係するインスリンやグルカゴンの分泌量にも変化が起きることが分かってきています(アルコール低血糖)。


糖代謝に変化が起きることで、身体が一時的に低血糖の状態に陥ることが考えられますが、この低血糖状態が二日酔いの症状としてあらわれてくる可能性もあるというわけです。*1


低血糖が二日酔いの一因なっている場合は、三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)をバランスよく摂取するのがよいと考えられます。いずれにせよ空腹時の飲酒は低血糖のリスクを高めるので、しっかりとバランスのいい食事をとめことが予防にも重要です。


また果物などに含まれる果糖はアルコールの分解を促進する効果も認められている*2ため、適切に糖分補給は二日酔い予防として試す価値のある手段だと考えられます。


合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com



サプリを使って二日酔い予防

基本的には自分の自然体での許容範囲内で二日酔いにならないようにコンロールするのが一番ですが、飲み会が多い職種の人やお酒が趣味の人で二日酔いを極力軽減したい人もいることでしょう。


そうした人にはサプリメントで肝機能を向上させておくのもオススメです。二日酔い予防のサプリは山のようにありますが、個人的に実際に使用して効果を実感できてオススメできるものを挙げておきます。

エカス

f:id:bollet:20180721175156j:plain

株式会社ヴィジョンステイトから発売されている二日酔い対策サプリ「エカス」はまだ発売から間もない商品ですが、酒飲みたちの間で話題になっている新世代のサプリです。


従来二日酔い対策サプリといえばウコンをメインにした商品が中心だったのですが、エカスではウコンに頼らず近年新たに注目されてきている「ポリコサノール」「セロシア」といった成分に着目して開発されました。


継続的に飲む事で二日酔いの軽減を実感できるだけなく、アルコールによる身体の倦怠感からも解放され、筆者的にはサプリとして久しぶりに効果の実感できる「当たりサプリ」となりました。


www.oishikerya.com

詳しくはコチラ。

レバウルフ

f:id:bollet:20181023163839j:plainf:id:bollet:20181023163855j:plain

ウコンとウルソデオキシコール酸を配合したサプリメント。ウルソデオキコール酸は薬用としても用いられる肝臓水解物で、その効果の高さが医学的に認められている成分でもあります。


レバウルフでは市販品として配合できるウルソデオキシコール酸の限界量を配合しているため効果を実感しやすいサプリメントです。おしゃれなパッケージも相まって、ここ最近で注目度が高まっているアイテムのひとつですね。


www.oishikerya.com


詳しくはコチラ。

秋ウコンホワイト

f:id:bollet:20180804165333j:plain

日本サプリメントフーズより発売されているウコン系のサプリ。


近年ウコンの持つクルクミンという有効成分は人体での吸収効率が悪いというのが一般的になってきて、巷のウコン系商品の人気は徐々に低下しつつあります。そんななかで、クルクミンをはじめから吸収されやすい形でサプリに閉じ込めたのがこの「秋ウコンホワイト」。


なによりも飲む前に気軽に放り込めるタブレットタイプなのが嬉しい。継続使用よりも飲み会直前のダメ押しに常備してます。


www.oishikerya.com
詳しくはコチラ。

各種アミノ酸(アラニン・グルタミン)

アルコールの分解に大いに関係していると言われている栄養素がアミノ酸です。特にアラニングルタミンと呼ばれるアミノ酸はアルコールの代謝とも深い関係があるといわれており、二日酔い予防のために身体に常に充填しておきたい成分です。


アラニンはしじみ、あさり、海苔、グルタミンはチーズ、大豆などに豊富に含まれています。しかしこれらの食べ物を一度に摂取できる量には限りがあるため、よりアラニンやグルタミンの効果を実感してみたい方はサプリメントを使用するとよいでしょう。



筆者は飲む前や飲んだ後にこれらのサプリメントを摂取するようにしています。

まとめ

二日酔いはお酒の楽しさを半減させてしまうつらい症状。そこまで飲まないことが一番の対策ですが、二日酔いになりそうな飲み会があったり、日常的にたさんお酒を飲む人はアルコールの代謝を促進する手段を知っておいて損はありません。


まずは自分のお酒に対する許容量を自己分析し、必要に応じて自分に合った二日酔い予防にチャレンジしてみましょう。




二日酔い対策をしたい方はチェック二日酔いを少しでも改善したい人は自分にあったサプリメントを探すのが一番手っ取り早いでしょう。


最近ではさまざまな二日酔い対策サプリが出ているので、各商品の特徴を理解し、自分に合ったものを継続して、あるいはタイミングを見て使用することが望ましいです。


筆者が実際に使用した二日酔い対策のおすすめサプリのまとめなどを参考にして自分にあった二日酔い対策サプリを探してみましょう。



効果別オススメの二日酔いサプリの紹介はコチラ



*1:低血糖では手足の震え、顔色が蒼白になる、頭痛、生あくび、脈が速くなるなどの症状があり、酔っているときの症状と近いしいものがある

*2:飲むときは食べながら | 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 | サッポロビール