おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

ハリオのティーポットとティーサーバーは紅茶初心者におすすめマストアイテム

f:id:bollet:20190308061056j:plain


紅茶を茶葉から本格的に抽出したいとなった時に必要なのがティーポット/ティーサーバーと呼ばれる道具です。


紅茶を楽しむうえで必須なアイテムだけにいろいろなメーカーからさまざまなタイプのものが販売されています。


玄人お洒落なお店で使われているものになってくるとアンティークのポットが使用されることもあり、初心者はどれがいいか悩んでしまいますよね。


しかしこれから紅茶を楽しもうと考えているアナタにはハリオが販売しているジャンピングティーポットまたはティーサーバーがあればじゅうぶん!


紅茶を入れる道具に必要な要素をすべてクリアしているうえに低価格で購入可能です(基本的には茶葉から抽出する用ですがティーバックでも使えます)。


ここでは筆者も愛用しているハリオのティーポット、ティーサーバーの使い勝手を紹介していきますね。


紅茶初心者が買うティーポット/サーバーに必要な条件

f:id:bollet:20190308061711j:plain


紅茶を楽しむために絶対に必要なティーポット。


茶葉を抽出するための道具ですがじつはなんでもいいというわけではありません。


紅茶はポット内で対流や空気といった条件によって茶葉が上下運動(ジャンピング)し成分がお湯に効果的かつ適度に抽出されることでおいしくなると考えられています。


このジャンピングを引き起こすためには抽出用の容器が丸みを帯びていること、容器の容量が適切なことが求められます。


抽出用の容器は大は小を兼ねるということはなく、ふだんから1~2杯分ずつ楽しむという人は小型の容器、3~4杯分の紅茶を一度に入れる機会がある人は大型の容器を用意する必要があります。


ポットに対して湯の量が少ないと丸みを帯びているメリットが活かせないだけでなく、湯の温度が冷めやすくなって抽出の効率が落ちてしまうんです。


紅茶初心者のマストアイテムはハリオのティーポットorティーサーバー

この条件を満たすティーポットやティーサーバー(ここでいうポット/サーバーは同意義です)は少なくありませんが、実用面と価格の面で非常に優れているのがハリオのジャンピングシリーズです。


ハリオといえばコーヒーグッズでおなじみのブランドですが、ティーグッズも幅広く展開しています。


コーヒーグッズ同様に用途別に理に適ったシンプルな商品を展開しており、なかでも抽出用のティーポットではジャンピングティーポットジャンピングティーサーバーというふたつのアイテムが抜群の使いやすさです。


f:id:bollet:20190225050031j:plain
左がジャンピングティーサーバー(350cc)、右がジャンピングティーポット(500cc)


このふたつは形は違えど性能面ではほぼ一緒で効率的なジャンピングを促すことで紅茶を美味しく楽しむことが可能です。


どちらかひとつあれば本格的な紅茶を楽しむことができます。


違いは実用容量で、ティーサーバーは350cc、ティーポットは500ccと800ccの展開。つまりサーバーは1~2人分、ポットは3~4人分用に適しているといえます。


ではじっさいに筆者が持っているティーサーバーとティーポットを見ながらその使い勝手の良さとポイントを解説しましょう。

ハリオのジャンピングティーサーバーは紅茶初心者におすすめのマストアイテム

ハリオのジャンピングティーサーバーは実用容量が350cc、カラーは緑・赤・白の3色展開です。


ハリオジャンピングティーサーバー


蓋自体にメッシュ(茶こし)が備え付けられているのがポイントで、注ぐときに別に茶こしを用意する必要もないですし取り外しも容易なのでお手入れも簡単。


茶こし


台座部も一応外れます。


台座部


サイズ感も非常にちょうどよくて、効率的にジャンピングを起こして美味しい紅茶を抽出するために最低で200cc(カップ一杯分並々くらい)、最大で350cc(カップ2杯分)と1~2人分の紅茶を楽しむためにジャストサイズ。


お湯300ccで抽出した場合


ティーポットは比較的大人数分を想定されたものが多いなかで気軽に紅茶をいれられるこのサイズは嬉しいですね。


ハリオのジャンピングティーポットで複数杯の紅茶を楽しむ

続いてジャンピングティーポットです。



全身耐熱ガラスで作られたシンプルなデザイン。


サイズは500ccと800ccでやや大きめ。一人用には少し大きいかなという印象ですが、2人で2杯ずつとかそれ以上の人数で楽しむにはちょうどいいポットです。


フォルムもジャンピングを起こしやすく、なかの茶葉の動きを見ているだけでなんだか幸せな気分になりそう。



24金メッキの茶こしが付属。ちょっと変わっていてフックで注ぎ口にひっかける構造になっています。


少し取り付けにくいのはご愛敬


少し取り付けにくいのが玉に疵ですが取り外して隅々まで洗うことができるのは衛生面では嬉しいです。茶こし性能としても申し分なし。


横幅が広いので効率的に茶葉をジャンピングさせるには実用容量の最低でも8割(500ccで400cc、800ccで650cc程度)は一度に抽出したいです。


f:id:bollet:20190223190115j:plain
500ccポットに200ccで抽出している写真。あまり少ないと丸みを帯びているメリットを活かせない。もちろんそこまで気にしなくても美味しい紅茶は入れられますが。


大人数分を抽出しやすいのはもちろんですが、全体がガラスなので見た目もよく筆者は一人で紅茶を飲むときはジャンピングティーサーバーで2~3杯分抽出した紅茶をこのティーポットに移してゆっくり楽しんでいます。


f:id:bollet:20190225064753j:plain
抽出した紅茶を別容器に移すことで時間が経っても茶葉がそれ維持用抽出されるのを防げる。




まとめ|ハリオのティーポットとティーサーバーは紅茶初心者におすすめマストアイテム

ハリオのジャンピングシリーズは紅茶を気軽に楽しみたい人から本格的に楽しみたい人まで使える非常に便利なアイテムです。


価格もお求めやすくて言うことなし!


これを機に奥深い紅茶の世界へ足を踏み入れてみるのも一興ではないでしょうか。



合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com