おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

お酒を飲むと甘いものが欲しくなるのはアルコール分解と糖分が関係しているから?

f:id:bollet:20180622170828j:plain


お酒好きの人のなかには「甘いものが嫌い」という人がたまにいますが、反対に「甘いものがとても好き」という人も一定数いますよね。


じつは飲酒と甘い物は切っても切れないもので、お酒を飲むと甘いものが欲しくなるのは生理現象でもあるのです。そこには体内でアルコールを分解するさいに起こっていることが関係しているのですが・・・これを理解すれば二日酔いの対策やよりお酒を美味しく楽しむ方法、さらには断酒のためにも役立つことも・・・。


お酒好きの方はお酒を飲むと甘いものが欲しくなる現象について知っておきましょう!

お酒を飲むと甘いものが欲しくなるのはアルコール分解と糖分が関係しているから

f:id:bollet:20180622171051j:plain

飲み会のシメや帰り道についついアイスクリームが食べたくなってしまった・・・そんな経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか?じつはこれ、ある意味生理現象のようなのものなのです。


お酒を飲むと甘いものが食べたくなる原理は至ってシンプルで、体内に入ったアルコールを分解することで体内の血糖値が下がるため、これを改善するために身体が甘いもの=糖分を欲するためなのです。


アルコールの分解は肝臓で行われますが、肝臓では体内のブドウ糖のバランスを整えるという重要な働きもあります。アルコールの分解に追われると、このブドウ糖の調節機能が低下して低血糖を引き起こしてしまい、身体が甘いもの(=糖分)を欲するようになるというワケ。


飲みはじめよりも飲み終りに近づくにつれ甘いものが欲しくなるのも、身体がアルコールの分解を進めて低血糖になるタイミングだから。つまり飲み終りにデザートで糖分補給するのは問題の無い行為ともいえるのですが、結果的には余分にカロリーを摂取してしまうことになるため肥満などに繋がることも・・・。


飲み会の時くらいは余計なことは考えずに食べ飲みしたいものですが、ダイエット中の人は気を付けたいものですね。

飲酒後に〆ラーメンやお茶漬けが欲しくなるのも糖分が関係している?

f:id:bollet:20180622171035j:plain

さらに意外なことに、お酒を飲んだ後に欲しくなるものの定番であるラーメンやお茶漬けも、甘いものと同じ理由で欲しているのです。ご飯や麺類は炭水化物で糖分をたくさん含んでいます。


味付けとしては甘くないかもしれませんが、身体は食べると糖分が補給されることを経験的に知っているので飲み終りの低血糖時にこれらを欲するというワケです。


これらの炭水化物はエネルギー補給としては非常に優れた食物ですが、糖分と同時に塩分の過剰摂取にも繋がってしまう危険性があります。飲み会終りのシメラーメンの快感は他では得難いものがありますが、頻繁に行うことのないように気を付けましょう。

飲酒後は甘いものを適切に補給!二日酔い対策には糖分が有効

お酒と甘いものは一見すると結びつかないようにも思いますが、飲み会の最中に適度に糖分を補給する事で体内でのアルコール分解がすすみ二日酔いの予防にも効果的である可能性が出てきます。


まずアルコールの代謝によって低血糖になることそのものが身体のだるさを引き起こすということ。糖分を直接補給することでこのだるさを改善できます。加えて糖分の内、果糖と呼ばれるものにはアルコールの分解を促進する効果も認められているのです。


つまり糖分の摂取は結果的に二日酔いの軽減にもつながる可能性があるといえます。


アルコールの分解には水分やビタミンなどさまざまなものが消費されます。肝機能を促進するサプリなども多数販売されていて、ひとによって対策は試行錯誤していることでしょう。


しかし意外と糖分が必要であることは知られていないかもしれません。いままで飲酒中に甘いものを敬遠していた人は、一度意識的に糖分を補給するようにしてみるのもいいかもしれません。二日酔いが軽減されるかもしれませんよ。

飲酒後、アルコール分解のための糖分はちょっとでも大丈夫?

f:id:bollet:20180622171227j:plain

もしも健康を気にして飲み会のあとに甘いものや炭水化物が欲しくなっても食べないようにしている・・・という人はキャンディやジュース、チョコレート、フルーツなどをほんの少しだけ食べたり飲んだりするとよいでしょう。


こうした食べ物や飲み物には少しでもじゅうぶんな量の糖分が含まれていますから、一粒一口摂取するだけでも身体に必要な糖分を補給することが可能です。


より健康を意識している人であればハチミツもおすすめです。ハチミツの糖分のひとつである果糖は、アセトアルデヒドの分解を促進する役割を持っています。ハチミツ自体も栄養価が高く健康食品としての側面も持っていますから、飲み会から帰ってきてスプーン一匙分舐めるだけでも身体の負担は軽減します。


>>「二日酔いの時ははちみつが効果的!一匙舐めるだけで次の日がラクになる」


最近話題のマヌカハニーをチョイスすればさらなる健康効果も期待できますから、お酒の後の嗜みとしてひとつ常備しておいてもいいかもしれませんね。


www.oishikerya.com



二日酔い対策にもなる信頼できるマヌカハニーランキングをチェックする

断酒すると甘いものが食べたくなることも?なぜ?

お酒を飲むと欲しくなる甘いものですが、なぜかお酒をやめる・・・すなわち断酒した途端に甘いものを欲するようになる人もいます。これは何故なのでしょうか?


これには諸説あってまだ確固たる要因は解明されていないのですが、筆者が調べたなかで最も納得できた理由は「甘いものもアルコールも摂取する事で一種の快楽が生じていて、その快楽の質が似ている」というもの。


糖分もアルコールも、いわゆる快楽物質であるドーパミンを放出するため摂取すると幸福感を得ることができる。断酒することでドーパミンの放出が止まってしまい、別のものでドーパミンの放出を行おうとして糖分を欲するという理屈です。


「アルコールも糖分も一種の麻薬」という考えがありますが、依存してしまうと健康を損なうことにも・・・。正しい付き合い方を心だけていきたいものです。

まとめ

お酒を飲むと甘いものを欲するのは、アルコール分解によって体内で不足した糖分を補うためでした。さらに断酒によって途切れた快楽を補うために甘いものを欲することもあることが分かりましたね。


こう考えると飲酒と糖分はじつは密接な関係性があることが分かってきます。いずれにせよ過剰な摂取は健康を損ねることに繋がりますから、ふだんからお酒や甘いものを摂取する習慣のある人は、常に過剰摂取にならないように意識しながら楽しみたいですね。



また付き合いなどで日々お酒を飲む機会のある人で、昔よりお酒に弱くなった、健康数値が気になる・・・という人は医学博士が先進科学を駆使して開発した新世代のサプリメント「エカス」をおすすめしています。


人によってあうあわないのあるサプリメントですが、エカスは現在初回割引でお安く試すことも可能となっています。二日酔い対策に悩んでいる方は一度チャレンジしてみるのもいいでしょう。


【医学博士監修】特許取得成分配合・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】


www.oishikerya.com




合わせて読みたい記事

www.oishikerya.com
お酒に甘いものを併せるのもオツなもの。お酒別に合わせたいスイーツを完全解説。

www.oishikerya.com
お酒を飲む人は口臭に気をもんでいる人も多いのでは?糖分補給と共に口臭対策にもなるマヌカハニーをチェック!