おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

クセになるほどおいしいスーパーで買える生麺使用の生ラーメンランキング

ここでは生麺を使用したおすすめの生ラーメンをランキング形式でご紹介します。近年ではインスタンラーメンのレベルはとても高くなってきていて、特に有名店とコラボしたタイプの生ラーメンは店にかなり近い味わいを作りだせています。


独断と偏見でいま食べておきたいスーパーでも買えるおすすめの生ラーメンをランキングにしていますので、ぜひお試し頂ければと思います。



※店の名前を冠したシリーズは唐突に販売中止になったりラインナップの変更によって淘汰されることも・・・移り変わりの早いラーメン業界ですから仕方のないことですが、気になったらお早めに試して頂くことをおすすめします。

おすすめ生ラーメン第一位!「さっぽろ純連 味噌味」

いきなり来ました、有名店モノです。「さっぽろ純連」は札幌ラーメンブームの火付け役として「すみれ」と並び称される名店です。それまでのあっさり健康的な札幌味噌ラーメンの流れを打ち破り、濃厚な味噌味にラードを浮かせて膜を作ると言うアツアツこってりなスープが人気を博し、現在に至るまでその名を轟かせています。


最近スーパーでも良く見る有名店シリーズですが、これはとてもレベルが高いです。インスタント麺って、特にこの手の冷蔵の冷蔵生ラーメンタイプはやたら味が薄い印象でお湯を指定より少なくして作ったりしてたのですが、これは指定通りの分量で十分旨いです。ホンモノと比べれば濃度は低いでしょうが、自宅で数分で作るインスタントとしては素晴らしい出来です。


販売元の菊水は北海道で製麺事業をしていた会社らしく、麺の方もインスタントとして考えれば十分なクオリティです。


移り変わりの激しいこの手のインスタント麺ですが、これは売れ残ってほしいなー。飲み会の後とかに〆ラーメンしなくて済みますよこれなら。酔っぱらった舌が欲する味としては十分です。作る手間さえ考えなければですが・・・。

おすすめ生ラーメン第二位!「えびそば一幻」



えびのすべてをスープに溶け込ませた究極のえびラーメン。えびを使ったラーメンのパイオニアである一幻は北海道から始まり、いまでは都内にも系列店を展開するラーメン界において知らぬ人はいない存在。


濃厚なエビ出汁のスープは一度口にしたら忘れない味わい。そんな一幻のエビ味噌ラーメンがインスタントで食べられるというのですからこれ以上嬉しいことはありません。


どの店舗でも行列必死の人気店だけに、お家で気軽に食べられる喜びと言ったらもう・・・・。ぜひ一度は試して頂きたいですね。

おすすめ生ラーメン第三位!「ぜんや」

埼玉県新座市にある塩ラーメンのぜんや。豚骨や丸鶏などをじっくりと煮込みながらダシをとり、塩味をベースにダシの味がしっかり効いたまるみのあるスープを生み出している。


こちらは銘店シリーズで生ラーメンが発売されている。実店舗のラーメンは食べたことはないですが、生ラーメンでもしっかり感じられるコクから察するにかなりダシの利いた味わいなのだろうと思います。


塩ラーメンとしてはかなり味の奥行きがある印象です。指定通り270ccでスープを作ると気持ち濃いめに仕上がる。塩ラーメンのあっさり感を求めるなら少しかさまししてもいいかもしれないですね。


でも総合的な味はGOODです。ゆでたホウレンソウとかタマゴとか乗せれば、濃口のスープもちょうどいい。塩ラーメンってあさりしすぎてる印象であんまり好きじゃなかったんですけど、これは美味しいですね。実店舗のものも食べてみたくなる。


麺も中太麺にこだわり、食感も悪くないです。スープとの相性もバツグン。素晴らしい仕上がりといえますね。

番外編!絶品おすすめ、お店の味をそのまま届ける「宅麺」



こちらは番外編。お店で売ってる市販のインスタントラーメンではないのですが、現在話題沸騰中のラーメン通販「宅麺.com」についても触れておきましょう。


宅麺.comではお店の味をそのままご自宅へ届けるべく、通常のインスタントラーメン商品では再現できない細部までをこだわっています


スープを完成形のまま冷凍したり、お店で使っている麺や具材にこだわって商品化することで非常にハイクオリティなインスタントラーメンの新しい形を実現しているのです。


下記記事にてより詳しく宅麺の魅力について語っていますので、より美味しいラーメンを自宅で楽しみたいラーメンラバーの方はぜひチェックしてみてください。


www.oishikerya.com

スーパーでも買える生ラーメンをおいしく作るポイント

f:id:bollet:20170119002638j:plain



最後にひとつ。


この手のラーメンを食べる人は楽して早く食べたい方も多いので手を抜きがちですが、麺を茹でるお湯は沸くのに時間がかかってもお鍋にたっぷりめにはりましょう



少なすぎると麺の粉成分がお湯に溶けだして濃度が高まり、茹であがった麺がベトベトします。当然しっかりお湯を切ってもちょっとベタつきが残ってしまうので、スープに移しても違和感が出てしまうんですよね。


小さいころ両親が作ってくれるインスタントラーメンはベたつきがあって、どうしても好きになれなかったんです。もちろんインスタントラーメン自体が進化しているのもあると思うんですが、今思うと家族分まとめて作るからそれに対してお湯が少なかったのかも。実際のお店ですら一度に鍋に入れる麺はコントロールしてるわけですからね。アレは温度の問題もありますが・・・。


これはけっこう味わいを左右してしまうので、ぜひ気を付けたいポイントです。



おいしいインスタントラーメンを作るコツはコチラwww.oishikerya.com

日々進化するスーパーでも買えるインタスントラーメン

今回はいわゆる生ラーメンに特化して紹介してきましたが、インスタンラーメン全体が日々進化している印象ですよね。

f:id:bollet:20170119165342j:plain

コンビニの100円くらいで買える冷凍ラーメンもうまいですもんね。アレは結構衝撃。コンビニの冷凍メシはラーメンに限らず進化し過ぎててビビります。またそのうち特集できたらいいですね。個人的には冷凍モノはローソンがダントツで強い印象なんですけどね。


あんまりインスタントラーメンばかり食べるのもいかがなもんかと思いますが、忙しいとや手を抜きたいときには心強い味方。たまにハズレもありますけど、まずはここに乗せた奴から挑戦してみてください。