おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

デコポンの魅力|旬・食べ方・産地を学ぶ【柑橘の王者たる美味しさ】

f:id:bollet:20170120175558j:plain


栄養豊富な柑橘がとっても美味しい季節といえば冬。売り場に行けば、どこが違うのかも分からないようなさまざまな品種の柑橘が並んでいるのを見ることが出来ます。


その中でも比較的新しい品種のなかで市民権を獲得しつつあるのがデコポンです。


近年ではスーパーでもシーズン中はそこそこの量が売り場に並ぶようになりましたが、数ある柑橘のなかでも価格帯はトップクラスでなかなか手を出せない人もいるかもしれません。


しかしこの高さにはワケがあります!ここでは冬場の贅沢としてぜひ知っておきたいデコポンの魅力を特集していきます。

そもそもデコポンって何?

デコポンはブランドネーム、品種は不知火

f:id:bollet:20170120200105j:plain


デコポンは柑橘の一種で、品種名でいうと不知火(しらぬい)といいます。


不知火は「清見」というみかんと「ポンカン」の交配によって生まれた品種で、タンゴールというみかん系とオレンジ系が組み合わさった柑橘の一種です。


不知火の中で糖度13度以上、酸度1度以下という基準を満たしたもののみに、熊本県果実農業協同組合連合会によってデコポンという名前を与えられます。


つまりデコポンは不知火の中のエリートにのみ与えられる称号のようなものなんですね。このデコポンという名前は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標になっています。


全国にはこのように品種とは異なったブランドネームをつけたフルーツがたくさん存在しています。


その中でもデコポンはその名を熊本県果実農業協同組合連合会が所有しながらも、熊本に限らず全国の柑橘関係農協県連合会を通して基準を満たしていれば名乗ることが許される唯一の全国規模の規格です。


"デコポン"の由来は?

デコポンという特徴的な名前はその独特の外見から名付けられたそうです。


デコポン(不知火)は外見の特徴として頭の部分に大きなデコ(コブ)があります


不知火は味は優れていても、このデコのせいで見た目が綺麗ではないと言われて品種登録されていなかった柑橘でした。


そんな嫌な過去を逆にセールスポイントにして"デコ"という表現を敢えて名称に使ったわけです。結果的にそのセールスが大ヒットし、デコポンは全国でも類をみないほどブランド果実として成功しました。

デコポンの旬・価格・選び方

デコポンの旬はいつ?

デコポンは柑橘なので旬は冬です。


具体的には12月頃からハウスものが手始め、2月頃に露地物に切り替わります。


個人的には一番おいしく感じるのは露地物が出るか出ないかの時期で1~2月くらいでしょうか。この時期は値段も出始めよりは落ち着き、完熟したジューシーな個体が多くなる印象です。

デコポンの価格

生産量は増えてきましたが、あくまでもブランド果実ですからとても高く販売されていることも少なくありません。


デコポンは個体の大きさにも差があり、大きな個体になってくると1000円前後で販売されることもあります。デコポンという名称のせいもあるのか、デコが小さいものはキズモノ扱いで安く売られていることもありますね(味にデコの大小は関係ありません)


安くても400~500円前後の値付けにはなってくる印象で、それ以上安いものはキズモノや時間がたったワケアリ品として考えた方がよいでしょう。



また葉付きのまま樹上で完熟させて出荷されたものは他のものよりも価格が高くなる傾向があります。


f:id:bollet:20190115203014j:plain
葉付きデコポン。これで750円程度。


葉付きのものは完熟された状態ギリギリまで枝についたまま育てられるので、もともとハズレが少ないデコポンのなかでも特にハズレが少ない傾向にありますね。具体的には大きくて皮がむきすく甘みの濃い個体が多い印象です。

美味しいデコポンの目利きの仕方

柑橘は基本的にそんなに目利きに技術が要らないと思いますが、しいて言うのであればズッシリとした重みがある、かつ皮が厚すぎない硬すぎない個体がジューシーで美味しい印象です。


手で持って軽く握った時に弾力があるものの方が美味しいですね。硬いのは熟し切ってない可能性があるので筆者は避けます(単に皮が厚い可能性もありますが)。



また、値段はさしおいても基本は大きい方が美味しいと思います


デコポンは大小さまざまな個体がありますが、あまりに小さい個体はすぐに傷んでしまうのと、売り場にたどり着くまでに雑に扱われている傾向にあるようで、ハズレをひくことがあります。


これはフルーツ全般にいえることで、輸送のコストを押さえてるから安く売れるという部分もあるのでしょう。


贈答用とかの見た目が立派な個体が高いのにはそのような理由も関わっています。大きければ量も多いわけですから一概に高いとも言い切れないですしね。

デコポンの食べ方

デコポンは感覚的には大きいみかんだと思ってもらえればOKです。つまりあの白い皮の部分も食べられます。


食べ方はいたってシンプル。

f:id:bollet:20170120175613j:plain


デコ部分から指を使って普通のみかんのように剥いていきます。
あとは房から外して食べるだけ!


f:id:bollet:20170120175625j:plain


こんな感じで盛り付ければ立派なデザートですよ。
ハッキリ言って下手なお菓子よりよっぽど旨いし栄養あるし・・・最高です。


白皮は気になれば剥いても良いですが、デコポンは個人的に皮あった方が美味しい気がします。


あと細かいこと言えばこの手のフルーツの白皮にはファイトケミカルとかいう栄養素が詰まっていますので、よほど苦手意識が無い限りはそのまま食べるべきでしょう。

デコポンはジュースにしても美味しい

デコポンや不知火を大量に貰うなんて言ううらやましい機会があったらジュースにするのもオススメです。


デコポンは濃厚な果汁を持っていますので、市販の柑橘ジュース飲めなくなっちゃうくらいに美味しいジュースをとることが出来ます。


作り方はいたって簡単。デコポンを皮だけ剥いて適当に割いてミキサーにいれて回します。塊が無くなったらザルなどで濾して液体だけ容器につめて冷蔵庫で保存。数日は持ちますが100%果汁なので出来ればその日のうちに消費したいところですね。


スロージューサーや果実絞り機があればそれでもOKです。ミキサーを使うより雑味の少ない綺麗なジュースを絞ることができますよ。


デコポンの魅力|旬・食べ方・産地を学ぶのまとめ

デコポンはすでにだいぶ市民権を得つつある柑橘ですが、まだ実際に食べたことのない人、意識してデコポンの魅力を楽しんでいない人が多いという印象です。


探せば安い個体も多いですし、産地の特徴がある分ふるさと納税で購入するのも簡単なので、この機会にぜひ積極的にデコポンを味わってみてはいかがでしょうか?


冬の贅沢、栄養補給にぜひデコポンを取り入れてみてくださいね。


CHECK!
フルーツを購入するならふるさと納税が圧倒的にお得!実質2000円で1万円以上の高級フルーツを購入することも可能です。


フルーツを通販するのに抵抗のある人も多いと思いますが、ナマモノだからこそ産地直送で一番いい状態のものを送ってもらった方が確実です。



ぜひふるさと納税で産地に感謝しながら本当においしいフルーツを楽しんでみましょう。


ふるさと納税でデコポンを買うならコチラ




合せて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com