おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

ドルツ「ジェットウォッシャー」全種類、メリット・デメリットを徹底比較!

f:id:bollet:20200418151835j:plain


みなさん毎日ちゃんと歯磨きしてますか?



筆者は昔から歯磨きが苦手、というか寝る前の一番だるい時間にやらなきゃならない行為が苦手で適当に済ませたり、時にやらずに寝たりしていました・・・。



しかしもともと口内環境が良くない体質なのか、ついに親知らずに黒い影・・・頻発する口内炎・・・。



これはまずいぞ・・・と思っていた時に出会ったのが「ドルツジェットウォッシャー」です。



もはやそれは筆者のそれまでの今までの歯磨きという概念を越えてしまっていたのです。



そこで本記事では歯磨き革命の申し子「ドルツ・ジェットウォッシャー」の特徴、メリット・デメリット、選び方と全種類の徹底比較を行っていきたいと思います。


f:id:bollet:20200418163816j:plain
比較表


ぜひこれからジェットウォッシャーを使いたいという時の参考にしてください。



本記事ではジェットウッォシャーの特徴やメリット、デメリットについても解説しています。


手っ取り早く機種の比較を見たいという方は「ジェットウォッシャーの全種類を徹底比較」まで飛んでください。



今から購入するなら基本的には以下の2機種のどちらかがオススメです理由はコチラ

ジェットウォッシャーとは?

ドルツ・ジェットウォッシャーとはパナソニックから発売されている水圧で歯並びに歯の間の汚れを落とすオーラルケア製品です。


その特徴は強烈な水圧を細いノズルから発射して歯から歯間まで、その汚れを瞬く間に洗い流してしまうことです。



いってしまえば口内用の水圧洗浄機のようなものですね。


その使い心地の良さに一度使った人を次々と虜にしている商品で、筆者も初めて使ったときは口内が想像以上にスッキリして感動したものです。





じっさいに「ジェットウッォシャー 感動」でSNS検索するとすごい勢いで感動したという口コミが出てくるんですよね。


こんなに感動を与えている製品って世の中にあんまりないんじゃないでしょうか。

ドルツ「ジェットウォッシャー」のメリット・デメリット

メリット

f:id:bollet:20181205181653j:plain

歯間や奥歯の汚れがいとも簡単にとれる

歯ブラシを入念にやっても取れないのが歯と歯の間に挟まった汚れや奥歯の食べかすです。


デンタルフロスなどの専用アイテムでゴシゴシほじくり出すのも中々の快感ですが、血が出たりめんどうだったりといった理由から続かない人も多いのではないでしょうか?


ジェットウォッシャーはそんな悩みもスッキリ解決。



歯間や奥歯に水圧を当てれば面白いほど汚れが取れます。



たまにそこそこの大きさの肉片とかが出てきてどこに挟まってたのかと思っちゃうくらいです。


ホウレンソウとかの葉物を食べた後も必ず食べかす出てきて快感ですよ。

口臭が軽減される

個人的に一番驚いたのはこの効果。



使い始める前のネットの情報で「口臭がとれる」みたいなのが散見されていて正直それは盛りすぎだろ・・・と思っていたのですが・・・・。


歯間や奥歯に長い間詰まっていた食べかすがキレイにとれるので口臭の軽減にもつながるんですね。



奥歯とかにジェットウォッシャーをあてるとすごいにおいが鼻についたりすることも・・・。


水流の勢いが強いのでものによっては、さっき食べた食事の臭いがぶわっと広がるんですよ。

歯茎の健康にも効果的

ジェットウォッシャーは商品のタイプにもよるものの、何段階かの水圧調整が可能で軽めの水圧なら歯茎マッサージに適しています。


適度な刺激を加えることで歯茎の健康にも良く、歯周病予防にもなるので将来的な口内の健康にもメリットがあるんです。


汚れを取るだけならいざしらず、歯茎の健康まで考えたケアは他のデンタルケアアイテムでは出来ないジェットウォッシャーならではの要素ですよね。

とにかく爽快感がすごい

口臭の元も取れ、歯の汚れもとれ、歯茎も健康にるとなれば気持ちの面でも爽快感がスゴイです。


毎日の歯磨きが楽しくなるくらい。


それほどの爽快感をジェットウォッシャーは私たちの口内に与えてくれるというワケです。


デメリット

使い方が少し難しい

ドルツ「ジェットウォッシャー」は使いこなすのにちょっとコツのいる製品です。


f:id:bollet:20170601153328j:plain



写真のノズルの先端から水流が発射されるのですが、慣れていないと狙ったところに当てることができません。


また鏡がないとうまく使えないというのもデメリットといえるかもしれませんね。


はじめて使う時はイマイチその効果を実感できないかもしれませんが、使っていくうちにコツをつかんで口内環境がよくなっていくのを実感できるはずです。


使い方をCHECK

充電がめんどくさい

商品によって充電式や電池式など構造は異なりますが、いずれにせよ普通の歯ブラシと比べて電源のことを考える必要がある・・・というのがジェットウォッシャー最大の弱点といえるでしょう。


しかし逆にいえば電源さえ定期的に気にしていれば使い勝手において他のオーラルケアアイテムに劣ることろはありません。



電源の課題はすべての電動オーラルケアアイテムにあるデメリットですね。

歯並びが悪い部分や親不知には効果が薄い

ジェットウォッシャーは「細い水流を勢いよく飛ばして汚れをはじきとばす」というメカニズムになっています。


水流は一直線にしか飛ばせないので、親不知のように奥まっている部分や歯並びが悪くて汚れを落としたい部分がみづらい場所にある場合は効果を発揮しきれない可能性があります。


こうした場所は通常の歯ブラシでも綺麗にできないことがあるので、ワンタフトブラシを使用して重点的に磨き上げるのがオススメです。


血が出ることがある

水圧の調整にもよりますが、日常的に生活していたらまず受けることのない刺激を歯茎がうけるため慣れていないうちは出血することがあります



特に歯周病予備軍などで歯茎が弱っていると出血しやすい傾向にあります。


使い始めのころは水圧を低めに設定して、慣れてきたら少しずつ水圧をあげるようにしていくと良いでしょう。


ジェットウォッシャー基本の選び方

据え置き型か持ち運び型か

ジェットウォッシャーは大きく分けて据え置き型か持ち運び型かに分けられます。


f:id:bollet:20181206192957j:plain


基本的には据え置き型の方が機能性は高いです。


その分置ける場所に制限が出てくる(場所をとる)のである程度広い洗面台があるご家庭以外にはおすすめできないというデメリットもあります。


まずは据え置き型、持ち運び型のメリット・デメリットを確認してどちらがいいかを考えておくと、具体的にどの機種にするかが定まってきますよ。

類似品に注意

今回ご紹介しているドルツ・ジェットウォシャーはパナソニックのドルツシリーズのひとつです。


パナソニックではドルツシリーズとして他にも電動歯ブラシなどを発売しています。


見た目もなんとなく似ていますが、電動歯ブラシはブラシが電動で動いて歯を磨くもの、今回紹介するジェットウォッシャーは水流で歯(間)を磨くものなので根本的に別物です。


間違えて買わないように注意しましょう。



また、ジェットウォッシャーに関しては類似商品も販売されていますがそれについては筆者は使ったことが無いので分かりません



パナソニック商品以外を安価だからといって手に入れても同じ性能が保証されていないことはご了承ください。


ノーブランドの類似品。性能がパナソニック製のジェットウォッシャーと同一の保証はない。

ジェットウォッシャーの全種類を徹底比較

f:id:bollet:20200418163816j:plain
比較表

ジェットウォッシャードルツEW-DJ51

f:id:bollet:20200418150632j:plain
EW-DJ51


EW-DJ51(青)は持ち運び型で小回りが利く、風呂場で使える、出先に持っていけるといったメリットがあります。


f:id:bollet:20170601153228j:plain



本体はハンディタイプで握って使いますが、若干太くて人によっては持ちづらいと感じることもあるかもしれません(基本的には慣れれば使いこなせると思いますが)。



ジェットウォッシャーは音もそこそこうるさく、使い慣れていてもまわりが汚れやすいアイテム。


そのため筆者はお風呂で気兼ねなくジェットウォッシャーを使いたいのでこちらを使用しています。


デメリットとしては一回に給水出来る量が少ないことでしょう。



筆者は一度の口内磨きに3回から4回の給水を行います。


f:id:bollet:20170601153550j:plain


充電はこのようにスタンド型充電器が付属していますのでこちらに立てて充電します。充電しながらの使用はできません。


ジェットウォッシャードルツEW-DJ61

f:id:bollet:20200418150609j:plain
EW-DJ61


据置型で大容量の給水タンクでストレスなく使用できるタイプです(およそ2分程度連続で使用できます)。


しかもEW-DJ51より水流の調整がかなり細かく出来ます



EW-DJ51は3段階、EW-DJ61は5段階で調節可能。


その反面で置き場所にある程度のスペースを要する、お風呂では使用できないため使用に気を遣う・・・というデメリットもあると感じます。


防水性能はないのでお風呂場では使えませんから洗面台での使用が基本になるでしょう。



ジェットウォッシャードルツEW-DJ10

f:id:bollet:20200418151854j:plain
EW-DJ10


電源が電池になっておりEW-DJ51よりさらに携帯に便利です。



とはいえ「ジェットウォッシャードルツEW-DJ51」でもMAXで充電しておけば一週間程度であれば(バッテリーの消耗具合によるのでしょうが筆者は一週間程度)使えますし、あえてこのタイプにするメリットは見た限りではあまり感じません。


タンク容量も最も小さく水流調節も2段階しかありません。



EW-DJ51は水流がジェット/バブルを選べるので歯茎にも使えますが、EW-DJ10はジェットしかないので歯茎には使えません(歯間専用)。


完全に携帯性に特化したタイプです。


ジェットウォッシャードルツEW-DJ71

f:id:bollet:20200418151835j:plain
EW-DJ71


最新の独自超音波技術で従来のジェットウォッシャーよりさらに洗浄力がアップしたEW-DJ61の上位互換モデル的な位置づけです。


独自技術の超音波水流を搭載したことで、従来「歯周ポケット洗浄」「歯間洗浄・歯ぐきケア」に特化していたところに「歯の表面の汚れ除去」の効果も加わり、基本的にこれだけで歯磨きが完結するようになりました。


さらに水流調節が5段階から10段階になっています。


その分若干EW-DJ61より本体の幅が広がっているので、置くスペースに関してはEW-DJ61よりもシビアになっています。


価格もそれなりに違うので機能性と価格との相談になってくるでしょう。



現在販売されているジェットウォッシャーシリーズのなかでは最も高い機能性を持っている機種です(2020.4)。


ジェットウォッシャードルツEW-DJ52

f:id:bollet:20200418152434j:plain
EW-DJ52


EW-DJ51の上位互換モデルで2019年に発売された新製品です。


超音波水流を搭載したことで持ち運び型でも歯の表面の汚れ除去ができるようになったのが最大の特徴。


水流調節も3段階から5段階へとパワーアップし、さらに使いやすくなりました。タンク容量が増えているのも地味に大きいポイントです。



イメージ的には据え置き型のEW-DJ61がEW-DJ71になったときと同じようなブラッシュアップがなされています。


価格的にもそんなに大きく変わらないので(型落ちで値下がりしていれば別ですが)、今から持ち運び型を買うならEW-DJ51よりEW-DJ52をオススメしますね。


ドルツ「ジェットウォッシャー」全種類、メリット・デメリットを徹底比較のまとめ

本記事ではパナソニックが発売するドルツ「ジェットウォッシャー」の魅力をメリット、デメリットという形で確認しながら、そのラインナップを徹底比較してきました。



基本的にはいまからジェットウォッシャーを導入するなら機能も充実しているEW-DJ52EW-DJ71がおすすめです。


この2機種は超音波水流で歯間、歯茎だけでなく歯の表面の汚れもキレイにできます。


なおEW-DJ71に関してはEW-DJ61と比べて据え置き型としてサイズが異なるのと価格に差があるので、そのあたりとの相談もあるかもしれません。




個人的にもジェットウォッシャーを使い始めてから口内ケアの概念が変わったといいますか、やりようしだいで口内環境は劇的に変化するんだということを認識したきっかけでもありました。



今では軽くブラッシングしたあとにジェットウォッシャーを行い、さらにジェットウォッシャーでは綺麗にできない親知らずを「タフトブラシ」で磨き、数日に一回は舌ブラシを使って舌のケアを行っています。


最後にコンクールFという洗口液を使って口内環境を整えるのが最近の日課ですね。


これで口臭、口内炎、虫歯、歯垢などの口内のトラブルが劇的に減りました。


みなさんもぜひジェットウォッシャーを通じて口の中を清潔に保つことの快感を味わってみてはいかがでしょうか。




自分にあった口臭サプリを探したい方必見!



おすすめチーズ紹介


食べたり飲んだりするのが大好きな筆者ですが、仕事柄人と面と向かって話す機会も多いので前日の飲食を引っ張るワケにはいきません。


そのため長年にわたっていろいろな口臭対策サプリを試してきました。


筆者がじっさいに使い続けているおすすめの口臭サプリをぜひ試して口臭の悩みを解決してみませんか?


本当に効く口臭対策サプリの選び方を見る