おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

ウイスキー

ウイスキーのハーフショットという飲み方を考える|バーでの頼み方

ウイスキーの飲み方、オーダーの仕方は人それぞれいろいろとあると思いますが、ある程度ウイスキーを飲みなれてくると選択肢に入ってくるのが「ハーフショット(ハーフ)」という注文の仕方です。 ハーフショットについてはさまざまな意見が囁かれています。筆…

ショットグラスの容量はどれくらい?オススメはサイズとデザインで選ぶ!

みなさんはショットグラスの容量ってどれくらいかご存知ですか?ここではショットグラスの容量について用途をふまえて解説しながら、容量別のおすすめショットグラスも紹介していきます。

ジャパニーズウイスキーおすすめランキング|有名銘柄から新世代蒸留所まで

今後新たなジャパニーズウイスキーの時代を担うのではないかと思える新世代の蒸留所から、まだまだ活躍が期待される既存のブランドまでをウイスキーマニアである筆者の経験からランキング化してまとめてみました。

ウイスキーは健康にやさしくてダイエット中にも飲めるお酒だった!

日本ウィスキーのブームも手伝って、今やお酒のジャンルとして多くの方々から認識されているウィスキー。 飲まない人にとってはアルコールが強い、クセが強い・・・と非常にマニアックな印象も強いのですが、じつは捉え方によっては身体にやさしいお酒でもあ…

サントリー「響17年」「白州12年」の代わりに飲みたいおすすめウイスキー

もう手に入らないサントリーの「白州12年」「響17年」の代わりとなりうる味わいの近いウイスキーを数千種類のウイスキーを飲んできた筆者が厳選紹介します。

響ブレンダーズチョイスが9月4日に発売!一般販売せず業務店向け用に

サントリウイスキー「響17年」「白州12年」の販売中止がニュースになって早一か月。特に響に関しては大体商品として新たなラインナップを追加するという話が出ており、ファンをはじめ市場では期待と不安の入り混じる状態が続いていました。 そんななか、響の…

スコッチウイスキーの初心者におすすめする知るべき銘柄15本【保存版】

入手困難も続くジャパニーズウイスキーを追い求めるならぜひスコッチを飲んでみましょう。その多様性に虜になること間違いなしのおすすめスコッチの銘酒を15本紹介します。

ジャパニーズウイスキーとスコッチの違いとは?似て非なるお酒?

ここ最近日本のウイスキー、いわゆるジャパニーズウイスキーが世界的なブームになっています。国内でも多くの人が注目しているだけに、いままでウイスキーに興味のなかった人も「日本のウイスキーはすごい」という認識が強まってきました。 せっかくウイスキ…

白州12年、響17年の価格が驚くべき高騰…品薄も続き入手困難に

2018年5月15日、以前より噂され愛好家には知られるところとなっていた白州12年、響17年の終売情報が正式に報道され、価格が高騰しました。一体どれほどの値段が付いているのでしょうか。

ラフロイグの飲み方と種類!アイラウイスキー代表!正露丸や磯の風味

スコットランドで作られるスコッチウイスキー。その中でも特に個性が強い銘柄として知られるラフロイグは、根強いファンがいることでも有名でもあります。 今回は保健室や正露丸に喩えられる強烈な個性を持つラフロイグの魅力に迫っていきましょう。 お酒好…

【インフレ中】ジャパニーズウイスキーの値段のイマ。相場調査・まとめ

値段の高騰がとまらないジャパニーズウイスキー。もはや元がいくらで今いくらなのか、どれほど値上がりがおこっているのか消費者もついていけず、需要と供給のバランスから正規価格と市場価格のギャップが起き始めているのが実態です。 今回は気になるジャパ…

海外から買い付けてジャパニーズ?バルクウイスキーとはなにか?

前回「海外からの評価も高いジャパニーズウイスキーが外国産や混ぜ物だった?」という記事において、東洋経済新聞オンラインに掲載された記事に対するまとめをさせて頂きました。 筆者自身も改めてジャパニーズウイスキーについて調べる良い機会なり、最低製…

海外からの評価も高いジャパニーズウイスキーが外国産や混ぜ物だった?

2018年3月26日。東洋経済新聞より以下のような記事が公開されました。toyokeizai.net当ブログでも度々取り上げているジャパニーズウイスキーブームとそれに伴うさまざまな状況の変化。各種ラインナップの整理やオークションでの値段の高騰などについて取り上…

品薄で入手困難の山崎の代わりに手に入れたい銘酒13本を紹介

山崎をはじめ響、白州とサントリーウィスキーが入手困難になっています。売り場に行っても山崎や響の棚だけからっぽ・・・という場面をよく見ますよね。 確かにサントリーのウィスキーはとても魅力的、でも日本のウィスキーはサントリーだけではありません。…

サントリーウィスキー響17年や白州が終売との噂?新商品の展開も?

ジャパニーズウィスキー業界がバブルに沸き立つ昨今。山崎の50年が3000万という目が飛び出る価格で取引されニュースになるなど、世間からの注目も集まるところですが、一方で愛好家からは度重なる値上げや品薄状態に辟易した声も聞こえてきます。 そんな中、…

山崎50年がオークションで3000万越え?ウイスキーとしては過去最高値が!

今、日本のウィスキーが世界中で注目されています。需要過多でプレミア化が進み、一部法外な価格で取引されることもあるわけですが、そんななか、先日耳を疑うようなニュースが飛び込んできました。 今回はあの日本を代表するウィスキーが世界最高値で取引さ…

"ジョニーウォーカー"の魅力と種類、飲み方に迫る【世界一のスコッチ!】

皆さんはこの男をご存知でしょうか?その名はストライディングマン。世界で最も売れていると謳われているスコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」のキーキャラクターです。常に前を向いて進み続けるというブランドコンセプトを表す"歩む紳士"をひっげたジ…

【ショット、シングル、ダブルとは?】ウイスキー1杯の量と値段について

ウイスキーをお店で注文する時、いったいどれくらいの量で出てくるのか不安になったり疑問に思うことってありませんか?今回はウイスキーを注ぐ量とその基準、値段、注ぐグラスの容量の関係についてまとめてみました。

【アメを嘗めるように!】ウイスキーをストレートで味わうための飲み方

今やワインと並び称されるほど世界的にもマニア度が高く、沼とも呼べる深い世界であるウイスキー。そのより踏み込んだ嗜み方、ストレート(なにも加えず生のまま)でウイスキーを飲むため飲み方・楽しみ方・心構えを学んでいきましょう。 はじめは抵抗があるか…

世界に誇る山崎・白州・響の三大サントリーウイスキーはどう違うのか

今、空前のウィスキーバブルが訪れています。 特にサントリーが展開するブランドウィスキーはどれもバカ売れ。出荷制限をかけるなどして対応する事態に・・・。 そんなバカ売れサントリーウィスキーの代表作といえば「山崎」「白州」「響」の三銘柄。 どれも…

【五大ウイスキーとその違い】産地別の特徴とは?日本ウイスキーも…?

[いまや世界中で作られているウイスキーですが、その産地として世界的に有名なのは5カ国。これからウイスキーを楽しみたいという人は五大ウイスキーとも呼ばれる生産国5つとその特徴をまずは覚えましょう。 ここでは5つの生産国と国ごとのウイスキーの特徴を…

プロも使っている、ウイスキーを美味しく愉しめるおすすめのグラス

ストレート、ハイボール、水割り、ロック、プレゼント用etc....シチュエーションや飲み方別におすすめのウイスキーグラスを厳選紹介。ハイレベルなバーやレストランでも見かけるプロ御用達のグラスを集めました。

ウイスキーの美味しい飲み方6種を学ぶ【今日から通を名乗れる!】

ウイスキーのおいしい飲み方は多種多様で、他のどんなお酒よりも場面にあわせて楽しむことができます。それぞれの飲み方のポイントをおさえて通っぽくウイスキーを楽しみましょう。家呑み、店飲みそれぞれの楽しみ方も。