おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

お酒に合う?おつまみにおすすめの甘いもの13選|鉄板スイーツから変種まで

f:id:bollet:20180626161939j:plain

お酒好きの方は日々お酒のお供の探索に明け暮れているのではないでしょうか?単体で飲んでも楽しめるお酒ですが、やはり寄り添うおつまみがあると楽しさも倍増するというもの・・・。


塩っぽいものや脂っぽいものが定番の"おつまみ"ですが、じつは甘いものとお酒の相性も侮れません。今回は甘いものとお酒の相性を日々研究する筆者の経験から、お酒と合わせて食べてみたい甘いおつまみのおすすめを厳選チョイス!合わせるお酒別に紹介していきたいと思います。


甘いものとお酒の組み合わせが好きな人も、いままでは甘いものを敬遠していたアナタも、ぜひこれを機会に甘いものをつまみにお酒を楽しむ禁断の快感を覚えてしまいましょう!

お酒のおつまみに甘いものはアリ!じつは科学的な根拠もあった?

「酒好きな人は甘いものが嫌い」などと言われることもありますが、これはおそらく「酒=大人」「大人=甘いものは食べない」というイメージから来たものだと思われます。


しかし筆者的な考えから言わせもらえば、人間は味覚のうち"甘さ"からはじまって"酸っぱさ""辛さ""苦さ"などを「美味しい」と捉え、最後に再び"甘さ"を「美味しい」と改めて捉えなおすのではないか思うのです。


甘いものを愛する大人は味覚が最大限に肥えた贅沢な舌の持ち主であり、同時にあらゆる美味しさを享受できる幸せな人だと思います。


お酒のおつまみにしても同様。「お酒が本当に好きな人は甘いものにも目がない」という人も少なくありません。さらにいえば、飲酒と甘い物(=糖分)には密接な関係があり、科学的にも飲酒時に甘いものを欲するという感覚はある意味正しいものだと考えられるのです。


参考記事:「お酒を飲むと甘いものが欲しくなるのはアルコール分解に糖分を使うから?」


お酒による快感と甘いものによる快感のダブルパンチを覚えてしまった人は、もうその魅力に抗うことはできません。ぜひお酒の酒類別にあう甘いものを見極め、最高のマリアージュを楽しんでみましょう!

ビールに合う甘い物

ビールと甘いものと聞くとひとによっては拒絶反応も出そうな組み合わせ。甘いものと組み合わせるビールは「キリン一番搾り」や「アサヒスーパードライ」のような喉ごし系ではなく、香りも楽しめるクラフトビール、エール系のビールがおすすめです。

小麦のビールとチーズスイーツの豊潤さのコラボ「ヴァイツェン×チーズケーキ」

ヴァイツェンは小麦を使ったビールで、バナナやスパイスのような華やかでスパイシーな香りが特徴的。どことなくお菓子っぽい香りを感じさせるビールでスイーツとの相性も抜群。


コレに合わせるのは小樽の有名洋菓子店ルタオのドゥーブルフロマージュ。全国のお取り寄せランキングで軒並み上位を独占する鉄板チーズケーキ。マスカルポーネチーズの酸味とコクがヴァイツエンの風味とマッチする嗜好の組み合わせです。

香ばしい黒ビールに適度な苦みを感じる焼チョコスイーツを「スタウト×ガトーショコラ」

黒ビールであるスタウトにはチョコレートを使った焼き菓子を。お互いの苦味が重なることで新たな旨味を引き出します。


黒ビールはもともとスイーツとの相性が良いビールですが、なかでもサンクトガーレンの黒糖スタウトはスイーツチックな味わいが魅力のビール。甘党にぜひおすすめです。コチラのビールなら黒糖系のお菓子をあわせても楽しいかもしれませんね。

日本酒と合う甘いもの

もともと糖分を含んでいる日本酒には甘いものはありえない・・・と思うかもしれません。しかし今や市場には日本酒ショコラや日本酒ケーキが発売され人気を博しています。そう、日本酒とスイーツの相性も決して侮っていいものではないのです。

和のエッセンスを掛け合わせる「日本酒×抹茶大福」

日本酒と甘いものといえばまずは王道の和菓子。上品な甘みが日本酒の甘みとコクとマッチして絶妙なとりあわせ。せっかくならより和の要素を強調した抹茶系のお菓子で攻めたいところ。


餡子は以外にもお酒との相性のいい食材。抹茶を練り込んだ上品で繊細、それでいてほのかな苦味が味を引き締めるな大福は日本酒としっかり寄り添ってくれます。

発酵食品同士の相性に注目「日本酒×ブルーチーズケーキ」

洋菓子ではブルーチーズを使ったケーキをおすすめ。ブルーチーズ特有の香りと発酵食品としての味わいが、同じく発酵系である日本酒とベストマッチ。ブルーチーズが苦手な人でもスイーツになっていれば食べられてしまうのでは?

ワインと合う甘いもの

本場では定番の組み合わせ?贅沢を極める「シャンパン×ケーキ」

シャンパンとケーキの組み合わせはヨーロッパでは比較的ポピュラー。日本でもお祝い事で揃うことも多い取り合わせだけに、その相性に気づいている人も多いかもしれません。


シャンパンは比較的どんなスイーツとも好相性ですが、ここはやはり鉄板の苺ケーキと合わせたいところ。ショートケーキでもタルトでも、苺をふんだんに使ったケーキとあわせてみてください。


今回ご紹介したシャンパン「ボーモンデクレイエール」は辛口ながらコシのある味わいが甘いケーキに負けないおすすめの一本です。


合わせて読みたい記事
「コーヒー、チョコレート、チーズ、葉巻、お酒...大人の嗜みと楽しみ、食後の"C"を知る」

鉄板のチーズに甘みを足してマリアージュ「赤ワイン×チーズとジャム」


赤ワインにチーズは鉄板の組み合わせですがここはちょっとだけ一工夫。ブリアサヴァランというフレッシュチーズの一種をチョイスしました。このチーズは単体だとそこまで味のあるチーズではありませんが、シンプルな味だけにフルーツジャムなどで味付けできるというメリットがあります。


甘みを足すと濃厚なレアチーズケーキのような味わいに。カシスやラズベリーなど、ベリー系のジャムと合わせてよりワインとの相性を高めてみてはいかがでしょうか?

甘みに甘みを重ねる禁断の組み合わせ「デザートワイン×アイスクリーム」

デザートワインとは貴腐ワインポートワインのような甘みのあるワインの総称。あくまでもワインなので酸味もありアルコールのコクもあるデザートワインに合わせるのはバニラアイス。


甘さ×甘さでくどいと思いがちですが、甘さの質やバランスが異なるため意外なほどにお互いを高め合う存在なんです。アイスクリームをちょっとアレンジして好みの組み合わせを探すのもおもしろいかも。


デザートワインは基本的にどれをチョイスしてもアイスとの相性がいいので、ぜひ一度騙されたと思って試してみて欲しいですね。

ウイスキーと合う甘いもの

鉄板の相性はおつまみのチョイスに鍵が?「シングルモルトウイスキー×ビターチョコレート」

ウイスキーとチョコレートは鉄板の組み合わせですが、ひとくちにウイスキーやチョコレートといってもそれぞれ味わいもタイプも異なるものがたくさんあります。組み合わせを間違えると相性は最悪にもなり得るので、じつは上級者向けともいえる食べ合わせ。


今回は特徴的な個性を持ちつつも複雑で通好みのスコッチシングルモルトのなかから、華やかで繊細なグレンモーレンジをチョイス。あわせるのはイタリアはドモーリという会社のカカオ70%チョコレート。


複雑ながら繊細なシングルモルトには大味な甘くてフレーバーのあるチョコレートよりも、ビターでストイックなチョコレートがベストマッチ。カカオの複雑さを活かすチョコでウイスキーの複雑を引き出します。


合わせて読みたい記事
「一度は食べておきたい美味しいタブレットチョコレートのおすすめブランド」

香ばしく甘い香りの掛け算「バーボンウイスキー×コーヒーチョコレート」

アメリカンバーボンウイスキーは樽の内側を焦がして熟成させるという特徴があります。それにより甘さと香ばしさを持ったウイスキーに仕上がるのです。これとあわせるのは同じく香ばしい香りをまとうコーヒー系のチョコレート。


シンプルな組み合わせながら非常に相性の良いマリアージュだといえるでしょう。

ブランデーと合う甘いもの

洋と和のマリアージュに感動する「ブランデー×和菓子」

ブランデーというとチョコレートのイメージも強いと思いますが、非常に繊細なブランデーはチョコレートとの相性が必ずしも良くありません。ウイスキー以上に組み合わせを厳選しないとお互いの良さを打ち消し合う結果に・・・。


個人的にブランデーはチョコレートのようなハッキリした味のスイーツより、餡子を使った和菓子の方がマッチします。羊羹や最中とブランデーの組み合わせは危険!騙されたと思ってやってみてほしい組合わせ。


ポールジローは地酒感の強い家族経営のブランデーブランドですが、このような個性的なブランデーも最中によってブランデーの原料である葡萄の風味を引き出せるから不思議ですね。

スピリッツと合う甘いもの

口の中でカクテルを作るイメージ「ジン×フレッシュフルーツ」

フルーツの持つ華やかな香りと酸味を伴う甘みはお酒と非常に相性が良くカクテルの材料にも使われますが、そのままカットしておつまみにしても抜群の相性。イメージとしては口の中でカクテルを作り上げてしまうという感じでしょう。


どんなお酒ともフルーツは合いますが、一度試してみて欲しいのがジンとの相性。カクテルのベースとしても使われるジンならばフルーツとしっかり寄り添ってくれます。ストレートで飲んでもジントニックにしても良いですね。


ジンはいまプチブームでさまざまなタイプのものが販売されています。そのまま飲んでも美味しいものが多いので、下記の記事などを参考にぜひいろいろと試してみてください。

合わせて読みたい記事
「お酒としての価値観を変えてくれるおすすめのジンはコレ!16選!」
「ジントニックの味とベースに使うおすすめジンによる味わいの違い」

四季折々の魅惑的なフルーツ特集一覧

エキゾチックな香りでイメージを膨らませる「ラム×スパイスクッキー」

サトウキビから作られるラム酒には甘いものが良く合うのですが、ここではエキゾチックなラムのイメージをより高めてくれるスパイシーなクッキーをおすすめ。パティスリーなどに行くと大抵スパイスを使ったクッキーが複数種販売されていますので、好みのものを探してみましょう。


今回取り上げるのはロータスのジンジャークッキー。ほのかな生姜とシナモンの香りがラム酒の味わいと溶け合い、絶妙なハーモニーを奏でます。


合わせて読みたい記事
「ラム酒のおすすめ銘柄15選!甘口から辛口まで絶品のブランドを厳選!」

カクテルと合う甘いもの

意外な取り合わせ?カクテルにもスイーツがあう「カクテル×パウンドケーキ(焼き菓子)」

カクテルにスイーツと聞くとピンとこない人も多いと思いますが、今回オススメしたいのは焼き菓子類。カクテルによってお菓子を使い分けたいところですが、特に万能なのがパウンドケーキ。口にケーキを含んでカクテルを染み込ませるようにして飲むと、即席ブランデーケーキのようなイメージでパウンドケーキとカクテルを一緒に味わえます。


他にもスパイスの効いたクッキーやプティフールなどもカクテルとの相性がよく、自分の好きなカクテルとマリアージュする焼き菓子をいろいろと試してみるのも楽しさが広がります


合わせて読みたい記事
「知っておきたい有名なフランス伝統菓子の種類と名前一覧」
「ギフトにも最適な美味しい焼き菓子といえばピエールエルメ」


お酒にあう甘いおつまみを探求していこう!

お酒と意外なほどに合わせやすい甘いもの。ぜひ自分なりのお酒と甘いものの組み合わせを探求してみてはいかがでしょうか?快感を呼ぶお酒とスイーツ、くれぐれも食べ過ぎ飲み過ぎは禁物ですよ!