おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

響ブレンダーズチョイスが9月4日に発売!一般販売せず業務店向け用に

サントリウイスキー「響17年」「白州12年」の販売中止がニュースになって早一か月。特に響に関しては大体商品として新たなラインナップを追加するという話が出ており、ファンをはじめ市場では期待と不安の入り混じる状態が続いていました。


そんななか、響の新商品となるブレンダーズチョイスに関して一般販売はなく業務店向けの発売になるようだという話も出てきています。その気になる内容と共に響ブレンダーズチョイスについてまとめてまいりましょう。

響ブレンダーズチョイス、9月4日発売予定

響17年の後継ラインとして、かねてより発売が噂されていた響ブレンダーズチョイス。どうやら新商品の発売は2018年9月4日が予定されているようです。


現段階で入手できる情報からまとめた響ブレンダーズチョイスと響17年のスペックの比較表を用意しましたのでこちらを見ながら解説していきましょう。


f:id:bollet:20180613190442j:plain


まず気になる熟成年数ですが、響17年はと当然のことながら17年、もしくはそれ以上の原酒のみを用いた構成なっていました。いっぽうのブレンダーズチョイスは年数表記なし・・・とはいえベースとしては15年前後の熟成原酒を用いるとのことで、どれほど15年クラスの原酒が混ぜられるかは分かりませんが、17年に遜色ない品であることを強調しているようにも思います。


値段はおよそ10,000円ということで、17年の正規価格12000円に対して少し割安な設定をしているようです。


アルコール度数も43%ということで、ここで40%に下げれば酒量をたくさん確保できるわけですが、あえて43%に留めてきたことは好感が持てます。

響ブレンダーズチョイスはワインカスク熟成の原酒を使用

響ブレンダーズチョイスはブレンドするウイスキーの特徴として、一部の原酒にワイン樽で熟成をかけたものを使用するといいます。ウイスキーは寝かせる樽によって味わいを大きく変え、メインとして使われるのはバーボン樽、シェリー樽、ジャパニーズではミズナラと呼ばれる樽なども積極的に使用されます。



そんななか、一般的には"変わり種"感の強いワイン樽を使うことを強調。ワイン樽で寝かされたウイスキーはフルーティで甘みのとれた味わいになることが多いので、熟成年数が短くなってもワイン樽原酒を使うことでまろやかで甘さのある味を作り出し、バランスを取ろうとしているということなのでしょうか。



もちろん響17年と全く同じ味わいを期待することはできない訳ですが、後継としてそれにふさわしい味になっているかどうか、注目が集まるところでしょう。

響ブレンダーズチョイスは一般販売されない予定?

さてさらに注目すべき情報も出てきていますので確認していきましょう。


じつは響ブレンダーズチョイスは現在のところ一般販売は予定されておらず、国内の業務市場向けの商品となるというのです。当然海外への販売も基本的には想定されていないとのこと。


つまり響ブレンダーズチョイスは一般の酒屋さんやスーパーなどに卸されることはなく、飲食店などの店舗へ販売され、飲食店を通して楽しむ事になるというわけです。


17年という表記を辞めたとはいえ、15年前後の原酒を使うことからいずれにせよ量産は難しく、生産と販売の数をコントロールすることで安定供給するののが狙いなのではないかと推測できますね。あくまでも17年を扱っていた業務店への救済処置ともとれそうです。


逆に考えると、プロ向けの商品ですからサントリーとしても手は抜けないはず。もしかしたらブレンダーズチョイスは想像以上に仕上がった商品になっているのかもしれません。

響ブレンダーズチョイスへの期待、響17年は復活するのか?

サントリーは近いうちに響や白州の熟成ラインナップは復活させるとも述べているそうです。生産体制を整え、市場に投入できるだけの蓄えが終わり、また私たちが響17年が楽しめる日はいつくるのでしょうか?


新発売されるブレンダーズチョイスにしても、一般販売しないとはいえ、今ではオークションや横流しなどでいくらでも商品が流通する時代。販売と同時に買占めが起こらないようにコントロールしていくのでしょうが、9月4日以降、市場がどのような動きを見せるのかは注目していたいところです。

まとめ

響17年の後継となる響ブレンダーズチョイスの上方についてまとめてきました。今回の情報はForbesという海外のメディアを参考にさせて頂きました。海外でも響の今後の動きには注目が集まっているようですね。


終売情報の発表から当ブログのジャパニーズウイスキー関連の記事も非常に多くの方にご覧いただきました。一か月がたち、徐々に落ち着きを見せていますが、今後もまだまだ動向を守り続けていきたい思います。早く新しい響の味わいを試してみたいですね。



合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com