おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

絞り、カット、くり抜き…フルーツを楽しむために揃えたい道具9選

f:id:bollet:20180704195200j:plain

おいしいけれど皮を剥いたりカットしたりがめんどうでなかなか自宅ではフルーツを扱わないという人は多いことでしょう。今回はそんな人に向けて、これを揃えておけばひととおりのフルーツカッティングができる、という道具を厳選紹介します。


しっかり道具を選べばあんなに嫌だった果物の処理が楽しくなってしまうかも・・・ご自宅にないものがあればぜひお買い求めください。

絞り、カット、くり抜き…フルーツの処理は道具を厳選してラクチンに!

f:id:bollet:20180704195224j:plain

皮むきからカット、場合によってはくり抜いたり絞ったり・・・いろいろな加工や工程が必要となることも多いフルーツ。種類ごとにやり方があったりでなかなか大変で自分では買わないという人も多いでしょう。


しかしそうした細かい作業にも適した専門の道具なども売られていますし、何回か練習すれば意外とスムーズにカッティングできるようにもなります。果物を綺麗にカッティングできると料理上手になった気分にもなりますね。


ここに挙げたものを準備しておけば大抵のフルーツを綺麗に処理することができるはずです。コツさえ掴めばお店で出てくるような飾り切りもできるようになるはず。ぜひチャレンジしてみましょう。

絞り、カット、くり抜き…フルーツ加工に必要な基本の道具

まずはフルーツを楽しむうえでこれは揃えておきたいという道具を挙げておきましょう。どれも使いこなすのにある程度の練習を必要としますが、一度覚えてしまえば他に道具を買わなくてもここに挙げたものだけで大抵の加工はできるようになります


しっかり基礎から押さえたい方、やる気十分の方は専用の便利アイテムに手を出す前にまずはここからチャレンジしていきましょう。

使いこなさせればこれ一本でフルーツカッティングできるペティナイフ

いまでこそフルーツカッティングにはフルーツごとに専用の道具などが手に入るようになり、道具さえ揃えればなんの技術もなく綺麗に切ることもできるようになりました。しかしコツさえ掴めばいろいろな道具を買って仕舞う場所に困ることもなく、ナイフ一本でほとんどのフルーツカッティングが可能です。


フルーツを切るのにはペティと呼ばれるサイズのナイフが基本。小振りな刀身でコントロールしやすく、細かいカットにも対応可能です。各フルーツの具体的なカット方法はフルーツの個別記事でも紹介していますので、興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。


ここでは耐久性、切れ味のバランスが良いミソノのペティナイフを推奨しておきます。フルーツは酸が強いので、なかでも錆びにくいモリブデン鋼を使用したモデルがまず一本購入するのにちょうど良いかと思います。

幅広いフルーツの果汁を絞れるハンドジューサー

健康・美容への意識の高まりからフレッシュフルーツの果汁を絞ったジュースを日常的に飲む人も増えています。それに伴い簡単にジュースを絞れるスロージューサーなどもさまざま発売されていて便利になっていますが、どうしても問題になるのが値段と置き場所


本当に毎日フルーツジュースを飲む人なら価値はありますが、たまにしかジュースを絞らないのならハンドジューサーでも十分な機能性を持っています。加えて機械式のジューサーと異なり、手動で力加減を考えながら絞れるので果物への負担も小さく、本当の意味でフレッシュなジュースを絞ることが可能。


ジューサーと比べても片づけに手間取らないのも嬉しいですね。こちらの商品くらいのサイズのものを持っていれば、定番のレモンやオレンジから葡萄、トマト、イチゴ、イカなどなど、カットすれば幅広いフルーツに対応可能。カクテル作りにも使えてとても便利なアイテムです。

より精密な飾り切りに挑戦したい方に便利なフルーツカービング

フルーツカービングとは果物や野菜に細かい彫刻のような細工を施す技術で、もともとはタイの伝統工芸ともいわれています。最近ではレストランなどでお皿を彩る技法のひとつとしても重宝されていますね。


お弁当や日々の食卓にちょっとした華を添えるために覚えておくと便利なカービング。専用のナイフがあればちょっとした細工ならさほど難しくありません。


今はyoutubeなどで簡単にやり方を解説した動画をみることも出来ますので、機会があれば覚えてみるのも楽しいですね。

特定のフルーツ専用のカット、くり抜き道具にも注目

りんごの皮むきとカッティングを一瞬で行える皮むき器&カッター

フルーツカットの基本ともいえるりんご。ナイフを使ってするすると自分の手で剥くのもいいですが、めんどうな人は専用の皮むき器とカッターを使って一瞬でやってしまいましょう。


皮むき器はりんごを真ん中のハリに差し込んでハンドルを回すだけで綺麗に皮を剥いてくれるスグレモノ。剥き終わったりんごを今度はアップルカッターを通して美しい八等分に。芯も綺麗にのぞかれてすぐに食べられる状態に。


アップルパイや蜜煮など、加工用に処理する場合にも時短になってとても便利。りんごをよく食べるご家庭であれば絶対欲しいアイテムです。

意外と難しいキウイフルーツのカットを驚くほど簡単に行えるカッター

キウイフルーツはカッティングが意外と難しいフルーツのひとつ。果肉が滑りやすいのでプロでも皮むきに少し手間取る果物なんです。そんなキウイフルーツを一瞬でキレイにカットしてしまうのがこちらのカッター。


まずは黄色のカッターでキウイフルーツを横半分にまっぷたつにし、その後に不思議なドーム形をしたカッターをキウイフルーツにねじ込んで一回しするだけ。カッターを抜いてみると綺麗に皮からカットされた果肉が切り離せるというシロモノです。


見ているだけでも面白く子供ウケもいいでしょうから、キウイフルーツ嫌いな子でもこれをきっかけに食べてくれるかもしれませんね。

美味しくない部分をピンポイントでくり抜くいちごのヘタとり

いちごの白い部分は味が悪く、プロの方が使う時はナイフで取り除くのが一般的。しかし小さないちごのヘタから白い部分のみをナイフでくり抜くのは意外と手間ですし初心者には少し難しいものです・・・。


そんなときに便利なのがこちらのヘタとり。いちごのヘタから白い部分にかけてをピンポイントで簡単にくり抜けるため、最近ではプロにも愛用者が多いのだとか。


ご家庭でもそのまま食べるときはもちろん、ジャムやケーキなど加工時にも力を発揮する便利アイテム。場所も取らないので一個あると便利ですね。

ベタつくバナナのカットを一瞬で行うバナナスライサー

ヨーグルトやお菓子作りで使うときや小さいお子さんに食べさせたいときに、バナナをスライスしたことのある人も多いことでしょう。バナナって皮むきは簡単だし柔らかいからそんなに苦じゃないと思いますが、ねっとりした果肉のせいでうまく切れなかったり、刃が滑ったりすることも・・・


そんなときにおすすめしたいのがバナナスライサー。これを使えば等間隔で綺麗なスライスを一瞬で作ることが可能。お子さんに任せても安心ですね。

螺旋状に果肉を切り出すパイナップルスライサー

パイナップルを食べたいときにカットパイナップルを購入する人も多いことでしょう。しかし加工された商品は当然手間賃が上乗せされていますので割高カットした後は刻一刻と劣化していきますから鮮度にも不安が残ります。


でもパイナップルをまるごと買ってカットするのは大変・・・そんな方にはぜひパイナップルスライサーを試してみて欲しいところ。葉の部分を切り落として露出した果肉部分にスライサーを押し込んでいくだけで簡単に皮から果肉を切り離すことが可能。


果肉は螺旋状にカットされますが、繋ぎ目の部分に刃を入れれば一枚ずつのスライス状にすることが可能です。コスト的にも鮮度的にも得する丸ごとパイナップルを簡単に楽しめますね。

種だけ綺麗に取り出せるさくらんぼの種抜き機

さくらんぼはシーズンになると質の良いものが安価にたくさん流通するのでまとめて購入する人も多いかもしれません。小さいお子さんに食べさせるときやケーキなどの加工用に使うときに種だけを綺麗に取り除こうして苦戦した経験のある人もいらっしゃることでしょう。


そんな人にぜひ使ってもらいたいのがこちらのさくらんぼんの種抜き機。なかに果実をセットして押すだけで果実の形を残して種を抜き取ることができます。


さくらんぼ以外にもオリーブにも使用できるので、パイやケーキなどで使いたい場合にうってつけのアイテム。一個あるといざという時に便利ですね。

まとめ

フルーツの皮を剥いたりカットしたり絞ったりするのにはそれなりの苦労が伴います。しかしその先に待つフルーツのみずみずしく芳醇な味わいに比べれば、ちょっとした苦労は嫌にならないのではないでしょうか?


ここで紹介したような道具を使いこなし、フルーツを気軽に日頃の生活に取り入れてみましょう。



合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
おいしいフルーツはお取り寄せでこそ手に入ることも・・・。四季折々のフルーツを楽しみましょう。


>>その他のフルーツに関連する記事一覧もあわせてチェック