おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

トルコ産ドライいちじくのおすすめは龍屋物産!ねっとりした食感がたまらない

f:id:bollet:20180629184928j:plain

ドライフルーツは栄養価も高くおいしくてアレンジの幅も広いため人気の食材。しかし商品によって味のばらつきが多く、スーパーなどで安価に手に入る物は微妙なものも少なくありません。


じっさいにおいしいドライフルーツに当たったことのある人は少ないのでは・・・?


今回はドライフルーツのなかからドライいちじくにフォーカス。ねっとりとした食感と旨味がたまらない龍屋物産のドライいちじくをご紹介します。

便秘にも効果的?栄養価の高いドライいちじく

美容やダイエットにも注目されるドライいちじく

ドライフルーツはフルーツの持つ成分を凝縮した食材として健康食品としても注目を集める存在です。ダイエットや美容にもいいということで、美容に敏感な女性からも人気が高いですね。


ドライいちじくはなかでも便秘に対して高いパフォーマンスを発揮すると考えられています。というのも、ドライいちじくには水溶性、不溶性の食物繊維が豊富に含まれていて腸内環境の改善に役立ちます。


また食べ物の消化に役立つファシン、アミラーゼ、リパーゼといった酵素も含んでおり、身体の内側からキレイにしてくれる食材といえるのです。

不足しがちなミネラルも豊富

ドライいちじくはカルシウム・カリウム・鉄分といった人間の身体に必須なミネラルも豊富に含まれています。


これらの成分は現代人にとって不足しがちなものといわれていて、特にダイエットなどで食生活を制限すると健康に支障がでるほど欠乏している人も少なくありません。


天然のサプリメントとしてドライいちじくを生活に取り入れるのも悪くないでしょう。

ドライいちじくはカロリーは意外と高い

ドライいちじくに限らず、ドライフルーツはフルーツの成分を凝縮しているため意外とカロリーは低くありません


食べやすくておいしいからといってパクパク食べるとカロリー過多になるだけでなく、成分の過剰摂取でお腹がゆるくなったりすることもありえるので気を付けましょう。

おすすめドライいちじくは龍屋物産のトルコ産のフィグブランシュ

龍屋物産のドライいちじくが濃厚でおいしい

ドライいちじくはドライフィグ(フィグ=いちじく)などとも呼ばれ、ドライフルーツとしては鉄板です。そのためにドライいちじくと名のつく商品は非常に多いのですが、商品によって味や食感が大きく異なり、なかにはあんまりおいしいと思えないような商品も混ざっています


もしも今までおいしいドライいちじくに出会ったことがない・・・という人はぜひ龍屋物産のドライいちじくを試してみてもらいたいところ。


f:id:bollet:20180629184947j:plain


トルコ産のスルミナ種のいちじくを天日で自然に乾燥。添加物を一切しようせずに仕上げた非常に味わい深いドライいちじくとなっています。


f:id:bollet:20180629185002j:plain


一粒一粒がしっかりとしたサイズで食べごたえがあるのも嬉しい。ドライいちじくは小さいタイプのものも少なくありませんが、個人的には大粒の方が味も濃くて食べごたえがあり好みです。


f:id:bollet:20180629185019j:plain


断面図。こちらのドライいちじくはねっとりとした食感が特徴的。セミドライとも呼べるような絶妙な乾燥具合でクセになります。この食感を出しているドライいちじくは他にも何種類かは経験がありますが、比較的購入が容易なのは龍屋物産のものだけだと思います。


非常に優れた商品を多数展開する龍屋物産

龍屋物産は非常に品質の高いおつまみ類を販売する会社ですが、販路を広く持っているたろ入手も容易。身近な店舗でも探せば購入可能なほか、通販利用で簡単に入手できます。

ドライフルーツは質の高いものだと高価なものも少なくないなか、龍屋物産の商品は質と値段のバランスが絶妙です。価格だけでみたら決してものすごく安いわけではないのですが、味を考えればコスパは最強クラスのドライフルーツだといえるでしょう。


龍屋物産の製品については他にも以下のような記事を執筆していますので、ぜひ参考にしてみてください。

www.oishikerya.com
www.oishikerya.com

トルコ産とイラン産のドライいちじくに違いはある?

ここでご紹介している龍屋物産のドライいちじくはトルコ産いちじくを使用しています。ドライいちじくはトルコ産かイラン産のものが主流ですが、両者に違いはあるのでしょうか?


基本的にはどちらの産地のものがおいしいと言い切ることできません。結局のところは製品としての加工方法などによっても味は変わりますから当然といえば当然でしょう。


しかし一般的にトルコ産のドライいちじくは大粒で味が濃厚。粒の大きさも関係してか食感も少しやわらかく種のプチプチ感を楽しめます。一方のイラン産は小粒でしっかりと水分の抜けきったハードタイプで、噛めば噛むほど味が出てくるタイプのものが多く、コンポートや製菓などの加工用にも扱いやすい印象です。


他にもギリシャ産やアメリカ産、国産のものも少量流通していますが、ほとんどはトルコ産かイラン産。龍屋物産のトルコ産も産地の特徴をハッキリと表した大粒でプチプチ感もある濃厚な味わいに仕上がっています。

ドライいちじくの食べ方


健康のために、お酒のおつまみにそのまま

龍屋物産のドライいちじくは基本的にそのまま食べるのがオススメです。ねっとりとした食感に濃厚な味わいで、いちじく特有の青臭さがあまり気にならず食べることができます。


紅茶やお酒のお供として、間食や食後のデザート代わりに2~3粒つまむ・・・というような食べ方がオススメですね。

ちょっとしたアレンジを加える

ドライいちじくはアレンジの幅が広い食材でもあります。最も有名なのはコンポート(ワイン煮込み)などでしょうが、龍屋物産のドライいちじくはもともとねっとりした食感を持っているためあえてコンポートにしなくてもいいかなという印象


それよりもこの食感を活かす食べ方を考えましょう。シンプルにスライスしてサラダに混ぜたり、ブルーチーズに切ったドライいちじくを乗せてトースターで軽く温めたり(公式推奨の食べ方です)、クリームチーズとハチミツとで和えてたりして食べると、そのまま食べるのと違った雰囲気に。


そのまま食べるのに飽きたらいろいろなアレンジを開発してみるのも楽しいですね。

おすすめの龍屋物産トルコ産ドライいちじくを食べてみよう

非常においしくてお酒のアテにも美容健康のための天然サプリとしても食べられる龍屋物産のドライいちじく。


ぜひこの機会に手を伸ばしてみてはいかがでしょうか?きっと日々の生活に新たな潤いを与えてくれる食品となることでしょう。



合わせて読みたい記事
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com
www.oishikerya.com