おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

初めてのバーを楽しみたいならおすすめの知っておきたい方法とマナー

f:id:bollet:20180602190225j:plain


Bar(バー)というとお酒を楽しむお店でも特に敷居が高い形態です。しかしちょっとしたコツをつかめれば、バーは他のどのお店よりもお客さんひとりひとり=自分を尊重したサービスを提供してくれるところでもあります。


一度その魅力に憑りつかれたら、良いことがあった時に、疲れた時に、ここぞというデートの時に、気の置けない友達と・・・あらゆるシチュエーションで活躍してくれること間違いなし。


初めての方から上級者までバーの扉を開ける前に、改めて確認しておきたいことをお店選びからお店を出るまでの流れで見ていきましょう。

お店選びからバーの時間は始まっている?

口コミサイトをアテにするな

まずはお店選びです。あなたが行きたいと思っているバーはどんなバーでしょうか?どうしてそのバーに行ってみたいと思ったのでしょうか?


「食べログで上位だから」「雑誌に載っていたから」「影響力のある人が良いと言っていたから」


こういう理由でお店を選ぶのは初心者にはオススメできません。特にバーのようにカウンターが中心で良い意味で閉鎖的なお店(寿司屋や割烹料理屋などもそういう傾向にありますが)は人によって感じ方が大きく異なるので不特定多数の口コミは全くアテになりません

バーに精通した知人がいなければ通勤通学圏内の店へ

身近に趣味のあう知人やバーにとても詳しい人がいるのなら参考にしたり、場合によっては一緒に連れて行ってもらうのが一番良いのですが、そういう人が近くにいない場合は、まずは自分の通勤圏内や自宅の近くにあるバーで、値段帯と雰囲気が自分の好みに近いところに突撃してみるのをオススメします。


その場所に縁があれば話のきっかけにもなりますし、事前に周りの人に行った人がいれば大体の値段や雰囲気は予想が付きます。場所別のお店探しはサントリーが運営しているBAR-NAVIがオススメです。値段の目安も載っていますし、写真でお店の雰囲気もつかめます。


より詳しいお店選びのポイントについては以下の記事でもまとめていますので参考にしてみてください。バーは特にお店選びからバーを楽しめるかどうかが左右されていきます。ぜひアンテナを高くしていろいろと調べてみましょう。


www.oishikerya.com

バーへ向う前に身だしなみと財布の中を少しだけチェック

f:id:bollet:20180605151758j:plain

いざ初めてのバーへ!少しだけ身だしなみをチェック

いよいよバーへ出かけようとするときは、少しだけ身だしなみのチェックをしましょう。今どきドレスコードのあるバーはさほど多くはありません。銀座や一流ホテルのバーは例外としても、基本的にはよほど汚い格好をしていかなければ入店を断られる事はないでしょう。


しかし初めてのお店では当然スタッフの人もアナタがどのような人か分かっていません。そこでまずは身なりからどのような人なのかを推測するわけです。つまり初めてのお客さんは常連さん以上に身なりをチェックされる可能性が高いので、ここでだらしない格好をしていくと「間違えて入ってきたのかな?」「あんまりきちんとしていない人なのかな?」と警戒されてしまうことも考えられます。


もちろんそのお店の雰囲気や立地にもよりますが、初めてのお店には異性とデートをしていくのに恥ずかしくないくらいの格好で行った方が無難です。仕事帰りならスーツのままでも構いませんが、あまりだらしなく着崩しているのもよくないでしょう。*1

財布は少しだけ余裕をもたせて

日本は電子マネー後進国なので、特に小さなお店になればなるほどクレジットカードが使えないお店も少なくありません。海外と比べるとカード使用時の飲食店の負担額が非常に大きいので仕方がないのですが、カードが使えないことも考えて現金は少しだけ余裕をもたせておきましょう。

チャージのこと

バーではチャージ料金というものがとられるのが一般的です。チャージについては賛否両論あると思いますが、現状では500円~1000円くらいの間で会計に上乗せされるのが一般的です。


ちなみに筆者はチャージ肯定派です。その必要性や理由については下記の記事でまとめています。

www.oishikerya.com

初めてのバー、初めて行くバーなら開店時間直後がおすすめ

f:id:bollet:20180605151541j:plain

初めてバーに行くとき、もしくは初めて行くバーに御邪魔するときはぜひ開店直後を狙いましょう。開店直後は他にお客さんがいないケースも多く、ゆっくりと対応してもらうことができます。


お酒の注文はもちろんですが、その後にどのような経緯でお店に来たのか、どういうお酒が好きなのかというような話をきっかけにしてコミュニケーションをとれればその後のバータイムがより素敵なものになることでしょう。

はじめてだと素直に伝えるのがおすすめ

バーに慣れていないこと、そのお店が初めてだということは素直に伝えましょう。注文の仕方から飲み方などはもちろん、バーでの振る舞いやそのお店の特徴についていろいろと教えてもらえることも少なくないはずです。

オーダーは思い付かなくてもいい!おすすめはバーテンダーさんと相談しながら

オーダーの仕方にはいくつかのテンプレートがある

バーで最も緊張するのはオーダーの瞬間。メニューが無いことも多いので、特に慣れていない人にとっては困惑してしまうことでしょう。しかしあまり難しく考えすぎる必要はありません。いくつかのテンプレートを覚えておいて、とりあえず一杯目を乗り切りましょう。そのドリンクを楽しみながら、次にどういうものを飲みたいかなどを相談していくのがオススメです。


オーダー時に使えるセリフのテンプレートは以下の記事でまとめています。
www.oishikerya.com


なんとなく知っている名前のカクテルを注文するのはリスキーでもあるので、あまりオススメしません。特にマティーニなどはよほど好きでない限りいきなりは頼まない方がいいカクテルの定番です。
www.oishikerya.com

お酒をより楽しむなら順番も意識してみよう

たとえば居酒屋で枝豆や冷奴からはじめて唐揚げなんかをつまんで締めに雑炊を食べる・・・というようにお酒を飲む順番にもある程度のセオリーがあります。基本は味の軽いものから濃いものへとシフトしていくのが理想。


慣れていないうちは難しいことを考えなくてもよいのですが、ファーストオーダーや〆の一杯だけでも意識してみるとより楽しみが広がります。


詳しくはお酒の注文の順番にフォーカスした下記の記事をご覧ください。

www.oishikerya.com

バーでのお酒は一杯いくらくらい?一杯につきどれくらいのお酒の量なの?

バーのお酒は一杯いくらくらい?

メニューのないお店だと一杯あたりの値段が分からなくて怖い・・・というのもバー初心者にとってはハードルが高いかもしれません。もしメニューのないお店で値段が不安なら素直にスタッフの方に尋ねるのが一番ですが、目安で言えばちゃんとしたバーなら1杯800~1500円くらいで考えておくのが良いでしょう。


バーは飲食店のなかでも特に値付けの幅がさまざまで、立地やコンセプトによっても異なりますし、同じお店でも安いものなら700円、高いウイスキーなら5000円なんていうこともザラにあります。慣れないうちや初めてのお店なら予算を先に伝えるのもオススメです。

一杯につきどれくらいのお酒の量がはいってる?

意外と知られていないのがバーで提供される一杯にはどれくらいのお酒が入っているのか、ということ。一般的にバーではメジャーカップという道具を使ってお酒を軽量します。


最近だとスタンダードが1ショット=1杯=30ccというお店が多いですね。中には45ccで計量しているお店もあります。


www.oishikerya.com


ただこれはあくまでもウイスキーなどをストレートやロックで頼んだ時の場合。カクテルでは意外にウイスキー一杯よりも多くのお酒を使っている場合もあり、飲みやすいからといってグイグイ飲むのは実は非常に危険なんですね。


バーで泥酔してしまうと浮いてしまいますから、自分の許容量と相談しながら、慣れないうちは「少し酔ってきたかな?」というところで止めておくのがスマートです。

他のお客さんとの会話はバーテンダーさんを介して行うのがマナー

むやみやたらに他のお客さんに話しかけるのはご法度

バーでの楽しみのひとつといえばバーテンダーさんや常連さん同士で繰り広げられる会話・・・見ず知らずの人たちがバーという空間を通して知り合うのも醍醐味のひとつ。


しかしなかには一人でゆっくり飲みたい人、友達や恋人との時間を大切にしている人もいます。そうしたお客さんにむやみに話しかけるのはNG。言ってしまえば「バーでは空気を読むのが大切」ということになるのですが、お酒の場でもあるのでなかなか判断が難しいのも事実です。

スタッフを介した会話を心掛けることでトラブルを避ける

そこでバーにおいて、他のお客さんとの会話でトラブルを起こさないようにするためのポイントをお伝えしましょう。それはあくまでもお客さん同士の会話はバーテンダーさんを介して行うということです。客観的な立場にいるバーテンダーさんを通して話すことで、余計な事を言わなくても済みますし、もし問題があれば仲介役として会話を止めたり、別の方向に話を持っていってくれることもあります。


バー慣れしていない人ほど他のお客さんに迷惑をかけてしまうようなことも多いので、初めのうちはあまりグイグイ行かないようにするのがバーでの振る舞いの基本だといえます。

お店の雰囲気をよくみて判断しよう

なかには他のお客さんとの会話は原則禁止しているお店も少なくありません。親しくないお客さんに「一杯おごってあげてください」などもNG行為になることが多いですね。特に慣れていないお店では「郷に入っては郷に従え」ということで、お店の雰囲気(静かに飲む雰囲気なのか、ワイワイ飲む雰囲気なのか)を感じることも、バーを楽しむうえで大切な事だといえます。

バーでの御会計はスマートに!

お酒と空間をじゅうぶんに楽しんだらお会計です。バーでのお会計はなるべくスマートに行うようにしたいものです。


御会計をお願いする時はスタッフの手が空いているときに「御会計をお願いします」というように一声かけるようにしましょう。基本的にバーにはレジスペースというものがないので、カウンター越しにお願いしてその場で清算します。


立ち上がってお会計をしようとする人がたまにいますが、他のお客さんの迷惑にもなるので席に座ったままお会計を済ませるのが基本です。


また先ほども述べたようにカード対応していないお店もあると思いますので、その時に備えて現金をある程度持っておくが望ましいですね。


www.oishikerya.com

バーはアミューズメントパークである

バーは飲食店のなかでは特殊な形態です。単純にお腹を満たしたり味だけを楽しむのではなく、お店の雰囲気や会話などすべてを含めて楽しむアミューズメントパークのようなものだと思います。


加えてバーという場所は他のお客さんやスタッフとの距離が近いのが特徴です。つまりあるお客さんの行動が他のお客さんの満足度にも直接左右してしまうわけです。


その場にいるみんなが楽しめるように、ある程度のマナーや使い方を知っておくのがバーに行くうえでのルールでもあるでしょう。少しめんどうかもしれませんが、それを越えたところにある極上のひと時を期待して、ぜひ少しだけ背伸びをして行ってみましょう。

*1:筆者は以前ネクタイをかなりゆるめていったら叱られたことがあります。もちろん嫌な感じではなく「あくまで公共の場だからあんまり気を抜きすぎない方がいいですよ」と諭された感じでしたけどね