おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

1日1000pvを達成!ブログを始めて感じたことやこれからのこと雑感

先日、ブログを初めて1日のアクセスが1000pvを越えました。そこで今回は普段と趣旨を変えて、当ブログ初の運営報告をしようと思います。
読者数が異常に少ないブログなので、新着記事としてチェックしている人は少ないとは思いますが、興味ない方は飛ばしてください。

ブログ開始から1年とちょっと・・・ようやく1日で1000pvを達成

f:id:bollet:20180308043108j:plain

このサイトでサイト/ブログそのものについて言及するのはおそらく初めてだと思います。というのもどうもブログの運営報告を自分が書いている様子が想像が付きませんでしたし、弱小ブログの情報など載せたところでpv稼ぎにすらならないと感じていたからです。


しかし、3月に入って初めて1000pvを達成して以来「せっかくここまで続けてしたし、もっと本格的に運営に力を入れても良いのではないか」という思いがふつふつとわき上がっていて、運営報告という形で世間に晒すことで、より自分を鼓舞する意味もこめて今回初めての運営報告を行うに至りました。



1000pv/日など、ブログを継続運営している方や本格的に収益化している方にとっては雀の涙にも至らない数字かと思いますが、自分の中ではひとつ区切りになるかな・・・ということで、この一年を軽く振り返りつつ、現状報告、次いでこれからのことについて記していきたいと思います。

1000pvに至るまでのpvの推移やそもそものブログの意図

f:id:bollet:20180308043255j:plain

はじめの半年はなぁなぁの運営

当ブログは「おいしいもの」に興味のある筆者が「自分自身が興味のあることについて掘り下げ、加えて自分が美味しいと感じた物を他人に共有する」、グルメのインプットとアウトプットツールとして始めようと思ったのがきっかけでした。


当初はブログである必要はないと感じていていたのですが、当時金銭的にかなり苦しかった時期だったのもあり「少しでも収益がでればもうけもんだな・・・」という安易な発想からブログに手を出すことに。一時期ウェブライター的なバイトをしていたこともあり、SEOや広告収入に関して最低限の知識はあったため、うまくやれば小遣い稼ぎになる!という発想に至ったわけです。


そんな気軽な想いではじめたものの、いざ定期的に更新しようとするとネタが全然出てこない。通り一遍の記事を更新しても自分もつまらなければアクセスにも繋がらず、月数回の更新に激減。まぁ、ありがちですが、はじめの三か月で100記事更新の決意は脆くも崩れ、当然バズも起きなければアクセスも伸びず、やってる意味あるのかなー状態に陥っていったわけです。

半年経ってアクセスが微増、少しやる気が出る

そんな中でもとりあえず月数回の更新は続けていたわけですが、50記事前後記事を書いたころからアクセスの増加が目に見えるように。とりあえず「100記事越えたらアクセスが増える」という都市伝説を信じペースアップ。10月あたりからは月に10本以上、三日に一本くらいを目安に記事を執筆していましたかね。


ブログ開設から1年は過ぎていましたが、なんとかほぼ一年でブログ初心者第一の関門である記事数100をクリアしました。


50本を越えたあたりからなんとなく執筆力も向上。もともと「これぞ!というアイディアが無ければ記事は書かないスタンス」を想定していましたが、そんなセンスが自分にあるわけもなく・・・。それに気づいてからは「ちょっとでもいいと思える部分のあるアイディアはとりあえず全部記事にする」をモットーに、アイディアもメモ帳に書き出すことでネタが尽きないような状態を作り、その中から検証しやすいものをピックアップして書くようにしていました。

100記事達成!噂通りアクセスがいっきに増加!

いかんせん記録を録っていなかったのでなんとも言えないのですが、確か年末年始当たりの平均アクセスは300~400程度。およそ70~100記事当たりの時はずっとこの辺をウロウロしていました。



しかし、100記事を越え110記事辺りになったときにアクセスの増え幅が急増。いきなり700近いアクセスを叩きだしたと思ったら、翌週には瞬間風速で950近いアクセスが出たり、これはいよいよ勢いが出てきたなと確信。



さらに執筆ペースを増やし、3月に入って130記事を越えたあたりにとうとう1日1000pvを越え1100pvに到達。以後900~1100pvで落ち着いていますが、このまま良質な記事を投下していればまだまだ増やせる手ごたえを感じています。



というのも、最近他のブロガーさんのブログを拝見する機会も多いのですが、現在月間何十万pvという実績を持つブログの運営報告を見ても、ここに至るまでにかかっている時間は差し置いて、記事数やアクセス、それに伴う収益の変化はかなり近しいものがあるということが分かってきたからなんですね。



第一関門を越え、ようやくブログ運営のスタートラインに立てたかなという感じでしょうか。

気になる1日1000pvの収益は?収益化は今後の課題

f:id:bollet:20180308043312j:plain
もしもブログを実際に運営している、もしくは運営に興味がある人からすれば、一日1000pv程度のブログだとどれほどの収益が出るのか気になるところでしょう。


しかし、当ブログは収益化がほとんど為されていないため、その辺りはあまり参考になりません。というのも現状、このブログの収益はアマゾンないしは楽天の商品紹介を介したアフィリエイトのみなのです。


独自ドメインどころか、未だに「はてなプロ」契約すらしていないためグーグルアドセンスはおろか、カスタマイズの関係からmedi8やnend、忍者Maxといった広告もまともに貼れず、商品紹介系のA8netやバリューコマースも登録だけはしているものの、ほぼゼロに近い収益となっています。



一応、参考までにアマゾン楽天の収益はここ数か月は平均で4000~5000円くらいにはなっているかなという感じ。酒類の紹介などが多いのも利いているのかもしれませんが、まぁ悪くないかなという数字ですね。一方で酒類の紹介をしてしまっているが故に、グーグルアドセンスの登録が可能なのかという問題点もあります。



今後はとりあえずはてなプロを契約、ひとまずはmedi8などを導入して収益化を図りつつ、なるべく早めに独自ドメイン化。アクセスが増え続ける見込みがあれば場合によっては酒類の楽天やアマゾンのアフィリエイトリンクを消していく作業を行うかもしれません。



なんとなく体感としては収益化を最適化すれば現状でも8000~10000円くらいの収益なら出せるのかなといったところでしょうかね。

今後のブログ運営の展望について

f:id:bollet:20180308043350j:plain

収益をブログの糧に運用したい

今はまだ収益も大したことが無いので全てため込んでいる状態ですが、1万円を超えてくるようならブログのネタになるようなことに使っていきたいですね。



まるまる飲食に使えると考えただけでも出来ることは多いですし、キッチンアイテムなどに投資してレビューやキッチンの機能性向上を図るのも良いかなと考えています。あとはグルメや料理関係で欲しい書籍が多いので、その辺に優先的につぎ込んでいこうかな、と・・・。



いやぁ、夢は広がりますが、まだまだこのレベルだと出来ることは少ないですね。

記事数をより増やすのと同時にリライトに力を入れる

当面の目標は自分で納得のいくレベルの記事をこのまま書き続けることですね。記事数をもっと増やしたいと思う反面、まだまだ文章力、構成力、なにより記事ごとのアイディアが弱いなという自覚があるので、ここからはもっと他人のブログなどを読み込んで"人に読まれる記事"を研究していきたいなと。


あとはリライト。100記事越えたあたりから少しずつやっているのですが、コチラは正直ほとんど成果が出ていないんです。割と多くのブログに「ある程度記事を投下した状態でリライトすると劇的にアクセスが良くなる」という事が書かれていたのですが、今のところはあまり影響していないような・・・。


リライトの仕方の問題なのか、リライトする記事の選別が間違っているのか分かりませんが、記事を整理してブログ全体の質を高める作業も今後は力を入れていきたいと思います。

これからも実直に美味しい物やそれにまつわる話をジャンルレスに展開していきたい

ザックリとした運営報告をしてきましたが、つまるところは"読者の方々にとって有益で筆者にとって書いていて面白い記事"をこれからも提供し続けていきたいなと。そしてあわよくばそこから一定の収益を経て美味しい物をさらに食べ経験値を高めたいですね。


ゆるりと始めて、気づいたら開設から一年・・・次の一年もあっという間なんでしょうね。コツコツ積み上げてより良いブログへと成長させられたらと思います。また何かターニングポイントを迎えたら運営報告をするかもしれませんので、その際はまたお付き合いくださいませ。


今後とも「おいしけりゃなんでもいい!」を宜しくお願い致します。



参考までに当ブログ執筆においてタメになった書籍について書いた記事をふたつ挙げておきましょう。

www.oishikerya.com
www.oishikerya.com



参考記事
www.oishikerya.com