おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

飲食店越え!レトルトカレー「100時間かけたカレー」がとても美味しい

レトルトカレーが好きで、見たことのない商品などがあると食べてみたくなるのですが、正直リピートしようと思える美味しさを持つカレーはそう多くはありません。


また、気に入った味わいのカレーでも万人ウケしないタイプの味のものも多く、なかなか大手を振ってオススメするレトルトカレーが存在しなかったのですが、今回ご紹介する「100時間かけたカレー」は誰にでも納得してもらえるポテンシャルを秘めています。ハッキリいって、ファミレスやその辺のレストランで1000円近くだしてカレーを頼むならコレがあれば十分!と思える完成度の高さです。ぜひお試し頂きたいですね。


bollet.hatenablog.com

高級路線レトルトカレー「100時間かけたカレー」

今回ご紹介するのはMCC食品から発売されているレトルトカレー「100時間かけたカレー」です。



そのままズバリ100時間もの時間をかけて、じっくりとカレールーを牛と鶏のだしでのばして煮込み、丁寧に処理した野菜やフルーツを加えて甘みやコクをプラス。いわゆる欧風カレー調の仕上がりで、辛さはマイルドながら深みのある味わいは美味しい洋食屋さんで提供されるレベルの味わいになっています。


1個400円強しますから、レトルトカレーとしてはなかなかの値段ですが、これはもはやレトルトカレーの域を超え、飲食店カレーをおうちで気軽に味わうカレーと言えるでしょう。

レトルトカレー「100時間かけたカレー」の魅力

ここからはレトルトカレー「100時間かけたカレー」の魅力に迫っていきましょう。食べたことのない人も一度は試してみたくなる魅力が詰まっています。

作業時間がえげつない

f:id:bollet:20180223161938j:plain


パッケージに記された狂気とも言える作業時間・・・一般的に時間がかかりそうと分かるダシとりや煮込みではなく、野菜のソテーと熟成に最も時間をかけているというのがすごい。こんなのうまいに決まってる!


しかも合計作業時間がさりげなく116時間。この16時間はなかったかのように「116時間かけたカレー」ではなく「100時間かけたカレー」と名づけるのがなんともニクイですね。

化学調味料不使用

f:id:bollet:20180223161926j:plain

なんとレトルトカレーなのに化学調味料不使用。使ってないと言っているのだから使っていないのでしょう。しかし化学調味料なしでここまで味の奥行を出せるのは、やはり気の遠くなる作業時間のなせる技なのか・・・。自分ではとても再現できないですね。


レトルト食品は化学調味料が多くて不安・・・という方はぜひコチラのカレーを試しましょう。

下手なお店で食べるよりよっぽどコスパがいい

今回ご紹介しているレトルトカレー「100時間かけたカレー」、変な話ファミレスやカフェなどでよくオンメニューされている欧風系のカレーを食べるくらないなら、よほどこちらの方が美味しいと思います。


飲食店で100時間もかけてカレーを作っているところなんて、特にカフェやファミレスには無いでしょうから、当たり前といえば当たり前かもしれません。


しかも値段的に考えたら当然お店で食べるよりは安い。メーカーが推奨するように、ご飯をサフランライスにしたり、アーモンドスライスをトッピングしたりすればまるっきり飲食店で出てくるソレです。

レトルトカレー「100時間かけたカレー」を食べた感想

f:id:bollet:20180223161853j:plainf:id:bollet:20180223161855j:plain

さて、ざっくりとレトルトカレー「100時間かけたカレー」の概要をお伝えしたところで、肝心のお味のレビューの方に参りましょう。



見ためは欧風カレーによくある濃い色のルゥ。ねっとり感があり、しっかりと煮込んで野菜やフルーツのペーストが加わっていることが想像される濃度です。


香りは甘くほのかにスパイシー。スパイシーカレー、本格的なインドやタイ系のカレーが好きな方にはイマイチかもしれませんが、万人受けする欧風カレーの風格を漂わせています。



じっくり煮込まれた牛肉もけっこうしっかりと入っていて、食べごたえも十分。実際に食べてみると、濃度があるせいか、ご飯に対して消費されるルゥが他のインスタントカレーよりも少なく、一回分でご飯を多めに食べられるのも嬉しい。


インスタントカレーってたまに味が薄かったりしてルゥに対してごはん少なめに盛り付けないと最後まで美味しく食べられないことがあるのですが、これは逆に多めに持ってちょうどいいですね。今回は茶碗一杯分で持て余したので、ご飯一合くらいまでならいけるんじゃないでしょうか?

まとめ

想像通り、非常に美味しいレトルトカレーでした。大満足。なかなか外食でもこのレベルを超える欧風カレー出してくれるところは少ないのではないでしょうか。特に気軽に行けるようなところでは。


これはぜひまとめ買いして、カレーが食べたい気のチョイスに加えておきたいですね。


調べてみるとMCC食品からはこのレトルト食品がシリーズ化されているようで、「100年前のビーフカレー」なる商品もあるようです。


他にもシチューやハヤシライスなんかも・・・。気になりますね。近いうちに購入してレポート出来ればと思います。


他にも筆者の好きなレトルトカレーをまとめていますので参考までにどうぞ。
bollet.hatenablog.com