おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

美味しくて中毒に!おすすめ高級レーズンチョコ・レザンドレオソーテルヌ

f:id:bollet:20180124164908j:plain

皆さんはレーズンチョコレートは好きでしょうか?


意外と「レーズンが苦手でレーズンチョコもちょっと・・・。」という方は少なくないですし、レーズンチョコといってヨーグルトレーズンを思い浮かべる人も多いかもしれません。


そう、これだけの空前のチョコレートブームが来ている中で、レーズンチョコはイマイチ乗り切れていない感じがするんです。


確かに安っぽくてどこか駄菓子感すら漂わせるレーズンチョコですが、今回ご紹介するレーズンチョコは筆者の知る限り世界で最も高級で最も美味しいレーズンチョコ。そのクオリティはぶっち切り。バレンタインやホワイトデー、日頃の感謝を込めたちょっとしたプレゼント、はたまた自分用の贅沢にも使える至高のレーズンチョコレートをご紹介して参りましょう。

おすすめ高級レーズンチョコ・ヴェルディエのレザンドレオソーテルヌ

今回ご紹介するおすすめの高級レーズンチョコレートはこちら。

f:id:bollet:20180124165438j:plainf:id:bollet:20180124165442j:plain


ヴェルディエ社のレザンドレオソーテルヌです。


まるで呪文のような商品名ですが、まずはどんな商品なのかを概説していきましょう。

職人的なお菓子屋さんヴェルディエの造るレザンドレ

南西フランス、ポーにあるヴェルディエ社はもともとコンフィズリー、つまり飴屋さんとしてキャンディやキャラメルを専門として設立されました。職人的な技術で作りだされるお菓子は多くの人々を魅了し、そのなかで今回ご紹介するレザンドレオソーテルヌは誕生します。


レザンドレとは黄金のぶどうを意味するフランス語。フランス人にとって葡萄や葡萄の木は非常に重要な意味を持つもので、特別なものに使われる形容詞的な意味合いもあるように思います。


さて、ヴェルディエはこのレザンドレにどのような魔法を込めたのか?その秘密に迫ります。

ソーテルヌを贅沢に使用してレーズンを変身

ヴェルディエ社はまずレーズンチョコの中のレーズンをソーテルヌという甘口ワインに漬け込みます。


ソーテルヌ地方は極上の貴腐ワイン(甘口ワインの一種)を生み出す産地で、そこで生まれるソーテルヌワインは豊潤で繊細な甘みにつつまれています。値段もそこそこするこの貴腐ワインを贅沢にレーズンに染み込ませることがレザンドレオソーテルヌの最大の特徴。


日本で言ったら名のある造り手の純米大吟醸をお菓子に用いているイメージでしょうか?そんな贅沢なことをしってもったいない・・・という思いと、間違いなく美味しいものが生まれるであろうという予感がこのチョコレートにはあるのです。

こんぺいとう作りの要領で丁寧に高級チョコレートをコーティング

ソーテルヌを漬け込んだレーズンは銅鍋を回転させながらヴァローナ社の高級チョコレートを少しずつ加え、まるで日本のこんぺいとう作りの様に職人技によって丁寧にチョコレートをコーティングしていきます


中のレーズン、それを漬け込むお酒にこだわったらもちろんコーティングするチョコレートにも拘っているというワケです。美味しくないワケがないですね。

世界中のプロから愛されるヴァローナ社のチョコレート。製菓用が基本だが、オランジェットのような一般消費用の商品もある。

美味しすぎて病み付きになるおすすめ高級レーズンチョコ

f:id:bollet:20180124172306j:plain

まずは見てください。この輝き。まるで黒い真珠のよう。袋から開けるだけで華やかな香りが広がります。たまらん。

f:id:bollet:20180124164906j:plain



一粒の大きさは決して大きくありませんが、口に含むと香りがフワっと広がり、甘みと上品な酸味が訪れる至高の味わいです。


ヴェルディエのレザンドレオソーテルヌは一度食べれば病み付きになる美味しさで、筆者の知人のレーズン嫌いからも軒並み「もっとくれ」発言を頂いた実力者。レーズン嫌いいわく「もはやレーズンじゃない」とのこと。


f:id:bollet:20180124171823j:plain
ちょっと分かりづらいですが中はこんな感じ


確かに中身はものすごく洗練されたグミのような食感になっていて、葡萄はもちろん、どこか桃やパイナップルのような香味も連想させる。これはおそらくソーテルヌとレーズン、そしてカカオの風味が混じり合って生まれるものなのでしょう。

おすすめの高級レーズンチョコ・レザンドレオソーテルヌの商品一覧

大容量でたっぷり楽しめる「135gパック」

まずダントツでオススメがこのお徳用パック。135g。今回撮影に使用したのもコチラ。
1gあたり20円前後と決して安い値段ではありませんが、その価値はアリ。他のサイズと比べてもお得です。


レザンドレオソーテルヌは開封後もある程度までは品質が安定する上、18度前後の適温環境下においておくと熟成して味が濃くなると言われています。大箱で買って味の変化を愉しみましょう。

かわいいボトル入りでプレゼントに最適な「ミニボトルタイプ」

続いてオススメなのがこちらのミニボトルタイプ。プレゼントには最高に可愛いリボン付きのミニボトル。95gと量は少し少なめですが、プレゼントには適したサイズ感。

お試しにちょうどいい「50gパック」

こちらはお試し版の50g。少し割高ですが、とりあえず味を見てみたい方やちょっとしたプレゼントには需要があるかも。

類似ブランドに注意

今回ご紹介したヴェルディエ社のレザンドソーテルヌですが、実は類似商品で貴腐ワインレーズンチョコというのはいくつもあります。


筆者もいくつか試しましたが、正直ヴェルディエ社に及ぶものはひとつもありませんでした。貴腐ワインとは書いてあってもソーテルヌと書いてあるものはヴェルデェ以外には知りませんし、そこは巧妙な罠ですね。*1


しかし値段的にはお求めやすいものも多いので、その辺りを考慮してあえて質を下げてるのも選択肢のひとつかもしれません。一度ヴェルディエを食べてしまうとなかなか難しいですが・・・。逆にまだ経験していなければアリな方法でしょう。

葡萄畑の真珠 50g

葡萄畑の真珠 50g


アマゾンで買えるところならこの辺はアリかなと思います。特に上の商品はヴァローナ社が作っているようなので、筆者は食べてませんがオリティ的には近いものがあるでしょう。


値段的にもヴェルディエとほとんど変わらないので注意したいですが・・・。それにしてもヴァローナのチョコを使っているヴェルディエ、その類似商品を作って販売しているヴァローナってちょっと闇が垣間見えますね・・・。おいしけりゃいいですけど。

まとめ

今回ご紹介したおすすめレーズンチョコ、ヴェルディエのレザンドレオソーテルヌは日々のちょっとした贅沢にも、バレンタインやホワイトデーの気の利いたお返しやプレゼントにも、日頃お世話になっている方への贈り物にも非常に優れたアイテム。


美味しいもの好きな人もそうでない人も、知っておいて損は無いのでぜひチェックしてみてくださいね。

*1:ソーテルヌは貴腐ワインの中でも特に効果。貴腐ワインの中には比較的安価なものもある