おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

スポンサーリンク

保健室の香り?磯の風味?ウイスキー・ラフロイグの飲み方や種類に迫る

f:id:bollet:20180501171430j:plain


スコットランドで作られるスコッチウイスキー。その中でも特に個性が強い銘柄として知られるラフロイグは、根強いファンがいることでも有名でもあります。


今回は保健室や正露丸に喩えられる強烈な個性を持つラフロイグの魅力に迫っていきましょう。




スコッチウイスキーの聖地、アイラ島で作られるラフロイグ

スコットランドのウイスキーとその魅力

イングランドの北に広がるスコットランド。最近ではイギリスからの独立騒動が世界中で注目された国ですが、古くからクオリティの高いウイスキーを生み出すウイスキー大国でもあるのです。


広大な土地を誇るスコットランドで作られるウイスキーはスコッチウィスキーと呼ばれ、国内のどの地域で作られるウイスキーなのかによっても個性があり、さらに作り手ごとの個性が存在するため、結果的に非常に多様な味わいのウイスキーが誕生し、熱狂的なファンを有するお酒の分野としても注目されています。

小さな島、アイラ島で作られるラフロイグ

数あるスコッチウイスキーのなかでも、ファンに一度飲んだら他の物は飲めないとまで言わしめる銘酒がラフロイグです。


作られているのはスコットランドの北西部に浮かぶ小さな島アイラ。この島では昔から伝統的なスコットランド式のウイスキー作りが盛んに行われており、生み出されるウイスキーはラフロイグに限らず、他にはない非常に強烈な個性を持つことで世界中にファンがいます。


アイラウイスキーの特徴はなんといってもスモーキーや薬品っぽいと表現される独特な香り。これはウイスキーの製造工程でピートと呼ばれる資源が豊富に使われるためにつくもの。アイラ島は島の多くがこのピートで覆われているため、他のスコッチウイスキーよりも強くピート由来の香りが付いたお酒が多いのです。


はじめてアイラウイスキーを飲む人は、おそらくこのクセの強すぎるお酒を拒絶することになるでしょう。もちろん、筆者も例に漏れずはじめはこの味わいを理解できませんでした。


しかし、二回三回と味わっていくうち、気づけばアイラウイスキーの持つ強烈な個性の虜になってしまう・・・不思議な魅力を備えたウイスキーの産地でもあるのです。

飲む者に強烈なインパクトを与えるラフロイグの魅力

ラフロイグはアイラ島にある歴史あるウイスキーの蒸留所とそこで作られるウイスキーの名前です。創業は1815年、2015年には200周年を迎えました。その名はゲール語で「広い湾の美しい窪地」という意味を持っています。


緑色のボトルが特徴的で、シンプルなラベルからは想像のつかないパンチのある味わいに驚かされます


f:id:bollet:20180501171447j:plain


こちらはスタンダードラインナップである10年熟成のラフロイグ。比較的入手も容易で、少し気の利いたスーパーの酒コーナーに置かれていることも。日本ではサントリーが正規輸入を担当しています。


f:id:bollet:20180501171514j:plain


ラベルにも描かれるこちらの紋章に注目してください。こちらはロイヤルワラントの証です。ロイヤルワラントとは王室御用達の意。現在のイギリスではエリザベスⅡ世女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子のみがその決定権を所持しています。ラフロイグはチャールズ皇太子によって1994年にロイヤルワラントに認定されているのです。なにを隠そうチャールズ皇太子ご自身がラフロイグの大ファンだということですから、本場イギリス人の舌も唸らせる実力に注目しないわけにはいかないでしょう。


f:id:bollet:20180501171532j:plain


さて、じっさいにラフロイグをグラスに注いでみましょう。10年の時を経た琥珀色の液体からは、薬品のような香りが放たれます。ヨード香と呼ばれるこの香りは、保健室を彷彿させるという人もいるほど。極端な例を挙げますが、筆者のウイスキー好きの知人で、職場に行くとラフロイグの香りを楽しめるからという理由で病院に勤務できる仕事に転職した人がいたほど中毒性がある味わいです。


ただ香りが強いだけでなく、野太くしっかりとした深みの味わいにキレのいい酒質があわさって、飲みごたえもじゅうぶんなウイスキーでもあります。小さな島で海風を受けながら作られるラフロイグは磯のような、潮のような・・・海を連想させるニュアンスを感じ取ることも可能で、日本からすれば遠く離れたスコットランドの姿をも想像させる地酒としての側面も持ち合わせているのです。


もしもスコッチウイスキーに興味を持ったのであれば、得意不得意は差し置いても、一度は口にしなければならないお酒だといえるでしょう。


ラフロイグの飲み方とは?

気になるのはラフロイグの楽しみ方です。ウイスキーの楽しみ方は人それぞれですが、その特徴を余すことなく愉しむのであればまずはストレートでチャレンジしてみましょう


ウイスキーほどアルコールの高いお酒をそのまま飲むには、それなりのコツと慣れが必要ですが、一度その味わいにハマれば抜け出すことはできません。


また、ラフロイグはソーダ割りもオススメできます。ソーダで割ることでラフロイグの持つ爽やかな側面が強調され、そこに独特のピート香りが絡みつくことで他のウイスキーでは出し得ないスペシャルな味わいに。ラフロイグソーダ(ラフロイグハイボール)はウイスキー通のなかでは割と一般的な楽しみ方のひとつです。


他にもロックやトゥワイアップなどさまざまな飲み方で楽しむことが可能なウイスキー・ラフロイグ。以外にもお湯割りが美味しいという意見も・・・。ぜひ自分だけの楽しみ方を開拓してみてはいかがでしょうか?


www.oishikerya.com

熟成の神秘?ラフロイグにはさまざまなバリエーションがある

ひとくちにラフロイグといっても熟成年数や熟成方法、コンセプトによってさまざまなバリエーションが発売されています。世界中のマニアから愛されているため、中には数十万円するようなプレミアムな商品も存在するほどです。


ここでは蒸留所元詰めのオフィシャルラインナップから先ほど取り上げた10年以外のラインナップをいくつかご紹介しましょう。

今しか買えない特別なバイセンテナリー「ラフロイグ15年」

2015年の200周年を記念して特別に発売された15年もののラフロイグ。スコッチの造り手はこうしたアニバーサリーを特別にしていて、近年では200周年を迎える蒸留所が多いことから「バイセンテナリー(Bicentenary)」などと呼ばれる特別なボトルをリリースしています。


ラフロイグも15年、16年、21年、32年などさまざまなバイセンテナリーボトルを発売していますが、どれもが限定の逸品ばかり。まだ市場に残っていて手が届くのは15年くらいなのではないでしょうか。数年後にはプレミアがついてもおかしくない商品。今のうちに味わっておきたいところですね。

手軽に手入れたいなら「ラフロイグ セレクトカスク」

セレクトカスクは10年より多少安く手に入るためお手軽さが強い。飲み口も10年より優しく甘さがたつ仕上がりで、ラフロイグにはじめて挑戦するのであればセレクトカスクから・・・というのもオススメできるボトルです。

熟成による円熟味も「ラフロイグ18年」

ラフロイグ18年は10年に次ぐエイジ(熟成年数)表記のあるボトル。10年と比べてしっかりとした熟成感がのって落ち着きを感じる部分もありますが、ラフロイグの持つ個性はしっかりと奥に潜んでいて、総じて深みのある完成度の高い味わいを持っているといえるでしょう。


じつはこちらの商品、現在終売品となっていて、おそらく在庫限りで市場からなくなってしまうお酒。ラフロイグの熟成したタイプのボトルは
プレミアが付きやすいので、まだなんとか手に入るうちに買っておくのも悪くありません。価値の分かる人と特別な時に開けて飲んでみては?

スイーツのような甘みが加わった異色の味わい「ラフロイグ PXカスク」

PXとはペドロヒメネスのこと。スペインはアンダルシアで作られる特殊なワイン・シェリー。そのなかでも特に甘口に仕上がるペドロヒメネスと呼ばれるシェリーを熟成した樽でラフロイグを熟成させたものになります。


ウイスキーは熟成させる樽に非常に強い影響を受けるのですが、PXカスクではペドロヒメネ由来の甘みとフルーティさがラフロイグに加わり、まるでクセのあるスイーツのような味わいを生み出しているのです。


バランスをとるためにアメリカンウイスキーで使用されたバーボン樽で5から7年、続いてクォーターカスクという小さな樽でで7~9ヶ月、最後にPX樽で1年熟成と三段階を経て熟成されています。

まとめ

スコッチウイスキーのなかでも特にファンの多いラフロイグについて、その魅力と特徴を解説して参りました。おそらくいきなり飲んでハマる人は少ないと思いますが、本当にウイスキーを好きな人であれば必ずその魅力を感じ取ることができる銘酒です。


ぜひ、まだ飲んだことのない人はその魅力を探ってみてください。きっと新しい価値観が生まれるハズです。



ウイスキーについてもう少し体系的な知識を学びたい人はコチラもあわせてご覧ください。
www.oishikerya.com


肝臓の数値が気になるアナタへ・・・